164_2022050108552485d.jpg165_20220501085525490.jpg
店員さん はじめまして。少し前にお手紙を頂いた、藤田りんかと言います。丁寧なお手紙を見て素直に嬉しかったのでメールさせてもらいました。
返信頂きました! 藤田りんかさん(仮名)。何番の店員さんかわからないけど、美人さんにしか渡してない(マスクだけど)ので大歓迎です! 前回の反省も踏まえ、慎重に進めていきましょう。

宮本 お返事ありがとうございます! 先日はお仕事中に手紙を渡してしまい失礼しました
…お返事もらえて嬉しいです! 良かったらなんですが、近々お食事ご一緒できたらと思っているのですがいかがでしょうか?

店員さん いえいえ。丁寧なお手紙をもらうことなんて殆どないので嬉しかったです! 是非、私でよければご飯ご一緒させてください。

いい感じです。『私でよければご一緒させてください』だなんて…。感無量…。

宮本 お手紙なんて慣れてないんですが、気持ちが伝わりやすいかなと思い書かせて貰いました。ご飯、是非近々行きましょう。来週あたりご都合どうですか?

店員さん はい! 是非! 来週は火曜の夕方以降でしたら空いています。

宮本 来週火曜の夕方以降ですね! 大丈夫です! ○○駅に18時はいかがでしょう?

店員さん こんばんは! ○○駅に18時大丈夫です! 来週の火曜、宜しくお願いします。

宮本 こんばんは。はい! 来週火曜、○○駅でお待ちしてます! 宜しくお願いします!

5月末。雨が降ったりやんだり落ち着かない天気が続く梅雨入り前。美人店員の藤田りんかさんと待ち合わせ。早めに待ち合わせ場所付近でスタンバイして、りんかさんの到着を待つ。
 
すると待ち合わせ時間の5分前くらいに、『いまどちらにいますか?』とメールが。自分の居場所と服装を返信して周囲を確認。さあ、どの美人さんだ!? 
 
ワンピースを着た荷物多めの女の子が声をかけてくれた。 
おお…、黒髪美人な上に爆乳の持ち主。この子は、5番の店員さんだ。目元しか見えないけど、かなりの美人さんなのは間違いない。一気にやる気スイッチが入りました!

「はい、宮本です! 今日は来てもらえて嬉しいです!時短営業であまり時間ないかもなので、早速ごはん行きましょうか」
「こちらこそです! よろしくお願いします!」
 
というわけで、時間もないので近くのお店へ。
「何飲みます?お酒は結構飲むんですか?」
「私はジンジャーハイボールで!
 結構お酒強いですよー」
「お、いいですね!僕もなかなか強い方なので。乾杯しましょう!」
 
ここでようやくマスクを取って乾杯。 
予想どおり、鼻筋もきれいな美人さんだ! 
そしてこの素晴らしい爆乳! 
何カップかなー。モノにしたいなー。
「りんかさん、お顔のパーツも綺麗だし、本当に美人さんですね」
「そんな事ありません!あっ、でも鼻と歯並びはよく褒められます!」
「鼻筋通っててきれいだなーって思いましたもん!歯並びも確かに綺麗!どこまで美人さんなんですか…」
 
いつもの『褒めちぎり』戦法だ。ここまで言われて悪い気のする子はいないと思う。
「美人かはわかりませんけど、そんなに褒めてもらえると悪い気はしませんね。フフフ」
「何度かお店で見かけて一目惚れしちゃいましたからね」
 
実際に美人だし、今回が1番僕のタイプかもしれない。 
お酒もおかわりして、そこそこのペースで飲んでくれるりんかさん。お互い緊張もほぐれて来たことだし、男女絡みの話題も振っていこう。
「最近恋愛はどんな感じ?」
「恋愛はしてないです。でも都合のいい相手はいたりします…。あはは」
すごいな。今どき女子のリアル、見えました。つまりセフレさんはいるってことね。これは口説きやすいかも! 
りんかさんは飲むペースも早く、すでに3杯目へ突入だ。僕も負けずにおかわり!
「都合いい相手って、セフレのことだよね?まぁ女の子でもそういう欲はあるもんねー」
「はいー。男の子より女の子の方がそういう欲あったりしますよー」
「マジかー!なんか負けてられない!フフフ、でもそういう相手はどこで見つけるの?」
「私は自分の欲が出てきたタイミングで、ナンパされたらついて行っちゃったりします。一応、相手も選びますけどね…」
「こんな美人ならみんなほっとかないよー」
 
頼む、今日その欲が出てるタイミングであってくれー。
お酒もいいペースで進んでるし、話もそっち系だし、条件はかなり揃ってる。攻め続けよう。
「でも、ナンパは結構されちゃうんですけど、誰でもいいって訳ではないので!」
「どんな感じの人がタイプ?」
「んー、顔とかじゃ無くて清潔感とか、優しさオーラがある人ですかねー。結構フィーリングです」
やはり女性は優しさに弱いのだな。清潔感も気を付けてるつもりだし、今夜は僕にしてくれませんかねー。でもりんかちゃん、ぜんぜん酔ってる雰囲気がないな。宣言どおり、ほんとにお酒強いじゃん。 
どうしようか。もう帰り道に強引に行くしかないかも。
「いやー結構飲んだし、おなか一杯になったねー!」
「はい! たくさん食べちゃいましたー。あっ、もうすぐ8時なっちゃいますね」
「時短営業ってホントやだね…。もっと話したかったなー」
「あっという間でしたね。てか私の話ばかりすみません!」
「全然だよ! りんかさんのこと少しでも知れたし嬉しかった! よかったら少しお散歩しながら帰らない?」
「そうですね!もうお店やってないしお散歩してから帰りましょっか!」 
よし。時間的に次のお店は無理だけどチャンスをもらった。
ホテル街の方向へお散歩して、隙を見て連れ込んでみよう。
「今日は雨降らなくて良かった。涼しいしお散歩もいいもんだね」
「ちょうどいい気温ですよねー。私お散歩とか歩くの好きなんですよー」
「良かった。でももうちょっと飲みたかったね。あはは」
「飲みたかったですー!まだ全然酔ってないですもん!」 
などと世間話でごまかしながら、ホテル街にさしかかったところでさりげなく手を繋ぎ、ホテルのほうへ引っ張ってみた。すると、
「あ、そういうのダメですよー」
「え?」
「全然宮本さんの事、嫌いとかじゃないんですけど、初めましてでそれはよくないかなーと」
あっけなく、しかもキッパリと、お断りされてしまった。撃沈だ。行けると思ったんだけどな。
「ごめんね…調子乗っちゃいました」
「あ、謝らないでください!何回かお会いできればそういうのも大丈夫ではあるので…」
 
まあ初回はガード固めパターンはよくあることだ。今日は諦めよう。駅まで送り解散した。
その数日後、りんかさんとメールのやり取りを再開。先日の気まずい一件について謝罪して、また時間をみて食事に行こうとお誘いしたところ、こんなメッセージが届いた。
『この前の事はもう気にしてません! そうですね!是非、ご飯行きましょう』
ということで、再び週末の夕方、同じ場所で待ち合わせることになった。今度こそはあの爆乳をモノにしてやる!
「こんばんはー。宮本さんお久しぶりです」 
相変わらず美人で爆乳のりんかさんの登場。しかもジャケットの下は小さめのTシャツにミニスカ。下心が加速。いやいや。スケベさは隠しつつ確実にいこう。

「お久しぶりです!今回も会えて嬉しいです!飲み行きましょう!」
「はーい、行きましょうー」 
一度会っているだけに、りんかさんもフランクな感じで良い流れ。近くの居酒屋に入って乾杯だ。
今回も序盤から攻めのギア入れて行くことにします。
「あ、おいしいー! 私、普段家では飲まないから前回宮本さんとのご飯以来まともに飲んでなかったんですー」
「そうなんだ。梅雨時期でストレスもたまってると思うし、たくさん飲んじゃおうかー!」
「はい! 飲んでスカッとしたい気分だったので、ナイスタイミングですよー」
 
なんかストレス溜まってるっぽいな。で、お酒が入って一気に解放されてる感が出てる。今回は色々とタイミングがいいのかもしれない。
「なんか嫌なことあったの?」
「そうなんです…聞いてくれますか?」
「何でもしますよー!どうしたの?」 
気を許してくれているのか、今回はグイグイ来てる気がする。
「心強〜い。前回、留学したい夢があるって言ったの覚えてますか? それがかなり難しそうで…」
「そっか。コロナのせい?確かにいま海外行くのは厳しそうだもんね」
「そうなんですよ…準備も何もかも進められない状況で。しかもいついけるかもわからないし」
 
まあ僕としてはコロナがなくても行ってほしくないのだが。
今後、セフレになれたらの話だけど。
「そりゃストレス溜まるね。僕にできることは少ないかもだけど、何か手伝えることあったら言ってね!」
「はい。嘆いていてもしょうがないのはわかってるんですけどね…宮本さんと飲めるだけで癒されてますよー」
「本当?」
「いつもよりお酒おいしい気がします!」
やっぱり、今夜は積極的モードな気がするな。
そして今夜もその爆乳が目に入って仕方がない。絶対Fカップ以上あるよなこの子。今日はなんとしてでも勝ちたい! 
爆乳の神様〜! 
留学延期のストレスのせいか、さらに飲むペースが早く、あっと言う間に5杯、6杯と飲み進めていく。こっちもつられてペースが早まり、2時間もしないうちに良い気分になってきた。
「結構飲んだね。まだイケそう?」
「私はまだいけますよ!」
「じゃ、遅くまで開いてるお店知ってるから、そこで飲みなおそうか」
「わーい! 行きましょう!」
 
もちろん知ってるお店なんてありません。飲み会の続きはホテルの部屋ですよ。フフフ。 
さて、前回とまったく同じ手法だけど、ホテル街に向けて歩きだしますか。
「もうすぐで次のお店だよー」
と、とぼけながらホテル街に向かって歩きつづける。
「はーい。あ〜、今日はなんか楽しいです〜そして…癒やされます〜」
「そんな言ってもらえて嬉しい。俺も楽しいよ〜」
「もう最高ですー。安心感ありますー。相手してくれてありがとうございますー」
 
妙なテンションだけど、要するに、今夜はセックスしてもいいですよってことだろう。2回目のデートだしね。 
そしてホテルの目の前に着いた。りんかさんは無言で横に立っている。手を握り奥へ進む。
無事、入室成功だ。 
さすがに今回は大丈夫だと思うけど、前回のグダが記憶にある。コトに至るまではまだ安心できない。
「次のお店、着いたよ」
「着きましたねー。今日の宮本さんなら大丈夫ですよー」 
よし、勝利だ! 
たまらずキスをしてベッドに押し倒し、そのままの勢いで服を剥ぐ。ついに! 
念願の爆乳が露わになった。
「大きいね…。何カップなの?」
「Gです。恥ずかしいです…」 
Gカップ…!! 予想をはるかに上回ってきた。ありがとう爆乳の神様! 
サワサワと前戯を始めると、喘ぎ声と共に爆乳が揺れだした。
「ん…んん…」 
控え目な喘ぎ声もエロい。恥ずかしそうにバスローブで顔を隠すりんかさん。腕で胸を隠しているつもりだろうが、大きすぎて隠しきれてない。 
そのまま2本の指を入れていくと、すでにヌルンヌルンだ。おまけにパイパンじゃないか。
「ツルツルできれいだね」
「きれいにしたくて脱毛してるんです…」
エロい体を丸出しにして、気持ちよさそうにアンアン喘ぎ続けてる。
「気持ちよさそう」
「恥ずかしいのと気持ちいいので…おかしくなりそうです…」
「もっと気持ちいことするね」
 
キスをして、そのまま舌を這わせてツルツルのマンコをペロペロと舐め回す。嫌がる様子はない。彼女、たぶんMだと思う。 
僕の興奮度も上がり、りんかさんを座らせ、目の前に仁王立ちになってモノを握らせた。
「舐めて欲しいな」
ひとこと言った途端にエロい表情で根元まで咥えてくれた。 
フェラも絶品、最高だ。しばらく舐められてるうちに堪らなくなり、四つん這いにさせる。 
バックから一気に攻めて、爆乳を鷲掴みにしながら一気に昇天してしまった。
「しちゃったねー」
「今日の宮本さん、最高だったから許しますー」 
久しぶりの勝利。しかもこんなに美人でエロい子と。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★





夏のおすすめ動画

プロ仕様の最強媚薬


アダルトグッズが何でも揃う、大人のおもちゃ激安通販専門店


本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


タグ