このページの内容
・キメオナ&キメセク薬エビクサ
・合法ジャンキーの中では「レタス」の愛称で親しまれているレスタミンコーワ糖衣錠
・ブプロピオンで腰を浮かすほどの快感が
・超ハイになるために悪用される向精神薬パロキセチンにご注意
・性的興奮が高まりやすくなるトフラニール
SnapCrab_NoName_2021-12-31_7-49-59_No-00.png
日本のジャンキーたちにとって、受難の時代といえます。合ドラを手軽に買えなくなったことに加え、頼みの綱だった向精神薬さえも、大半が個人輸入できなくなったのですから。
 
シャブなどの違法薬物を常用しているジャンキーはさておき、逮捕のリスクを避けたい〝合法派〞はさぞ困っていることでしょう。いったい、何でラリったらいいのかと。
 
そこで同じく合法派歴10年の僕が、いまハマっているクスリを3つ、紹介したいと思います。

まずはオススメ度3位の「ブプロピオン」からいってみましょう。
このクスリはうつ病の治療薬、つまり向精神薬の仲間なのですが、なぜか現在でも個人輸入サイトから購入可能です。うつ病の治療薬以外に、禁煙補助薬としても使われているので、もしかしたらそれが関係しているのかも。
いずれにせよ、このクスリを多量に摂取すると(2錠〜4錠)、気持ちが興奮状態に。そう、完全なアッパー系です。
 
合法覚せい剤と呼ばれるリタリンやコンサータを服用したことのある友人によれば、それらと効き方が非常に似ているそうで、確かに食欲がなくなる点などシャブとの共通点が見受けられます。
が、何より、素晴らしいのは、チンコの感度が倍増することで、さらにアミノ酸のサプリである「チロシン」を事前に飲んでおけば、もっともっと気持ちよくなれます。
続いて第2位は「レスタミンコーワ糖衣錠」と「ヘルファイアー」のコンビです。

レスタミンコーワ糖衣錠(通称レタス)は、以前裏モノでも紹介されていたのでご存知の方も多いと思います。
念のため説明すると、レタスは薬局で買える市販薬で、じんま疹やかぶれなどのかゆみを抑える効果があります。
しかし、こいつを大量に服用すると(初心者なら10錠、慣れたら20錠)、意識が後ろに引っ張られるような感覚になり、朦朧としてきます。

そのうち、平衡感覚も狂ってきて、上手く歩けなくなるのですが、その状態でチンコを刺激してみてください。ビックリするほど気持ちよくなってるはずです。
しかし、キメオナをするにあたって、レタスには致命的な欠陥が。強い催眠効果のせいで、猛烈な眠気に襲われてしまうのです。下手すれば極上の射精を味わう前に寝落ちしかねない状況になるのですが、これを防ぐのに役立つのが、ヘルファイアーなのです。
ヘルファイアーは強力なダイエットサプリで、覚醒効果の高いエフェドラを多く含んでいます。これをレタスと併用することで眠気が吹き飛ぶだけでなく、チンコの感度にもブーストが。病みつきになること間違いナシです。

では、いよいよ栄えある1位をご紹介しましょう。僕が愛して止まない、最高のキメオナ&キメセク薬、それが「エビクサ」です。
エビクサは、アルツハイマー型認知症の治療薬で、個人輸入サイトから購入できます。
こいつを過剰摂取すると30分ほどで強い多幸感が。具体的にいえば、主成分が20㎎ 入った錠剤なら4錠ほどの量です。
多幸感だけではありません。
もちろん、チンコの感度だって上がります。
説明が難しいのですが、たとえばエロ動画を見ながらシコシコやってると、女優とセックスしている男優に乗り移ったような感覚になり、チンコがトロけるように気持ちよくなるのです。
なので僕の場合、エビクサを飲んでキメオナすると、必ずと言っていいほど射精時に絶叫してしまいます。3つのクスリの中ではダントツの気持ちよさなのです。
ちなみに、酒好きの人は、エビクサを服用後にアルコールを足すのもアリかと。多幸感、感度が爆上がりするからです。ビックリしますよ。一日中、シコり続けるハメになりますから。
快楽地獄とはまさにこのことです。
注意点としては、キマった状態がやたらと長引くことでしょうか。普通は半日程度ですが、僕の友人などは24時間、ラリった状態が続くそうなので、翌日、仕事がある場合は、控えたほうが無難かと。
★ここで紹介したクスリは、あくまで僕個人にどんな効果があったかを記したものです。人によっては、重大な健康被害を及ぼす可能性もあるので、くれぐれも自己責任でお楽しみください。

合法ジャンキーの中では「レタス」の愛称で親しまれているレスタミンコーワ糖衣錠
元々はただの市販薬でして、じんま疹やかぶれなどのかゆみを抑えるために使われているのですが、これをたくさん飲んだ後のセックスが得も言われぬ快感でして…。
というのも、10~20錠ほど口に流し込むと、体が後ろに引っ張られるといいますか、意識が朦朧としてくるんです。
足元もおぼつかない状態でプレイに入るわけなんですが、ピストンする度に下半身にビビッと電気が走ったかのような快感に襲われるのです。
ま、副作用か何なのか、猛烈な眠気もやってくるので、射精の前に寝落ちしてしまうこともしばしばですが。

ブプロピオンで腰を浮かすほどの快感が
このクスリ、本来は向精神薬として、ADHD(発達障害)やスモーカーの禁煙補助に使われているらしいのですが、僕はこのどちらでもありません。
目的はもちろんエロ一択です。
なんせ2~4錠ほど飲むと、気持ちが完全にアッパーな感じになるといいますか、体がフワフワして楽しくなってくるんですね。
なにより特筆すべきは、チンコの感度がめちゃくちゃ上がるってことです。僕はかれこれ1年ほどオキニのピンサロ嬢の元に通い続けていますが、これを飲む前と後じゃ違いは明らか。
行きの電車でゴクリと飲めば、いざジュボジュボタイムに入るとき、腰を浮かすほどの快感が下半身を駆け巡るんです。
 あまりに気持ちイイもんですから、最近はすぐに発射しちゃって、プレイ時間の半分は嬢とおしゃべりしています。

超ハイになるために悪用される向精神薬パロキセチンにご注意
やんちゃな友人から物騒な話を聞いたので報告したい。キーワードは、パロキセチンだ(あるいはパキシルとも)。個人輸入代行サイトなどを使えば簡単に手に入る向精神薬なのだが、ここ最近、そいつを悪用したレ〇プ事件が多発しているという。舞台となっているのは、クラブや音楽イベントなどで、そこでちょっと仲良くなった女に、こう言ってパロキセチンを飲ませるのがパターンらしい。
「これ、パロって言って、飲むと超ハイになるよ。違法ドラッグじゃないから、ちょっと試してみなよ」
クラブや音楽イベントでは飲酒はつきもの。しかし酒に酔った状態でこのクスリを飲めば、またたくまに眠りに落ちてしまう。あるいは眠らずにいても、意識が朦朧として判断力が極度に欠如する。そして何より恐ろしいのは、そんな状態になっている間は、我が身に何が起きても、まったく記憶に残らないことだ。
ちなみにこのパロキセチン、歌舞伎町のホスト店でも悪用されていると聞く。
やはり女性客に「ハイになるよ」と勧めて、記憶を無くさせ、その間に高級シャンパンを勝手にバンバン開けるわけだ。
で、客が目覚めたら、目ん玉が飛び出るほどの請求書がお出ましとなる。朦朧とした客がシャンパングラスを持っている証拠画像と共に。
女性のみなさん、よく知らない男から錠剤を勧められても絶対に飲んじゃいけませんよ!
ヤフオクで連絡が取れなくなった女を訪ねていったらグッタリ倒れていた

ヤフオクでブランド物のバッグを4万で落札した。彼女の誕生日プレゼントとして選んだものなのだが、そこで予期せぬハプニングが。出品者に代金を振り込んでから、連絡が取れなくなってしまったのだ。

電話をかけても応答せず、肝心のバッグも一向に送られてくる気配がない。うーむ、これってもしや詐欺られた?
ひとつ解せないのは、事前のやり取りの段階で出品者が伝えてきた氏名(女、仮にA子とする)、住所(静岡県某市のアパート)がデタラメではなさそうな点だ。

A子の名前で検索をかけてみると、フェイスブックとツイッターで同一の若い女がヒットするし、居住エリアも静岡となっている。またアパート名で検索すれば、ネットに表示される住所は彼女が教えてきたものとまったく同じだ。
何者かが無関係の人物A子に濡れ衣を着せようとしてのことなのか、あるいはA子がサギ犯そのものなのか(だとしたらアホ丸出しだが)。
いずれにせよ、4万もの大金を払って商品が届かない以上、黙って指をくわえているわけにはいかない。入金から10日後、俺は警察に駆け込んだ。しかし、
「この時点で詐欺とは断定できないと思うな。そのA子さんって人にも品物を送る意志があるかも知れないから、もうちょっと待ってみれば?」 

まるで相手にされなかった。そんなしょぼい事件じゃ動きたくないとでも言わんばかりの横柄な態度だ。これが詐欺じゃないなら何だっていうんだ!まったくあきれ果てるばかりだが、警察が頼りにならないのなら仕方ない。自力で金を取り返してやろうじゃないか。
怒りにまかせて車を飛ばすこと数時間、A子の自宅とされる静岡県のアパート前に到着した。そーっと部屋に近づき、ドアをノックしてみる。返事はない。

が、中からコトリとかすかな物音が。ほほう、居留守ですか?けっ、ナメくさりやがって。
いったん車に戻った俺は、A子の部屋が見渡せる位置に駐車し直し、長期戦を覚悟した。女が部屋から出てくるまで何時間でも粘ってやる。
それから3、4時間後、辺りがすっかり暗くなったころ、突然、部屋のドアが開いた。中から出てきたのは30前後のやせた男だ。…誰だ、あいつ?
「ちょっとアンタ!」 
俺は男の前に詰め寄っていた。冷静に考えれば事件と無関係な人物の可能性もあったのに、よほど頭に血が上っていたのだろう。早口で来意を告げた俺は続けてまくしたてた。

「A子出せよ。どこにいるんだ?モタモタしてっと警察を呼ぶぞ、サギ師野郎!」
「け、警察?何なんだよテメーは〜〜! おい〜〜!」
突然パニック状態となり、絶叫する男。そのあまりにも凶悪な顔つきに一瞬ひるむと、そのスキに男はすばやく走り去った。

なかば呆然としつつ部屋のドアノブを回してみた。カギはかかっておらず、玄関から覗いた先には、ソファの上でッタリした若い女の姿が。虚ろな表情でこちらにふらふらと手を振る様は、どこかラリっているようにも見えた。
事態の全容が明らかになったのは、俺の通報で警察がかけつけ、彼女=A子が病院に運び込まれてから間もなくのことだ。病院で面会したA子の両親によると、あの時、彼女は同棲中の彼氏(逃げた男)にアパート内で監禁されていたらしい。

発端はA子が切り出した別れ話で、それに納得のいかなかった男が彼女をクスリ漬けにしていたというのだからタマげるやら空恐ろしいやら。男は薬局に勤める薬剤師で、その立場を悪用して大量の向精神薬を所持していたのだ。

結局、男は一時、警察で事情を聞かれたものの、嫌疑不十分で釈放されたようだ。クスリ漬けとはいえ、非合法の薬物が用いられていなかったこと、以前からA子がラリる目的で男と一緒にクスリを常用していたことなどから、そのような判断になったらしい。
ともあれ、ヤフオクの落札が決まったタイミングで監禁が始まったのは不幸中の幸いだろう。

でなければ事態はもっと深刻なものになっていた可能性もあるのだから。そして何よりこの事件は俺に幸運をもたらした。A子の両親のはからいで、例の4万のバッグがタダになったばかりか、娘をロクデナシから救ってくれた謝礼として10万もいただいたのだ。


性的興奮が高まりやすくなるトフラニール
トフラニールは、うつ病の治療に使われているれっきとした向精神薬だ。
おまけに古い薬なので、副作用もたくさんあるのだが、そのひとつがなんともステキだ。
ずばり「性的興奮が高まりやすくなる」というもので、この副作用は遅漏(膣内射精障害)の治療にも利用されている。つまり、脳をエロく興奮させることで、体が射精しやすい状況を作り出しているわけだ。
俺の場合、トフラニールを服用してセックスに臨むと、まるでセフレが広瀬すずになったような錯覚に陥る。いや、視覚的な変化はいっさい起きないのだが、ヤリ慣れたセフレ相手ですら、そこまで興奮できるのだ。ただしトフラニールは強い薬。一度試して体に合わないなと感じたら、その後の使用は控えたほうがいいだろう。

※この記事は読者様の投稿です。紹介した遊びには精神、肉体に悪影響を与えるものも含まれています。知的好奇心を満たすための読み物としてお楽しみください。悪用・実行は厳禁です。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★




レアおすすめ動画



本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内