9_20220926080910501.png

フーゾク界を席巻する勢いのデリヘル。その人気を支える大きな要因に、女の子のレベルの高さがある、都内に限れば、店舗型のヘルスよりも女のコのルックスが確実にワンランク違う
マクドナルドとスターバックスのバイトのコの違いといえばわかりやすいか。

一方で、デリヘル嬢の管理はかなりゆるい。店舗型のヘルスが時間をキッチリ決めて「出勤する」のに対し、ケータイで連絡か取れさえすれは、どこにいてもかまわないという雰囲気がある。もちろん、「ー本ついた後」、つまりその日の初仕事のあとは事務所や車待機になるが、それでも事務所でボーッと客を待たなくていいぶん、「お茶引き」は減らせる。
このあたりが、自分のあいた時間に稼ぎたいというイマドキの援交世代の感覚にフィットしているようだ。
で、この女のコの管理がかなりゆるい、というのは、ヘルスでは禁断の「本番」に通じる。

店舗型のそれに比べ、デリヘルでの本番率は格段に高い。実際、イメクラを含む非本番系のフーゾク店での本番経験はー割にも満たないオレが、デリヘルでは約7割の成功を収めているのだ。もうユルユルといっていいだろう。
もちろん、規定の料金の他に、女のコにチップを渡すこともある。
いや、それが大半だ。額はまちまちだが、だいたいブラスー万円が相場だ。ならばホテトルと変わらないじゃないか、と思う人もいるだろう。確かに料金的には、ホテトルが90分3万円前後、デリヘルは60分ー万5千円ほどだからチップ込みで2万5千円程度と、ほとんど差はない。

実際、オレ自身、デリヘルを利用し始めの頃、あまりにも簡単に本番できるので、単にホテトルがデリヘルに名前を変えただけだと思っていた。チッブを取ってセックスするよう業者に教育されているんじゃないか、と。が、似て非なるモノだと、とあるデリヘル嬢は言う。
「ホテトルだとどんなお客さんでもやらなきゃいけないでしよ。そんなのイヤじゃん。ここ(デリヘル)なら、イヤなヤツのときは、手でパパッと終わらせちゃえるし。お客さんによってはチップ多めにもらえることもある。交渉次第ってヤツ」

言われてみれば確かに、5千円では首を振った女のコかー万円で満面の笑みを浮かべたり、逆に「2(万円)くれるなら生でもいいよ」と提案されることもある。
稀にチップなしですんなり本番までしちゃったときなど、うれしい反面、ゲーム性としての物足りなさを感じたぐらいだ。また、スペシャルコースなどと称し、あらかじめ本番サービスを組み入れている業者もあるが、こちらも彼女はイヤだという。
「チップもお店に取られちゃうってことでしょ。そんなの意味ない。だって、正規の料金は取り半だから、60分でも7千円ぐらいにしかりないんだよ。それじゃ足りないからやってるのに、チップも半々じゃバ力みたいじゃん」
そこまで言うからには、店からきっちり「本番禁止」を言い渡されてるのかと思いきや、
「言われたことない。勤めはじめのころ、「常連さんだから失礼のないように」て言われて、その人の自宅に行ったら、枕元にゴム置いてあったし。あ、そういうことなんだって思ったよ」
ではオレのデリヘル体験を記しつつ、本番交渉の極意を伝授しよう。
ま、大袈裟な話は何もないのだが。デリヘルを呼ぶ際、今現在もっとも便利なのは、インターネットだ。ネットの場合、ホームページで女のコの写真を見て指名できる点も見逃せない。ここ2、3年で都内にある十数軒の業者を利用したが、写真とまったく別の女のコが来たという経験は皆無。急に生理になったとキャンセルされたときも、改めてHPの写真を見なから、別のコを指名できた。
指名した女のコは、必ず大きなバッグを抱えてやってくる、小さなポーチひとつで来るホテトル嬢とは、ここが違う。
デリヘルの場合、例えラブホでもバスタオルや口ーションなどを入れるため、どうしても大荷物になってしまうのだ。もし、それらを持ってこなければ、システムの中に本番が組み込まれたデリヘルまがいのホテトルと思ってもいい。デリヘル嬢は必ず客と一緒にシャワーに入る。イソジンうかいも店舗型とまったく同じだ。
「交渉」はこの場で行ってもよいが、まずはコミュニケーションをとり、女のコと仲良くなることを心がけたい。
言うまでもなく、金の話をした瞬間、「ノーチッブで本番」というフラグが消滅してしまうからだ。ベッドインしたら、ひたすら女のコを攻める。耳裏舐めからクンニまで、丁寧に愛撫。
で、向こうが十分に感じてきたところで、正常位素股の体勢になり、ボコチンの裏スジでクリトリスを刺激しつつ、彼女の耳元で鳴く。
「入れていい?」当然ながら「ダメだよ」との答が返ってくる。それでもボコチンをクリグリしながら、「もっと気持ちよくなろうよ」と言ってみる。さらに「だーめ」と断られ、彼女がいよいよ体を反転させようとしたところで、「お小遣いあげるから」という決め台詞だ。
この言葉に「いくら?」ときいてきたり、「えー」と暖昧な反応を示すコは100%できる。
あとは、ー万円前後で交渉をまとめ、フェラってもらいながら、ゴムを付けて合体するだけだ。簡単な話である。
余談ながら、このとき「最初にお金(チップ)を頂戴」と言わないのがデリヘル嬢のいいところ。
ボコチンをおっ勃てたまま財布を取りに、なんて間抜けな真似をせずに済む。その、彼女たちの習性に付けこめば、すべてが終わった後、お金を出し渋ることもできるが、やめておいた方かいい。
万が一、怖いお兄さんに「無理矢理ゃられた」なんて訴えられたら、とてもー万円ではすまない。
交渉次第では、ルックスのレペルの高い女のコと相場より安い値段で一発出来るデリヘル。
それは、テレクラや出会い系のゲーム性にも似た、イマドキの「売春」フーゾクなのだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★




レアおすすめ動画



本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ