14_20220926080917c55.png

酔ってフラフラだった女をラブホに連れ込み、寝ている間に挿入したら途中で気づかれた。
でい酔を始め、意識もうろうの女性に対するレいプを準強かん罪といい、通常の強かん罪と同じ処罰が待っている。眠薬や麻薬などを使った犯行も同様だ。

男6人が共謀し、自宅に呼んだ女友達を代わる代わる犯した。女性の痴態はポラロイド写真で撮影しキッチリロ止めもしてある。
単独のレいプが親告罪であるのに対し、輪かんは誰からの訴えも必要としない。確実に実刑だが、現実問題、警察の捜査に被害者の協力は不可欠だ。ちなみに、直接輪かんに参加せずとも、女性を押さえるのを手伝ったり、見張り役を務めれば、共同正犯で同罪だ。

寝るだけだからとラブホに連れ込み、半強引に犯した。女性は「訴えてやる」とキレまくり、男は「寝る=セックス」だと言い張る。果たしてドチラの言い分が認められるか?
結論から言うと、女性の負け。シテイホテルでツイン部屋にでも泊まれば微妙だが、ラブホテルは男女がセックスをする場所とみなされる。「テレビを見るだけ」や「ちょっと休むだけ」などと言っても同じだ。

両親の尽力もあって200万の示談金で和解が成立、逮捕は免れるはずだが…。
起訴を取り消すことは可能だがそれも被告が検事に勾留されている間の話。交渉が遅れ、起訴状を裁判所に提出されたらもはや手遅れだ。実刑が言い渡されても文句は言えないし、支払った示談金も返ってこない。

女性が訴え出たが初犯なので執行猶予がつく?
実刑の可能性は高い.山中で凶行に及べば女性がスリ傷を負えばより重くなる。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★




レアおすすめ動画



本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ