14_20220926080917c55.png

出会い系の出現は、男女の性関係に劇的変化をもたらした。それまでナンパの概念すらなかった男に意識改革を施し、それまで見知らぬ異性と知り合う発想さえなかった女には、刺激を享受する冒険心を芽生えさせた。

出会い系ツールが誰でも簡単に手が出せるという特徴を持つ以上、それを介してコンタクトを持った男女の関係も簡単でしかない。
すなわち、後腐れのないセックス。利害関係がないぶん、男女とも己の欲望に忠実になろうとするのが世の道理だ。ヤリたいのはオレたちだけじゃない。
当たり前の事実に気づいた男たちは、ルーチンワークのように携帯ゃパソコンの出会い系掲示板にアクセスし、獲物を釣りあげようと奮闘努力する。結果、本来なら生涯10人未満の体験しか持てなかったモテない君が、30代半ばにして20、30人の女性と関係を築くという、有り得ないコトが起きたのである。
明日は埼玉の主婦、来週は横浜の派遣社員、お次は足立区のバツイチ。時には股を開かぬ相手もいるけど、気にしない気にしない。
ターゲットはネット上にいくらでも転がっている。女に不自由しない暮らし・出会い系ツールによって変わった我がセックスライフ。ああなんて素晴らしい人生なんだ。
と、少し大げさに、己の生活の変化を思うのは、果たして男だけなのだろうか。心当たりはないか。これまでモノにした女の中で、自分と同様、出会い系が存在しなかったら、決して男に相手にされなかっただろう女性のー人や2人。
出会い系によって、モテなかった今までの人生の畿憤を晴らすかの、ことく、手当たりしだいに男に抱かれ、やかて本当にセックスジャンキーになっていった女性、マイノリティではない。
いや、出会い系社会においては、むしろ多数派に属すると言っていいのかもしれない。

今春、都内の有名私大を卒業、某食品メー力ーに就職した小山有希恵(仮名)は、お世辞にも美人の部類には入らない22才の女性である。
見た目クールな印象と、D力ップはありそうな。バストが魅力と言えなくもないが「街でナンパされたのは一度しかない」という本人の言葉も、決してウソではないだろう。外見からは、どこか垢抜けぬイメージが拭いきれない。
しかし、その実、有希恵はこの2年半で、約150人もの男性と肉体関係を持ってきた。出会い系ツールのーつ、チャットで知り合った男たちと片っ端かり会い、よほどのことがない限り相手の誘いを断ることはなかった
処女も、そこで捨てた。
最初は「こんな私でも抱いてくれる人がいるんだ」と喜んだ彼女は、そのうち、セックス自体の快感に目覚めていく。いや、本音は、最初からヤリたくてヤリたくて仕方なかったのかもしれない、と有希恵は言う。
21才の女性をして「もう今じゃ男無しでは生きられない」とまで言わしめる、出会い系の魔力とは何だろう。

有希恵は、両親ともに教師を務める、小山家の次女として神奈川県横浜市に生まれた。教育に熱心な家庭で、進学塾に通うようになったのは小2年生の夏休みのとき。
「幼い頃から頭は悪くなかった。でも、顔が悪かった(笑)。一重で目が小さいし、パーツもアンバランスじゃないですか。鏡を見て、ああ私はブスなんだなって。まだコンプレックスに思うほどじゃなかったけど」
小4年でオナニーを覚えた。随分と早熟のようだか、誰に教えられらたわけでもない。夜、寝るとき何気に下半身に手をやれば、得も言われぬ快感が体に走る。右手の指は、自然クリトリスをいじるようになった。2段ベッドの上段では、2つ上の姉が寝ていた。
「これは、後になって男の人に教えてもらったんだけど、私って他の女の人よりもクリトリスが大きいみたいなんですよね。恥ずかしいけど、今じゃ小指の先くらいある…。だから、触れる場所が大きいぶん、他人より気持ちよかったのかなあって」
もちろん、自慰行為に耽ってることなど、誰にも話してはいない。罪悪感もあった。が、自分だけの秘かな楽しみだからこそ、逆にのめり込む。父親がたまに買ってくる週刊新潮に小さなエ口記事を見つけ、妄想遅しく陰核を刺激する毎日。イクことも小6年で覚えた。中学に上がって間もなく、有希恵は画期的なオナニーアイテムに出会う、母親から与えられた電動歯ブラシである。
「使い始めて3日で気づきました。この震動してる歯ブラシの柄の部分をクリに当てたら、もしかして・・て」
恐る恐るパンティの上から試すと、体に電流が走った。指とは比べものにならない。声を抑えきれなかった。いったん震動を緩くした後、直に当ててみる。今度は足の指が反り返り、ものの30秒もたたぬうち、頭が真っ白になった。
「それかりは病みつきです(笑)中学2年で姉とは別の部屋になったから、朝出かける前、タ方帰ってきたとき、寝る前と日に3回。場合によっちゃ学校に持ってって、トイレでオナったこともあるし」
そこまでハマった電動歯ブラシは、最初のー本を卒業まで愛用した。費やした単三電池は数え切れない。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★




レアおすすめ動画



本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ