風俗業界では女子大生は価値が高い!プライベー卜私生活(彼氏や友達)を確認してからプレイすると興奮が倍増
高学歴女子大生風俗嬢
風俗嬢と遊ぶ時プライベー卜を聞いた上でプレイしている。
素顔を垣間見た途端、プレィの興奮度がアップするからだ。
『普段は何してるコ?』
『服飾系の専門学校にいってるよ〜』
友達と玉転がししていたコが今こうして俺のタマタマをチロチロしてんのか。
こんなストーリ—があるだけで、いつも以上に濃厚な液体が飛び出るのだ。

そこで考えた。ならば実際に彼女らのプライベ—卜を覗き見た上でプレイしてみてはどうだ。
ことばだけではなく、現実の素の顔を知っていれば、さらなる興奮を覚えるのでは?
作戦は単純明解。風俗店や待機所前で待ち伏せし、あらかじめHPなどで目星を付けておいた風俗嬢を尾行して宅を突き止めるのだ。

そして翌日、家から出てきたところをゆっくり追いかける。
ストー力ーチック極まりないが、まだプレイしたことはないのだから相手にも気づかれにくいだろう。
昼間の姿をつぶさに観察したら、店で夕—ゲットを指名し、昼の顔と夜の姿のギャップを楽しむ。
やっベ—、考えただけで我慢汁が出てきやがった!

1人目は、某ホテヘルで働く女である。夜遅くに待機所から出た来たところを追いかけて家を突き止めた。ルックスはキャンキャン風の清楚な美女といった感じだろうか。
この待機所を使う店の名前はわかっている。HP写真で見る限り、彼女はそこのミレイちゃん(仮名)で間違いないだろう。

朝8時半。彼女の自宅前で待機する。
単身用のマンションだから一人暮らし確定だ。さて、いつ出てくるか。彼女が入り口から出てきたのは午後2時過ぎだった。白のワンピースに一肩から花柄のバッグ。
小振りのバストはBカップってところか追跡開始!
駅に向かった彼女は地下鉄に乗り、駅で降りた。人混みに紛れ、大学へと向かう。着いた先は教室だ。ほうほう、ここの学生さんですか。オレも学生のブリをしての後ろの席に陣取る。なんだかよくわからん授業なのに彼女は真面目にノートをとっている。もう、早くチンコなめたいくせに!そんなことはないか。

授業を終えた彼女は、校内のカフェに入っていった。いつのまにか友達がそばに座ってる。
会話を盗み聞こう。
「なんか飲む」
「お茶でいいよ」
何も頼まずにサービスのお茶をすすっている。ホテヘルやってればジュースくらい買う金あるだろうに。ぼんやりと「カテキョー」というワードが聞こえてきた。しかもどうやら友達ではなくて、彼女のバイトであるかのようなニュアンスで。
ホテヘル以外に家庭教師もやってるのかもしれないが、ここは友達にウソをついているものと思い込みたい。だってそのほうが興奮するし。

友達にはエッチな仕事で稼いでることは内緒の高学歴女子大生
いい。とてもいい。あっけらかんフーゾク嬢なんかの100倍はいい。
友達と別れた彼女は、もう授業はないのか、大学を出て新宿へと向かい、駅ビル地下のショッピングモールをぶらぶらと歩きだした。特に目的はないようで、いろんな店を見て回っている。単なるヒマ潰しか。
夕方6時、アルタ前で立ちどまった。何やらメールを打っている。誰かと待ち合わせか。1メートルほど離れて様子をうかがう。
現れた相手は男だった。20才くらいか。まるでフリーターのようなサエないタイプだ。カレシか?
「もう遅いって」
「悪い悪い、じゃ行くべ」
たぶんこんな会話をかわしたであろう2人は手をつないで歩き出した。
仲良く見つめ合ったり、一眉にしなだれかかったり。間違いなく彼氏である。
2人は近くの居酒屋に入り、4人掛けのテーブルに隣合わせで座った。なんとなく彼氏が優位な感じで話してるあたり、2人の関係性がうかがえる。たぶん彼女の方がホレてんだろう。
斜め後ろの席で耳を澄ましたところ、また彼女の口から「カテキョー」ということばが出てきた。

この男にも家庭教師をやってることになってんだろうか。
風俗嬢のカレシは、ヒモのような男のパターンが多い。
でも彼女にカテキョーだとウソをつかれてるのなら、その時点でヒモではなさそうだ。カレシは真剣に付き合ってるのだ。隣の子がホテヘル嬢だとも知らずに。
さんざん飲み食いしたあたりで、男が伝票を持ち去り席を立つ。慌てて女が後を追う。そうだよな。キミの方がカネもってるだろうけど、立場上、ここはおごってもらうべきだよね。
2人は新宿駅で別れた。あら、ホテルには行かないのね。

翌日の夜、ホテヘル嬢ミレイちゃんに出勤マークがついていた。すぐさま指名し、付近のラブホの一室へ。ドキドキする。
昨日、尾行してた男だってバレないだろうな。何度か目が合った気がするし。
間もなく本人がやってきた。洋服は昨日と違う淡い色のワンピースである。力レシや友達と会っているときには見せない、風俗嬢特有のどこかけだるいような雰囲気だ。
「初めまして。指名してくれたんですね、ありがとうございます」
いくぶん他人行儀だけど、オレはキミのこといっぱい知ってるよ。
さあ、この有名大学生のお嬢様をヒーヒー言わしてやるか。

…いや、いきなり襲いかかるのもつまらない。まずはいろいろ聞いてその反応を見てやろう。
「普段は何してるの?」
「学生ですよ」
「ヘー、そうなんだ。女子大?」
「いえ、共学です」
「早稲田とか?」
「いや、違います」
ま、ここはゴマかしてくるか。マンモス大とはいえストーカーされるかもしんないしな。てか、もうストーカーした後だけど。洋服を脱ぎ、彼女に舌を絡めていく。
あの彼氏がキスしてるだろう唇を、アカの他人のオレが、風俗の客であるオレが奪っているのだ。
続けてブラをはずすと、想像より少しだけ大きい胸が飛び出した。
この操み心地、Cカップはあるか。
貧乳だと思ってただけに、ごく普通のサイズで虚も喜びはひとしおだ。
「…シャワーは?」
「いいじゃん、ね。いいじやん」
彼女を押し倒し、体を紙めまくる。
いつものオレなら触れることもできない早大生の乳房や脇腹だ。そう思うともっともっと味わいたくなるから不思議だ。
さらに、舌を下腹部へと走らせる。
ああ、授業を真面目に受けていたあの子のマンコが目の前に。
あららら、こんなに濡れてるんじやんよ
「あ〜あ〜」
ド興奮のまま、彼女の唇に汚いチンポを突っ込む。
カレシ持ちの女子大生が、オレのペニスをオイシそうに紙めている。
そうそう。もっと丁寧に舌を這わせろ!
たっぷり口の感触を愉しんだら、騎乗位スマタから正常位スマタに移行する。
必死に腰を振りながらオレは、キャンパスを闇歩する昨日の彼女の姿を思い出していた。

2人目のターゲットは、ピンサロから出てくるところを尾行した。
身長約160センチ、ショートカットで黒髪。ややぽっちゃりした渡辺満里奈のような丸顔だ。
またもや朝っぱらからアパート前で待機し、昼過ぎに出てきたところで追跡を始める。
白のブラウスに緑のスカート。胸の張りが素晴らしい。
あの乳、指名すれば必ず操めるのだからありがたい。
目的なさげに辺りをぷらぷらしている。暇そうだ。ナンバでもされにきたか。
しばらく後、彼女はデパートの中にある占いの館に入っていった。
ブースの中で会話が始まったようだが、何を言ってるのかよく聞き取れない。いずれにせよピンサロ嬢にも悩みはあるようだ。
十数分後、ブースから出てきた彼女は向かいのペットショップに入り、子犬を眺め始めた。続けて隣のゲーセンヘ入り、最新型のUFOキャッチャーの前に陣取る。ぬいぐるみが余程ほしいのか、何度もチャレンジしている。孤独なもんだ。

ゲーセンを出た女はマックに入って一人でお茶を飲みだした.カバンから化粧道具を出してメイクを直し、ケータイをいじる。まさに暇人そのものである。
マックの後も、服を見たり靴屋に入ったりと、ただやみくもに歩き回るだけ。
何度も同じ店を出たり入ったりしてるので、いつしか、店員すら見向きもしなくなっている。
前回と違い、ただぶらつくだけの彼女からは素性が見えてこない。学生なのか、他に仕事はあるのか、友達はどんな子か、さっぱり不明だ。

こんな姿を知ったからって興奮できるか?
他人との交流が垣間見えたのは、キヤッチが近づいてきたときだった。まるで待ってたかのょぅに立ち止まり、笑顔でしゃべりだしたのだ。人恋しかったのかな?
そのまま尾行を続けるうち、彼女は電車に乗り、下車した.向かったのは勤務先のピンサロだ。
いままさに昼の顔を見た女の子とプレイできるなんて!いや、俄然ヤル気が出てきたぞ!
彼女に続いて、店に飛び込む。

店員に「今の子を指名したいんだけど」と伝えると、そのまま店内に案内された。
融通のきく店だ。

真っ暗な照明に、大音量のテクノが流れる中、マンガ喫茶のフラットシートみたいなプレイスペースに着席した途端、彼女が登場した。
チャイナドレスだ。
「初めまして。ナナって言います〜。よろしくね」
甘ったるい声が耳をくすぐる。ふ-ん、こんなしゃべり方するんだ。
彼女がだっこちゃんスタイルで膝の上に乗つかってきた。
さつきまでの様子を知ってるだけに、まるでナンパに成功してマン喫に引っ張り込んだような気分だ。

チャイナ服を脱がせる。いよいよあの胸の登場だ。
ゲーセンの男客を振り返らせ、キャッチにもガン見されたあのおっぱいが、いま目の前に!
プルンとこぼれた胸の白いことといったらもう。
しかも榛みしだけば手のひらを押し返してくるほどの弾力だ。
「脱がせちゃっていいですか」
「あ、ああ」
彼女がズボンに手をかけ、パンツからペニスをとりだし、消毒液でぬぐう。
携帯をイジリ、メイクを直した手が、オレのアソコを持っている。
勃起したペニスを口に含んだ彼女は、舌をカリに絡ませゆっくりと祇め回す。
昼間はただのストーカーだったオレが、こうして口の奥深くまで汚いチンコをくわえさせている。
なんて征服感だ!
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★




夏のおすすめ動画


プロ仕様の最強媚薬


要らなくなったエロDVDはお金に変えよう!
アダルトDVD買取

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ