SnapCrab_NoName_2022-9-12_13-4-2_No-00.png
ラブホ代金がもったいない。
そんな悩みを抱えた若者は多いことだろう。 外や力ラオケボックスで済ませてしまえば安くはつくが、やはりどこか落ち着かないもの。
どうせなら広々して、しかも風雨をしのげる場所でキメたいと ころだ。
そこでオレがお薦めするのがホテルのレストランだ。中級ホテルの目取上階にあるレストランは、経費節減のためか、夜の11時には電気が消え、警備員も姿を消すことが多いのだ。
「レストランで夜景見ながらワインでも飲まへん?」
先月もナンパした女を巧妙な話術で誘ったオレは、馴染みのホテルへ向かった。さっそくエレべータで最上階へ。 チーン。 1扉が開くとフロアはまっ暗だ。
「えー、もう終わってるやん」 
大丈夫、大丈夫 
そのまま工レベータホールを横切りレストランへ。
入り口には営業終了の札がかかっているが、仕切りはロープのみ。簡箪に潜り抜けられる。
「ほら、こっちこっち」
テーブルに座らせ、おもむろにキス。そんでもって乳を軽くモミモミ。眼下には100万ドルとは一言えないまでも、そこそこの夜景が広がっている。
このムードに女は弱いんやなあ。じゃあフェラチオでもしてもらおうかね。
とズボンを下ろしたそのとき、ガタンと物音が聞こえた。振り返るとそこには全裸の力ップルが。 「あ、すみません、あの」
どうやら彼らも同じことを考えてここでチョメチョメしておったらしい。
まったく貧乏人は困るのお。
「ふーん、じゃ」
そっちはそっちで勝手にやってくれたらよろしい。別にオレの店とちゃうしね。さあ、邪魔者は放っといて続行しましょか。その10分後ぐらいか、バックでハメていると、また新たな力ップルがやってきてイチャつき始めるのが見えた。
なんや、こ こってそんなに有名な場所なんかい。
最初は互いに見て見ぬフリをしていても、みんながみんな本番まで始めれば白然と打ち解けあうもの。いつしかオレたちはあちこちで乱れ交じっていたの だった。 
以来、噂は口コミで広まり、 今やこのレストランは毎夜一大スワッピング会場と化している。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★




レアおすすめ動画



本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ