★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0104_201810291050163b9_2019110207511030d.jpg0105_2018102910501807c_20191102075111b10.jpg0107_20181029105020498_20191102075114467.jpg0108_20181029105022959_20191102075116d33.jpg0109_20181029105023cc3_20191102075117066.jpg0110_20181029105025a66_20191102075119428.jpg0111_20181029105026d7e_201911020751204c0.jpg0188_20180713180320865_2019111210260434c.jpg0189_20180713180321fde_2019111210260703b.jpg0190_20180713180323534_20191112102610556.jpg0191_20180713180324e05_20191112102613d1c.jpg0192_201807131803266d6_2019111210261698a.jpg0193_201807131803288a1_201911121026198fe.jpg
201508168_20191102074909d71.jpg201508169_201911020749100fc.jpg201508170_2019110207491213c.jpg201508171_2019110207491314f.jpg201508172_20191102074915384.jpg201508173_20191102074916370.jpg
女性向け服屋の店員さんに手紙を配っているが、そのどちらもヤレている。男性客と接する機会が少ないだけに、飢えてる子が多いのかもしれない。というわけで3回目のトライだ。
きょとんとした顔で何が起こったかわかっていない様子。「もしよければ連絡ください」と言うと「はぁ? はい」とずっと同じ表情のまま立ちすくんでいた
スッピンぽかったけどお肌つやつやの健康的美人。「手紙なんてはじめてです! 照れますね」と、
とっても嬉しそう! なんか期待大ですね
若い茶髪店員。「え~ほんまですか?」バリバリの関西弁がとてもキュート。なかなかやらしいおっ
ぱいしてました!
幼さの残る爽やか美人。こんな子を一からエロ女に育てたいものです
「これどっきりでしょ?」笑って全然信じようとしない。まぁドッキリといえばドッキリだから、なかなか鋭い!
お色気フェロモン店員さん。最初は手紙を断られたが強引に渡して帰った。こんな女の子と冷酒をちびちびやりたいなぁ…
駅ビルには、服屋やアクセサリー屋など、女性向けのショップがたくさん入っている。新宿や渋谷のお店とはちょっと違った、少し垢抜けない雰囲気の店員さんが多いように思う。そのアカ抜けなさが、俺にはグッとくるのだ。というわけで今回は、大都市ではなく、ちょっとした郊外にある駅ビルのショップ店員さんを狙ってお手紙を配ってみたい。
外の駅ビルには、服屋やアクセサリー屋など、女性向けのショップがたくさん入っている。新宿や渋谷のお店とはちょっと違った、少し垢抜けない雰囲気の店員さんが多いように思う。そのアカ抜けなさが、俺にはグッとくるのだ。 
というわけで今回は、大都市ではなく、ちょっとした郊外にある駅ビルのショップ店員さんを狙ってお手紙を配ってみたい。まだ寒さの残る3月、ランチに誘い出した聡美さんを待つ。さてどんな女の子がやって来るのか。
少し待って、駅の改札にやってきたのは、少しぽっちゃりとした女の子だった。1番の店員さんだ。年齢は30代前半だろうか。なかなか笑顔の可愛い感じだ。あと5キロくらい痩せてれば文句なしというところか。まぁ、抱きごごちはこのくらいのほうがよさそうだ。
「イタリアンのお店予約してあるので、行きましょうか!」
「は〜い」
席に着き、前菜を2〜3品注文する。
「飲み物はどうしよっか? とりあえずビールからいく?」
「とりあえずって、どれだけ飲むんですかぁ〜!フフフ」
酔ってエッチな気持ちになるまでですよ〜。
「え〜、今日はとことん飲もうよ。もうすぐ春だし!」
「まだ寒いですよ、みのやさん適当な人ですねえ…」
「冗談だよ。無理しないでいいよ。自分のペースで!」
ということで、いつものように色々聞いていこう。
「聡美ちゃん、メールで彼氏はいないって書いてたけど、いつごろ別れたの?」
「3カ月前ですね、あんまり思い出したくないですけど」 
いい別れかたではなかったのだろう。でも聞いちゃうけどね。
「いい彼じゃなかった?」
「もう最悪ですよ〜!!」 
うん、これは話したがってるな。「言いたくなかったらいいけど、どんなところが最悪だったの?」
「別に話してもいいけど…、女癖が悪すぎってことです」
それは腹が立つのもごもっともだ。でも男なんて似たりよったりだと思うよ?
「そんなに酷かったの?」
「2年くらい付き合って4回も浮気したんですよ。十分でしょ?」
まぁ十分だね。十分というか、4回もバレるなよ〜。
「そっか、それは最悪な彼氏だねぇ」
「そうでしょ!で、最後がなんと私の友達ですよ!あ〜、思い出したら腹が立ってきましたよー!!」
そう言いながら生ビールを一気にグビグビ〜とあおる聡美ちゃん。いいねーもっと飲んじゃって!
「ちょっと人間不信になりましたよ!なんで男ってそうなんでしょうね?1人じゃ満足できないんですか?」
「うん、中にはそういう男もいるよね。俺は付き合ったら浮気はしないけどね」
「え〜、絶対ウソ〜!」
相当男に対して不信感を持ってるなぁ。でも男のことがよくわかってるとも言える。
「みのやさん、本当に浮気したことないんですか?」
浮気は自分がされたらイヤだからしないとだけ答え、この話題を終わらせる。
気づいたら、すでに聡美ちゃんはグラスを空けそうな勢いだ。
「ねぇ、次は何飲む?」
「私は何でも合わせますよ!」
「じゃあ赤ワイン飲もっか!」
赤ワインのボトルとペンネを注文。さぁグビグビいっちゃって!
「あ〜このペンネ美味しい!」さっきからパクパク食べている。ちょいぽちゃだけあって食べるのは好きなようだ。美味しそうに食べて、しっかり飲んでくれるから、ご馳走のしがいがある。このムチッとした体もなんともたまらん気がしてきた。早くおっぱい揉みたいなぁ〜。
「みのやさん結構飲むペース早いですね」 
確かに料理がうまくて酒が進む。そういう聡美ちゃんもなかなかのペースじゃないか。
「聡美ちゃんもじゃん。お酒好きでしょ!」
「えっ? バレました…ウフフ」 
この勢い、このテンションならあっさりホテルに行けちゃうかも!そして30分後。仕事のことや、学生時代のことを聞きつつ飲んでいると、見事ボトルを飲み干してしまった。さぁこれからどうしようか?もう一軒飲みに行くか、それとも少々早いが強引に勝負に出るか。
「聡美ちゃん、もう一軒飲める?」
「まぁ飲めるけど、そんなには。じゃあカラオケにしません?」 
おぉ、その手があったな。これはナイスな提案! 
すぐにお店を出て、繁華街のカラオケ屋に突入だ。
「じゃ、私から歌っちゃいますよ!」
「うん、どんどん歌ってよ!」 
自分から言いだしただけあって、聡美ちゃんはなかなかの美声だ。
「みのやさん次デュエットしようよ〜!」 
ビールをぐびぐび飲みながら、マイク越しにノリノリで言ってくる。この感じ、絶対行けそうな予感!福山の曲を歌いながら、腰に手を回して密着してみたが、全然嫌がらない。よっしゃ〜!
そのまま体を引き寄せ、ぷっくらした唇にブチューとキス。これまた抵抗なしなので、そのまま舌を絡めてみたら、聡美ちゃんも舌を入れてくるではないか。
ヤバイ、なんかもうムラムラ勃起してきてしまった。マイクを置いて両手でおっぱいを揉んでみる。おぉ、柔かくていい感触。 こんくらいで止めなきゃ、と思ったが、酒の勢いも手伝ってテンションが上がり、おっぱいを服の隙間から引っ張り出して乳首に吸い付いてしまった。
「もぉ〜、みのやさ〜ん。やりすぎ〜」
だよね。確かにこれはやりすぎだ。
「ごめん、興奮しちゃって。ねぇ、ホテルに移動しない?」
「えぇーー! まだ今日会ったばっかりですよ〜!!」
おっぱい吸わせといてよく言うよ。まぁ、これはNoを装ったYesということでしょう。急いでカラオケボックスを出て、ラブホに移動だ! 
いや〜こんなにスムーズに運んだのは久しぶりだな〜。そのちょいぽちゃのエロい肉体を楽しませてもらおう。よーし、がっつりセックスするぞ〜。 
部屋に入るやいなや、ディープキスの続きだ。聡美ちゃん、相当男に飢えてたのか、ムハムハ言いながら吸い付いてくる。かなり積極的だぞ。 
交互にシャワーを浴び、ベッドでいざ実食。キスをしながらおっぱいを揉むと、敏感に体をくねらす聡美ちゃん。なかなか感じやすいカラダみたいだ。 では、こっちのも触ってもらって、そのままフェラしてもらおう。お〜! 音をさせながらの吸いつくようなフェラだ。
「フェラうまいね」 
思わずそう言うと、
「もぉ〜、そんなこと言わないで〜」
と、恥ずかしそうに片手で顔を隠す。気持ちよかったから、お礼に69でご奉仕だ。
「あ〜ン…あぁん」
予想よりも色っぽい喘ぎ声がまたいい。お汁もダラダラだ。
もうチンコはギンギンのスタンバイ状態なので、バックから挿入しようとすると、
「みのやさん、ゴムつけて〜」 
と、冷静な突っ込みが。
「ちゃんと外に出すから」
ねじ伏せて、いざナマで挿入。
「あぁぁ〜ん!」 
ゆったりした体型なので、アソコの締まりは正直期待してなかったが、どうやら彼女、アソコを締めたり緩めたりできるみたいで、これはまさに絶品の感触。すげー気持ちいい。よし、今度は騎乗位で楽しませてもらおう。 
ゆっくりしたり早くしたり、腰の動きもこれまた絶品ではないか。これはセフレにして2週間に一回くらいお相手してほしいくらいのタマですよ。 途中、もう一度フェラを挟み、最後は再びバックに戻って無事にフィニッシュ。ふい〜。帰り際、彼女がポツリと言った。
「みのやさん、付き合ってくれるの?」
「もちろん付き合いたいよ!」
このカラダを逃すのが惜しいあまり、適当な返事をしてしまった。まぁ抱けるだけ楽しませてもらって、飽きたら適当にフェイドアウトしようかな。とにかく、今日は久しぶりに女体を堪能させていただいて、ご馳走様でした!
恋愛経験の少ない美人店員をデートに連れ出したが

ストレートロングがセクシーな子。「えー私ですか~?、本当に?」となかなか信じてもらえない。「手紙書いたので是非連絡ください」というと、「わかりました」と疑いの目で見送られた。

彼女のご希望でイタリアンに予約を入れ、いざ当日。職場と同じようにセクシーな真由美さんがやってきた。
「こんにちは〜! お店いきましょっか」
 スマートに店に入り、サングリアとスパークリングで乾杯。まずは昼間の酒でリラックスしてもらおう。
「なんか昼間からお酒って酔いそうですね…」
 はい、それが作戦です。
「こんなにいい天気の日は飲んでいいでしょ!」
「会っちゃいましたね〜」「ん?」
「手紙もらって、同僚に見せたら絶対に会っちゃだめだよって言われて…ハハ」
「でも、会っちゃったね」
「ん〜、そんなに悪い人に見えなかったんで、大丈夫かなって」
 う、うん…。そんな悪い人じゃないから安心してね。
「彼女はいないんですか?」
「うん、3カ月前くらいに別れちゃって、それからはいないよ」
「34才でしたっけ?」「うん。真由美ちゃんは?」
「若く見えますね、私は27才です」「彼氏はいないの?」
「うん。一年くらいいませんよ」
今までに2人としか付き合ったことがないという真由美ちゃん、その辺はくわしく聞いておこう。「最初は幾つのとき?」
「私遅くて、21で初めて付き合ったんですよー」なんと、そのお相手は散歩の途中でナンパしてきた40才のオッサンだったらしい。俺とほとんど歳変わらないな。
「何度かご飯行って、付き合うことになったんですけど、いきなり箱根の温泉にしつこく誘われて…。それを断ったらもう連絡がこなくなって別れました」
なんてわかりやすいおっさんなんだ。ただヤリたかっただけじゃないか!まぁ、男なんてそんなもんだけどね。「じゃあ次の人は?」
「その人は3つ上の人で。友達に紹介されて付き合ったんですけど…」
「けど?」「三ヶ月で終わりました」
なんでも付き合い始めた直後に、その彼が駅前で女子高生をナンパしてることろを目撃してしまったんだそうな。
「結構どっちも短かったんだね」「そうですね…」
悲惨な恋愛体験ばかりだ。まさか処女じゃないよな?27でそれはやばいぞ。などとからかっていると、彼女、どういうわけか俺に気を許してくれたみたいで、この後も、家族のことや働いてるお店のオーナーに愛人がいる話まで教えてくれた。この調子なら下ネタにも持ち込めそうだが、昼間のレストランでは隣の席が気になって難しい。
「気分変えてどっか場所移らない?」
「あ、実はこのあと母親と用事があって、そろそろ出ないといけないんですよ」
「あ、そうなんだ」「せっかくなのにゴメンなさい」
ここで無理をしても仕方ない。いい感じで好意を持ってくれてるみたいだし、次のデートに持ち込む方が確実だ。その後もマメにメールのやり取りを続け、翌週もまた昼からデートの約束を取り付けることができた。選んだのはお酒が飲めるレストランだ。
「何飲む?」「お酒飲んじゃおっかなー」
彼女はフルーツカクテル、俺はビールで乾杯。静かに世間話をしながら、あっという間に食事が終わった。確か彼女、散歩が好きって言ってたし、今日は天気も良いからお散歩タイムにしてみよう。
「天気良くて気持ちいいし、ちょっと散歩でもどう?」「はい、いいですよ!」
観光客が多い港沿いの公園を散歩する。さてどうやって口説こうか。男性経験も少ないみたいだし、エッチに興味がありそうに見えないけど…、意外に、ということもある。
「この先に芝生があるからそこまで行こうか?」
「いいですよ」
さり気なく手を繋いでみる。チラッとこっちを見たが、イヤがる素振りはない。
「風、気持ちいいですねー♪」
海の風を感じつつ手を繋ぎ歩く。調子に乗って腰にも手を回してみたが、全然嫌がってない。この開放的なシチュエーションがこの子を無防備にさせているのか。ソフトクリームを買って、芝生の上に並んで座る。ではいよいよ、シモのお話へ踏み込んでみようかな。
「最初に付き合ったおっさんとは、エッチまでいったの?」
「う〜んと…、途中まではしましたけど…」
 ちょと照れながら答えてくれる。なんだよ途中って。
「じゃあ次の3カ月付き合った人が初めて?」「それが…ん〜…」
なんか言いにくそうだ。何かあったのかも。
「ごめんね、いろいろ聞いちゃって。真由美ちゃんのこと、いいなぁって思ってきたから、いろいろ聞きたくなっちゃって」
「そうですか…。なんか恥ずかしくて言いにくいですけど、実はエッチのとき、入れるのがうまくいかなくて…」
「彼氏のがうまく立たないとか?」
「いえ、私の方が痛くて我慢できなかったんです」
うーん、そっちの問題か。聞いたはいいが、ちょっと面倒くさそうだなぁ。
「それは彼のが大きすぎるとか?」「そうじゃないと思います…」
「濡れはするの?」「はい」「入れたことはあるんだよね?」
「一応何回かはしてるんだけど、痛みがずっとあって」
どうやら処女ではないみたい。よかったよかった…のか?
「痛いからって避けてると解決しないもんね。だからいいなって思う人がいたら、ちゃんと理解してもらって、セックスしていくのがいいと思うよ」「そうですよね」
暗に俺をプッシュしてるんだけど、気付いてるかな?さすがに半分処女に手を出すわけにもいかず、この日もデートは健全なまま終了した。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内