小樽、稚内、根室が美人ロシア人の来航が多い
SnapCrab_NoName_2022-9-24_11-48-17_No-00.png

売春ワゴン車が夜の小樽を走る 
世に外人女性好きの男は多い。ブラジル娘がたまらん、やっば北欧の女の肌は最高、アジアとヨーロッパの血 が混じったトルコの女性が一番、いやフィリピーナにかなうものはないー。 
人種の好みは人それぞれだが、オレは何と言ってもロシア人女性に惹 かれる。
 雪のように白い肌。風にそよぐ黄金の髪。そして美の女神・アフロデティを紡併とさせるルックス。霊長類ヒト科のメスとして、これほどまで完成 された造形美をそなえた人種が他にいるだろうか。 

東に口シアンパブあれば同伴し、西に外人専門ヘルスあれば通い詰める。
まさに口シア好きでは人後に落ちないオレだが、最近、ふと虚しさに襲われる瞬間がある。
オレが彼女らに心を奪われる理由は外見の美しさもさることながら、日本人ギャルにはない「素朴さ」である。
が、この美徳は皮肉なことに彼女たちが日本の地を踏んだ瞬間から色樋せていく。やれ指名だ、同伴だ、と日進月歩でプ口意識が芽生え、ひと月もすりゃマネー、マネーと鳴き喚く金色夜叉に化けるのだ。間違いない。
商売女に「素朴さ」なんか求めんじゃねーよ。という意見もわからんでもない。
が、例えば、勤続5年セックスマシーンのようなヘルス嬢にツボをこころえたフェラをされるより、入店したての新人に歯をたてられながらされる稚拙な舌づかいの方がソソることはないだろうか。
オレは後者の方が断然いいぞ。
素人口シア女とチョメチョメできる場所はないか。日頃、情報を求めてい たオレに、耳寄りな話が舞い込んだ。
北海道・小樽。この北の地で、夜な夜なワゴン車に乗って春を売り歩く口シア娘たちが出没するらしい。しかも彼女らはプロ娼婦ではなく、ごく普通の女子大生やOL。つまり全員が「素人」だというのだ。 素晴らしい。実に素晴らしい話ではないか。 恋人を求めて、いざ小樽へGoー 

週末。昼下がり、 オレはJR小樽駅のホームを踏んだ。
オバちゃん軍団を横目に改札を抜けると、雪化粧された大通りが広がっている。その先には灰色 の海と波止場だ。
小樽といえば裕次郎、運河、ガラス 細エなどで有名だが、あまり知られていないもうーつの顔が存在する。サハリン航路だ。 月一便の定期フエリーサハリンが就航し、街は口シア人の船員でごったがえしていると聞く。
新潟が口シ アの玄関なら小樽はさながら「勝手口」 といったところか。サハリン。なんとなくイナカ臭い娘がいそうな名だ。
まずは、港を目指し凍った道を恐る恐る歩き出す。あそこから売春ギャルが上陸する。そう思うといてもたってもいられない。 水揚げ直後が旨いのは魚も口シアンガールも同じ。
もしかしたら夜を待ちきれず客を探しているギャルがいるかもしれん。
白い息を弾ませ、小樽運河をサクサクと通過したあたりで、コサック帽を被った口シア男性2人組とすれ違った。
きたよ、サハリンからの風が。さあ ギャルちゃん出ておいで。オレがみん なまとめて買い占めてやるわ。が、歩けど歩けど、ギャルの姿はない。 
つーか、口シア人自体いないじゃん。
事前の情報と違うぞ。
では、フエリーターミナルはどうか。
さすがにここには…と、雪道をズボズボと歩いてみたものの、うう閑散としてるじゃんよ。 大柄のロシア人男性がー人、波止場へのゲートを閉めている姿が目に 入った。
「エクスキューズミー。あの、もうお終い」 「今日カラ正月休ミダョ」 「……」 

ま、あわてることはない。陽が沈めば、 ポツポツと街にくり出して…来なか った。 市街を足が棒になるまで探索してもワゴンどころか、老若男女間わず口シア人が人っ子一人いない。あちゃー。 もしかしてガセ?やっちゃったオレりいーや、ネガティブに考えるのはよそう。
なければ探すのみ。まずは、 小樽の繁華街「花園銀座」で聞き込み開始だ。
異国で 売春する以上、当然こちらでサハリンギャルを手引き している日本人がいるはずだ。
それを探す。 片っ端からスナックを当たり、そろ そろ日付けが変わろうかというとき、あるスナックのマスターの紹介で、口シアの裏ビジネスをとりしきっているという男性と電話で話すことができた。
事情を説明する と、その男は低い声で咳いた。
「確かに…そのワゴンはウチでやってるけどよ」
「マジすかーぜひ乗せてください。お願いします」
「今かよ・今は、その、ちょっと無理だな」
「せ、先約すか?いいっすよ、オレ何時間でも待ちますから。なんだったら明日でも」 
「いや、そういう問題じゃなくてよ、 今は誰もいねーんだわ」 
は?は?なんですと
思わず聞き直せば、何たること、 売春ギャルたちは数日前のフエリーで帰国してしまい、次回来日するのも未定だというではないか。
 「もう少し早ければな。アンタ、運が悪いね。ま、来年また来てみてくれよ」

プロ娼婦ではない彼女たちからすれば、わざわざ異国で年越しをしてまで「売り」はしないってワケか。く、 くそー、なんでもっと早く来なかったんだー しこたまヤケ酒を浴び、千鳥足で飲屋を出たのが午前2時。
アーケー ドのデジタル温度計にはマィナス4Cという数字が光っていた。 

港から陸に上がった 女はどこへ向かう? 
翌朝。目が覚めるとすぐに荷物を まとめてホテルを出た。サハリンギャルのいないこの地に、もはや留まる理由はなにひとつない。
 「お客さん、観光」 タクで駅に向かう道すがら、好々爺とした運ちゃんが話しかけてきた。 
「北ーガラスは行きました? あそこも昔は良かったけど」 
いつもなら適当に聞き流すところだが、つい言ってし まった。 
「口シア女と遊びにきたんですよ。ダメだったけど」 
無愛想に答えるオレの顔を、 運ちゃんがルームミラー越しにマジマジと見つめる。 
「…だろうねえ、あんな事件もあったから」
「事件」
「なんだい、知らねーのかよ。事件」 
運ちゃんは言った。サハリン娘に売春を斡旋していた容疑で 1人のパキスタン人が逮捕された。が、 それは氷山の一角に過ぎず、間もなく口シアンマフィアが仕切る大規模な売春組織の存在が明らかになったと。 
「サハリン7号を売春船なんて呼んでるね」
「じゃあその事件以来、さっぱりですか」
「だね。取り締まりが厳しくなって、 口シアのネーチャンたちもあんまり見かけなくなったねえ」 「そうなんすか…」
「まあ、今、小樽で口シア遊びは難し いよ」 
運ちゃんは意味ありげに笑う。な んだ、どうした?
「ニブいねえ。ここは港だろ。ネーチ ャンたちは下りるだけ。普通は陸にあがったらどこ行くさ」 「…どこでしょう」
「そりゃ、オメー、ススキノに決まって るべさ」
ススキノかー確かに札幌までは 急行電車でわずか30分。この小さな港街で『商売」するより、隠れる場所の多い大都市の方が安全に違いない。
「今はススキノでしばらくバイトして帰ってくらしいね。ま、おおかた中島公園(ススキノ近くのラブホ街)あたりでタチンボでもしてんじゃねーか」
サハリンギャルが路上で客引いてるってか。かー。思わず顔が緩んでくるじゃんよ。
「そういや、何日か前も、仲間がネー チャンたちを駅まで乗せたっていってたな」 
 
数時間後。オレは札幌で、ネオンが灯る繁華街に立つ男たちを見つめていた。 ススキノ名物ポン引き。悪質なボッタクリは全国的に有名だが、この街の女のことは知り尽くしてるはず。
とりあえずは、彼らに頼るしかない。 歩き始めると、ー分もしないうち に夏木ゆたか似の男が満面の笑みで 近づいてきた。
「お客さん、今日は何?飲み?抜き? いいとこ紹介するよ」
「口シアの娘と遊びたいんだけど、どこか知らない?」
「口シア?無理だよ、無理。ススキノには口シアンパブもないんだから」
「いや、それは表向きの話でしょ。連れ出しとか、タチンボがあるじゃない」
「ねーよ。絶対にない。オレがいってるんだから間違いないね。韓国ならいい連れ出しパブ知ってるから、そっちにしなよ」
ダメだこりゃ。早足で立ち去るオレの背後で、吐き捨てるような声が響く。
「無理だって。ま、誰に聞いても同じだろうけどね」
果たして、警告は正しかった。
その後、十数人のポン引きたちに話を聞いても、みな示し合わせたように同じ答しか返してこないのだ。 日く、ススキノに口シア人女性は存在しない。数年前なら、外人パブが隆盛を誇り、ヘルスやソープで働く女も珍しくなかったが、例の事件で状況は一転。
道警や入管の威信をかけた『不法外国人狩り』が始まり、店は軒並み潰れていってしまったーー。 

ふいに運チャンのニヤニヤした顔がよぎる。あの野郎、テキトーなことホザきやがってー もはや打つ手無し。行く当てもなくススキノの雑踏をさまよううち
 「兄ちゃん、もうお帰り?遊んでかないの?」
ほっといてくれ、 オレは今、暗い部屋で中島みゆきで も聴いていたいんだ。シカトをキメこみツカツカと歩くも、 オッサンは食らい付いてくる。 
「なあ、何がしたいのさ?どんな店 でも紹介するから」
どんな店でも、だと?オッサン、よく言うぜ。
 「オレは今日、口シア娘を抱きたい気分なの。ないでしょそんな店は。ハイ、サョナラ」
「口シアだあ?あのね、知らないか もしれなけど、札幌は北海道で一番入管が厳しいの」
「らしいねえ。だからもう帰るんすよ」
「わかってんなら、ヘルスでもいってピ ュッとさ。絶対後悔させないようにいい娘付けたげるから」
もうその展開は飽き飽きだ。じゃあな
腕をオッサンが掴む。 おい、何やってんだ。
「アンタ相当好きな んだな。仕方ねーから教えてやるよ」 な、なに? 

案内されたのは、ススキノの中心部にある雑居ビルの最上階だった。玄関と看板からはごく平凡なスナックのようだが 
「口シアの子がいなかったらすぐに帰るからね」
「いいから、いいから」
促され、ドアを引くと、キャミソール姿のホステスが2人待ち構えていた。デブったソニンと、栄養失調気味の木村佳乃といえば適当か。カウンターの中で痩せた荻野目慶子という感じのチーママが無愛想に頭を下げる。
「いらっしゃいませえ。さ、奥にどうぞ」
けっ、どう見ても、生粋の日本人スナックじゃねーか。
ん?奥の方にもうー人女が座ってるぞ。妙にバタ臭い顔に、金髪の 口ングヘア。どことなく若い頃のジョディ・フォスターに似てるような。
って、おい、マ ジかよ。
ニヤリと笑い、店から出ていく。と、オレは吸い寄せられるように、その女の隣に座った。
「イラッシャイマセ。ワタシ、マリア」
「あ…ど、どこの国ですか?」
「口シアデス」 
鳴呼、この一言を聞くためにどれだけ苦労したか。抱きしめていい?
「お兄さん、運がいいね。マリアと会えるなんて」
オレたちの両脇に座りジン口で水割りを作り始めたソニンと佳乃が言う。
「え?どういうこと?」
「ワタシ、アト数日デ、口シア帰リマスカラ」
何でも、彼女はサハリンの女子大生で、試験休みになると北海道に観光に訪れ、この店でバイトしているのだという。サハリンの女子大生。売春婦でも何でもない普通の口シアのお嬢さん。 
くくくく、オレはツイてるぜえ。 いや待て待て。喜ぶのはまだ早いぞ。 この店、どう見たって場末のスナック って雰囲気だろ。連れ出すのはNGなんじゃないのか。とりあえずは口説くしかねーか。 粘ることー時間。ようやく他の客が訪れ、佳乃とソニンが消えた。よし、 もうまどろっこしい話は抜きだ。 マリアのブルーの瞳を見つめ、オレは言った。
「ヤーリューブリューティビア(愛してる)お店終わったら、ホテル、オーケ?」 
「オコヅカイクレタラ」
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★




レアおすすめ動画



本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ