12_20221021073929ce8.png

5年ほど前の夏。山手線で新宿から池袋へ向かっていたときのことだ。時間は夜9時ぐらいだったと思う。
座席はすべて埋まっていて、立ってる人間がチラホラ程度の混み具合だ。
その同じ車両の、私から7、8メートルほど離れたところで、酔っぱらいというか、頭がオカシイというか、とにかく浮浪者のような身なりの男に、でかい声でからまれている女がいた。
年齢は20代半ばってとこだろうか。
男が何を言ってるのかはよくわからない。でも女個人に対して卑しげにからかっていることは明らかだ。
よせばいいのに、その女も小声で何か言い返してるっぽく、それが余計に男を調子づかせている様子だ。この手の男は無視が一番。相手をすると喜ぶものなのだ。
周りの乗客がとがめるわけでもなく、しらけた空気のまま電車は走り続けた。
 
そして目的の池袋駅。どうやら彼女もおりるようだ。問題の酔っ払い男は乗ったままだ。
別のドアからおりた私は、階段へ向かいつつ彼女のほうへ近づいていく。
間近で見れば、タヌキ顔のまあまあかわいらしい子だった。
思わず背後から近づき、長めのホーム階段を下りきったあたりで声をかけた。
「さっきの、大変やったなぁ」
ぱっとこちらを向いた彼女は苦笑いだ。
「あー最悪ですよー」
立ち止まりはしない。改札に向かって並んで歩き続ける。
「ヤバイのに捕まってるなーと思って。助けてあげたら良かったな」
「いえいえ」
 
なんとなくこの最初の反応で、なぜ彼女がからまれていたのか、わかる気がした。どこか隙があり、人を無視できないタイプなのではないか。
そのことが、私を勇気づかせた。ナンパなどろくにしたことはないが、彼女になら強く出れるように思えたのだ。
我ながら上手いひとことが口を突いた。
「気分直しに一杯おごろか?」
「え?」
「いいよいいよ、助けてあげられなかったお詫びするわ」
「ははは」
やっぱり断られなかった。駅東口すぐのバーに入り、軽くいっぱい飲みながら、どうってことのない会話をかわした。
彼女は何才で、どんな仕事をしているのか。そんなことを聞いたはずなのだが、後の衝撃のせいなのか、そのあたりのことは全部、吹き飛んでしまった。
結婚して子供もまだ小さい私は、深夜まで飲むつもりなどさらさらなかったし、今日は連絡先の交換だけできれば十分だと考えていた。
なので店内でLINEを交換し、わずか30分でお会計をして出口へ。 
ところがその際、彼女の手をつないだところ、ぎゅっと握り返してきた。こいつはもう少し先に進めるのではと、きゅうきょ予定を変更することにした。
店を出てすぐ横の、雑居ビルの階段を、手をつないだまま一緒に下りて踊り場へ。そこで軽くハグだ。
「すごい可愛いな」
「そんなことないですよ」
「そんなことあるある」
と言いながらキス。あっさり出来てしまった。珍しく、ズボンの上から勃起がバレるほど盛り上がっている。
夜遅くなければさらに先に進んだところだが、今からラブホだと日付が変わってしまう。お楽しみは後日に残しておくとして、とりあえずはディープキスだけをしばらくこの場で味わうことにしよう。
この話にはオチがある。記憶をぽっかり失わせた衝撃とはこのことだ。
後日、休日にまた池袋でアポをとり、まずはファストフードへ。そこで何度もかわいいかわいいと連呼して、手をとってラブホへ向かうと、あっさりインできてしまった。やっぱりこの子はずるずる流される性格なのだ。
誰でもそうかと思うが、この流れでベッドに座れば、あるていどの愛撫まで進んでから、シャワーに向かうものだ。
なので私も、前回のキスの続きを経て、乳首をいじり、パンティの上や脇から性器をなぞったわけだが、そこで大問題が。
指でなぞっただけで、とんでもない異臭が漂ってきたのだ。
それ以前も以降も体験したことのない、すなわち空前絶後の強烈なマン臭だった。鼻が曲がるほどの。
このままセックスすれば、刺激臭がこっちの体にまとわりついてくるのは間違いない。風呂で全身に石鹸を使いまくるのも、ヨメに浮気がバレそうで怖い。
そのあたりの計算を瞬時に終えた私は、せっかくだからフェラだけをしてもらうことにし、口で一発出したあと、急用が入ったフリをして池袋を立ち去ったのだった。
彼女がクサマンでさえなければ、またとないセックスフレンドにできただろうに、この世の中、そう上手くはできてないようだ。

真似出来るポイント
何より第一声の「大変やったな」は、そっくりそのまま取り入れたい。それも並んで歩きながらの、軽い感じのひと声だから、恐怖感を与えていないし、ナンパ臭もない。
そこからの「気分直しに一杯」もナチュラルすぎる。先ほどまでおかしなオヤジにうんざりさせられていた彼女の目には、ずいぶんマトモな男に映ったことだろう。
酔っぱらいにからまれてる女性を見かけたら、このパターンで飲みには進めると思われる。
ただしその後の展開は運次第だ(クサマン含めて)。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★




レアおすすめ動画



本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ