5_202208311039134e3.png
秦かな自然、新鮮な空気、そして動物との素敵な交流
人々は、しばし牧場をそのように賛美する
しかし、その裏に潜む恐ろしさについては、誰もが無知だ。
動物とふれあうのに、牧場ほど危険なスポットはない
特に春先の牛には注意を要する。発情期を迎えた雄牛は慢性的な性欲に襲われ、対象を問わずにチンコをそそり立たす
全米畜産協会が発行した「牧場の四季」では、『発情期の牧畜は、まれに人間を襲うケースが見られる・あまりに気性が荒ければ、去勢されたし』との記述が見られるほどだ。
牛の乳をしぼろうとしゃがんだ瞬問。子馬にニンジンを与えようと腰を曲げた瞬間・我々の一挙手一投足は、 常に家畜の監視にさらされていると見ていい。 今回紹介するのは、それを証明する、ある中年男の悲劇を捉えた約30秒のバ力動画である。
ある日、家族を連れて牧場見学に出たリックは、にわかに激しい便意を覚え、外れの草むらに腰を下ろした・ 事件が起きたのは、リックがテイッシュで尻を拭いた直後のこと。背後の荒い吐息に振り向き、彼は腰を抜かす。目の前に、ョダレを垂らしつつ、股間を膨らませたポニーが
慌ててパンツに手を回すも、時すでに遅し・懸命にポニーを払う両手は虚しく空を切り、リックは地面に押し倒される・尻の割れ目に沿って動く巨大なチンコの感触を、彼は生涯忘れないだろう
野グソの最ポニーに尻を掘られた男・噂は瞬く間に近隣へ知れ渡り、 事件から数ケ月後、彼の一家は隣の州への引っ越しを余儀なくされたという
まこと恐るべき牧場の現実
では、 サファリパークゃ動物公園はどうなんだ。やっばり、犯されやすいのか・答えはNO・厳密体制 のもと、各動物は、同じ種族にだけ欲情を催すよう調教されている
とにかくヤバいのは牧場だ。 最後に統計データを紹介しておこう・全米2万人以上の男女から性意議についてのアンケートを採った、 アルフレツド・キンゼイ博士に よれば、牧場で育った少年のち、およそ10%が動物との性的接触を告白した。 これを逆に言えば、10%の家畜が、 牧場管理者から性的虐待を受けていることになるが、はたして彼らは、 一度人の味を覚えた家畜は、発情のサイクルが狂うため一段と性欲が増すことを知っているのだろうか。乳しぼりを楽しむ学生。 己の牧場に王国と名付け悦の、 動物好きな有名人。彼らの笑顔をテ レビで見かける度、私は強い恐怖を感じずにいられない
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★




レアおすすめ動画



本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ