9_2022112409063817f.png

『クリスマスは本番成功率が高いのか?』というテーマなハズなのに、『この世に神はいるのか?』というもっと大きな人生のテーマが持ち上がってきた。
しかし、予算的にも次がラストチャンス。
失敗は許されない。果たして我が家にサンタクロースはやってくるのか。ん?そうか!サンタだよ!ここはやっぱり、ミニスカサンタの衣装に身を包んだ女の子を呼ぶべきじゃないの。サンタのコスプレをすることによって、女のコもその気になって、本番というプレゼントをしてくれるんじゃないの。
ネットで調べると…ありましたよ。『E』って店のサイトに《クリスマスキャンペーン中により、ミニスカサンタの衣装、無料貸し出し中》なる一文が載っている。よっしゃ、さっそく電話じゃ!
「もしもし、メリークリスマス!お電話ありがとうございます」
おお、クリスマス感満点じゃない!期待できそうよ。
「今の時間ですと、サイトでも確認できますがCちゃんというコですね。小柄ですがDカップ、性格もおっとりした感じで人気の女のコですよ」
顔にうっすらとボカシが入っているが、かなりカワイイ!もう迷うことなくGOですよ!
ピンボーンー運命の三度目のチャイムが鳴った。
扉を開けると、そこには身長は小さいが美女が立っていた.よっしゃ神よぉおお
「メリークリスマス!外、寒かったでしよ?チキンもケーキもあるよ?食べる?」
「あ〜うれしい〜.食べた〜い!」
この反応ですよ!ボクが求めていたのは!
「じゃあ、ケーキの前にサンタになっちゃうね」
真っ赤な肩紐のワンピースに胸と太ももあたりに白いフワフワの綿。
まさに王道のミニスカサンタ姿だ。
とうとうボクのおうちにサンタがやってきたんだ。わーい!
「今日、ケーキ食べてなかったからうれしい〜」
「うん、たくさん食べてね。オレ、3日前に彼女と別れちゃってね。寂しかったんだ」
「そうなんだ……私は彼氏いるんだけど、大阪に出張なんだ。お互い寂しいねl」
よしよし、かなりボクのひとりぼっちつぶりに共感&同情しているぞ。
ケーキを食べ終わり、ベットに移動しプレイ開始だ。まずは、ゆっくりとした動きの舌が口の中に入ってきた
生クリームの甘さが口に広がる。ん〜〜、美味しい!

そのまま甘い舌は乳首からオヘソ、そしていきなり玉をベロンベロンと円を描きだす。
と、2人の怪物に食べられ、精気を吸い取られたティンコが雄雄しく勃ち上がった。
そのティンコをぐうちよんぐうちよんに唾液で濡らしながら唾液を吸い取る献身的なフェラ。
くおお!コレですよ、コレーガッチンガッチンに硬くなったところで攻守交替。
高速クンニをかますと「くぁっ、ああっ、ああ」と、小さなアエギ声を上げるCちゃん。
三度、ティンコをムァンコにこすりつけようとする……と、彼女は両手でムァンコにブタをするようにガードしてしまった。
え?何コし?デジャブ
「入れようとしたでしよ〜?ダメだよ無理だからね!」
「……え?マジ?お願い!ちょっとだけでいいから」
「ダメ。彼氏いるし」
「お願いだよー。ホント寂しいんだよ。3秒でいいから、中に入れさせてくれるだけ。動かさないし、約束するから」
「でも・・」
「お願い、クリスマスじゃんフプレゼントちょうだいよ。ケーキだって食べたじゃん。ね、ね」
「……」
困ったような顔をしながら、Cちゃんは目を閉じた
ティンコをそっとムァンコの入り口に当てる
嫌がらない
よつしゃーずぶずぶずぶ……。簡単にムァンコの中に浅黒い肉棒が吸い込まれましたよ
「んん・・」
短い悲鳴にも似たア工ギ声を出すCちゃん。せ、せまくて気持ち良い
3秒だの、動かさないだの、そんな約束は破棄
細いウェストを両手で思いっきりピストンを繰り返す
気持ち良いクセに、感じてることを拒否する表情が萌えますなあーー。
あまりの気持ち良さに挿入から2分ほどで絶頂はやってきた。
「ああ、イキそうだよ・プレゼントどこに出す?」
「…オ、オナカ・・」
ジュッボンっと絶頂ー秒前、ティンコを引き抜き、ワンピースをめくりあげ、ボクの雪をcちゃんのオナ力に降り注いだ
想像以上の快感と共に、大量の精液を一滴残らずシボり出し、ボクはcちゃんの耳元で
「メリークリスマス」と嘱く。
対し、Cちゃんは笑わずにいった。
「今日は特別だからね」
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★




レアおすすめ動画



本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


タグ