SnapCrab_NoName_2021-12-31_7-49-51_No-00.png

出会い系サイトが登場して以降、シロート娘の売春市場はかつてないほど拡がった。男からすれ
ば、より簡単に買える環境が整ったワケだが、飛びつくのは早い。
優良援専サイトを探すには、ちょっとしたコツが必要だ。例えば、グーグルに「援交」「出会い系」と打ち込んでみよう。
瞬時に、ソレらしきサイトがリストアップされるが、そこでシロート女性に会えると思ったら大間違い。このうち半数以上は、サクラだらけか、女性会員が皆無の詐欺まがいなのだ。
援専の世界に、かくもインチキ業者が増えた理由は他でもない。出会い系規制法案の影響だ。処罰の対象になる可能性が高いため、大半の援専サイトが地下へ潜り始めたのだ。
インチキサイトの判断は正直難しい。経験則では、事前に男性客がポイントをまとめて買うシステムが採用されていればOK・それ以外はひとまず疑ってかかればいいだろう。
検索エンジンを使い、本物の援助願いだけを探すのも手だ。
具体的には、シロート女性たちが使う専門用語、すなわち隠語をキーワードに、書き込みを絞り込めばいい。
もっとも「割り切り」や「ヘルプ」のようにシンプルな単語だけでは、ヒット率が高すぎてお話にならない。効率的に絞り込むためのキーワードを、女性の世代別に紹介しよう。

20代は「援」「¥」等。定番の単語に「瓜」「自由恋愛」「MAX」「手渡し」を組み合わせれば、すぐに発見可能だ。さらに「渋谷」や「新宿」といった、待ち合わせに使われやすい町の名を重ねてもいい。

3O-4O代 
熟女・人妻は、高級ブラ ンドの名前を隠語として 使うケースが多い。 
SnapCrab_NoName_2022-9-1_17-46-44_No-00.png
こんな文面なら「裕福な中年男性を希望」の意。
他にも「ヴィトン専門」は「高額支払い希望」、「ブルガリプロパー」で「男前希望」だ。つまり、「割り切り」や「援助」といった単語に、適当なブランド名を重ねればいい。もっと質素なタイプが好みなら「寂しがり」「パートナー」「閤魔」「深夜」「前金」もアリだ。
ただし、この世代は、金持ちのユーザーをカモに狙う輩が非常に多い。文面に次のようなフレーズが出てきたら、ひとまずサクラか詐欺の可能性を疑っていいだろう。
× 寂しがり× 刺激がほしい
× ちょっとエッチ× 平日の昼間
×年上のお姉さん×出張する時
×ダイエットをいっしょに
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★




レアおすすめ動画



本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ