SnapCrab_NoName_2021-12-31_7-50-5_No-00.png
ツイッターのDM(ダイレクトメッセージ)で、好みの女にmyチンコの画像を送りつける、いわゆるチン凸に励んでおります。 
かれこれ3年ほど、我がチンコを見たであろう彼女たちの怪訝な表情を想像しては、脳がクラクラするような快感に襲われている私ですが、最近はさすがに飽きてきました。
 
なんせ送る相手は、見ず知らずのシロート。どこの誰かもわからない女では、いまいちコーフンできなくなってきまして…。 
できれば芸能人、いつもテレビを見ながらオカズにさせてもらっているような子にチンチンを見てほしいんです。
 
もちろん、芸能人のアカウントのDMは、事務所が管理していたり、メッセージを受け取る設定にしていないことがほとんど。だから簡単にはセクハラ画像を送れません。
しかし悩んだ末、ある画期的な方法を編み出しました。
 
皆さんはツイッターで、フォローした覚えのないユーザーのツイートを見かけたことはありませんか? 
あれ、実はツイッター広告といって、ユーチューブで流れるウザいCMのように、ユーザーに向けて広告を流しているんです。
ま、たいていは企業の広報なんかが、会社の商品やサービスを宣伝するために使っているんですけど、実は個人でも簡単に広告を出せてしまうのです。
 
まずネットで「ツイッター広告」と検索して、専用のサイトへ。自分のツイッターIDでログインした後は、「キャンペーンの作成」から広告の設定を決めていきます。 
仮に、広告の期間は3日間、予算は最低価格の3千円に設定してみましょう。 
続いて「ターゲティング機能」から、広告のターゲットを決めていきます。このツイッター広告は、性別や年齢だけに限らず、個別のアカウントまでターゲットを絞れるので、ここは迷わず、ターゲットアイドルのIDを書き込みます。 
が、一応ちゃんとした広告サービスなので、さすがに1人だけに向けて広告を出すことはできません。最低でも500人ほどのユーザーには見られるシステムなので、このままだと「アイドル&499人の誰か」に配信されます。
 
先ほど設定した広告費は3千円。閲覧数がある程度に達したら打ち切られるため、下手をすればアイドルが見る前に広告期間が終わってしまいます。
ここで登場するのが、「休止アカウント」です。これ、事故や病気、はたまた自殺で亡くなった人のアカウントを集めたもので、アカウントの活動が完全に止まっているんです。ググればいくらでも出てきます。
つまり、499人のユーザーをすべて休止アカウントにすれば、他の誰かに広告を見られる心配はゼロ。確実にターゲットのツイッターにだけ、広告を流せるんです。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★





夏のおすすめ動画


プロ仕様の最強媚薬


アダルトグッズが何でも揃う、大人のおもちゃ激安通販専門店


本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ