12_20221021073929ce8.png

つい先日、ラッキーな体験したので、ご報告させてください。
無類のソープランド好きの私は、週末の朝、いつものように新宿の馴染みの店を訪れたのでした。
その店は嬢のレベルが総じて高いので、フリーで入ることが多いのですが、この日は受付でボーイから、こんなことを言われたんです。

「いつもありがとうございます。実は昨日入ったばかりの新人がいるんですけど、よかったら遊んで行きませんか?」
なんでも体験入店ってことで、指名料もかからないらしい。
「21才でかなり美形ですよ。どうです?」
まあ、フリーと値段が同じなら別にいっかと、その子で遊ぶことに決めました。
これが、我が人生最高のラッキーデイの始まりでした。待合室で10分ほど時間を潰し、いざ嬢とご対面。
カーテンの奥に立っていたのは、現役アイドルと言われても不思議じゃないほど、美人な女子でした。
猫っぽい少しつりあがったクッキリ二重の瞳に、艶のあるセミロングの黒髪、ネグリジェの上からでもわかる華奢な体型。
うん、これは大当たりですよ。
彼女がペコっと頭を下げます。
「よ、よろしくお願いします。ハルカです。で、ではこちらにどうぞ…」
ふむふむ、たしかに新人ちゃんっぽい慣れない様子です。促されるままプレイルームへと歩みを進めます。いやぁ、にしてもなんでこんなに可愛い子がソープにいるんでしょうか? 
正直今まで入った歴代のどのソープ嬢より美人ですよ。
湯舟を湧かして準備するまでの間、少しお話してみます。
「ハルカちゃんは、昨日入店したばっかりなんだよね?」
「はい。なので慣れてないところがあったらすみません」
「変なこと聞くけど、なんでこのギョーカイに?」
「実は、全然経験はなかったんですけど、お金に困って…」
学生の身分ながら歌舞伎町のホストにハマってしまい、お金に困った彼女は、ホストに紹介されたスカウトにこの店を紹介されたそうです。
「貯金が貯まるまでの、期間限定で頑張ってるんです!」
ま、ソープで働く子はだいたいそんな理由ですよね。
にしてもこんなに可愛い現役学生とセックスできるなんて、最高ですよ。いざプレイ開始です。
ぽってりとした唇に向かって口を近づけて、お互いにヨダレにまみれながら、濃厚なキスをかまします。
湯舟に使ってから、泡にまみれた洗体を。
ん? ちょっと慣れてない動きだなあ。オジサンがアドバイスしてあげよう。
「胸を背中にこすりつけるようにしてみて、身体ごと、ほら」
「こう、ですか?」
「そうそう、そうやって全身を使って洗体するんだよ」
「私、経験がなくて、どうやって動けばいいかわからないので助かります。もっと色々教えてください」
ぎこちない動きでぬるぬるマットを体験してから、ギンギンに勃起したチンコを口に含んでもらってフェラを味わう。
いや~、さいこ~。
テクがあるわけじゃないけど、このルックスの子にしゃぶってもらえるなんて、もう夢みたいです。
そして最後は騎乗位でたっぷり精子を搾り取られて終了となりました。
「いや~、めっちゃ気持ちよかったよ」
「本当ですかぁ? ありがとうございます! うれしいです!」
自宅アパートに帰ってからもまだ放心状態です。あんな子はスグに人気になって予約争奪戦になるだろうなぁ。なんとも忘れがたい…。
次の出勤日はいつだろう…。
まだホームページには出てないなあ…。
あー、早くもう一度会いたい!
うーん、よし、今日のうちにもう一回会いにいっちゃおう。電話をかけて、その日の最後の枠を予約指名しました。
寒風吹きすさぶ夜の歌舞伎町で、あの子と再会です。
「ええええ! また来てくれたんですか!」
「うん。また会いたくてさ」
そんなやり取りをして、本日2度目のプレイがスタートしました。
やっぱりかわいいなあ。もう一回来てよかった。そんな夢見心地の状態で、本日2度目のプレイを味わいます。
洗体のときになって彼女がボソっといいました。
「アドバイスのおかげで、今日無事に終わらせられましたよ~」
「おお、そりゃよかった」
「でも、下手だって怒られることもあって大変だった~」
 やはり2度目とあって心を開いてくれています。
「しかも、全然休憩がなくて、お腹もペコペコだよ~」
「本当? じゃあこれ終わったら、焼肉でも食う?」
 冗談っぽく誘ってみたら、意外なセリフが帰ってきました。
「いいね~、食べに行こ~!」
 マジで? それって店外デートOKってこと?
「じゃあ、一緒に行ってくれるってこと?」
「うん。その代わり奢ってくださいよ~」
 プレイを終えて店の前辺りで待っていると、30分ほどで彼女が出てきた。
「お待たせ~。じゃあいこっか」
 近くの焼肉屋に入り、食事することに。始めて風俗嬢とデートできちゃったよ!
「2回も来てくれてビックリしたよ~」
「めっちゃ気持ちよかったからさ。焼肉はお礼ってことで」
「ふふふ、いただきま~す!」
いやぁ、若い女子と一緒にご飯を食べる機会なんてないから、楽しいなあ。
さすがに、ホテルに誘う勇気はなかったので、食事してそのまま解散となったのだが、帰り道ある事に気がついた。
あれ? これもしかして、新人ちゃんを店外に狙う方法として、アリなんじゃないか?
大当たりの新人嬢に遭遇したら、同じ日にもう一度指名すれば、店外デートしやすいかも!

同じ日にもう一度指名するという力技は、新人嬢に限って言えば、有効と言えるだろう。
もちろん嬢にドン引きされる可能性もあるので、その点は注意が必要だが。彼女たちは店外に誘われることそのものにもまだ慣れてないから、上手くいくのかも。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★




レアおすすめ動画



本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


タグ