★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0086_201809141650292f0.jpg 0087_201809141650307ee.jpg 0088_2018091416503262d.jpg 0089_2018091416503398e.jpg 0090_20180914165035063.jpg 0091_20180914165036892.jpg 0092_20180914165038aa5.jpg 0093_20180914165039d08.jpg 0094_20180914165041a80.jpg0095_20180914165042281.jpg
0100_20180705091138a64_2019081811354781f.jpg0101_20180705091139087_20190818113549c31.jpg0102_20180705091146265_20190818113550e3d.jpg
1_20200107201016573.jpg2_2020010720101713c.jpg
SNSで出会ってSEXした相手は弟の彼女だった
SnapCrab_NoName_2019-7-27_21-37-3_No-00.png
SNS特集はなかなか面白かった。タダでヤレる女はもはや出会い系にはいない。SNSこそいま狙うべきメディアだとのコンセプトにはまったく同感だ。実は俺も日ころからミクシィを駆使し、始めてから3カ月で、8人とお手合わせをした。まずまずの成果といっていいだろう。
しかし不満がないわけでもない。近所に住む女ばかり狙っていると、顔見知りとバッティングしてしまう可能性が高いのだ。田舎町に住む者のかなしい宿命である。そして昨年、その不安はついに現実のものとなったのだが、結果的にはなかなか興奮度の高い、貴重なセックスを堪能できたので満足している。なぜなら、その相手といっのが…。
非常にガードのユルい女のミクシィナンパの手口はオーソドックスだ。検索で同じ県(できれば同じ市内)に在住する若い女を見つけ、相手が日記を書いていたら、まずはコメントを記入する。それをマメにくり返して仲良くなって、サイト内メールのやり取り→直メの交換へと進んでいく。
アケミ(仮名)と携帯メールのやり取りを始めるようになったのも、同様の手順だ。同じ地元の看護学校に通う生徒で、歳は21。他にも同時進行でアタックしていた女は何人かいたが、ヤリたい度でいえばもっとも年少である彼女が1番だった。
ロリコン気質な俺にとって、若さより優先される条件は存在しない。もちろん、勝算はあった。わずかなメールのやり取りで、彼女が非常にガードのユルい女だと判明したからである。たとえばこんな感じだ。
〈変なこと聞くけど、イッたことってあるっ〉
〈イッことない・・。どうしたらイケるの?〉
〈クリと穴を同時に責めるといいらしいよ〉
〈そうなの?〉
〈あとはGスポットを刺激すればいいかな〉
〈えーっ、ナニそれ。Gスポツトってどこっ〉
〈穴に指入れて5センチくらいのところを触ってこらん。ザラザラしたところがあったら、そこだよ〉
〈ありがとう。今度試してみるね〉
こりゃあ、エッチに興味津々だな。
案の定、アケミと会う約束を取り付けるまでに、時間はさほどかからなかった。バ力みたいに単純な手に、あっさり食いついてきたのだ。
〈アケミちゃん、エグザイルとか嵐が好きなんだよねっ俺、エグザイルと嵐の音楽データたくさんもってるから、焼いてあげるよ。今度会わないっ〉
〈マジ?うれしい。会う会う。来週の月曜日でもいい?夜なら空いてるし〉
〈エッチはありだよね?〉
いつもの俺なら、女と会う前に、こんなバ力なことは聞かない。相手がユルユルのアケミだからこそ、ダメ押ししたくなったのだ。
〈うーん、エッチかあ・・。でも音楽データもらえるし、いいよー〉
はい一丁あがり。ところがである。迎えた当日、約束の時間まであと2時間という段になって、アケミが急にコネだした。
〈やっばりエッチしないとダメかな…?〉
はあっ何だよ今さら。舌打ちしながらメールを返す。
〈どうしたの急に〉
〈なんだか彼氏に悪くて・・〉
いまさら彼氏の存在を打ち明けられても困る。俺はアケミの説得に躍起となった。
〈アケミちゃん、来年の3月で卒業だよねっそしたら故郷(俺の地元からはかなりの遠方)に帰るんでしょ。だったらそこで彼氏ともお別れだし、気にする必要ないんじゃないかな?〉
〈そうなんだけど…。でもやっぱムリかも〉
どうも旗色が悪い。話題を少し変えてみよう。
〈ちなみに彼氏ってどんな人っ)
〈歳は26で、市役所に働いてる。まじめで優しいの〉
ほう。俺の弟と歳も職場も一緒か。世間は狭いな。しかしそのメールの後半部分を読んだとき、背すじに冷汗が走った。
〈ーおまけにスポーツマンで、市の剣道大会でも優勝したんだよ〉
26才の市役所勤務で、剣道大会の優勝者。その条件に該当する人物はこの町に2人といない。弟じゃんー
結局、倖田来未のデータも追加するという条件で、デートのドタキャンは免れた。つまり、アケミが弟の彼女だと知っても、俺の強靭な性欲は少しも衰えなかったわけだがもちろん心中は複雑だった。バレたら絶対に殺されるな。しかし、胸の片隅に残っていたほんの小さな罪悪感は、学生寮の玄関から出てきたアケミの姿を見た瞬間、跡形もなく消えた。
体型をジャージで包んだメガネっ子。これほどロリ魂を萌えさせてくれる光景はない。くおお、最高だ。彼女を車に乗せ、一路、ホテルへ。シャワーを浴びる時間さえ惜しむように、そのままベッドに押し倒す。
「あ、恥ずかしい。私、ムネ小さいんだ」「それがいいんだよ」
感動の声をあげながら、彼女の体にむしゃぶりつく。
「ああ、あん」「気持ちいい?彼氏と俺、どっちがいいっ」
「うう、ああ、こっちの方がいいー。いいー」
いつものセックスより数段興奮するのは、当然、弟の彼女を抱いている現実のせいだろう。この背徳な香りがたまらなくいい。まだ成熟しきっていない、わずかに固さの残る乳房を鷲づかみながら、俺は、えんえんと腰を振り続けた。
★アケミとはあれ以来、一度も会ってない。彼女からのメールを読む限り、望めばすぐにヤレそうな気配なのだが、それではさすがに弟がかわいそうである。なんて言う資格はないですよね。ええ、わかってます。
出会い系のピュア掲示板にバッティングセンターに行きたい女性を見つけたので会ってみた
出会い系のピュア掲示板には「買い物」「映画」「食事」など女からのデートの誘いも多くあります。そのほとんどは男に奢らせて用事が済んだら即バイバイという都合の良いデートなのでありますが、その中で平日の昼間に異彩を放っていた書き込みが一つありました。
『新宿のバッティングセンターに一緒に行ってくれる人いませんか?』
一見すると帝京高校野球部員の書き込みかと思いますが、これがなんと21歳女子のものなのです。
果たしてそんな若い女子が平日の昼間からバッティングセンターに行く相手を募集するでしょうか。そうです、これは遠回しにラブホに誘ってもらいたがっているのです。新宿のバッティングセンターと言えばご存知の通り、歌舞伎町コマ劇裏のラブホが乱立する一帯に存在します。つまり、これはラブホに行きたいという気持ちを持ちつつも恥ずかしくて言えない乙女の精一杯のシグナルと捉えるのが正解なのです。早速アポを取り西武新宿駅で待ち合わせたところ、そこに現れたのはマイ金属バットを担いだ長与千種によく似た女性でありました。わざわざマイ金属バットを持参するとは随分なカムフラージュです。相当な恥ずかしがり屋なのでしょう。見た目は残念でしたが据え膳食わぬは男の恥、軽く挨拶を交わしラブホ街へ向かいます。歩きながら「よく募集してるの?」と聞くと長与は「チームの練習が今日休みなんで」と奇妙なことを口走りました。
「こういう時に少しでもバット振ってスタメンに追いつかないと」
雲行きが怪しくなりつつラブホ街に突入するも、長与は迷うことなくバッティングセンターへIN。さらに革製の手袋まではめて本格的な野球スタイルに変身しました。「300円っす」言われるままにマシンにコインを投入すると、豪快なスイングで110キロの球をセンター返ししだしました。俺も付き合いで80キロの球を打ったのですが「脇しめて」とか「最後までボール見て」とかアドバイスされる始末です。最後の手段として「ホテルで軽くマッサージでもしようか」と言ってみるも「自分そんなヤワじゃないんで」とさらに80球ほど弾丸ライナーを飛ばし、その後ランニングで駅方向へと消えていきました。
SNSネットナンパの攻略法・プロフィールの作り方
俺は普段、ネットからパクってきた他人のたくましい腹筋画像を、トップ写真に使っている。理由は3つだ。
●とにかく目立つ
女がLINE掲示板に一度投稿すると、1日で軽く50通以上のメッセージが男から届くらしい。そんな激戦を制するにはとにかく目立つことが重要だ。その意味で6つに割れた腹筋画像は十分インパクトを与えることができる。
●ギリギリのセクシーアピール
ただ目立ちたいだけならチンコ写真でもいいわけだが、そこまで露骨だと女からの返信は期待できない。とはいえ、最終的に女と会う方向に話を持って行くには、ある程度性的なニオイをチラつかせておくことも必要だ。腹筋ぐらいがちょうどいい。
●そもそも腹筋好きの女が多い
これは腹筋画像を使っている上でよく実感する。〈ウケる! 私、腹筋フェチなんだよね〉的な反応が想像以上に多いのだ。
ぴちぴちのビキニパンツの下でチンコがその存在を主張するもっこり写真。そんなどぎついトップ画を私が使うのは、ヤリマンと効率よく出会いたいからです。もっこり写真の男なんぞに食いついてくるような女はマトモじゃない。頭の中はセックス一色の好き者です。つまり、もっこり写真は数多の女からヤリマンのみを選別するためのふるいというわけで。もちろん、そんなオイシイ女と遭遇すること自体、滅多にあるもんじゃありません。毎日、掲示板の書き込みにひたすら爆撃をしても、1週間にひとり見つかればかなりラッキーな方でしょう。しかし、いったんキャッチすれば後の展開が驚くほど早いのは言うまでもないことです。
援交相手を探すならば、ストレートな募集文句を使えばいい。
〈オコヅカイほしい子~。新宿で IDから★とってね〉
掲示板によっては「お小遣い」と書くとブロックされるので、カタカナ表記にするなどして対応しよう。あからさまな援交メッセージだけにIDが規制される危険性も高いが、IDに★マークをつけ、メッセージ欄で取るように指示を出せばクリア可能だ。夕方ぐらいに一回書きこんでおけば、管理人に削除される前に2~3通はワリキリ希望のメッセージが届くはずだ。
掲示板に生息する女は、金銭目的で股を開く女が多いので、僕は、「こいつはかなりの金持ちじゃないのか?」と思わせる作戦を使っています。たとえば、
〈宝くじ当たった~〉
〈歩くみずほ銀行です〉
〈お金のこと以外の相談にはのれないよ!〉
〈ポルシェの新車購入!でも、助手席には誰もいない…〉
〈フランクミュラーの時計、12個目GET!〉
などなど。あまりにベタすぎるけれど、LINEやカカオはこういうベタに引っかかる女がいるから面白いです。
自分のルックスをいかに実際以上のレベルに見せるか。俺がよく使うのは、照明で顔に陰影を作る方法だ。具体的に言うと、部屋を真っ暗にした状態でスタンドタイプの白熱灯(温かみのあるオレンジ色がかった光)を点けて、顔に明るさの濃淡を作り出す。これにより、顔がぼやけてブサイク度が薄まるだけでなく、同時にムーディーでシャレた雰囲気をも漂わせることができるわけだ。事実、俺がこの方法を使うようになってから、デートのアポ率が飛躍的に上がった。騙されたと思って、ゼヒお試しを。
プリクラで撮影した顔は美白補正がかかって男前度が増す。しかしそいつを使えばこちらの意図はバレバレだ。「こいつ、プリクラ補正に頼ってんじゃん」と。だから僕はプリクラの代わりにスピード写真を利用することにしている。近ごろのスピード写真は、自動的に美白補正をかけてくれるうえ、プリクラのような“いかにも感”がない。サギ写メ撮影には最適だ。
トップ写真に関して俺が重視しているのは、写真を通して、自分が楽しげなキャラであると相手に伝えることだ。いかにもウケ狙いのバカげた写真である必要はない。飲み会の席で友人とふざけ合ってるものや、着ぐるみとたわむれているもので十分だ。たとえばゆるキャラに、ふざけてヘッドロックをかましてるといったような。経験即でいうと、俺のようにルックスが10人並の場合は、下手に写メの見栄えを良くさせようと腐心するよりも断然、反応はいい。
LINE掲示板を覗いてみればすぐわかることだが、女性ユーザーにはなぜかヴィジュアル系バンド(以下、V系)のファンが多く、こんな書き込みを頻繁に目にする。〈V系好きです。語り合いませんか?〉そういうのを見つけ次第、僕は片っ端からメッセージを送るのだけど、その際、トップ写真には人気V系バンドのCDジャケを使うようにしている。言うまでもなく返信率が高くなるからだ。言葉で〈俺もV系好きだよ~〉と伝えるより、具体的なジャケ写を見せる方がファン心理に届くんだろう。ちなみに、トップ写真に使うジャケ写として個人的にオススメなのは、BugLug、BluBiLLioN、AliceNineあたりのバンドだ。もっとも、会話がスタートすればV系の知識がそれなりに必要になる。最低でも基本事項の予習は必須なのでご注意を。
一口にSNSナンパと言っても、その攻略法は様々である。効率良くバクつくためにも、まずは自分に適した獲物がどんなタイプか、どんなアタック法がベストなのかを、チャート式判別法でチェックしてみよう。
ナンバだけでなくサイト世界そのものを楽しめるタイプの貴方は、趣味の話を通じてこだわり系の
女性をオトすのがベストだろう。
誰にしようとも、女は必ず早い段階でプロフィールに目を通す。出会い系ほどには重要視しなくてもいいが、やはり第一印象を与える部分なので、ここはしっかりと練ったものを掲載しておきたい。言うまでもないがどの項目も詐称でかまわない。むしろバシバシ嘘を書き込んで獲物を釣り上げるつもりで作成すべきだ。ターゲット別に有効な4つの例を紹介しよう。各々アレンジを加えて使用していただきたい。いずれのサイトにも検索機能がついており、自分に合った好みのタイプを様々な条件(年齢、住んでる地域など)で絞り込める。BタイプとDタイプはこの手法を用いるのが近道だわグリーの場合は、検索欄で「未婚・既婚」を選べるので「既婚」を選択すればよい。
モバゲーとミクシィにはこんな便利な機能がないため、自己紹介文の検索キーワードに「主婦」「ママ」などと入力してみよう。該当者がズラリと現れる。さて、無数にいる人妻たちから誰をターゲットにするか。むろん年齢や住所も重要なポイントではあるが、さらに大事なのは、彼女らがサイトに頻繁にアクセスしているかどうかだ。SNSサイトには、ただ流行に乗って登録してみたはいいが、後はほったらかしというパターンの女性が非常に多く、彼女らはナンバに適さない。頻繁にアクセスしているかどうかの、もっともわかりやすいポイントは日記の最終更新日だ。昨日今日とは言わずとも、最低1週間前には更新しているぐらいでないと、ほったらかし状態のようなものだ。掲示板・伝言板で他人と交流している様子がないなど、ほったらかしタイプのプロフには独特の特徴がある。ターゲットからははずすべし。さらに可能なら日記の内容にも目を通し、育児やダンナ、仕事など、とにかく日常に不満を抱いているタイプに絞り込みたい。人妻の浮気が現状不満から始まるのは常識中の常識である。女なら誰でもかまわないDタイプでも最低限はターゲットを絞り込みたいだろうから、自然と友達検索を使うことになる。住所や年齢の許容範囲などを打ち込もう。ほったらかしタイプは相手にしないように。コミュニティも3サイトに共通して存在するものだ。街ネタから趣味、ゲーム関連まで、あらゆるカテゴリがあり、共感を持つ人間が集まっている。そのジャンルに少なからぬ興味があることは明白で、そこから性格やモノの考え方が透けて見えてくるものだ。
「育児」「浮気」といったテーマを扱うコミュに集まっている。
友達検索のときと同様、各々の日記を見て、日常生活に不平不満を垂れている主婦を見つけるといい。ただし、コミュの掲示板などで露骨にダンナなどの悪口を言ってる女は避けておいた方がいいだろう。単にウケを狙ったにぎやかしであることが多い。オススメなのは、ずばり「街コミュ」だ。特定の街をテーマにした集まりで、おいしい店の報告や飲み会を開催したりしているのが常だ。考えてみればわかるのだが雲、この種のローカル色ただよう場に集う人間は、ただの情報交換ではなく、リアルな知人を求める傾向にある。オフ会で親交を深め合うコミュも数多い。狙い目は、参加者全員が見れる場(掲示板)に「○○さん、この前はすいませんでした〜」「××ちゃん、ありがとうね」などと書き込んでいる女である。直接メールを送ればいいのに、なぜ公の場に書くのか。このあたり、少しズレた感性の表われであり、かまってほしいつぶりの表れでもある。この手の女は、男の誘いに乗ってきやすい。新着日記のコーナーも3サイトに共通のものだ。書かれたばかりの日記が、誰でも見れるオープンな場所にリアルタイムでアップされる仕組みだ。日記を書いた直後ならヒマに決まってる。そもそもが日記なんてのは自己表現したくて書かれたものなのだから、書いてすぐにリアクションがあれば、うれしくなって返事を返してしまうものだ。
モバゲーでのナンパ術

大人でもモバゲーをやってる人は多い。オレもその一人だ。ゲームで暇つぶしをしたり、ときにはナンパしたりと、だらだら遊んでいる。ある日、モバ友の一人からゲームの誘いが来た。『農園ホッコリーナ』だって?なんじゃそりゃ。ゲーム内容は自分の農園に花や野菜を植えて、動物を育てるというもの。登場する犬とか猫がなんともアニメチックな雰囲気で、いかにも女が好きそうなかんじだ。なんだかなー、スゲーつまんないんですけど。だがチョコチョコと進めていくうち、今まで適当にやっていたゲームとは少し様子が違うことに気づいた。なにしろ女の数が多いのだ。7割強が女なんて、他のゲームじゃとてもありえないんだけど。このゲームでは自分の農園で遊ぶ以外に、他人の農園の世話をすることが必要になってくる。たとえば枯れかけの花に水をやったり、虫がついていたら退治してあげたり、体力回復アイテム(世話をするのに必要になる)をプレゼントしたり。面倒ではあるが、仲良くなるきっかけにはもってこいの機能だと思う。水をあげたら自分の掲示板に「ありがとう」なんてメッセージが入るので、そこからお近づきになればいいわけだ。ある日、そんな風にときどき農園の世話をしてあげてる女からメッセージが入っていた。
『いつもありがとう!こっちからあんまりお世話できなくてごめんね』
プロフを見ると20代後半の主婦だ。このゲーム、彼女みたいな人種のヒマつぶしにはもってこいなのだろう。『気にしなくていいよー。その代わり仲良くしてくださいな(笑)』
『アハハ、了解しましたぁ』
モバゲ内のミニメに移行して、たわいのないやりとりが続く。もちろんその間も水やり、虫退治はしっかりとやってあげる。さて、ここからどうするか。
『そういえば家近いよね。今度メシでも行こうよ』
『急だね(笑)でもワタシ旦那さんいるから』『いいじゃん、メシくらい』
『怒られちゃうから』俺はアイテムショップで「獣用オリ」を購入した。猫や鳥などを捕獲するために使うもの(詳しい説明は省くが、ゲームを進めていくのに重宝する)で、200モバコイン(=200円)もする。こいつをプレゼントしてみようってな魂胆だ。さっそく目星をつけた女たちにプレゼントして周る。一番に反応をよこしたのはこれまた20代の主婦、みぃ(仮名)だ。
『えー、びっくりした!こんなのホントにもらっちゃっていいの?』
『どうぞどうぞ。足りなくなったらまた言ってよ』『すごい嬉しい!ありがとう』
今までにない感謝のされぶりだ。イケるぞ!ミニメで仲良くなりつつ、ときどきオリをプレゼントし、その数が10個くらいになったところで、ようやく誘い文句の登場だ。
『メシでも行こうよ。今度はみぃちゃんのオゴリで。それは冗談だけど(笑)』
『えー、ぜんぜんいいよ』
もらった!ホッコリーナでのナンパ成功の鍵は、先の手法以外にも、・ミッションに必要な植物の気づくと彼女の仲間リストから外されていた。しつこく誘いすぎただろうか。同じ手法で直メ交換まではいけるのに、いざ会おうとするとうやむやにされてしまうことが続いた。
たぶんオレみたいに農園の世話をしてあげる人が、他にもたくさんいるのだろう。彼女たちにとっては、わざわざ感謝するほどの行為じゃないのかもしれない。…だったら、これしかないでしょ。種(無料)を20個、30個と大量にプレゼントする・自分の農園に、レア植物を設置するあたりが効果的だ。最後にひとつだけ注意を。農園内の掲示板は誰からでも閲覧できるので、深い話はミメでするように。この人、誰にでもプレゼントあげてるんだとバレたら成功はない。

関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえH盗撮・エログちゃんねる

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!U-NEXTアダルトがすごい!!

エロアニメも見放題
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。