★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0074_201901211316469ab_20191104192924b35.jpg0075_201901211316481ee_20191104192925011.jpg0076_20190121131649e74_20191104192927de3.jpg0077_201901211316517d2_20191104192928ddb.jpg
0092_20190525175149629_201911041707209af.jpg0093_20190525175150233_20191104170722142.jpg0071_20180906083927d50_201911041707175a1.jpg0072_2018090608392918a_20191104170719a95.jpg
1、ビーチナンパというのはライバルが多く、なかなか難しいものです。なのでビーチに着く前から顔見知りになっておこうというのがこの作戦です。本来なら自家用車で出向きたい伊豆の海に、わざわざバスで向かう子とは、まだ免許を持ってないか、免許は持ってるけどほとんど運転しない、若い女の子ばかりです。オイシイですよ。
2、このイベント、毎年夏に行われる大規模な野外ビアガーデンで、開放的な空間でビール片手にナンパしナンパされる場として有名です。昼間っから飲むんだからそりゃそうですよね。
3、ぽっちゃりねるとん都内各所 ぽっちゃりオンライン
太った女が嫌いでない僕は、ぽっちゃり女性が集う、「ぽちゃねるとん」に通っています。ここがけっこう喰えるんですね。このパーティは、参加女性が太ってるだけで(だいたいいつも20名ほど集ま
る)、他は一般のソレと変わりありません。回転寿司形式の紹介タイムやフリーのトークタイムがあるのも同じです。ただ違うのは、彼女たちが驚くほど食いつきが良いことです。たぶん容姿にコンプレックスがあ女の方がガッついてくるるせいなんでしょう。まるで逆ナンのようにがっついてくるのです。しかも、ライバルはオタクのような男が多いので、出しぬくのも難しくありません。相手とガッツリ話すことさえできれば、告白タイムではまずカップルになれることでしょう。
4、単発参加OKのヌードデッサン教室都内各所 アトリエ「R」
このアトリエでは、実際の女性モデルを使って、ヌードデッサンができます。有り難いことに、1回
こっきりでも参加可能なので(2千500円)、誰でも気軽に申し込めるんですよね。私の知る限り、モデルがブーチャンだなんてことはありません。サブカル系のおぼこいのが多いとはいえ、その手の趣味の人には十分アリでしょう。もちろん、大胆なポージングはないのですが、絵を描きながら見るヌードには独特のエロスが存在します。既存のAVに飽きた人はぜひ一度行ってみてください。
5、負けた分はカラダで稼ぐ。ムチムチの肉体が1万円!
このパチンコ屋の名物客だ。ほぼ毎日のように(オレが行くときは大抵見かける)打っていて、台
をたたきながら熱狂しているおばちゃん。40才くらいだろうか。いかにも主婦ってな感じだ。彼女が
名物と呼ばれるのは、店の外で男に声をかけるからだ。
「よかったら1万円でイイことしない?」
ちょっと濃すぎる化粧はいただけないが、ムチムチした体につい、首をタテに振ってしまう。何を
隠そうオレもそんな男の1人だ。セックス中はそれなりに楽しめるが、ホテルを出てそのままパチ
ンコに向かうおばちゃんを見てると、なんだか複雑な気持ちになる。
6、おっさん向けナンパ塾
モリマンディレイ/公家シンジ非モテや内気な男に向けてのナンパ塾が増殖している。が、実際は生徒を集めるだけ集めておいて「とにかく数を当たるだけだ」と投げっぱなしにしたり、成果が出ないのを「お前の見た目がキモいせいだろ」などと言い放ったりと、タチの悪い塾もあるのが現状だ。
では、だれに師事するのが正解なのか。それがこの2人だ。
彼らは現在のナンパブームが起こる前から講習を続けている人物で、ナンパのスタイルこそ違うものの受講者に対しては非常に誠実に接する。服のセンスが悪い男には服の選び方から、ハゲているオッサンにはウィッグ( カツラ) の採寸からとことん付き合い、声掛けの指導もしっかりと観察してフィードバックをしてくれる。
即日ヤルのを目指すイケイケ系のナンパをしたいのならモリマンディ氏、時間をかけてじっくり行きたいのなら公家氏の講座へ行くのがいいだろう。2人ともツイッター等で講座の開催を告知しているので、マメにチェックしておくべし。
7、六本木マハラジャ東京で手軽に熟女とのワンナイトを狙うなら、やはりここが一番だろう。かれこれ3年ほど通っでいるが、いつ行ってもエ口そうなアラフォー、アラフィフ女がケツを振って踊っている。特に往年のディスコ曲がガンガンにかかる水、木、金の平日は、フロアに溢れるほどの活況で、「オネエサン、セクシーだね一」などと近づくだけで、普通に会話が始まってしまう。あとはマメにドリンクをおごって酔わせてしまえばあっけなく落ちる。パッとしない30男の俺でも勝率6割をキープできているつてことは、向こうもある程度、セツクス目的で来てると考えて間違いない。
梅田マハラジャ2年前のオープン以来、30代一50代の熟女で盛り上がっている。特に週末の夜はボディコンや、胸元のガッツリ空いた格好でキメた40代がわんさかとやつてきて、ナンパ目的のオッサン客を拶ど発してくる。若いころにプイブイ言わせてきた彼女たちも、40ともなれば男からは見向きもされなくなる。杖ここに来れば熟女好きの男たちからチヤホヤされるので、テンションも高くなるわけだ。彼女たちと仲良くなるには小細工はいらない。「一諸に踊ろう」「飲み物おごるよ」とガンガン声をかけていけば、すんなり仲間の輪に入れてもらえる。通常のナンパより10倍力ンタンなのは確か。何も臆するすることはない。
見知らぬ女性と相席になる居酒屋やドミトリー(宿泊所)での出会い
1、大人気のため相席必至のお店はいろいろありましょうが、見知らぬ女性グループの「対面」に座らせてもらえるところはそうそうないでしょう。まるでスタート時の合コンのようなものです。
2、ここ、終電近くになると、モメてる(大抵は別れ)カップルをやたらと目にするんですよね。あっちこっちに柱があり、周りから死角になる場所が多いぶん、ケンカしやすいんでしょう。中には、泣きじゃくってる女のコもいて、もうわかりますね。方法としては、ケンカが終わり、2人がそれぞれ別れたところで、1人っきりになった女のコにすかさず近づき、「どうしたの?]と声をかけるだけです。向こうは心が弱っているので、見ず知らずの男でもつい頼ってしまいがち2回に1回は持ち帰れるんですから、多少の労力は気になりません。
3、見学クラブは横浜の店が摘発されて以来、減少傾向。もはや本物の女子高を使っているところは存在しないと思っていたら、この店ではいまだに女子高が室内でうごめいています。しかも体育座やしゃがむなどのポーズ指名まで可能ということは…。うたい文句は、「マジックミラー越しに女の子をスケッチするギャラリー」ということなので、合法的なデッサンスタジオなんでしょうね。かなりスレスレな気がしますが。
4、男女同室ドミトリーで金髪おねーさんとケイズハウスMt.富士山梨県南都留郡
こちらドミトリールーム部屋がメインの安宿です。大部屋にニ段ベッドがいくつか並び、見知らぬ客同士が寝起きして、という点はそこらのゲストハウスと同じですが、実はひとつ、他では見られないスバラシイ特色がありまして。客の8割が欧米人で(海外のガイドブックで必ず紹介されている)かつドミトリーが男女同室制になっているのです。それがなぜスバラシイかを理解するには、白人オンナの開けっぴろげな性格を知る必要があります。彼女たち、他人に下着姿や裸を見られることをあまり恥ずかしいとは思いません。少なくとも、日本の女どもの差恥心と比べれば、月と地中のモグラくらいの差があります。海外のゲストハウスに宿泊経験のある人なら、あの大らかさをきっと目の当たりにしてるハズです。ここまで言えばもうおわかりですね。そう、この宿で金髪オネーチャンたちと同室になれば着替えシーンを拝めるってわけです。毎日毎日、飽きるほどに。これをスバラシイと言わずして、何と呼べがいいのか。むろん、男女同室という状況は、こちらに多少の英語力さえあれ‘よあっという間に女のコと仲良くなれる利点もある。バカ学生の僕には至難ですが、この宿で外人さんとネンゴ口になった日本人男陛を何人か目撃したこともあります。いずれにせよ、行って損ナシ。パラダイスのような宿ですよ。
5、出会いスポットとして大はやりの相席系飲食店。主流は居酒屋スタイルだろうが、近ごろ都市部を中心に、ラグジュアリーな内装で高級感をウリにした店舗が増えつつある。『相席ラウンジ』なんて呼ばれているのがソレだ。 システムは、居酒屋系とだい

たい同じだ。男は有料、女はタダ(ただし無料で注文できる料理の数には制限あり)。
そして特筆すべきポイントが2つある。
 ・一人でも入場可能。
 ・メシがそれなりにイイ。だからなのか、一人客の女がやたら多い。東京や埼玉の相席ラウンジに通いまくっているオレの印象だと、夕方6時から夜8時半くらいの時間帯は、だいたいどこの店舗も男が少なく、お一人女が余りまくっている状況だ。
しかも、その容姿の平均点も高めだ。ビンボー女子大生みたいな安っぽい連中は、豪華な内装の雰囲気に気後れして、一人では来にくいのだろう。
いずれにせよ、こちらも一人で店に向かえば、相手こそ選べないものの、スタッフが一人客の女の席へ案内してくれる。行かなくちゃソンだと思いますよね?しかし、オレの経験上、ナンパはなかなか厳しいと言わざるを得ない。純粋に出会いを求めてやってきているお一人女を見かけたことがないからだ。大半の連中は、タダ飯狙いである。いろいろ料理を奢ってやれば、LINE交換くらいはしてくれるが、なかなか店から連れ出すことはできない。何とか口説いて2軒目へ誘えたケースも一度だけだ。が、そのときもすんなりセックスに応じてもらえず、最終的にはこんなふうに押し切った。
「お小遣いあげるんで、お願いできないかな」
何だワリキリかよ、と笑うなかれ。アリだと思いませんか。相手は出会いカフェ嬢のように最初から援交をやろうとしていたわけではなく、ちょっと女を武器にしてゴハンを食べようとしたくらいのシロート女なんだから。
そして、こんなふうにワリキリも視野に入れて動くと、相席ラウンジは遊び場として悪くない。お一人女の中には、金にめざとい人種がいろいろいるからだ。まずは、キャバクラの出勤前に食事がてら来店しているホステスたち。オレは彼女らを見つけたら、店内でストレートに切り出す。「1時間で終わらせるし、イチゴーでどう?」と。また、愛人探し目当ての90点クラス美女もチラホラいる。相席ラウンジの男の年齢層は、一般的な相席店のそれよりも高いからだろう(30代以上がメイン)。言わずもがな、ワリキリには持ち込みやすい手合いだ。かくして、これまでに援交を決めたお一人様は4人だ。その都度、相席ラウンジ代が1万5千円ほど、ワリキリ代が平均2万円、プラスホテル代と、なかなか高いのだが、オレはけっこうハマってます。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内