6_20220926080909d9b.png

某ヘルスを退職することになった。
華やかなネオン街も、裏方に回れば完全な汚れ仕事。
根性のない俺にはこれ以上続けられそうにない。
お気に入りのヘルス嬢に挨拶し口ッ力ーを片づけていると、店長が近寄ってきた。
すんません、短い間ですけど、お世話になりました。

「それはいいんだけど、出禁のサクラになってもらうから、ボラ写真を撮らせてよ」
「えっ」
思わず聞き返した。周知のとおり、ヘルスの壁には「本番行為には罰金100万円」という張り紙がある。コレが単なるオドシなのも言うまでもない。
そこで、歌舞伎町や池袋の店では実際にヘルス本番をやらかした出入り禁止の客をポラで撮影。受付の前に張り出し、さらなる抑止力にしているのだが。
「バー力。マジで客の写真なんか張り出すワケねえだろ。強要罪だのプライバシーどうので警察行かれちゃ、こっちがマズイんだよ」
「ってことは、あのポラ、全部ヤラセなんですかっもしかして、みんな元従業員なんですか?」
「しつこいな。従業員だけじゃねえよ。系列も手伝ってるんだよ」

系列とは、オーナーが営む力ジノやボーカーゲーム屋のこと。言われてみれば確かに、背景がボーカー屋だったり、カジノの制服を着たままだったりしたな。しかし、ヤラセだったとは知らんかった。
「とにかく、退店する従業員の最後の仕事は、このモデルだから。もちろん、ボーナスも出すし。頼むよ」
「嫌ですよ、そんなの」
「心配すんなって。ウチの店で貼るだけだからさ。それに半年もしたら、別の写真に変えてやるし」「けっこうです」
「あっそ。給料いらないの?」
喝めいたモノ言いに屈し、渋々、写真を撮られる俺。最後の仕事は3分で終了した。
引きつった泣き顔を浮かべる自分の写真を見たのは、ヘルスにヌキに行った、ー力月後のことだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★




レアおすすめ動画



本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ