150_202204290855385cb.jpg151_202204290855420f0.jpg152_202204290855458cd.jpg153_20220429085545328.jpg
夢の中の俺は、二人の豊満な熟女に挟まれてのセックスに思いのほか興奮し、危うく夢精するところだった。 
こんな夢をみるほど欲求不満が溜まってるのは事実。2人のターゲットに対してすぐに行動を開始しないと。 
とはいうものの、花屋の天使、ひかるちゃんを攻め落とすにはかなり苦労するはずなので、ヤレる可能性が高い方のヨガ熟女ひとみさんからアプローチしていこう。
ひとみさんはひとまわり以上年上で、中3の孫がいることが判明している。ヨガウェア姿は魅力的で
も脱がせばグダグダのお婆さんってことも考えられるよなぁ…。 
まぁ、そんな心配しても仕方がないか。さっそく今日もヨガのクラスに参加しよ。
ひとみさん、来てるかな。 
スタジオに入ると、いつものように婆さんのグループがおしゃべりしていた。
よしよし、ひとみさんもいるな。優しさにあふれる微笑み、小柄だがエロい身体。うん、やっぱりひとみさんはいい女だ。もう彼女の年齢のことを考えるのはやめよう。
婆さんたちの話題はもっぱらワクチン接種だ。副反応のことや、2回目接種終わった後にどこに旅行いこうかとかそんな話ばっかりだ。
「ひとみちゃん、もう1回目打った?」
「はい、3日前に」
「おにいさんは?」
「7月1日に1回目打ちます」
 
俺はひとみさんと話したいんやけど、この状況じゃなかなか二人で話すのは難しいな。クラス終わりに声をかけるとするか。 
約1時間後、ヨガクラス終了後に更衣室に向かうひとみさんに近づく。さあ、何と声をかけようか? 
すると、俺に気づいたひとみさんから話しかけてきた。
「昨日の3時頃、地下鉄の心斎橋駅にいらっしゃいました?」
「はい、いましたけど」
「あぁ、やっぱり。似てるなぁと思ったんですけど、スーツ着ておられたので自信がなくって」
えー、全然気がつかなかった。声をかけてくれればよかったのに! 
でも確かに俺もひとみさんのトレーニングウェア姿しか見たことないよな。私服姿はどんなだろうな。せっかく二人で話す機会をつくってもらえたので、足を止めて立ち話をしよう。
「心斎橋はよく行かれるんですか?」
「いえ、たまたまデパートに買い物の用事があって。あの、そちらはお勤め先が心斎橋なんですか?」
「いえ、ちょっと仕事の用事で」
「うふふ、なんか『そちらは』って変ですよね。お名前知らないので」
「あ、河内です。ひとみさんですよね」
「はい、吉田です」
吉田ひとみさんか。もっと二人で話をしたいな、と思っていたら「おや、若い二人で仲よくなに話してんの?」と婆さん軍団がチャチャを入れてきた。
「では、また」と笑顔で去っていくひとみさん。ほんま、この婆さんたち殺したろか。
でも、二人で話せたのは大収穫だ。楽しく会話できたし、距離がぐっと近くなったと感じる。今後2、3回は、ヨガクラス前後のコミュニケーションを増やしていこう。 
そしてその次のステップとしては、ジムの出口でひとみさんが出てくるのを見計らって偶然を装い声をかける、過去のヤルノートでも実行したことがある『待ち伏せ作戦』だ。あと2、3回と思っていたのに、そのチャンスはすぐにやってきた。前回二人で話した4日後のヨガクラスの日だ。 
ひとみさんも参加したヨガクラスを終え、着替えてジムを出た。ヨガの前は小降りだった雨がかなり強くなっている。今日は車で来て正解だったなぁ。
ところで、ひとみさんはここまで何を使ってきてるんだろう。車?電車?それとも自転車か?
もし車じゃないなら送っていけるチャンスじゃないか。よし、『待ち伏せ作戦』、本日決行だ!
出口のそばで携帯で話しているふりをしながら中をうかがう。
ひとみさん、なかなか出てこないなぁ。更衣室の方に向かっていたのは見たので、帰るのは間違いない。シャワーでも浴びているんだろうか? 
ドキドキしながら5分ほど待っているとエレベータからひとみさんが出てきた。
一人きりで、婆さんの姿はない。チャンスだ。
「あ、はい。ではよろしくお願いいたします。失礼します」
ちょうどひとみさんが出てくるのを見計らって通話を終了するふりをする。
「あ、河内さん。お疲れ様でした。すごい雨ですねぇ」 
初めて見たひとみさんの私服。ヨガウェアは派手目だが、それと比べるとやや地味目の白いワンピースにレギンス姿だ。
でも清潔感があってなかなかいい感じ。
「めっちゃ降ってますよね。ひとみさん、どうやって帰らはるんですか?」
「来るときはそんな降ってなかったんで自転車で来たんですけど、ちょっと無理なので自転車置いて、歩いて帰ります」
「え、でもどれくらいかかるんですか」
「20分ちょっとくらいかな」
「いや、それ大変でしょ。よかったら俺、車なんでお家まで送っていきましょか」
「いえいえ、それは結構です。お忙しいでしょうし」
「いや、この後に予定もないので全然大丈夫ですよ」
「でも、遠回りになるでしょ」
「いえいえ、全然大丈夫です」
「本当にいいんですか…?」 
よっしゃ! 待ち伏せ作戦、成功や。まさに天の恵みってやつだ。 
駐車場に向かう道すがら、ひとみさんはキョロキョロと周りをうかがっている。
もしかして婆さんたちを気にしてる?
「えぇ、あの人たち、噂話が好きで、気をつけないと、あることないことぺラペラ話されるかもしれないので」
それはありうる。ひとみさんのためにも気をつけよう。幸い婆さんの姿はまったく見当たらなかったので、二人、俺の車に乗り込み駐車場を出た。 
歩いて20分ほどの距離なら、車だったらあっという間であまり時間はない。どんな話をしようかと思っていたら、またまたひとみさんからどんどん話しかけてくれた。助かるわ。
色々話す中で、ひとみさんについてだいぶ理解することができた。年齢は、俺の歳を聞いて、「えー、58ですか? 10歳くらい私の下だと思ってました」という反応からおそらく63、4歳くらい。子
供は家を出て、一緒に暮らしている旦那さんは定年退職後、家で何もせずゴロゴロしているそうだ。
「今日なんか、車で送ってくれればいいんですけどね。主人は絶対にそんなことしてくれないんで」と不満そうだ。
「河内さんはリモートなんですよね。お家でお仕事って大変じゃないですか?」
「えぇ、なので、こないだ仕事用に部屋を借りました。めっちゃ狭いですけどね」
「すごーい。でも、自分だけのスペースがあるっていいですよね。私もこうやって外に出てるときはいいんですけど、家に帰ったら息が詰まって…」
あっという間に車はひとみさんの家の近くに着いた。
「今日は、ありがとうございました。助かりました。お話しできて楽しかったです。またヨガのクラスで」 
素敵な笑顔で車から降りたひとみさん、旦那とも会話がなく、ヨガでは婆さんばかり。こんな俺でも話ができて本当に楽しかったのかもしれない。
手ごたえはあった。そして梅雨空はまだまだ続きそうだ。これから雨の日は車でジムに行くことにしよう。次は『送り狼作戦』だ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★ 不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


タグ