SnapCrab_NoName_2021-12-31_7-49-35_No-00.png

インドの隣のネパール。
世界の最高峰「ヒマラヤ」で知られるこの国だが、置屋などまるでなし。法律が厳しいのか。ボクの探し方がマズかったのか。ガックリと肩を落とすしかなかった。

コルカタ、ムンバイの風俗街
サリー姿の女とヤリてえーのみで出向いたインドだが、結果は散々だった。
まず、バラナシという街に入った途端、強烈な下痢に襲われ、脱水症状に。周囲に医者もなく、マジで死にかけた。
5日後、ようやく体調が回復し、電車で首都・カルカッタへ。
先のバラナシで知り合ったアメリカ人から、ハダルストリートという安宿街に置屋があると聞いたのだ。
実際、現地に行ってみると、想像どおりサリーを纏った20才前後のコが約10人。料金も150ルピー(375円)と激安だ。
うひょー、こりゃたまらんとばかりに23才のコをチョイスする。
が、プレイルームに入って驚いた。なんと床には100個以上の使用済みのコンドームが散らばり、ガビガビのティッシュが山積みなのだ。もう臭いの何の。
さすがのボクもこれには参り、体にも触れずに退散とあいなった。
数日後、気を取り直し、一発300ルピーの高級店にも行ってみた。
と、多少部屋はマシになっていたものの、今度は女のコの肢が臭くて、あえなく撃沈。
もうインドではカレーしか食わん。ボクは心に固く誓った。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★




レアおすすめ動画



本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内