★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
伊香保温泉の美人台湾人を買えるスナック0050_20180603110644a9c_2019081620400869b_201910061358543f0.jpg0059_201811181344202f6_20191006135855aaf.jpg0036_201808290900374e8_201910061358489be.jpg0037_20180829090038a7c_201910061358491ab.jpg0038_20180829090040e51_2019100613585126c.jpg0039_20180829090041749_20191006135852060.jpg
0043_20181127082519238_20191009160921424.jpg
1、自然体験を通して子供たちを育成しようという、簡単に言えばボーイスカウトのような団体だ。ハイキングや飯ゴウ炊飯など、アウトドアイベントを定期的に企画し、その都度、子供たちの面倒を見る大人のボランティアスタッフを、ホームページで募集している。このスタッフがオイシイ。なんせ、参加者の4割は女性のため、下のような状況が生まれてしまうのだ。泊まりがけで女の子たちとキャンプに行けて、それでいくらかというと費用は4千円程度。参加しなくちゃ損ですね。
2、法師温泉長寿館。無類の温泉マニアである私が、ここを東日本で最高の混浴スポットだと言い切る理由は以下の通りだ。
①女性客に人気が高い。
かつてJRのCMの舞台になったこと、「日本秘湯を守る会」の会員旅館であることから、若い女性客、特に旅好きのOLから絶大な支持を受けている。女はシナシナの婆さんばかり、なんてことはまずない。
②混浴風呂が一番のウリ
同宿には女性専用の内風呂も用意されているものの、あくまでメインは混浴風呂である。ここでジッと待っていれば必ずや女性客とご対面できる。
③タオル不可、水質は透明。
説明は不要だろう。つまり我々の視界から女体を遮るものは何ひとつないのだ。安心して胸の突起物や下腹部の黒い海草を鑑賞されるがよい。以上、私のとっておき混浴情報でした。「女性客はシナシナの婆ばかりだった」という展開はまずない、と断言しよう。
汪泉閣のすばらしい点は、それだけではない。混浴風呂が24時間開放されているおかげで、深夜帯に入浴しにくるカップルが結構いるのだ。ヤツらがいちゃつく様子を、物影から鑑賞するのは相当シビれる。中にはペッティングや本番まで始めるけしからん連中もいるから、もうタマらんわけです。
この複合レジャー施設は、これと言って他に何もない地域にポツンとあるため、地元の若い連中が集まってくるのだが、数年前からここの駐車場がナンパスポットになっている。夜、駐車場の入り口付近で、女の子2人組の車なんかがナンパ待ちしており、週末ともなると3、4台は並ぶ。そこに男の車が横付けするわけだ。全国各地にありがちなパターンだとは思う。お察しの通り、車で声をかけるだけに男側は車種が大切で、基本的に軽や小型車だと相手にされない。ただ、うちの地元のネーチャンたちはどういうわけか県外ナンバーに弱い。地元に遊び場があまりないため刺激に飢えているのだろう。東京方面のナンバーだと何かを期待し、車がショボくても反応がいい。
3、チンコを女性に見せて楽しむ〝合法露出〟野郎が多いことで有名な混浴温泉です。
実際に足を運ぶと、なるほど、露出には持ってこいだと納得できるでしょう。現場は、幅50メートルほどの渓流の底から温泉が出てるスポットです。囲いとかもなく、車道からも丸見え。見た目は完全に単なる川です。普通の人は基本的に水着を着ています。だからでしょうか、混浴露天ではあるものの、温泉プールみたいな雰囲気なので女性客も多いです。夏はその数も増す。
私たち合法露出マニアが狙うのは、そんな女子たちです。ワニのように風呂に浸かり、彼女らの様子をうかがい、近づいてきたところに、ほらよっとやるわけです。楽しそうでしょ?
4、伊香保温泉にあるストリッフ割場である。宿泊客が一杯やったあとふらつと足を運ぶような、というかそれくらいしか集客はない寂れた劇場だ。踊り子は全員30代くらいのフィリピン人である。音楽に合わせて服を脱いだり、オナニーショーをしてくれるのだ航その光景はまあご想像通り、大したものではない。しかしここ、一つ興味深い余興が。今どきのストリップ劇場では珍しく「ナマ板ショー」をやっており、男陛客を舞台に上げて踊り子とまぐわらせているのだ。希望者が何人もいるときはジャンケンで決める航そういうことはまずない
挑戦者がいないことはザラ。率先して名乗り出ればだいたい舞台には上がれる。舞台に上がったあとは、前戯とかは全くなく、ゴム装着してすぐに合体である。スポットライトはあてられるし、観客か引よヤジも飛んでくるだろう。それでもじっくりセックスを楽しめたら大したもんだ。
5、うちの地元太田ではブラジルチェックしてみ人の女をよく見かけるが、ナイスバディがたまらないのだ。エキゾチックなルックスも何かエロイ。
6、日本人温泉スナック嬢のお部屋にお邪魔じて朝までノゾまくる
温泉街に妖しいスナックはつきものですがにこ伊香保に関わらず~全国的にその数は少なくなっています。それにどこも中国人や韓国人しかいないので、好き嫌いの別れるところです。ところがなぜか~伊香保には日本人が抱けるスナックが存在しています。2軒だけですがワタシはこのためだけに彼の地に足を運んでいると言っても過言でありません02軒とも~だいたい20時ごろから22時の間に店に行って、数人の日本人女性と飲みながら相手を決めることになります。意外にも若い子が多く、20代前半が中心でそこそこカワイイというか、素朴な容姿にそそられます。中には40代もいますが、まあ好きな人にはストライクって感じでしょうか。おもしろいのは気に入った子を見つけたら彼女らの住む部屋でプレイするシステムです。飲み代5千円ほどを払って店を出て、そのまま女の子のアパートに向かいます。コンビ二に寄って酒やつまみを買っていくのがまた楽しいのなんのって。料金はショート(1時間)が1万円、口ング(朝まで)が4万円ほど。安くはないので、なるべく早めに店に入ってお気に入りの子を選ぷのが重要です。やはり口ングコースがいいですね。生活感のある部屋でいちゃいちゃしたりするのは、ただセックスをするだけじゃない満足感があります。
温泉地で仲居さんと観光・温泉で初めて肉体関係を持つ
0198_2019011416030552c_20191102083519572.jpg0199_20190114160306f95_201911020835215ab.jpg0200_20190114160307875_20191102083522dcb.jpg0201_201901141603099f6_2019110208352329c.jpg0202_2019011416031082e_20191102083525819.jpg0203_20190114160312124_20191102083526d69.jpg
有名旅館で大原麗子似の仲居さんとその娘さんとで夢の親子4P

とある温泉旅館で仲居さんとエンコーしちゃったという話なのだが、その先に、思いも寄らぬ展開が待っていたワケで…。

昨年秋、旧友の吉田と2人で石川県にある粟津温泉へ遊びに出かけた。いい歳こいたオッサンが2人仲良く温泉地へ行く理由はひとつしかない。熱い湯に浸かり、旨いメシを食い、酒を楽しみ、女を抱こうというのである。滞在先は、同温泉街では老舗旅館として有名な宿だ。案内された部屋で荷物を下ろした矢先、ドアをノックする音が聞こえた。
「本日は、ようこそ当館へおいでくださいました」
担当の仲居さんだ。女優の故・大原麗子に似ていると言えばちょっと大げさだが、少なくとも仲居にしてはかなり美人なのは確かだ。歳は40前半といった感じ、腰のラインも相応に艶めかしい。

「何か御用がございましたら何なりと申しつけください」
「はいはい、どうも」まずは浴衣に着替えて浴場へ。たっぷり汗を流したところでお待ちかねの晩飯タイム(部屋食)がスタートした。男2人旅の気楽さと開放感。バカ話を言い合いながら、酒はぐいぐいと面白いように進み、2時間を過ぎるころには完全に出来上がっていた。目の下を真っ赤にした吉田が、焼酎で濡れた口を開く。
「なあ、どうする? どこでヌく?」

粟津界隈にはソープやちょんの間がちょこちょこあるらしく、すでに吉田の気持ちはそっちの方へ傾いてるようだ。
「ソープは何か情緒に欠けるんだよなぁ。ちょんの間のほうがよくないか?」
「そうだなぁ」ゲスな会話の最中に、仲居さんが膳を下げにやって来た。その腰を凝視しつつ、俺は声を上げた。「この辺りの温泉って、昔は仲居さんともエッチ出来たんだってね。今はどうなの?」尋ねられた仲居さんは、やや困った顔つきになった。
「今、そういうのはどこの旅館も禁止してますからねぇ」
「残念。俺、アナタとだったら遊びたかったのになぁ」 酔いにまかせてのセクハラのつもりだった。が、直後、彼女は信じられないことを口にした。
「あのう、宿に内緒にしてくれるなら別に構いませんよ」
いいのかよ! 提示された条件は2時間で2万。それがさらりと口から出るあたり、常習の疑いは濃厚だ。さらに、「私ひとりでお客さんたちのお相手をしてもいいんですけ
ど、同じ職場にもうひとり、遊べる女性がいるので声をかけます?私よりちょっと若い、38の人ですけど」すごい。仲居さんとしっぽりやれるなんて、究極の温泉遊びじゃないか。吉田が身を乗りだした。
「ぜひぜひ!」
「では夜11時にまいりますのでよろしくお願いします」約束の時間に例の仲居さん=杉本さん(仮名)がひとりで部屋に現われた。
「あの、ごめんなさいね」
どうやら急に、連れてくるはずの同僚仲居の都合が悪くなったらしい。ふむ。てことは吉田と交代で杉本さんと遊ぶか、あるいは俺たちのどちらかがちょんの間に行くかってことだな。ところがここでまたもや、彼女が耳を疑う話を切り出す。
「私の娘が近くのスナックで働いてるんですけど、それでよければ呼びましょうか?」「はぁ?」つまり彼女は、自分の娘を俺たちのセックス相手にどうかと勧めているのだ。すこしもためらうことなく、サラリと。なんちゅう親子じゃ! 
「娘さんっておいくつ?」「ちょうど二十歳です。若すぎますかね?」
「いやいや、呼んで呼んで」それからしばらく、3人で和やかにビールを飲んでいると、杉本さんの娘がやって来た。残念ながらこちらは母親ほどの器量はなく、せいぜい
60点ほどのあか抜けないルックスではあったが、それを補って余りある若さがある。ひと晩の相手としては十分だ。杉本さんが口を開く。
「娘です。すいませんが、よろしくお願いしますね。ほら、アンタも挨拶」
「どうも、こんばんは」何なんだろう、この違和感。今から母娘が同じ部屋でセックスを始める状況とはとても思えない。プレイは1対1形式で行われ、女性を2人相手にする際は、もう1人分の料金が発生するらしい。吉田と話し合った結果、俺が杉本さん、ヤツが娘さんを選び、最初は別々の布団でプレイすることにした。

状況によって、なし崩し的に4Pに持ちこもうという算段だ。杉本親子のたってのお願いで、照明を豆電球にすると、やがてとなりの布団からチュパチュパ、あんあんとスケベな音声が漏れ聞こえてきた。「ねえ、娘さん、あんなことされてるよ。ヤラシイね」「やだぁ」
口ではそう言いながら、クスクスと笑う杉本さん。慣れている。この態度、完全にこういう状況が慣れっこの証拠だ。もう一度言わせてほしい。マジでホントに、なんちゅう親子じゃ!こちらの目論み通り、開始から1時間ほどで相手の女を取っかえ引っかえしての、乱交状態になった。

さすがに母娘のレズプレイまでには至らなかったものの、大興奮の夜だったと言えよう。温泉旅館の仲居との親子丼なんて、おそらく死ぬまでに二度と味わえないだろうから。

ちなみに、杉本さんの話によると、粟津には売春に応じてくれる仲居は彼女の他にもいるらしいが、そういう連中は彼女も含め、界隈の温泉地を転々としているそうなので確実にどこそこの旅館にいるとは言えないそうだ。興味のある方は、残念だが、気長にチャンスを待つしかない。

【温泉で初めて肉体関係を持つ】
どれだけ声をかけまくっても、商店街の店を片っ端から回っても、誰ひとりとして俺を相手にしてくれない。通行人にシカトされるのはいつものことだけど、ここまで徹底した拒絶っぷりは初めてだ。ちょいと薄情すぎないか、太田市のみなさん。ハナからこの町に目当てがあったわけじゃない。とっとと離れることにした。ヒッチハイクを始めてほどなく、1台のワンボックスが停車した。運転席にいるのは、ドカベンをそのまま50才にしたようなオッチャンだ。
「この車って、どこ方面に向かってます?」
「前橋の手前だけど」
 前橋ね。行ってみよっか。
「すいませんが、そこまで乗っけてってもらえませんか」
「別にいいよ」
 運転手の栗本さんは、農家をしている親戚宅へ野菜をもらいにいった帰り道だという。仕事は工場
勤務だそうな。
「あんた、名前は?」
「あ、申し遅れました。和田といいます」
「仕事してんの?」
「ええ、まあ、一応は…」
とりあえず無一文で旅行中だということだけ伝えると、栗本さんがカッと目を見開いた。
「えええ〜? 金も持たずに旅行してんの!? スゲーな!」
「いやぁ、そんなでも…」
「てことは何? 朝から何も食ってねえんじゃねえの?」
「ええ、まあ」
素知らぬ顔で返事をしたものの、内心はニヤリだ。これは来るんじゃないの、食事のお誘いが。
「そいじゃあ、一緒に昼メシでも食うか」
 はい、来ました〜〜!
「うまいもん、たっぷりと食わせてやるよ」
何だろう、うまいもんって。カツ丼? 焼肉? まさか回らない方の寿司とか? ひゃー、虫象カンゲキ!30分後、車は住宅街にある民家に停まった。ボロく古めかしい木造平屋建てで、どこをどう眺めても飲食店には見えない。なんじゃここは。
「自宅だよ。いまメシにするから、ま、入って」 …家メシですか。そうですか。
やや悲しい気持ちで栗本宅へ上がり込むと、ステンレスパイプに囲まれたベッドが置かれていた。
かなり高齢の老人が弱々しく横たわっている。栗本さんがその老人に大きな声で話しかける。
「父ちゃん、帰ったよ。ちょっとお客さん連れてきた。和田さんっていうの」
「ああ」
「ヒッチハイクしてるっていうから乗せてあげたんだよ。旅行してるんだってさ」
慌てて挨拶する俺。
「こんにちは。和田と言います」「はいご苦労さん」
関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえH盗撮・エログちゃんねる

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!U-NEXTアダルトがすごい!!

エロアニメも見放題
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。