SnapCrab_NoName_2021-12-31_7-49-59_No-00.png
iPhoneに限らず、すべてのスマホには固有の端末識別番号(IMEI番号とも言う)が割り振られている。
中古スマホの販売ショップなどでは、このIMEI番号が必ず商品ごとに表示されているのだが、こういったところで中古iPhoneを買う場合は、次の2点をぜひ心がけてもらいたい。
 
ひとつは、iPhone XS MaxかiPhone11のなるべく安い中古品を買うことだ。ディスプレイに傷がつきまくっているようなものなら3万ちょいで売っている。
 
2つ目の注意点は、アップルのHP内にある「保証状況の確認」ページに飛び、商品のIMEI番号を片っ端から入力してみること。
その際、注目すべきはこんな表示が出るかどうかだ。
「修理サービス保証:有効 (上限あり)」
 
これはその端末がアップルの保証サービス「Apple Care+」の対象になってることを意味する。つまり、前のオーナーが保証期間中に売り払った端末なのだ。ちなみに、保証が有効なまま中古販売されてる端末の割合は、体感的にiPhone XS Maxが全体の15%、iPhone11で20%といったところか。
 
ここで重要なのは、オーナーが替わっても、保証は有効なままだという点だ。このサービスに加入するには、約2万3千円の料金(期間は2年間)がかかるので、それだけでもずいぶんお得だが、ここまでの話は基礎に過ぎない。
 
せっかくタダでゲットした保証サービスを、存分に活用してこそ本物のプロというものだろう。
では、具体的に何をするのか。
iPhoneを完全に破壊して、新品に交換してもらうのだ。
 
むろん、故意に壊したことがバレれば、保証は受けられない。
なので地面に置いたiPhoneをクルマで轢くなどして、事故を装うのが鉄則だ。
新品と交換する場合は、1万2900円とられるが、それでも元々が激安の中古品なので、十分オイシイ。なにせiPhone11やiPhone XS Maxの新品の値段は8万5千円ほどなのだ。スマホ代3 万+1万2900円のコストで、8万5千円の新品が。そいつをヤフオクででも転売すれば3万は儲かる計算だ。
 
ただし、中古ショップに持ち込んで買い取ってもらうのはやめた方がいい。保証サービスで端末自体は新品になるが、箱などの付属品はもらえないため、査定に響くのだ。やはり、箱ナシでも評価に影響の少ないヤフオクがオススメである。
※この記事は読者様の投稿です。防犯、防衛のための知識としてお読みください。実行されると罰せられるものもあります。悪用・実行は厳禁です。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★ 不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ