SnapCrab_NoName_2021-12-31_7-49-35_No-00.png
新宿・歌舞伎町のド真ん中にあるラブホテルで、かれこれ10年以上フロントとして働いている。性別は女だ。 
主な業務内容は、フロントに座ったまま、チェックインしに来た客から代金をもらうのと、チェックアウトの際に鍵を受け取って、清掃係に指示を出すだけ。 
言っちゃえば、誰にでもできる単調な仕事だ。 
こんなに長く続けてるのは、やってくる客たちのオカシさに惹かれているからだろう。
歌舞伎町という土地柄のせいなのか、警察沙汰になるような事件に発展したり、面倒なクレームをしてくる輩も多く、非日常の面白いトラブルが頻発するのだ。
もちろん後処理は面倒ではあるけど、これが何より飽きずに続けられる理由だと思う。

今回は勤続10年間の中で、特に印象に残っている、オカシな客たちを、ご紹介させていただきたい。
これこそ歌舞伎町のリアルな日常風景なのです。

1日に6回も休憩した売れっ子援デリ嬢
歌舞伎町のホテル街なだけあって、素人カップルだけでなく、やはり商売絡みの男女も多数やってくる。デリヘルなどの風俗店はもちろん、近くで客をとってきた立ちんぼまで、業種は様々。
そんな中で最も印象に残っているのが、私を含めた従業員たちの間で「神」というあだ名で呼ばれている女だ。
「神」は昨年の3月ごろからうちのホテルを利用し始めた。
当時は、コロナ騒ぎが少しずつ世間の話題になっていたころで、徐々にラブホの客数も減少、不況の様相を呈していた。
そんな中やってきたのが、30才くらいのギャルっぽい雰囲気の「神」である。
なんと彼女、何度もちがう男とうちのホテルにやってきて、多い日には、1日最高6回も入室したのだ。この不況の時期に、助かるったらない。
彼女のプロ意識はもの凄くて、男へのサービルなのだろう、毎回、「うわ~! ここのホテル安いね。よかった~」とご丁寧に演技までしているのだ。
しかも、その時短っぷりも半端じゃない。入室したと思ったら40分で女だけ退店。
 その15分後に、再び新しい客を捕まえて、また初めての演技をしてやってくるのだ。もうマジでプロ。 さっき取った男客は、まだ部屋でくつろいでいるのに…。
 いったい、どんなプレイをしてるのだろうと思って、清掃係が掃除に入るタイミングで一緒に、部屋の中を確認してみた。
 すると、洗面所のゴミ箱に、「ウエトラ」という器具が捨ててあるではないか。
 こいつは、女性器の中にローションを注入するためのアイテムで、濡れてなくてもチンコを挿入させるために、ソープ嬢がよく使っているのだ。
 こんなもんを常備してるとは、さすがは時短が得意な「神」である。
 先日、どうやって客をとってるか気になったので、仕事の休憩中に、外出ついでに尾行してみると、待機所に入るわけでもなく、大久保公園の前で電話をしていた。
 電話が終わると、道を歩く男に声をかけたり、再び誰かと電話したりの繰り返し。
 その様子から察するに、どうやら援デリと立ちんぼの、両刀で客を取っている様子。
 これからも末永く当店を利用して欲しいものだ。

高級シャンプーの量を減らしておく
商売女の中でも、やはり立ちんぼには、キャラが濃い女が多くいらっしゃる。
その1人が「出前女」というあだ名の女。 
30代後半くらいの柄の悪い太った女で、いつもナヨナヨ気弱そうな男客を連れてやってくる。
 こいつが部屋に入ると決まって出前の注文が入るから「出前女」である。
うちのホテルでは出前を取る際、部屋からフロントに内線で連絡をもらい、それを私たち受付が業者に注文するというシステムを取っている。
そのため必然的に、客の出前の内容を知ることになるのだが、この女はスゴイ。
ある日なんて、アンチョビのピザ、ロブスターのリゾット、ウニのパスタ、チョリソー、ケーキ、白ワイン、等々、締めて1万円。ビックリするような金額だ。
 メチャクチャ食うなあと思ってたら、追加でタバコの注文まで。しかも1度に5箱と言われて驚いた。毎回、女だけが先に出ていって、男が後に残され、これらの追加料金をまとめて払っていくのがお決まりのパターンだ。あくまで私の予想だが、男がシャワーでも浴びてる間に、「出前頼んでもいい?」とだけ聞いておき、大量のメシを注文しているのだろう。
 最後に残された男は、渋々、出前とタバコの料金を払って出て行っている。道理で、こいつが引っ掛けてくる男は、毎回気の弱そうな奴ばかりなわけだ。
 男性客のみなさん、女が出前を頼みたいと言ってきても、簡単に応じちゃいけませんよ。
 
まあ、この辺は別に店の迷惑じゃないからいいのだが、商売女の中には、悪い奴も混じっている。
 高級なシャンプーばかり狙って盗んでいく、出会い系の迷惑ババアなんてのもいるのだ。
 部屋に備え付けのシャンプーではなく、フロントで貸し出す高級な「ツバキ」や「パンテーン」をババアに貸し出すと、返却時には全部カラになっている。ペットボトルか何かに移し替えてパクっているにちがいない。
 クッソ迷惑だが、客商売である以上、注意しづらいので、そのババアがシャンプーの貸し出しを申しでたときは、あらかじめ全部で3プッシュ分くらいだけに量を減らしてから、部屋に持っていくことにした。
 これが効果バツグン。帰り際に思いっきりガンを飛ばされたが、気分は爽快。迷惑な客がいたもんだよ。まったく。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★ 不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ