SnapCrab_NoName_2021-12-18_9-24-23_No-00.png
大臣がセクシー個室ヨガなる店に公用車で通っていたことが判明して世間を騒がせていた。
「セクシー」「個室」ときたら我々裏モノ有識者はもはやいかがわしい場所しか想像できないがその後に「ヨガ」という思いもよらない、明るくポジティブな単語がくることで前半のエロさを一気にかき消してるせいか、野党も追及し切れずにいるのが現状である。 

確かに仕事帰りや休日にヨガをしてますと言われたら他の趣味とは一線を画して一目置いてしまうものだ。ヨガと言っても幅広く、瞑想するだけでもヨガだし、柔軟体操するのもヨガ、身体の疲れている箇所をマッサージするのも一種のヨガと言えるらしい。つまり我々も大塚のピンサロに行く際はセクシーヨガに寄ってきますというのが正解なのかもしれない。
て、行楽シーズンのゴールデンウィーク明けはどこに行ってたのか、何をしてたのか必ず職場などで話題にあがり、やれ海外旅行だの山登りだのバーベキューだのとマウントの取り合いになることが必至である。
 
しかしそんな中でも今リア充の間で最も時間とコストをかけずにマウンティングできるとして人気なのが青空ヨガだという。
 
聞くところによるとGWのど真ん中の休日午前に都内の某ヒルズの芝生広場のスペースに数百人のヨギーが集まって青空の下でヨガを行うというわけのわかんないイベントが行われるらしい。
 
旅行などせずとも「ヒルズでヨガしてた」で充分GWの勝ち組になれて、おまけにインスタ映えもするというのである。ちょうど自分の今年のGWは競馬と競艇とマルハンの新台入替しか表立った予定がなかったので早速そのイベントに参加してみることにした。
 
5月頭の祝日朝9時、某メトロ駅で下車して閑散としたオフィス街を歩くこと5分、ヨガマットを大事そうに抱えた者たちが100万ドルの笑顔で会場へと続々向かっているのが目に入った。
 
やってることは夏休みのラジオ体操と変わらない気もするが、それがヨガという名称になった途端に全身ピタッとしたモジモジ君のような派手なタイツや高そうなスニーカーを着こなし、頭にグラサン乗せてみたり、スタバのタンブラーを自転車に装着してみたりそれぞれ個性をアピールしている。

会社に出勤してくる時はめちゃくちゃ不機嫌な顔して「アタシ朝弱い人だから」だの「慢性的な睡眠不足が悩みの種」だの言ってるのに今日は開始1時間前にも関わらずもう既に受付は長蛇の列が出来ているのだから驚きだ。参加費は500円と安く、しかもこの周辺の店で使える500円クーポン券も配布されるので確かにGWのイベントとしてはコスパが最強なのかもしれない。
 
半数はカップルや友達同士で参加しているが、ここで何度か出会ったグループもいるようでハイタッチしながら挨拶を交わしている。目の前では女2人組が準備運動をしている別の女2人組に話し掛けて「身体柔らかいからプロの方ですか〜」
「いや今日でまだ3回目です〜」
「えーすごい〜プロみたい〜」
「プロじゃないです〜」と中身ゼロの会話をこなしていた。
始時間になり約300人前後のヨギーが中央にいる女性の先生を中心にマットを敷いて青空ヨガ教室がスタート。
長い瞑想タイムのあと、先生の指示に従ってカエルのポーズやスフィンクスのポーズなど徐々に難度の高いポーズを取らされて、挙句の果てには海外のエロ動画で見るようなあられもないアクロバティックなポーズもさせられるが、全員文句ひとつ言わずに黙々とこなしていく。
 
ちょうど目の前には初心者と思しき女性が息を切らしてハァハァ言いながら尻を突きだしたり、まんぐり返ししたりあらぬポーズを取っていたので目のやり場に困ったが幸いなことによく見たら渥美清に似ていたので特に反応せずに事なきを得ることができた。
かしさすがはリア充の集まりなのか、普段の生活の疲れをデトックスするためのヨガにも関わらず、その最中にも定期的にスマホでヨガをしてる自分たちを交互にパシャパシャと撮影。クールダウンを目的とした瞑想タイムにも片目を開けてインスタをチェックしている始末だった。
 
1時間みっちりと行われたヨガ教室がいよいよフィナーレを迎えると最後は中央に希望者たちが集まって先生を囲んで記念撮影が行われる。そのあとは謎の拍手が巻き起こって解散となり、全員が今度は500円クーポン券を手に持って目の前にあるオシャレカフェへ大移動。そこでも長い列に並んでやっとの思いでコーヒーを飲んでこれで本当にデトックスできたのか不安に襲われながらキヨスクで日刊ケイバを買って帰路に着いたのであった。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★




レアおすすめ動画



本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ