SnapCrab_NoName_2021-12-31_7-49-46_No-00.png
赤羽で目新しい看板を見かけた。
『レンタルショーケース』
何だコレ?詳細を読むと、店から陳列ケースを借りた客が、自分の好きなモノを売るスペースらしい。ふーん、少し見てくか。
雑居ビルの中2階。自動ドアの向こうに、巨大なアクリル棚が5台並んでいた。どのケースも、高級ブランド品や中古ゲームでギッシリだ。
そのまま店内をブラブラと。レジ脇の小さなケースに、折りたたまれたメモを発見した。
『みほ18才¥500』
どういうこと?思わず店員を呼び聞いてみる。
「なんすか、コレ?」
「えと、申し込み用紙には、自分の写真と書いてありますね」
んなアホなどう見ても、ただの紙切れじゃん。
「いやあ、ボクが受け付けしたワケじゃないんで」
「はぁ」
ワケがわからんが、500円なら買ってみっか。
会計を済ませ、店の外でメモを開く。
『0901△△△△l△△△△よろしく』
むむむ?さっそく携帯を取り出し番号をプッシュすると、甲高い声の女が出た。
「はい」
「えと、赤羽で番号を買ったんだけど…」
「あっ、こんにちわ。お兄さん、コレがなんの電話か、わかってます?」
「いや、全然」
「あはは、やっぱり。そういう人多いんだ」
「はあ。で、なんなの?」
「みほがお金をもらって、みほとエッチするの」
ない?援交?なんで、こんなとこで客を引いてんだ。
「だって、ヤクザが怖いんだもん」
「ヤクザ?」
「前は、渋谷で直接声をかけてたのね。そしたら、怖い人が来て、『もしもの時に守ってやる』って、お金取られちゃったの。だったら、地元でやるかって」
なるほど、キミは立ちんぽをやってたわけね。でも、それなら出会い系サイトとかの方がいいんじゃないの?
「だって、パケ代が高いじゃん。ショーケースなら、1カ月に500円だよ」
「ふーん」
「で、どう?ヘルプ料は2でいいよ。ホテル代込みで」
ほう。相場より1万も安いではないの。よっしゃ!
1時間後、約束の駅前に、団子っ鼻の高樹マリア似が現れた。好みじゃないが、素人臭い雰囲気は○。即ラブホヘ連れ込み、若い体を味わった。
☆翌週、今度はJR線N駅近くのショーケースへ行き、2枚のメモを探し当てた。どちらも援交願いで、相場は1.5〜2万円。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★




レアおすすめ動画



本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ