9_2022112409063817f.png
AV女優には抵抗があったのでヌード撮影会から始めることにした女性

「お姉さん、どこいくの?」
新宿の駅ビルをぶらぶらしていると、学生風の男性が声をかけてきた。

背が高く、キリっとした顔立ち。正直、好みのタイプである。
「急いでる?」
「ちょっと、買い物に…」
「ねえ、Hなことって好き?」
なんだスカウトマンか。じゃあ興味ない…と、そのまま無視しようとは思った。

が、タイミングが良すぎた。ちょうど彼氏の浮気が原因で別れたばかり。

1人は寂しい。話相手が欲しかった。
「嫌い、なわけないよね」
「うん、たぶん好きな方だと思う」
「じゃあ、話だけでも聞いてよ」
誘われるまま、西口のカラオケボックスに入ると、入れ替わるように別の男が現れた。今度は30代後半のギョーカイ人っぽい風体である。
「うわ、素晴らしい。長年この仕事やってるけど、こんな色っぽい女性は初めてだよ」
ミエミエのお世辞。でも、悪い気はしない。

「OLじゃ月20万がせいぜいでしょう。もったいないな、キミならいくらでも稼げるのに。ねえ、ビデオやってみない?」
私がAV女優?ありえない。途端に否定する一方で、やってみたいと思う自分がいた。女としてどれほど価値があるのか。男運のない自分を変えるチャンスになるかもしれない。
高校卒業後、上京して10年。親しい友人もいないし、親がビデオを見る可能性もゼロに近い。

いや、みたところで構わない。チョコボールや加藤さんとHできるなら…。その場で上半身裸の写真を撮り、登録害にサインした。驚いたのは、自分があっさりAV業界に馴染んだことだ。

最初こそ人前で痴態をさらすのに、顔から火が出るほどの差恥心を覚えたが、男優も監督もカメラマンも、全員がプロである。
「胸持ち上げて」

「もう少し膝曲げようか」

なんて冷静に指示される環境では、逆に照れる方が恥ずかしい。それより、体調を整え、撮影時に下着の線など付かぬよう心を配る方が先決だ。ただいきなりAV女優には抵抗があったのでヌード撮影から始めることにした。

当日、指示された品川のシティホテルのロビーに向かうと50代半ばの男性が待っていた。この人が主宰者らしい。背が高く陽気で、さぞや昔はモテただろう。紳士的な態度も好感が持てる。安心したのも束の間。会場のスイートルームでは《オタクな人たち》が待っていた。

流行から外れた服装に、おどおどした態度。みな、2台も3台も高級カメラを抱えている。私の周りにはいないタイプ。ちょっと怖い。
「今日のモデルの奈央子さんです。じゃあ、窓際に立って」
主宰者の挨拶で撮影会城始まった。

言われるままポーズを取り、1枚1枚脱げば、10人ほどの参加者が、あらゆる角度からレンズを向けてくる。なんか妙な気持ちだ。

最初の休憩が入ると、参加者たちがサインをねだってきた。まるでアイドル扱いだ。うれしくなって、指で名前を書き、キスマークまで付けてあげた。


背景とのバランス、光のコントラスト、女性の肌の柔らかさを表現するアングルと、実にこだわった写真局部のアップも

オジサン顔を真っ赤にして照れまくった。怖いどころか、なんだか可愛い。

シャッター音に感じアソコから液が

タ食の弁当を食べ2部へ。今度はレースの下着を着けセクシーポーズを取る

ここは、私の得意分野はりきって胸を突き出し、足を開く


撮影を楽しむ余裕ができたせいか、自分に向けられた20の瞳と10台のカメラが心地いい。いや、さっきから、ひっきりなしに焚かれるフラッシュとシャッター音で、なんだか足の付け根が熱い…

「わあーー」

歓声とともに、一際、激しいシャッター音が響いた。どうやら、私のアソコから透明な液が溢れ出たらしい。

「キレイだよ。左足をもっと広げてみようか」

ライトで照らされ、絶え間なく響くシャッター音に興奮しつつ、2部の撮影が終わった。

皆から労いの言葉をかけられた。けど、何だか物足りない。

この、火照った体をどうすりゃいいのよ。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★




レアおすすめ動画



本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ