1_20220926080857f63.png

ハプニングバーでも、セックス講座や潮吹きの実演が『公然わいせつ罪』に間われたらしい。
ハプバーに勤めて4年になる私は、この一件でますますハプバー人気が上がると踏んでいる。
ご存じない方のためにあえて言うと、現在の日本で最も過激な遊び場はハプバーだ。コスプレ大会に公開調教、相互観賞、露出などありとあらゆる性癖の客たちが、夜ごとハプニングを起こしまくっている。
しかも、その主役は若い女性たち。仕込みでも何でもない主婦や、会社帰りのOLたちが気軽に立ち寄り、ハメを外しまくっているのだ。世にも羨ましい、変態の園

店内には、どんな性癖の人でも楽しめるよう様々な遊び道具が用意されている。
各種口ーションに縄、ムチ、コスプレ衣装。天井からは手柳まで下がる。中でも目を引くのは壁を彩るパンティやブラジャーだが、これは女性客たちの置き土産だ。
去年の夏、下ろしたばかりの黒いブラジャー&パンティを「預かって」と残しノーパンで帰ったマミさん(26才)は、初顔だった。
変った飲み屋があると彼氏に連れられて来た騙され組のー人である。彼女はソファに腰を下ろしたものの、全裸の露出男やコスプレ女性客のはしゃぎ振りを横目に、むっつり黙りこんでいた。
(この人、もしかして…)
騙され組の女性の7割はニ度と店にやって来ることもなく、リピーターになるのは一握り。まるで何かと戦うかのような表情のマミさんを見て、私は脈がありそうな気がしていた。案の定、ー時問ほどしてグラスのお酒を飲み干したマミさんは、「私もコスプレしたい」と超ミニの赤いチャイナドレスに着替える。
おまけにレズの女子大生と濃厚なキスを交わし3人の男たちに左右の乳房とアソコへの愛撫を強要。挙げ旬、天井から吊された手棚へ自ら両手首を通し、「羽根の扇で全身をくすぐって」と女子大生に頼み込む始末だ。
「あっあーん、私、これをやってみたかったの」
二頭上で両手を固定したまま体をくねちすマミさんを、彼氏はア然と見つめるしかながった。

ここまで豹変するのは稀でも、一夜にして変態と化す女性は少なくない。カップル喫茶よろしく彼氏とイチャつき出すのは当たり前で、彼氏の前では静かに飲んでだ女性が、後日、ー人で顔を出すケースも数知れず。
ハプバーば、人間の内なる願望を叶えられる場所だが、男性客が何度も訪れじわじわと馴染んでいくのに対し、女性は簡単に常識の衣を脱ぎ去ってしまう。ツレの男性が「こいつなら」と見込んで連れで来るのも一因だろうが、順応性が高く、一度殻を脱ぎ捨てると快楽に貧欲なのは女性じゃないかと思う。外では仕事のできる商社ウーマンのマミきんは、ー時間、自分の理性と葛藤しでいたのだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★




レアおすすめ動画



本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ