SnapCrab_NoName_2021-12-18_9-24-16_No-00.png
友達関係でもセックスまで出来る押しに弱い女はどこにいる?
ストーカー扱いされがちな諸君よ。
「押しの一手」が通用するのは、アニキのいる女だけだ!
意中の女性を口説き落とそうと頑張るあまり、しつこく迫りすぎてストーカー扱いされた、なんて経験はおありだろうか。オレにはある。しかも何回も。

そして色々な経験やデータを集めた結果、そもそも最初の時点で女の選び方を間違っていたことがわかってきた。
つまり、女の選び方さえ間違えなければ、しつこく女性に迫る行為が、逆に良い結果をもたらすことに気づいたのだ。
選び方の基準は、相手の女性に「兄ちゃん」がいるかどうか。
オレの経験則から導き出した、おそらくや正しいであろう説を以下に記す。
まず、兄貴のいる女性は幼いころから、歳の近い男の生態を間近で見つづけながら成長していく。兄は、ときに風呂上がりに素っ裸で家の中を歩き回り、ときにエロ本を部屋に散乱させ、ガビガビのティッシュをゴミ箱に溜めたりもする。
兄妹とはいえ、異性の生々しい姿を間近で見るうちに、彼女たちは徐々に男たちに対してロマンチックな幻想を持てなくなってしまう。
それと同時にその子の人格形成にも、大きな影響が現れる。どちらかと言えば女らしいというよりは男っぽい性格の、サバサバしたキャラになっていくのだ。
兄貴持ち女子たちは、色気づくお年頃になっても、つけまつ毛やエクステ、ネイルなどはやらず、恋人よりも女同士の友情を育む方が楽しいと感じるような、非恋愛体質キャラになるパターンが多い。
この手の女の子は、男から好意を持たれ言い寄られても、「好き」という感情がよくわからず、サラりと受け流すような態度を取りがちだ。
しかしどっこい、しつこくしつこくラブコールを送り続けると、「別にいっか」と恋愛感情のないまま付き合ってしまう癖がある。
そう、まさに「押しの一手」が通用するのはこういう女なのだ。オレの周りにいた兄貴持ち女たちはみな、色恋に重きを置かぬまま思春期を過ごして、激しい恋愛経験もせずに社会人になり、会社の先輩にしつこく言い寄られて結婚したようなパターンばかりだ。

では、この現象を合コンやお見合いパーティで活かすにはどうすればいいか。
最初の段階でストレートに「お兄さんいるの?」と聞けばいいだけのことだ。
「兄はいない」と言われた場合、しつこくしてもストーカー扱いされるので、最初に脈がなけれ
ばあきらめるべし。
「兄がいます」という子がいたらロックオン。ただし、相手は非恋愛体質のサバサバ女子だけに、最初はそっけない態度のことが多い。
「ああ、はい。じゃラインならいいですよ」
みたいなノリで、いやいや連絡先交換に応じてもらうというパターンばかりになると思うが、これは仕方のないこと。
この時点で心が折れてしまわないよう自分を鼓舞しておきたい。
いざ連絡先の交換ができたら、あとはひたすら情熱的に自分の気持ちを伝え続けていくのが正解だ。まったくなびかなくても、あるときコロッと優しくなってくれる日が来るので、しつこくアプローチしまくろう。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★





夏のおすすめ動画

プロ仕様の最強媚薬


アダルトグッズが何でも揃う、大人のおもちゃ激安通販専門店


本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


タグ