SnapCrab_NoName_2021-12-31_7-49-51_No-00.png

週1ペースでテレクラを利用するほど電話ナンパにハマッている割には、いかんせんゲット率がイマイチな俺。

即アポ即マンに持ち込める女と言えば、援助交際希望のヤツらばかり。


我ながら情けないとは思うものの、個室で丸1日粘ったあげく誰にも相手にされなかったとなると、こりゃもうヤケだとばかりについつい援交女に手を出してしまうのだ。


ただ、常日頃からお世話になっている身としては大きなことを言えないのかもしれないが、実のところかなり腹を立てている。

人の足元を見て2万3万と平気でフシかけてくる点が気にくわない。

ま、相手が可愛いければまだいいのだが、やって来るのは大抵とんでもないルックスの女なのだから困ったものだ。

さらに腹が立つのは、肝心のセックスの方でも、ほぼマグロ状態の有様であること。

コトが終わった後に、横柄極まりない態度でタバコでも吹かされた日には、怒りを通りこして呆れ返ってしまうくらいだ。


しかし、冷静になって考えてみれば、この怒りは単に俺の貧乏な経済事情が反映されているに過ぎない。要は、金もないのに2万3万と払ってしまうからアレコレと難癖をつけたくなるだけのことであって、極端な話、もしも彼女らがダダでヤラせてくれたとしたら何の文句もないワヶである。


援交女をオドしたり乗り逃げしたりするヤクザな男のエピソードがよく紹介されているが、あいにく俺にそこまでのリスクを背おう度胸はない。

一般人の俺でも満足できる援交の方法は何かないものだろうか。

結果、導き出された答えは一つ。値切るしかない


援交女を値切るにあたり、まず決めておかなければならないのは、どの程度の金額にマケさせるかということだ。

不況不況と冷えきっているこのご時世、彼女らも多少のダンピングにはスンナリと応じてくるとは思うが、そんなレベルの交渉では意味がない。2万が1万5千になったところで、そう簡単に払えるわけじゃないのだ。俺の懐が痛まない程度の、日常的にはありえない援助額ながらも、どうにか説得することができそうな金額。思考の末、俺は「ジャスト5千円」を妥当な線と見た。


平日の昼の3時、俺は意気揚々とテレクラに入った。何といっても軽薄女のメッカ。狭い個室に入り、テレビのワイドショーを眺めながらじっとコールを待つこと1時間半、ようやくプルルッと電話が鳴った。
「もしもし」

「はじめまして。年いくつ?」
「あ、25才です」
マュミと名乗る女。
「私、ちょっとポッチャリ目なんですよ。そういう女の子って嫌いですか」
「いや、俺、容姿とか気にしないから」
「でも、会って気に入らなかったら、帰っちゃったりする人もいるじゃないですか」
「そんなことするワケないじゃん」
こっちのプロフィールも聞かずに、いきなり会う展開に持ち込もうとする話の進め具合からして、もしやと思っていると、案の定こう切り出してきた。
「実は私、援助なんですよ。大丈夫ですか」
「ああ、全然OKだよ。いくら?」
「最低でも1万5千円くらいは欲しいかな」
あらかじめ太めの容姿を告白しているだけあって、希望金額はそれほど高くない。普段ならば迷わず飛び付いているところだが、今日の目的はあくまでも値切ること。


二つ返事で会うわけにはいかない。

「ちょっと高すぎるかなあ」
「え?」

「5千円でどう?」

「他の人を探すね。バイバイ」
交渉の余地もなくアッサリ断られてしまった。なんだよ、デブのくせに。5千円だって御の字じゃねえか。ところがこのマユミ、他の部屋の男にも断られ続けたのか、20分ほど経って再び俺とつながってしまう。
「アレッ?ひょっとしてさっきの人?」
「うん。そう。なかなか相手が見つからないんでしよ。それなら俺と5千円でする方が手っ取り早いんじゃない」

「イヤ」
2度目の交渉もいとも簡単に決裂。援交にこぎつけることすらままならない女にとっても、5千円というのは相当キビシイ金額なのだろうか。


確かに、電話の時点ではいくらでも男を選ぶことが可能なのだから、5千円しか出さない男の提案をわざわざ飲む必要はないのだろうが。


とはいえ、二枚目を気取ってなし崩し的に、というのは難しい。

ジャニーズ系の顔でもあれば話は別だが、俺のルックスは晶眉目に見てもせいぜい中の下といったところ。マトモな口説き方でオトせるとも思えない。


ならば、どうするか。たとえば、相手の容姿を褒めてみるというのはどうだろう。ある意味、正攻法ではあるものの、女が赤面するくらいの褒め言葉を連発すれば、浮き足立って正常な思考能力が損なわれるのでは。


翌日の夕方6時、俺は、テレクラAに入った。

と、さっそく1本目のコール。32才のタカコという女だ。パチンコで金をスッてしまったらしく、3万以下では応じられないなどと年齢を顧みないゼイタクなことを口走る。


「3万ね。いいよ」

「じゃあ、携帯の番号教えてちょうだい」
「え?どうして」

「だって、怖いオニーさんだったりしたら困るじゃない。私、どんな人か確かめてから会うことにしているの」

どうやらこの女、かなり援交慣れしているようだ。俺は携帯の番号と服装を告げ、待ちあわせ場所である駅前に向かった。

20分後、パルコの出入り口付近でタバコを吸いながらボーッと立っていると、花柄のワンピースを着た女に「中山さんですか?」と声をかけられた。

ウルトラマンを連想させる能面のような顔立ち、痩せぎすの体。実に褒めにくい容貌だ。

「じゃあ、いきましょうか」


雑踏を縫うようにして歩くタカコに、俺はありったけの言葉を使って褒めまくってみた。
「藤原紀香に似てるってよく言われない?」

「全然」
「とても20代には見えないなあ。19才で十分通用するよ」
「そう?」

「本当にキレイだね。もしかして女優さんとか」
「そんなことあるワケないでしよ」
タカコは満更でもない素振りを見せながらも、こちらのペースには乗ってこない。

長年の援交経験によって培われた警戒心の強さは、おだてくらいで解かれることはないようだ。

どうにも攻め手が見当たらないまま、ラブホテル街に到着。

仕方なく俺はストレートに交渉を開始することにした。
「あの、実は俺、5千円しか出せないんだけど」

「ハ?」

「ね、5千円」
「フザケないでよ!」

突然、金切り声をあげたタカコはとりつくしまもなく1人で勝手にスタスタと駅の方へ歩き出してしまった。


渋谷のテレクラで懲りもせずに援交コールを待ち続けていた俺は、2時間後の夜8時、ようやく希望額3万円というサヤカをゲットすることができた。

指定された東急プラザ前に急いで行ってみると、立っていたのは目のパッチリとしたスレンダーなスタイルの女の子。なかなか可愛い顔立ちは、テレクラ女の中ではレベルの高い部類に入るだろう。

「じゃ、行こうか」 

「え、ちょっとメシでも食わない?」 

会ったそばからホテルに直行しようとするサヤカを引き止める。


前回のタカコと同じ失敗を繰り返さないためにも、ここは喫茶店かどこかでジックリ話し込まねばなるまい。

「でもあんまり時間ないし」

「じゃあ、30分間お茶して5千円ってのはどう?実は俺、あんまセックスとかにこだわってないん だ。女の子と一緒にヒマを潰せればいいんだよね」

我ながらよく出来た言い訳だと思う。要するに5千円をエサに時間を稼いで口説きオトし、タダ マンを狙おうという計画だ。喫茶店で話すだけで5千円ならば、彼女にとっても決して悪い条件では ないだろう。

「まあ、それでもいいですけど」 

3万円に未練が残るのかサヤカは渋々といった様子だが5千円を握らせればすんなり喫茶店に付いてきた。

と、ここで俺の中にある考えが閃く。この女を説教してやったらどうだろう。

援交女の中には、自分の行いに深い罪悪感を抱いている者も多いと聞く。

そこを突けば「私のことを心配してくれる良い人」

「この人とだったらお金抜きでもいいかな」という短絡的な思考の流れが生まれるのでは。

「サヤカちゃん、援助交際なんかしていると自分のこと嫌いになっちゃうよ」

「まあ、悪いことだとは思ってい るんだけどね」

「だったらやめなよ。危ない目に だって合うかもしれないし」

俺のクサイ説教を真剣なまなざしで聞き入っているサヤカ。

調子に乗って聞きかじったようなエンコー罪悪論を繰り返す俺。すると彼女何やら目付きが変わってきた。まるで恋人を見つめるようなポーッとした表情だ。

これはひょっとしてうまくハマッてくれたんじゃ…この後、突然「歌が歌いたい」と言い出したサヤカをエスコートしてカラオケボックスヘ。


密室にさえ入ればコッチのものとばかりに強引に唇を奪いにかかると、彼女はさしたる抵抗もせずに舌を絡めてきた。

退室時間を告げるインターホンが鳴るまで、胸を触ったり太股を撫でたりと好き放題やった後、俺 は当然のごとくサヤカをホテルに 誘う。

「ごめんなさい、今日は友達と約束があるの」

「え!それはないだろ」

気分は完全に朝までコースだっただけに、必死に食い下がってはみるのの、サヤカは頑として譲らない。

本当に友達との約束があるのか。それともボックスから出た途端、我に返ったのか。ともかく俺は、小走りに駅へと駆けていく彼女の後ろ姿を見守るしかなかった。


会ってから値切る。このコンセプトが基本的に間違ってはいないことはサャカとの一件で証明され

た。

が、どんなに策を弄しても最後の最後にきて詰めが甘くなってしまうみたいだ。

もうこうなると、ホテルの中に入ってから値切るしかない。

彼女らにしても、ホテルの部屋に入ってしまった後に、「帰る」とはなかなか言い出しにくいはず。俺とヤルしかない状況なのであれば、多少の無理難題も受け入れざるを得まい。


とはいえ、この方法は女の気分を害する恐れがある。フテくされた女とのセックスなど決して気持

ちいいものではない。ここはやはり、彼女らにも納得で値切られてもらわなくては。


そこで例えば、金を落とした哀れな男という設定はどうか。ベタな手ではあるが、うまく信じ込ま

せることができれば同情を買うこともできそうだ。

ただし、サイフごとなくしたというのはいかにもマズい。

ホテルの入り口では必ず料金を前払いしなければならないからだ。彼女らとて、いくらなんでもその程度の矛盾にはすぐに気が付くに決まっている。


そこで、こんなのはどうだろう。

キャッシュディスペンサーで金をおろした際、援助額だけを封筒に入れて別にしておいたのだが、ウ

ッカリとどこかに落としため、ホテルの部屋の中に入るまで気が付かなかった。これなら筋は通っている。

そうと決まればさっそく行動である。


援助希望の女のメッセージは腐るほど録音されていた。

その中から気に入ったメッセージをいくつかセレクトして返事を入れる。

「こんにちわ。メッセージ聞きました。僕の方も割り切った付き合いが希望です。よろしかったら電話をかけてください」

2時間後、携帯が鳴った。相手は自称29才のヨシエ。援助希望額は2万だという。

「今日、これから会える?」

「大丈夫ですけど、中野まで来てもらえますか」

「ああ、かまわないよ一」


午後駅に到着。待ち合わせの場所北口改札前に立っていたのは、どうにもオバサンくさいファッションをした、痩せ型の女。ルックスも少々崩れている。君で2万じゃ高すぎるってものだ。

「待った?」

「いえ、全然」

「俺、まだメシ食ってないんだよね。居酒屋でも行かない?」

「はあ、べつにいいですよ」

今日の趣旨からすれば、ワザワザ酒を飲ませる必要はないのかもしれないが、とりあえず酔わせて

おき、正常な判断能力を奪っておくに越したことはない。


近くの居酒屋に場所を移し、生ビールで乾杯。どうやらヨシエは酒に強い方ではないらしく、ジョ

ッキを1杯空けたころにはかなり呂律が怪しくなってきた。

「実は私、バッイチなんだ。今は、4才の子供と2人暮らしをしているの」

「へえ、大変だね」

「援助交際もね、ファミレスのバイトだけだと食べていけないからやってるの」

そんな家庭事情を聞かされると値切りづらくなって困るのだが、せっかくのいい雰囲気を台無しに

することもないので、親身になって相談に乗ってやる。

「時間も遅いし、そろそろいこうぜ」

「ん、そうだね」

夜通ししゃべり続けそうな勢いのヨシエを急かし、商店街の外れのラブホテルにチェックイン。ヨ

シエは緊張気味の表情でソファに腰かけた。さあ、ここからが演技力の見せどころだ。

「アレッ?アレッ?おかしいな-」

俺は、ショルダーバックの中をガサゴソとまさぐりはじめた。

「どうしたの」

「いや、俺、金落としちゃったみたい」

「え!」

サッと顔が青ざめるヨシエ。しかし、俺のことを疑っている素振りはまるでない。となれば、「ゴ

メン」を連発して平身低頭に謝りまくるまでだ。

土下座という屈辱的な行為まで駆使しつつ必死に取り入ること約10分。と、情けない男を哀れんで

くれたのか、ヨシエがポソッと

「ねえ、いくらまでだったら出せるの」

「サイフには8千円残ってるんだけどさ、でも、全財産を渡しちゃうと明日の食費がないんだよね」

「だからいくらなの」

「5千円じゃダメ?」

「じゃあいいよ、それで」

なんと二つ返事でOK・シメシメ、狙ったとおりの展開だ。

俺はヨシエの肩に腕を回し、ベッドへと誘った。


ところがこの女、何を思ったのか、舌の根も乾かぬうちに身を固くして抵抗し始めたのだ。

「やっぱり今日はやめよう」

「え?そりゃないよ。さっきはいいよって言ってたじゃん」

言質を取ったことを楯にとり、10分近く粘ってみるも、今度はヨシエの方が「ゴメンナサイ」の一

点張り。揚げ句の果てにはシクシクと泣き出す始末だ。

「だって私、子供に「明日、お菓子をいっぱい買ってあげるからね」って約束しちゃったんだよ。一体どうすれればいいの!」

お菓子ぐらい5千円もありや腐るほど買えるだろ、と喉元まで出かかった俺だが、泣いて謝る女を前にしては何を言うこともできない


飲み代とホテル代を負担しておきながら、指一本も触れられない最悪の結果となってしまった。

やはり姿が十人並みの男には値切ることなど不可能なのか。


それとも、誰であれ5千円に値引くなんてのはキッイ話なのか。

なんとしても成功させたい俺は、今までのような儲を立てない方法ではなく、少々手荒な手段をも辞さないことにした。

とはいえ脅すというのは美意識に反する。そこで俺は次のような手を考えた。

相手の要求額が2万なら2万、3万なら3万払ってやるのだ。ただし、円ではない。韓国の通貨、ウォンである。

レートで換算すると、1ウォンは0.1156円だから、2万ウォンなら約2300円、3万ウォンでも3500円にしかならない。これを希望どおりに渡してやる。

もちろん、この見慣れぬ通貨を手にして女は怒りだすだろうが、

「だって円だなんて聞いてないよ」

ととぼけてみせれば、そこでギャフン。


翌日の午後、有楽町で3万ウォンを用意し、再びテレクラ舞い戻った俺は、入店して間もなく19才のアリサと名乗る女の援交コールを取った。

「で、いくらほしいの」

「う-ん、2万かな」

「ハイハイ、2万ね」

「平気?」

「だって、2万でいいんでしよ」

テレクラを出て、待ち合わせの公園を見渡してみると、ベンチに座っていたのは、優に体重80キロはあろうかというコギャル上がりの19才。はち切れんばかりに張りつめたパンパンのカラフルなワンースが、見るも無残な姿を

さらしている。


「じゃあ、行こうか」

いかにもダルそうに重い腰をあげたアリサと共に、俺はほど近いラブホテルの一室へと入った。

「へえ、この部屋、ブラックライトなんだね。オモシロー」

ベッドの上でスプリングをきしませながらピョンピョン飛び跳ねるアリサ。

「じゃあさ、先に金を渡しとくよ」

「あ、すいません」

俺は、鞄の中から2万ウォンの入った白い封筒をアリサに手渡した。

「あれ、ワザワザ包んでもらっちゃってスイマセン」

「いやいや、くつにどうってことないよ」

「ありがとうございます」

さて、この女、封筒の中身を見てどんな反応を示すだろう。冷ややかな視線を向けてくるのか。はたまた罵倒の嵐を浴びせかけてくるのか。

君が2万だって言うから俺は2万持ってきたんだ。


俺は、いささか緊張気味にコトの成り行きを見守った。が、次の瞬間、眼前に現出したのは、あまりにも信じ難い光景だった。何とこの女、封筒をつかむやいなや、いきなりリュックサックの中に放り込んでしまったのだ。

「早く始めましよ」

呆気にとられている俺を、さっさとベッドへ引きずり込もうとするアリサ。俺は言われるがままに、

1枚1枚服を脱いでいった。

いいのか。これじゃ値切ったことにならんような気もするが、いいのか。後で中身をあらためてか

ら怒らないでくれよ。俺はダマそうと思ってたわけじゃないんだからな。


☆アリサは渋谷のスクランブル交差点で別れるまで、ついに1度も封筒の中身を見ることはなかった。

ということは、あの封筒の中には何も入れておかなくてもよかったことになる。スレッカラシの援交女もしょせんは人の子。警戒心を働かせているようで、実は、抜けている部分もけつこう多いのかもしれない。

もちろん今ごろはしてやられたと地団太を踏んでいることだろうが、恨まないでほしいものだ。

思いの他難しかったエンコー値切り。これからの俺は、また女の言い値をホイホイ払うことになるだろう。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★





夏のおすすめ動画


プロ仕様の最強媚薬


アダルトグッズが何でも揃う、大人のおもちゃ激安通販専門店


本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


タグ