SnapCrab_NoName_2021-12-31_7-49-51_No-00.png

東京のKさんに逆援助してもらったことを電話で報告すると、こんなアドバイスが返ってきました。
そうか、街で逆ナン待ってるより、こっちから仕掛けた方が話は早いかもしれない。先の一件以来、
どこか女に対する意識が変わってしまったボクは、Kさんの助言をさっそく行動に移しました。

「彼氏します。出張ホストやります。090…まで。大輔」

まずはN市内にあるカラオケやゲーセンの伝言板にこんなメッセージを出し、その隣に自分のプリ
クラを貼ってみました。
まぁやってダメ元、1件もリターンがあればいいやと思っていたところ、なんとその日のウチに22才のOLから電話が。
「伝言板見たんですけどォ」
蚊の泣くような声で、最初はイタズラかと思いきや、どうもマジな様子です。それでも半信半疑、次の日会ってみたら、これがものすごいブス。
とっさに帰ろうと思ったのですが、こっちから誘ってる分、拒否することもできず、そのままお茶してカラオケへ。
でも彼女、たったこれだけでボクに2万円をくれたのです。2万円ですよ、喫茶店とカラオケに行
くだけで。こんなポロイ話があっていいのでしょうか。

すっかり舞い上がってしまったボクですが、その後にかかってきたのはイタズラやヒヤカシばっか。
やっぱダメかなと以っていたら、
3日ほどして、ようやく女の声で「デートしてほしい」と電話が入りました。
でも、やけに声が幼いのと、スマップの吾朗ちゃんがどうしたとか話してる内容がいかにも幼稚だ
ったんで、もしかしてと思い「キミ、学生?」って聞いたら「そうだよ」って平然とした口調で言うじゃありませんか。ナニ考えてんだ、コイツ。
「学生でもいいじゃん。ちゃんとお金払うから」
「大丈夫なの、マジで?」
ボクの心配をよそに、普段は1回1万5千円でオヤジとエンコーしてるからお金はあるとノー天気
に話す彼女。よし、そこまで言っならデートしてやろうじゃないの。
と、結局、ボクはそのコとエッチして5千円をもらったのでした。
ちなみに、彼女との援助デートは今も続き、その度に5千円を頂戴しています。

伝言ボードを見た女性からのリターンはその後も2,3日の1件ペースで続きました。
かけてくるのは専門学校生、フリーター、保母、OLなど様々ですが、いちばん多いのは25才前後のチョイ崩れ目の看護婦、それとセックスに餓えた人妻さんです。
流れとしては、まず電話で話し、気が合えば日時と場所を決めて会う。で、その場のノリや相手のリ
クエストに併せて、食事やカラオケに行ったりするのが通常のパターン。必ずしもエッチするとは限
りません。

援助額は1回のデートで1〜2万円ぐらいですが、自分から「小遣いをください」とは一度も口に出したことがありません。法律的なことはよくわからないのですが、自分からお金を要求するとヤバイ
気がして、あくまで相手の女性の意志に任せるようにしているのです。だからエッチしたのに援助ゼ
ロってことがあっても、文句は言いません。というか、言えませんそんなこと。

さて、こうしてボクは月に6,7人の女性と会い、10万円前後の小遣いを稼ぐようになったのですが、そのうちもっと客を増やそうと、雑誌に載っていた幾つかの伝言ダイヤルにメッセージを入れたところ、これが大反響。初めて吹き込んだ日など、150件近くの返事が戻って来たから驚きです。もっとも、その8割はイタズラなんですが、それでもここまでニーズがあるとは予想もしてませんでした。
裏モノを読んでる人には「彼氏代行」のメッセージを出しただけで、そんな反響があるなんて理解
できないかもしれません。あり得ない話だと言う人もいるでしょう。
しかし、ボクが住んでるのは、東京でも大阪でもない、娯楽といえばカラオケぐらいしかない地方のN市なのです。都会ではナンバ慣れした男や女がウョウョいて、こんな仕掛けは確かに通用しない
かもしれませんが、地方の人口万チョイの街ではモノ珍しさも手伝って、十分オイシイ思いができるのです。

そうした周囲の環境と、やはりボクが現役の学生であることが大きいのだと思います。実際、人妻などは学生に興味を持ってる人が多く、会うときに必ずその証拠になるものを持って来るよう言われることも珍しくありません。で、ボクが在籍証明なり、写真付きの学生証を見せると、信用し小遣いを奮発してくれるのです。
最近は本当に人妻からのデートの申し込みが多く、5月だけで3人、都合8回もデートしました。

1人は自称35才、実際は50才近い鈴木その子風有閑マダムで、この辺りじゃいちばん高級な寿司屋
でたらふくご馳走になった後、シティホテルでエッチしました。足をナメろだの耳たぶを噛んでだの
注文が多いのはマイリましたけど、それでも1回5万円くれたことを考えれば、何も不満はありません。
もう1人は、旦那が札幌に単身赴任中という33才の奥さんで、この人とはいつも彼女の自宅でエッチしています。手料理を食わせてくれるわエッチはうまいわ、言うことなし。1万円程度の援助でも十分楽しませてもらってます。
そして、最後のもう1人がすごい奥さんで、キス魔っていえばいいのか、とにかく公園のベンチでずっとキスしてほしいってのが希望なんです。1時間、2時間は当たり前、この前会ったときなど3時間半もキスし続けて、巡回の警察官に職務質問されたほどでした。
ちなみにこの方、駅近くの宝クジ売場に勤めてる人で、援助は金の代わりにいつも宝クジ。3億円
ジャンボのクジなんて一度に800枚もくれました。どこでどう都合つけてんでしょうか。まあどう
でもいいんですけどね。

こうして援助されまくりの日々を送っているボクですが、今のところ一番の金ヅルは、何といってもY美でしょう。
彼女、実は総額10万円もする中でもダントツ高級なソープランドで働いている。
で、しかもその店のナンバー1。何でも月に400万からの金を稼いでいるそうです。
なんで、こんな売れっ子ソープ嬢とボクが関係を持つようになったかといえば、実は自分でもよくわかりません。
今年4月のある日、ボクの携帯に彼女からあってみたい
という電話が入ったのが最初なんですが、何でも人から評判を聞いたとのこと。実際口コミの客ってのは結構いるんで、深く考えずに「あ-そうですか」って約束した場所に行くと、彼女、セルシオのCFに乗って現れたから驚いちゃいました。
彼女の話だと、他にスープラも持ってるってことで、こりやスゲー金持ちだなって「何の仕事してるんですか」って聞いて初めてソープ嬢だと知ったんです。
ただ、最初に会ったときは単に食事しただけで、エッチもなし。なぜかボクのことを相当気にいったらしく、それからしょっちゅう電話が入るようになりました。

お声がかかればボクに断る理由もなく、何回かデートしてその度に1万円、2万円ともらっている
うち、「いつ来てもいいよ」と彼女の住む超高級マンションの部屋のカギはくれるわ、ノートパソコンは買ってくれるわ、仕舞いには「好きに使って」ってVISAとアメックスのゴールドカードまで
くれるというエスカレートぶり。
とにかく恐いぐらいに惚れられてしまったわけですが、そうなるとこちらも調子に乗ってしまい、
先日はそのカードで30万の大型ワイドTV、45万のコンポセットを買わせてもらいました。
さすがにちょっとやり過ぎかなと思いましたが、何も言ってこないところを見ると、彼女にとってはそれぐらい痛くもかゆくもないのでしょう。Y美とは、まだ当分離れられそうにありません。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★





夏のおすすめ動画

プロ仕様の最強媚薬


アダルトグッズが何でも揃う、大人のおもちゃ激安通販専門店


本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ