5_20230121092726bb4.png

サブカルチャーの街としても名高い中野エリアに、知る人ぞ知る箱ヘルがある。
 その名も「メイドin中野」。
名前のとおり、メイド姿の女の子とイチャイチャできるコンセプト店なのだが、人気の理由はそこではない。
「とにかく女の子にハズレがいない」
「サービスが良く、プレイが上手い」
 ネット上には、長年にわたりこのような声が相次いでいるのだ。3駅となりにはフーゾクの本場、歌舞伎町があるというのに、わざわざここに通うファンも少なくないという。
 いったいどれだけの名店なのか。さっそく調査に向かった。サービス精神は申し分ない 週末の昼3時。中野駅に降り立った。大勢の人々で賑わうサンモール商店街を抜けて、スマホ片手に歩くことしばし。路地裏の一角に、目的の店を見つけた。
「え、ここで本当に合ってるのか…?」
 思わず声が漏れてしまったのは、あまりにフーゾクっぽくない建物の見た目のせいだ。パステルカラーに包まれた外観からは、スケベな雰囲気は一切感じない。これはメイド喫茶と間違えてもなんら不思議じゃないぞ。
 
意を決して入店。真っ白なドアを開けたところ、爽やかなボーイが挨拶してきた。
「いらっしゃいませ! ご予約はされてますか?」
「いえ、これからフリーで入りたいんですけど」
「ただいま30分ほどお待ちしていただくのですが、大丈夫でしょうか?」
 
え、マジかよ…。いくら週末とはいえ、待たされるとは思ってなかった。やはりネットの評判どおり、人気の高さが伺える。
 
50分のコースを選び、プレイ料金の1万4千円を支払った。
代わりに受付番号とともに、バインダーに挟まれた1枚の紙を渡される。
「こちらオーダー表となります。プレイ内容のご希望があれば、なんでもお書きください」
 ほほう、人気店というだけあり、サービス精神は申し分ない。
 待合室のソファには、先客の2人のオッサンが座っている。
無言の空間で待つことしばし。ようやくボーイから声がかかった。
「お待たせしました〜! 16番の方、用意ができましたのでどうぞ〜!」
 どんなメイドさんとイチャイチャできるのか、楽しみだな〜。この時間が永遠に続いてほしい 階段下の踊り場に通されたところで、いざご対面だ。
「こちらの女の子になります〜」
 シャーっとカーテンが引かれる。床に正座したメイドさんが、丁寧に頭を下げてきた。
「お帰りなさいませご主人さま〜!」
 おお、なかなかカワイイじゃん…。顔は女優の佐久間由衣に似ていて、年は20代後半くらいだろうか。本物のメイド喫茶にいても、なんらおかしくないぞ。
「ご主人さま、さっそくお部屋に向かいましょうか〜」
 ギュッと手を繋いで、階段を登っていく。フロアは3階まであるようで、外観からは想像できないほどの大型店だ。
 さっそく俺だけ服を脱ぎ、メイドちゃんは服を着たまんまで、体を洗ってもらう。
「ここのお店は長いの?」
「はい、だいたい3年くらいになります〜」
 ほう、なかなかのベテランじゃないの!
「いえいえ、平日は会社で事務してるので、そうでもないですよ〜」
 ありゃ、一応メイドの設定なのに、それ言っちゃうんだ。まぁ俺は全然平気だけど、メイド目当てで来る人もいるんじゃないの?
「うーん、どうですかね〜。ここはあくまでヘルスなので、メイド好きの方は少ないですよ〜」
 ほうほう、メイドうんぬんは関係なく、プレイを求めてやってくるってわけか。
 体をサッパリと洗い流したところで、ベッドに腰かける。彼女が隣にちょこんと座ってきたかと思えば、すぐに足の上にまたがってきた。

「ギューっとしてもいい?」
「あ、うん…」
 対面座位の体勢で、お互いの体をピッタリとくっつける。メイド姿の女性と抱き合うなんて、生まれて初めての経験だ。ああ、女の子の匂いが全身に染みわたっていく…。
 無言で抱き合うこと1分。首にチュッとキスしてくると、耳元でそっとささやいてきた。
「あのさ…キス、しよ?」
 おお、ちょっとドキッとしちゃった。これはかなりのチンピクワードだぞ。もうメイド要素なんて服装以外にとっくに消え失せたが、男の喜ばせ方は熟知しているようですな。
 抱き合いながら、ゆっくりと唇を近づけていく。何度かプラトニックなキスを重ねたところで、にゅるりと舌が入ってきた。
 ムフフ…こりゃたまらん…。
積極的に舌を絡ませてくるから、めちゃくちゃ幸せだ〜。
 この子がキス好きなのか、それとも店の営業方針なのか。まぁそんなことはどーでもいいが、とにかくこの時間が永遠に続いてほしい。そこまで思わせるほどの、濃厚なキスなのだ。ツバだくのストロークに手コキまで加えてきた もうメイドの設定なんてどうでもいい。すかさず背中に腕を回して、メイド服のファスナーを引き下げる。
 腕をバンザイしてもらい、服を脱がせたところで真っ赤なブラジャーの登場だ。彼女はこちらから目を逸らし、ボソッと呟いた。
「私あんまり大きくないから、ちょっぴり恥ずかしいな…」
 おお、カワイイ反応じゃないの! 
それじゃあブラも外したところで、さっそく味見といきましょう。
抱き合いながら、胸もとに顔をうずめる。Bカップほどの小ぶりなおっぱいを舐め回したところで、控えめなアエギ声が飛んできた。
「んっ…んっ…」
 あらら、感じちゃってるのかな? 夢中でおっぱいを味わっていたところで、お待ちかねの時間はやってきた。
「じゃあこっちも舐め舐めしちゃうね〜」
ベッドに横になり、全身リップを受ける。耳裏から首筋、乳首にかけて舌をそーっと這わせていく彼女。
舌が太ももあたりまで到達したところで、下半身に快感が駆け巡った。
チラッと目を走らせる。ガチガチに勃起したチンポが手のひらでこねくり回されているではないか。
「どうですか〜?」
「すごくいい感じです」
 絶妙な力の入れ具合で、カリを刺激してくる。そこらのシロートの手コキとはレベルが違うぞ。
 この後の流れはおおよそ予想できる。おそらくフェラだろう。
 ぜひともカワイイお顔でチンポをしゃぶる姿を、この目に焼き付けたい。
 ひょっこりと首を上げたところ、驚くべきテクニックを披露してくれた。
「おお、これはやばい…」
 チンコの外側に、まるでポールダンサーのように舌を這わせていく。カリから根本、根本からカリ、交互に舌がねっとりと絡みついてきて、まだしゃぶってもないのに気持ちいい…。
 ああ、こりゃ極楽ですな〜。
そのまま流れるような動きでチンポをほお張り、ストロークが始まった。力のバランスも絶妙だし、カリの部分だけ強めに吸引してくれる。こりゃ、完全に男のツボを熟知してますやん。
「やばい、めっちゃ気持ちいいです〜」
 思わず本音が漏れてしまった。チンポを咥えながら「フフフ…」と微笑んだ彼女は、手を丸めて口に添えた。
 ん? なにをする気だろう? 
頭にクエスチョンマークが浮かんだが、すぐに答えはわかった。
 うわ、なんだこのフェラは! 
ツバだくのストロークに、手コキまで加えてきた。長年のフーゾク人生の中で、こんな上級テクニックを見たのは初めてだぞ!
「ああ、それやばい…」
 あまりの気持ちよさに、つい声が漏れてしまう。しばしの間、手コキフェラを受けたところで、射精感がこみ上げてくるのがわかった。
「ちょっと待って! イッちゃうから!」
 ふぅ…。危うく暴発するところだったよ。それにしてもこんなテクニック、どこで身につけたんだろ? カワイイ顔して、やることはえげつないですな〜。白濁液が胸もとまで飛んできた しばし休憩を挟んだところで、プレイ再開だ。寝そべる俺を覗き込むように、彼女は尋ねてきた。
「ローションはつけても大丈夫ですか?」
「あ、お願いします」
 ベッド横に備え付けてあったローションを手に取り、オチンチンに塗りたくる。カイロに入れてあったのだろう、温かくて気持ちいい。このホスピタリティ精神には頭が下がりますな〜。
「じゃあ始めますね〜」
 俺の体にひょいっとまたがり、騎乗位の体勢へ。ロデオのように腰をくねらせると、ヌルヌルのチンポがオマンコの肉に包まれていく。
ああ、やっぱりスマタって気持ちいいな〜。
体を揺らすたびにカリが擦れていくし、こりゃ極楽です。
 彼女がフフッと微笑んできた。
「じゃあ、これはどうですか〜?」
 下半身に目を走らせたところ、チンポに手の輪っかを添えている。あれ? これってもしや…?
 疑問に思った瞬間、頭の上から雷が落ちたかのような快感がやってきた。
 うわ、死ぬほど気持ちいい!
 マンコで擦れるたびに、手コキまで付いてくる。スマタから手コキ、手コキからスマタという、快楽の永遠ループが続くのだ。
「ウフフ…、気持ちいいですか〜?」
 はい、ちょっとこれは反則です…。フツーにセックスしているよりも気持ちいいんですけど…。
 やばい、もう限界だ。快楽で頭がおかしくなりそうだ。
「ごめんもうイキそうかも…」
「うん、出して出して〜」
 よーし、思いっきりぶっ放すぞ〜〜。腰の動きが一気に加速していく。すぐに腹の奥底から怒涛の射精感がこみ上げた。
「ううっ!!」
 ドピュ、ドピュ、ドッピューーン!!
 放物線を描くように、白濁液が胸もとまで飛んできた。ああ、もう動けねえっす…。
 シャワーを浴びながら雑談を交えていたところで、彼女のテクニックの秘密が暴かれた。
「実は新人のころ、常連のおじさんに教わったんです。こうすると気持ちよくなるんだよって」
なるほど、どこの誰かは知らないけど、その人に感謝を述べたいもんだ。おっさん、マジでありがとう!

af640x200_2_sp.png
関連記事


★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★



広がるマッチングアプリ婚!コロナ明けで出会い欲は加速中
af640x200_8_sp.png





レアおすすめ動画



本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内




タグ