現在の相場は、ゴム付きのノーマルなプレイが3万。
中出しのオプションが付くと5万に跳ね上がり、手コキやフェラだけなら2万
田舎町、高年齢、深夜帯などの悪条件がそろった時でも、1万5千が最低ラインだ。
あとは買い手の好みで相手を選び、メールで直接交渉に進むだけだが、私の場合は、ノリノリの書き込みは避ける
援交にガッつく女性の8割は不器量で、セックスも機械的だ。 

SnapCrab_NoName_2022-9-1_17-30-15_No-00.png
これぐらい堅い文面のほうが、 スッポカシの確率は減り、後述のようなサギ師とのトラブルも起き にくい
ただ、買い手にとって唯一の難点は、金額の自由が利かない点だ。 
むろん会ってからの値引きは可能だが、交渉の面倒臭さには変わりない。
そこで
SnapCrab_NoName_2022-9-1_17-30-21_No-00.png
相場は気にせず、強気な価格設定で臨む。
さすがに反応は鈍いものの、1時間も待てば、チラホラと援助願いが舞い込むはずだ。ちなみに末尾の一文が有ると無しではリターンの確率が格段に違うことを記しておこう。 

買春男性をターゲットにしたサギが増えている。中でも多いのが、待ち合わせ場所に男が現れ、3-5万円程度をせがむケースだ。例えば、1年前に私が実際にひっかかった書き込みは、
SnapCrab_NoName_2022-9-1_17-30-33_No-00.png 

小気味良い文面に大喜びでメールを出すと、 数分後、携帯番号付きのレスが来た
「いま着替え中だから、家近くまで来てていい?」
指定先は新宿西口のオフィスビル群のド真ん中。いぶかしむ私をよそに、女は言い出した。 
「片山さん。やっぱり、お金払ってエッチするのっていけないことでしょ?」
「はあっ」
「だからアタシ、フリーセックスのサークルに入ってるの。3万円の年会費でメンバーと自由にエッチできるんだ。片山さんも入るでしょ?」
「・・・……」
「せっかく会ったんだし、今後もいい関係を続けていこうよ。ね、 お願い。すぐソバに、会長が来て るから」
「ええっー」
慌てて振り向けば、ニヤリと笑 う大柄な男が1人。
「それでは、3万円をお支払いください」
クルリと猛ダッシュで逃げきった私の携帯には、深夜まで狂ったようなコールが続いた。
ニセサークルの名目で入会金を奪う定番の詐欺だが、買春目的の男をハメたところで、被害届を出される心配はない。素人サギ師にとっては、うってつけの力モだ。 詐欺メールの決定的な判別法はないが、愛らしい記号で飾った文面や、今夜中に会いたいとせがむ女は、ひとまず疑っていいだろう。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★




レアおすすめ動画



本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ