★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0095_20180802083403610_201908120959442d7.jpg0096_20180802083405bbc_20190812095946fa7.jpg0097_20180802083406d1f_20190812095947a06.jpg0100_20190206191040bde_20191110112431e8d.jpg0101_20190206191041020_20191110112432f4b.jpg3bffb276_2019081209594344f_202008250852464ec.jpg201503095_201908120959496c4_2020082508524749e.jpg201503096_20190812095950549_20200825085249587.jpg201503097_20190812095952d6c_202008250852503d2.jpg
1、兵庫の尼崎は、裏風俗が盛んな土地として、関西ではよく話題にのぼる。ぼくは和歌山在住なのでなかなか行く機会がなかったが、先日、初遠征してみた。阪神尼崎駅の北口を出て、商店街の裏手の風紀の悪い通りをウロウロしていると、風俗案内所前に猫背のオヤジスタッフが立っていた。
「兄ちゃん、遊び?」
釣られて入ってみる。ところが、オヤジが紹介してきたのは、キャバクラやピンサロなど普通の店ばかりだった。ぼくが行きたいのはこういう場所じゃないんだよな…。すると、オヤジが妙なことを言い出した。
「兄ちゃんはケーサツとはちゃうなぁ?よっしゃ、ヤリたいんやったら紹介したるわ」
 オッサンはこっちこっちと手招きし、案内所を出ていく。ついて行くと、不審な建物があった。
「ここ本サロや」
 ほいきた! にしても、看板は出ていないし、どころか建物の入り口を大きな幕で覆ってるし、いかにも裏風俗っぽいやん。幕をガバっとめくって中に入ると、階段があった。では、さっそく参りましょう。…って、あれ? 階段の途中にシャッターがある。しかもきっちり鍵をかけてるし。どんだけ警戒してんだよ!かくしてようやく辿り着いた店には、簡素な個室のプレイルームがいくつか並んでいた。システムは40分2万円。ちょっと値段は高かったものの、女の子は若くてかわいく一応満足した。
2、ソープ、ヘルス、ピンサロ、セクキャバ、色んな風俗店を回っていると、次第に普通のプレイに飽きてくる。刺激を追い求めた結果、俺が行き着いた先がアナルだった。友人の風俗仲間が教えてくれたこの店は、尼崎で古くから続けている老舗で、アナル舐めと本番が楽しめるというとんでもないピンサロなのだ。システムはピンサロコースとVIPコースに別れていて、このVIPコースが本番を意味する。年齢層が20代前半から30代前半と尼崎にしては若めなのも自分としてはありがたい。正直、こんな汚い男のアナル舐めをしてくれるならばもはや年齢など気にしないが。
実際にお店に行って女の子と対面してみると、とにかく「舐めプ探せるヒントセブンイレブン尼崎中央店そば兵庫・尼崎第4 弾 摘発されないのが不思議なエロい店60★レイ」が凄まじいと思うはずだ。当然ピンサロなのでシャワーはないが、ソファに座るとおしぼりで全身を拭かれ、耳元から足先まで想像を絶するレロレロで責め立てられる。途中、嬢にケツを突き出すような体勢にさせられ念願のアナル舐めへ。ペロッ、ペロペロ〜ッと丁寧に菊紋を舐められると、体がのけぞるほどの快感が走り、全身に無数の鳥肌が立つこと必至。そこから舌先が穴に入るかというぐらいのドリル攻撃が繰り出される。ホッと一息ついたらまたドリル。最後は体勢を変えてフェラからの挿入でフィニッシュだ。
3、関西でも有数のソープ街にあるこのサロンは、週末の夜、男性客で大賑わいです。場所は桜筋を南に抜けた場所にあり、店の前にキャッチの若い兄ちゃんが立っているので歩けばすぐに見つけられると思います。料金は通常のピンサロコースと本番可能なVIPコースが用意されてます。ピンサロは9千円程度、VIPコースだとプラス1万円とかなりの高額ですが心配いりません。通常コースでも本番をさせてくれる子がけっこういるからです。客一人が入ればそれだけで埋まってしまいそうな小さいソファに座ると、女の子がセクキャバのように膝の上に跨ってきます。キスから乳首舐め、そこから嬢が体を下げてすっぽりと客の両足の間に入り込んでのフェラ。強制的な密着プレイです。これはかなりイイです。キスをしていてもその密着感からエロい気持ちになっていきます。フェラの後は「入れたいな」とひとまず囁いてみましょう。ダメな子は「VIPで入ってね」と優しく諭してくれますし、OKな子ならば「いいよ」と言ってすんなり密着本番プレイが楽しめちゃいます。このあっけなさはいつもこちらが驚かされるほどです。どうしてこんなにユルいのか理由はわかりませんが、おそらくこれがソープ街の空気というものかもしれません。
4、SMがテーマの店だけに女の子は全員ボンテージ姿だし、店の奥には天井から鎖が垂らされM男性客がムチで叩かれたりする。そんなお店で最も盛り上がるのが半年に1度のペースで開かれる女体盛りイベンだ。お店の周年記念やスタッフの誕生パーティ、クリスマスなどで、かならず女体盛りが行われるのだ。裸の女性がテーブル上で横になり、体には大量のお寿司やケーキが並べられる。女体盛りが体験できる店は日本でも珍しい。
このガールズバー、接客方法がゆるすぎるゆえか、普通のお店とは少し違ったた雰囲気を醸し出している。お店はカウンターのある極通の作りだが、女性店員が椅子に座った状態でおしゃべりをするのである。その椅子がカウンターよりもやや高めなのがミソ。パンツがチラチラ見放題なのである
「パンツツ見えてるよ」と教えてあげると恥ずかしがっって隠す子もいるので、お店がやらせているわけではなさそうだが、指名欲しさにわざと椅子の上で体育座りしている子もいる。
5、授乳率の高いママ友御用達カフェ阪急西宮北口駅から徒歩
店はパスタ屋と力フェと絵本
地元でも有名なキッズカフェだ
6、ソープ街で有名な福原のすぐ近くのコンビニ前に、夕方以降、ボーっと立ちつくしてる子たちがいる。何をするでもなくケータイをいじったりしてるやたらと若い子たち(私服)だ。
彼女らの正体は立ちんぼである。しかし向こうから声をかけてはこない。あくまでこちらから『3でどう?』などと提案しなければならない。
どうやら彼女たち、出会い系も並行してやっているらしい。男とそこで待ち合わせて近くのホテルに行くのだ。アポイントの合間にそこに立ち、客を探していると言っていた。
ここで起きた僕の3度の体験をお話します。一度目は土曜の深夜、マンガを選んでたときのことです。「ウチお金ないねやんか、ちょっと恵んで」
20代前半の可愛らしい子が、エンコーしたいと持ちかけてきたんです。もちろん1万円払って個室でパンパンやらせてもらいました。2度目も別の土曜日、今度は26才の女の子がマンガコーナーで声をかけてきたんです。
「ネカフェ代だけでええからくれん?」
なんと千円ばかしで本番です。3回目は未遂でした。なにしろ声をかけてきたのはあまりに若い子でしたから。なぜエンコーもちかけ女が多発するのか知りませんが、そういう場所になってるのは事実です。地元になんだかおかしな場所がある。喫煙所でタバコを吸ってると、女の子が声をかけてくるのだ。たとえばこんな風に。
「あの、バイトしたいんじゃけど…」
何かと思えば、要するに買ってくれってことらしい。見るからに若い子で、私服だけど間違いなく関わってはいけない部類の子だ。そんなリスキーなこととてもできないので当然お断りしたが。オレが経験したのは2回で、平日の夜のことだ。それぞれ違う女の子だった。友人も何度か
彼女らに遭遇してるらしい。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内