SnapCrab_NoName_2021-12-31_7-49-41_No-00.png

嫁に内緒でビデオボックスに行く漫画を読んで、ビックリしてしまいました。
なんでかって? 
そりゃ私の休日の過ごし方とソックリだったからですよ。
 
ただし、私の場合、彼以上にビデボライフを漫喫している自信があるので、その様子をご報告させてください。 
私がビデボにハマっている最大の要因は、その家庭環境にあります。

専業主婦の嫁と、高校と中学の息子たち、そして私の実母の5人家族で、2LDKの団地に住んでいるのだから狭いのなんのって、もう大変です。
当然、私個人の部屋はありません。 
漫画の中でも自宅のトイレでシコっているシーンがありましたけど、まさにあんな感じです。
 
だから私にとってビデボは、1人暮らしだったころの自由な身分を思い出させてくれる場所。
別の人生を味わえる、二重生活の拠点なんですよね。
 
朝、嫁にバレないように言い訳をして、繁華街のビデオボックスに到着したら、まずは思いっきりオナニーを楽しみます!
大声で「あああ、気持ちいいよ〜」と画面に向かって叫びながらドピュドピュと思いっきり発射するのです。 
お股をおっぴろげて人の目を気にせずオナニーができるなんて、1人暮らしなら当たり前な話ですが、狭〜い団地住まいの私にとっては到底無理な行いです。
 
射精を終えたら腹ごしらえに行くのが私のルーティン。 
ご存じない方も多いのですが、実はビデオボックスでは、料金さえ前払いしておけば、途中退室ができるのです。 
なので店員に一声かけて部屋から出て、近所の餃子屋に駆け込みます。
もちろん生ビールも注文です。 
ほろ酔い気分で餃子屋を後にし、再びベースキャンプのビデボに戻ってきます。
 
自宅ならば、食後にくつろいでいようものなら、嫁から皿洗いやらなんやら家事を押し付けられますが、ビデボならそんな面倒はありません。 
テレビで野球を見ながら、好きなだけ惰眠をむさぼるのです。あー、至福の時間!
昼寝から目を覚ましたら、お次はサウナにでも出かけるとしましょう。
 
漫画に登場していた方は、ビデボ内の狭いシャワールームで汗を流してましたけど、あれじゃ絶対に物足りないですよ。 
ぜひとも、一度ビデボを出て近所のサウナで足を伸ばしてゆったりお湯に浸かるのをオススメしたい。 
てなわけでビデボを出て、いざカプセルホテルと併設されたサウナへGO。だいたい2時間で1千円ほどでしょうか。 
実は休日の繁華街サウナは人が少ないので結構穴場なんですよ。平日だとサボリーマンだらけの広い湯舟を、一人占めできちゃいます。ドライサウナに入ったら餃子屋で飲んだビールが全部抜けるまで、じっくりと汗を流します。
 
サウナ内で夕方のしょうもないワイドショーを見ていると、「ああ、自由だな〜」という感慨がやってきます。 
この自由な時間こそ、仕事に追われ、子育てに追われ、気が付けば人生の折り返し地点を過ぎた中年男性にとって、癒しになるのです。 
さて、思いっきり汗をかいて酒を抜いたら、もちろん風呂上りのビールで迎え酒!
そろそろビデボへの帰途につきましょう。
火照った身体で、夜の繁華街を歩くこの瞬間、私は夫でも父でもなく、1人の飢えた男なのです。 
もはや顔なじみになったビデボ店員に帰ってきたぞ、と軽く目くばせをして、再び入室。

最後はもう一発オナニーをして、至福の時間は終わりを告げるのでした。 
そして嫁に疑われないよう、日付が変わる前には、狭い団地へと帰っていくのです。 
ふう、またビデボに行きたくなってきちゃいましたよ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★





夏のおすすめ動画

プロ仕様の最強媚薬


アダルトグッズが何でも揃う、大人のおもちゃ激安通販専門店


本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ