HON22-03[38]HON22-03[39]HON22-03[40]HON22-03[41]HON22-03[42]HON22-03[43]HON22-03[44]HON22-03[45]

ここ数年、変態たちの間で、一つのブームが起きている。 
キーワードは「メスイキ」だ。 
通常の射精を伴う「オス(雄)イキ」ではなく、アナルの前立腺を刺激するドライオーガズムが、「メス(雌)イキ」と名前を変えて流行中なんだとか。
最近では、その「メスイキ」に特化したアダルトグッズまで販売されるほどの活況ぶり。 
俺だってエロに貪欲な変態の一人、こりゃ実際に試してみるしかないでしょう。
数あるメスイキグッズの中でも、特に人気だというのが、一昨年に発売された「メスイキバックバイブ9」という商品だ。
お値段は5千円ほどで、アナルに挿入するタイプの充電式電動バイブなんだそうな。
付属のリモコンを操ることで生まれる9パターンの振動で、メスイキへと促してくれるらしい。
これまで俺自身、エネマグラをアナルに挿入してみたり、M性感の風俗でアナル責めを受けたりした経験はあるが、電動バイブを突っ込んだことはない。
ましてや、メスイキと呼ばれる絶頂に達したこともない。つまりは初心者がちょっとかじったレベルだ。
メスイキは、女性が感じるオーガズムに近いと言われている。
マンコでイクのと同じように、快感の持続時間が長く、イッた後も賢者タイムにならず、何度も何度も絶頂へと達してしまうらしい。
しかも、一度この感覚を体験したら、もう普通の射精では満足できない身体になってしまうのだと。なんとも興味をそそられるではないか。
今回はこのバイブを使って、たっぷりとメスイキの快感を味わいつくしてやろう。
さっそく、アダルトグッズ専門のネット通販で購入。3日ほどで自宅に到着した。
毒々しいデザインのパッケージには、大きく「メスイキ」の文字がある。
箱を開封してみてビックリ、思ったよりもブツがデカイのだ。
バイブが内蔵された挿入部分だけで、10センチオーバー。
そしてキンタマの裏、アリの門渡りに当たる部分にも、大きなバイブが付いている。どうやら、アナルに挿入する部分と、キンタマ裏の部分、この2つのバイブで、同時に刺激してくれるらしい。
手触りは、シリコンっぽい柔らか素材なので、痛くはないだろうが、奥まで入るかわからない。
本当にこんなのがオシリの中に入るのだろうか。ちょっと心配になってきたぞ…。
まずは、アナルを入念にほぐすところから初めてみよう。
イチジク浣腸で腸内洗浄をしてから、ワセリンを手に取り、括約筋の周辺からマッサージするようにして、徐々に指を挿入していく。
この段階でしっかりほぐしておかないと、切れ痔になったりするので、入念にやっておかねば。
人差し指がアナルに楽に入るようになったら、いざバイブを挿入だ。
真っ黒のボディを肛門にあてがい、少しずつ押し込んでいく。
「……ん、…これキッツいなあ」
思わず独り言が漏れてしまった。仰向けになって足を上げてみたり、四つん這いになってみたり、何度か体勢を変えて、試行錯誤を重ねること5分少々。
ふう、ようやく全体が入ったぞ。
しかし、別に気持ちよくはない。むしろその反対で、不快感がたっぷりだ。
出そうで出ないウンチが肛門付近に残っているような、イヤ~な異物感がある。
まだ身体が慣れてないみたいだし、この大きさに慣れるまで少しの間、待ってみよう。
あっ!ココだ!気持ちいいところココ! 
10分ほど経過し、異物感が薄くなり、バイブがようやく身体に馴染んできた。
そろそろ振動させてみてもいい頃合いだろう。どんな快感が襲ってくるのか楽しみだ。
ではいざスイッチオン。リモコンをポチっとな!
いきなりブブブブ~っとケツの中で振動が始まった。
うわぁ! なにこれ! 変な感じ!
気持ちいい、というよりも下半身全体が振動する、今まで味わったことのない不思議な感覚だ。
とりあえず、バイブの強さを調節して遊んでみるか。
リモコンのボタンを押し、強弱を切り替えてみる、が、最初の振動よりも強くすると、お腹が痛くなってきてしまった。腸が揺れて気持ち悪いのだ。
最初は弱めの振動から始めるのがいいのかな。でもこのままじゃ、あまり気持ちよくないぞ。もしかしかしたら前立腺に当たってないのかもしれない。
もぞもぞと尻を動かし、中のバイブが当たる位置を変えて、気持ちいいところを探してみる。
奥の方まで突っ込んでみたり、はたまた入り口の方に戻してみたり。
括約筋を緩めてみたり、逆にギュッと締めつけてみたり、試行錯誤を重ねるうち、それっぽい場所を発見した。
あっ! ココだ! 気持ちいいところココ! となるポイントが見つかったのだ。肛門の出口から5センチくらい奥の場所で、ウンチを出すように軽く下腹部に力を入れると、ピンポイントで気持ちいい場所に当たってくれる。
ふう、こりゃいいぞ。
でも、バイブが当たるだけでは興奮できないので、パソコンでオカズ動画を再生。
それと同時に、チンコをムギュっと握り、少しだけ刺激を与えてみる。
いつものようにシコってしまうと、普通のオナニーと変わらないので、ここは我慢だ。
メスイキに向けて、興奮を保ちながらアナルに気持ちを集中させる。挿入から30分。
いつの間にか振動にも慣れて、徐々に気持ちよくなってきた。チンコの内側と、アナル周辺が、バイブの振動によって少しずつ熱く火照っているのだ。
次第に、その火照りは下半身全体に広がり、いつの間にか太ももの付け根から腰あたりまで、じんわりと甘い快感が漂っている。
例えるなら、回春マッサージで、鼠径部をほぐされたときのような、あの快感に似ている。
思わず、「ん、ん、ん」と喘ぐ声が漏れてしまう。
そんな調子でアナルに集中していると、いきなり全身がビクンと痙攣した。
軽くではあるが、たしかに快感が全身を駆け巡ったのだ。
クンニの最中に、クリトリスを直接舐めたときの女のビクつき、とでも言おうか。
メスイキの前兆を垣間見たような気がした。そこから少しずつビクつく回数が増えていった。気持ちいい「波」が下半身に集まり、お尻に力が入ったかと思ったら、ビクっと痙攣していったん収まる。
そして再び快感が下半身に集まって、またビクン。
最初は5分ほどだったスパンの波が、徐々に短くなっていく。
もしかしてこれ、メスイキしちゃうんじゃ…。
期待と不安を覚えながら、バイブの振動に身を任せる。
数回のビクつきを体験すると、そのスパンが数十秒毎へとドンドン短くなった。
もうすぐ絶頂を迎える、そんな予感がした。うわぁ、なんか次、めっちゃ強いの来るかも。
来るぞ、来るぞ、来る!
ケツの穴から脳天まで電流が走り、全身がビクビクビク~っと激しく揺れた。
その快感の力はすさまじく、ドバっと急に汗が湧いてきた。
いまイッたよね? これがメスイキってやつだよね?チンコからは何も発射されていない。カ
ウパーが少々出ているだけだ。
メスイキ、めっちゃ気持ちいいんだけど!マズい、漏れる!我慢できない!
気が付くとバイブ挿入から、1時間近く経っていた。
メスイキのせいで、腰の力が抜けてしまって、しばらくは立てそうにない。
よし、お次はチンコの方をイジってみようじゃないの。
アナルのバイブは、挿入したままで、振動の種類を変化させることにした。
このバイブは強弱以外に、振動のリズムも設定できる。
先ほどは、「ブブブ」と一定の振動だったのを、「ブブ~ブ、ブブ~ブ」と変則的なリズムに変更だ。AVを見ながら、亀頭を中心にムニュムニュ触る。
バイブのリズムに合わせて、身体が反応し、フニャチンの亀頭からは、瞬く間にカウパーがあふれ出てきた。
そのカウパーを亀頭に塗りたくって、ツヤツヤに磨くようにしてこすりまくる。
いつもの亀頭責めに比べて、アナルバイブの振動があるおかげで、快感が数十倍になってるぞ。
なんだか腰の奥がむずむずしてきた。ああ、なんとも懐かしい気持ちよさというか……。
わかりにくい表現かもしれないが、学生のころに初めてオナニーしたときの感覚に似ている気がする。精通するときの、今まで味わったことのない、何かが出てくるような不思議な快感、あれにソックリなのだ。
亀頭を磨く手が止まらない。
徐々にチンコも固くなっていき、半勃起状態になった。どうやらビンビンにまではなりづらいみたいだ。半勃起の亀頭を入念に磨く。ああ、何か出そうになってきた。
でも、普通の射精感とは全く違う。かといって尿意ともちがう。でも、何かが漏れそうな感覚なのだ。亀頭を刺激するたび、水位が上がっていく。マズい、漏れる! 我慢できない!
ジョロ、ジョロロ~っと何かしらの分泌液が、チンコから漏れてしまった!
普段の射精よりも、解放感があって、気持ちいい…。
しかし、この謎の液体はなんなのだろう。
ヌメヌメっとしてるが透明なので精子ではない。かといって小便のニオイもしない。
カウパーのような分泌液が、おちょこ一杯分くらい出てきたのだ。
おかげで、下に敷いた布団がビチョビチョになってしまった。
これはいわゆる「潮吹き」なんだろうか。
でも、そんなに勢いはなかったし…。
ま、気持ちよかったから、なんでもいっか。最後にもう一度メスイキに挑戦だ。
バイブの強度を上げて、どれくらいの刺激なのか試してみたいと思う。
リモコンを操作して、出力を最大にチューニング。
うあああ、すげえ、腹の辺りまで、ブルブル揺れるよ!
俺の身体も振動には慣れたみたいで、最初のように気持ち悪くなったりもしない。
ただし、これまでのように寝転がったままでは、少々物足りない。別の体勢になってみよう。
色々動き回った結果、四つん這いの姿勢が、アナルの振動を最もダイレクトに感じられることがわかった。女がバックで挿入されるのと同じ姿勢なので、関連性があるのかもしれない。
後ろから突っ込まれると奥深くまで入るので気持ちいい、みたいな。
そしてAVを見ていても、不思議なことに、挿入される女側に感情移入してしまう。
ここで問題点が1つ。それだと俺自身が男優に犯されるようで気分が悪いのだ。
なので、女にディルドで責められるM男モノのAVを探して、オカズにした。
ウホ~、これ気持ちいいなあ!
女の人にディルドで掘られてるのを見てたら、またまた気持ちよくなってきた。
ヤバイ! いきなり快感が押し寄せてくる。
どうやら一度メスイキした身体は、敏感になってしまうらしい。メスイキ専用の肉体である。全身がビクビクビクと大きく脈打つ。
あああ、イクっ!ビクンビクン!
またしても精液は出なかった。透明の液体も出ない。ただイカされただけだ。なに、これ…。
賢者タイムのないのがメスイキのいいところだ。我を忘れて、放心状態でイキまくっていたら、どうやら電池がなくなったらしく、バイブが動きを止めてスルンとお尻から抜け落ちてきた。
はあ、もう大満足だ。
マジでメスイキじゃなくちゃ満足できない身体になってしまったぞ。
★アナルバイブは初めての経験だったが、無事にメスイキまでたどり着けた。
とはいえ、このバイブはさすがにサイズが大きすぎるので、アナルの経験が全くない方にはオススメしづらい。
一度もイジったことがない人は、M性感などで手ほどきを受けたほうがいいかもしれない。
いや~、それにしても気持ちよかった。メスイキ最高です!
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★




レアおすすめ動画



本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


タグ