SnapCrab_NoName_2023-2-5_9-8-2_No-00.png

〈ト口さん、はじめまして一恋愛に関するご相談です〉
数日間ー件の相談もなく落ち込んでいたところへ待望のメールがきた

〈2ケ月ほど前に別れた人のことが、まだ忘れられません。相手は、7つ上でマスコミ勤務。私は、大学生です。顔も性格もタイプではなかったのに、付き合い出したらどんどん惹かれていきました。交際期間は半年弱。おそらく、私が重かったのかもしれません…。
メールや電話が少なくなり素っ気無くなった彼に対して不満や不安をぶつけ、別れを切り出したのは私。それを待ってましたとばかりに、彼から「別れよう」と。
その後、やっぱり別れたくないと言いましたが時すでに遅し。最後の最後は、私も納得したという形になりました。がー別れてから2ケ月経った今も、とても好きなのです。今でも、不安になったり元気かなと思ってしまうとメールや電話をしてしまいます。
メールの返信はくるし電話にも出てくれますが、別れてからは会ってません。復縁のチャンスはあるでしょうか〉

チャンスはあるかという質問からは弱気になっているところも伺えるが、わざわざこういうメールを送ってくるのは、チャンスありという返事を期待してのことだろう。短い文面ではあるが、何とかしたいという意欲が伝わってくる。
メールの最後は、〈ト口さんは別れた後、復縁したご経験はありますか?〉で結ばれていた。相談の真意は、チャンスがあるかないかではなく、復縁の可能性を高める方法を知りたい、ではないだろうか。メールゃ電話を自分からしていることなど、彼女があせっていることは明白。そして、期待するほどの成果は上がっていないということだ。

一読したとき、ぼくはこれ、自分の考えをメールして終わりだと思った。
彼女の言うことが本当なら、相手は喜んで別れたように読めるからだ。
別れるタイミングを計っていたと言ってもいい。だから理由もよく聞かず、あっさりOKしたのだ。そのリアクションが、予想外だったんだろう。別れたそうな気配を感じつつも、いまなら間に合うと踏んでの小ギャンブル。それが先手を取っての別れ話だったのに、相手が同意してしまったのである。そして、経緯はわからないが最終的には円満解消風に恋愛関係を終えている。
で、2ケ月経って、ゃっばリ好きだ、別れ話を取り消したいという気持ちが抑えきれなくなってきたところでの相談。まあ、客観的に見ていまさら感があるのは否めない。
ぼく自身、フラレた相手と数年後に復縁したことが30才前後に一度だけあるのだが、やはりうまくはいかなかった。時間が経ちすぎていたし、自分自身が変化したとも思えない。
さらに、相手が結婚を意識してもおかしくない年齢だが、こっちにはまったくその気がない。これじゃもう一度つきあったとしても長くは続かないと考えて、言い訳がましい手紙を書いた記憶がある
あまり思い出したくない過去だ
そんな自分の経験を含め、復縁は無理じゃないかという内容の返信メールを書こうとしたのだが、ちょいと引っかかることがある。
メールを読んだだけでは、相手がどういう男なのかも、何が原因で別れたのかも、さっばり不明なのだ。そして、メールや電話をしても相手が喜びもしない代わりに拒否もしない事実をどう受け止めたらいいのか。
ぼくがもし、イヤで別れた女からそういうことをされたら、メールに返信はしない。電話にも出ないか、出るとしたらーもうかけるなと言う。うっとおしいからだ。しかし、この男はそうじゃない。けっこうマメだ。理由として考えられるのは3つ。

いつでもヤレる相手としてキーブしておきたいか、相手を生殺しにして楽しんでいるか、自分にも未練があるか、だ。
最後の理由だとしたら、自分の気持ちを整理する時間を稼いでいる可能性もあるわけで、うまくすれば復縁の目たってあるかもLれない。いずれにしろメールだけで結論を出すには情報が少なすぎる。かといって、男の気持ちを推測できるほどの情報を得るには何度もメールをやり取りしなければならない。やはり、ここは会って直接話を聞くのが手っ取り早いだろう。

東京近郊に住んでいるのかと尋ねると、都内在住だと言う。よし、決まり。本気で相談する気があるなら、事情を詳しく知りたいというこっちの希望を断る理由もないはずだ。こちらの電話番号を教えるとともに、彼女の番号を知らせてくれとメールを出すと、翌日の午後、携帯が鳴った。
「北尾さんですか、永野です」
このときまでは、会って話すだけが目的で、行動に出るような相談じゃないと思っていたのだが・・

「今日はありがとうございます」
待ち合わせた改札口へ行くと、すでに来ていた永野有希(仮名22才)が笑顔で頭を下げた。ファミレスへ移動する間の当たり障りのない会話に対するそつない返事を聞き、ぼくは内心、ホッとした。なんといっても相談者と会うのは初体験。
どんな暗い顔をした女が現れるのかと警戒していたのである
それが、元気いっばいの可愛い女子大生だったんだから、ちょっと意表をつかれた思いだ。しばらく適当に雑談でもするか。いかん、今日は単なる中年オャジではなく相談を受ける立場。クールに本題に入りなければ。
じゃ、始めましょう。彼(以下、A)と知り合ったきっかけから教えてください
彼女の話によれば、Aと知り合ったのは今年の冬。女性が足りないからと駆り出された、合コンだったらしい。
第一印象はどうってこともなかったが、翌日からメールのやり取りが始まり、映画を見たり食事するようになるまで、さほどの時間はか恋愛からなかった。

「デートは週に1、2回マジメな人だと思ったし、2枚目じゃないけど話題が豊富で一緒にいて楽しい会うたびに惹かれる感じでした」
当時、有希には彼氏がいたが、あまりうまくいってなかったせいもあり、そっちとは別れる意思を固める。
「知り合ってーケ月後ぐらいにAの部屋に泊まって、えーと、つき合い始めました」
以後は週末になると有希がAのマンションに通うようになった。平日は就職活動ゃバイト、土日はAとベッタリ。彼女は自宅住まいだが、Aとの交際について親はどう思っていたんだろうか?
「外泊とかは、以前か?うるさくないですね。私はこれまで、ひとりと長くつき合ったことがないので、母親からはどうせそのうち別れるでしょとか、やめとけば、とか言われましたけど」
ずいぶんさばけた親だな。
「だから、親のプレッシャーとかは全然ないです。私もまだ学生で結婚願望とかないし、それを迫ったこともありません。ただ、ケン力はよくしてました。ささいなことですけと、ついいろいろ言っちゃう性格で」

Aかり見れば歳の差もあるし、有希のそんなところも可愛かったのだろう。険悪な雰囲気にはならない有希も本気で怒っているわけじゃなく、まあ痴話ゲン力。以前つき合っていた女とまだ連絡を取っていることをせめても、Aに抱かれれは満足してしまうような日々だった。
「でも、彼が誕生日にプレゼントをくれなかったのが原因で、一度別れたんですよ。なんか大人げないなと反省して、私から謝って寄りが戻ったんですけど、そのあたりかり私、彼に軽視されているような気がしてきたんですよね」
いったんは仲直りできたが、ギクンャクし始めた関係は完全には修復せず、Aと連絡が取れない(電話に出ず、メールに応えない)数日間に有希が頭にきて、別れようかと口走ってしまういかにも軽いというか、若いというか、有希もくっついたリ別れたり忙しい女だ。でも、復縁したいと願うほどだから遊び半分な訳ではなく、うまくいかなくなってからはストレスで肌が荒れたり、不安で眠れなくなったりもしたらしい
「勢いで別れようと言っちゃったんですけど、やっばりつき合いたいと彼に言ったんです。そうしたら、私のことは好きだけど、仕事でストレスがたまってて、誰にも会いたい気持ちになれない、恋愛する余裕がないって言われました」
納得できない有希は思いを綴った手紙を書き、それが功を奏して久々にAの部屋へ行く。仕事のジャマなら会う回数を減らしてもいい。メールを出しまくったりすることも控える。だから、私のことを好きなら別れないで欲しい正直な気持ちを打ち明けた。それなりに粘り強くやってはいる。で、そこまで下手に出られて、Aの反応は?

なんかハッキリしないんです。いつものようにセックスしようとするから、中途半端な関係ではしたくないと言って、その日は拒否しました。で、もういいやと思ったんですけど・・しはらくして、Aからメールで、やっばり別れようと伝えられ、今日に至るというわけだ?結論はメールでかよ。しかも、その後会ってないとはいえ、電話とメールのやり取りはある、と。
うーん、とうなんだそれは。別れるなら直接会ってビシッと言えよと思うのは古い考え方なんだろうか。そんなことはないよな。
現に有希は、Aの煮え切らない反応ゆえに未練を断ち切れないでいるんだから彼女の話からイメージされるのは優柔不断なチャラ男だ。合コンで気に入った女子大生とセフレ感覚で遊んで、別れを引き延ばしつつ、スキあらばいつでも寝られる相手としてキーブすべく、切れそうで切れない関係を維持していく。言いすぎか
ぼくにもそんなことをしてみたい邪悪な欲望があるのかもしれん。
Aは独身だし、仕事も大事な時期。世間知らずな女子大生の面倒は見きれんよってことかもしれない。でも、だったらオトナっぶりを発揮して、憎まれてもいいから「もうお前に興味はない」といえばいいのだ。そうすれば有希もあきらめがつき、Aと決別できる。それが、せめてもの優しさってもんだろう。Aも優柔不断だが、有希もそうなんだよ。
関連記事


★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★



広がるマッチングアプリ婚!コロナ明けで出会い欲は加速中
af640x200_8_sp.png





レアおすすめ動画



本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内




カテゴリ
タグ