まずは公園で遊ぶヤンママをセフレに出来た話
SnapCrab_NoName_2020-9-19_8-11-0_No-00.jpg
スーパーでパー卜を始めると言い出したのは昨年の春のことだ。我が家の経済事情を案じてのことらしく、俺としても大歓迎なのだが、一つ気がかりなことがある。息子の秀助だ。当然俺は会社勤めで子守などできんし…いったいどうするつもりだよ。
「大丈夫よ。パー卜は火水だけだから」「え?」
家電の量販店に勤める俺の休みは火曜と水曜。まさか…。
「そうよ。ワザとそうしてもらったの。これで秀助のお守りも心配ないでしよ」「え一っ」
冗談ではない。子供は目に入れても痛くないくらい愛してるが俺だって毎日汗水たらして頑張ってんだ。休日まで働かされたんじややってらんねーよ。
「何言ってんのよ。もともとアンタの稼ぎが悪いからでしよ!」「ぐぐ…」
妻の言い分は紛れもない正論。あーヤダヤダ…。
翌週の火曜日、はしゃぎまくる秀助の手を引き、近所の公園に向かった。男の子は外で遊ばせるのが一番。ワンパクに育つんだぞ、我が息子よ。
「きゃーカワイイー。息子さんですか?」
園内に入るや、見知らぬ若い女性がゾゾと近づいてきた。見たところみな20代後半。秀助とさほど歳の変わらぬ数人の子供が彼女らの周りを駆け回っている。
「いまおいくつなんですか」「えーっと、まだ2才です」「あ、うちの娘と緒だぁ」
平日、幼い子供を公園に連れてくる父親がそんなに珍しいのか、ヤンママたちはしゃべり続ける。「カワイイですね、目がクリクリして女のコみたい」「ははは、おい、秀助。父親似でよかったなぁ」「あははは、やだーお父さん面白い」「いやーまいったなあ。本気で言ったのに」「でも優しいわよねぇー。ウチの旦那なんか、ぜんぜん育児に興味ないんだもん」
かように親しげな彼女らに対し、下心がなかったといえばウソになる。が、いくらスケベな気持ちを抱こうにも、自分にはどうすることもできないとあぎらめていた。むろん、近所の評判が気になるというのもあるが、それ以前に、俺は決してモテるタイプではないのだ。ところが以後、毎週のように公園で母親たちと顔を合わせるうち、状況は少しずつ変わっていく。これまでは子供中心の話題だったのが家庭や夫婦間の不満愚痴となり、いつのまにか唯の男である俺の下に、いろんな相談が舞い込むようになったのだ。旦那が子供を好きになってくれない仕事が忙しくて話し合うヒマがない、出産後、セックスの回数が激減した、等々。そのつつに親身になって応えてやればあっという間に親密度はアップ。中でも恵子とは気が合い、まもなく互いの子供を連れ、動物園に行く関係になった。で当然俺は考えてしまう。セックスしてえー。
あーダメえ、息子が起きちゃう!
来週の金曜、有給を取ります。会ってくれませんか思い切って恵子に誘いのメールを送ってみた。断られたら二度と公園には行くまい。しかし、3時ごろなら息子も昼寝してるし大丈夫かも。家まで来てくれます?家に来い?…これってってことだよな。最後までいってもってことだよなヨッシャー
当日、周囲に気を配りつつ、恵子の家のチャイムを鳴らすと、彼女がスッとドアから顔を出した。フワッと香水の匂いが漂ってくる。ああもうタマらん。押し入るように玄関へ入った俺はその場で恵子を抱きしめ唇を吸った。「うう!」驚いてはいるが抵抗はない。すかさずスカー卜をたくし上げ、下着の上から股間を執拗になぞった。「あ、あーん、ダメ。ダメよ子供が起きちゃう〜」「じゃあ寝室へ行こうか」「うん」ベッドの上に押し倒し、下着をはぎ取る。首筋、ワキ、ヘソ、アソコ。全身を舌で丹念になめ回すたび、体がぴくんぴくんと震えている。指の挿入にも顔を歪めて喘ぐ喘ぐ。感度は良好だ。「今度は菅井さんのを食べたげる」シャツを脱がすや、彼女が俺の乳首に吸い付いてきた。
チュパチュパと音を出し、実にヒワイだ。そのまま段々と頭をスライドさせ、ねっとりとチンポに舌を絡めてくる。くう、気持ちいい。タマらず俺は恵子の足を開き、正常位で挿入した。
「あーあんヤダァいいよーっ」自ら腰を振って応える恵子。何て締め付けだ。チンポ、痛いって。「ああ、ダメダメダメエー。イっちやう!」恵子の上気した顔に、精液をたっぷり飛ばしたのは、それから分後のことだった。以来、俺は毎週のように秀助を連れ、公園に顔を出している。言わずもがな、恵子と同様の手でヤンママたちに接近、熟れた体を味わおうというのだ。もつとも、ずつと同じ公園では悪評がたってしまうため、1人ゲットするたび狩り場を別の公園に変更。これまでに、5人のヤンママを落とした。ヨメに隠れながらの行動にしては十分な成績といえよう。この調子でガンガン遊んで行きたいところだが、実はそうも言ってられない。来春、秀助が幼稚園に入園すれば、自然、友達と遊ぶようになり、俺と公園に行く回数も激減してしまうからだ。こうなりや、もう1人作るか。家計が許さんだろうけど。
続いてマンションの管理人がセフレになってといううらやましい話から
0134_20200611193601049.jpg0135_20200611193602e70.jpg
0096_20180624103842594_201908171202213b6.jpgしかしご近所さんならではのこんなトラブルも
美人で淫乱な人妻をセフレにしていたが近所の女ボスにバレた瞬間浮気相手が離婚に追い込まれ引っ越し
140_202004060836216f6.jpg141_2020040608362143f.jpg
0097_20180624103843bdf_2019081712022200d.jpg0098_201806241038454ac_201908171202244bb.jpg0101_2018062410464897a_201908171202250fb.jpg公園の砂場でも自然な出会いがあるぞ

子供を連れて、公園の砂場で遊ばせていたときのことです。
30代半ばくらいの母親に連れられた小さな男の子が現れ、うちの子に何やら話しかけてきました。
その4才くらいの男の子、障害児なのはすぐにわかりました。
うちの子と砂遊びを始めたため、母親とも自然と会話することに。
「お子さんおいくつですか?」
「4才です」
「じゃあオニイちゃんですね。うちは3才なので」
しゃべっている間も、子供が何かやらかしやしないかとお母さんは気が気でない様子でした。
こういう場に馴染みのない方はわかりにくいかもしれませんが、障害のある子って、砂場などでもちょっと遠巻きにされる傾向があるんです。差別とかじゃなく、もし暴力的だったりしたらトラブるので保護者が我が子を遠ざけるのでしょう。
でも、うちの子は仲良く遊ばせたので、お母さんもやや疲れた様子ながらもうれしそうでした。
私のポイントはここまでです。こういうお母さんと知り合いになった、ただそれだけがポイントなのです。
また遊んでほしいのでと連絡先を交換し、ちょくちょく休日の公園で顔を合わせ、その後、まったく子供とは関係なく個人的に食事に行き…という流れで、彼女とは肉体関係になりました。
それまでも私は、砂場でヨソの子と一緒に遊ぶことはあっても、ママさんと連絡先交換なんてありえませんでした。あくまで一期一会の関係です。
このとき、また遊んでほしいとすらっと言えたのは、どことなく彼女の態度に、安堵のようなものが見えたからでしょう。
以上、なんの参考にもならないかもしれませんが。

運よくオレは一人の人妻をゲットした。多少、歳は取ってるものの美人だし淫乱だしセフレとしては申し分がない。ただ、相手を選ばないと、とんでもないことになると実感する今日この頃である。
地元で有名な菓子メーカーに就職して15年。営業畑でそれなりの実績を上げていたオレに、思いもかけない辞令が下ったのは去年の秋だ。マーケティングを兼ねたアンテナショップをオープンするので、ついては店長をやれというのである。店は繁華街のド真ん中にあった。といっても街自体に人出はさほどなく50軒ほどの店が連なる商店街も、10軒くらいは店じまいしたいわゆるシャッタ—商店街だ。かろうじて通りの外れにある百貨店に人が集まるおかげでなんとかやっていけるのだろう。こんな場所に出店して大丈夫なのか……。その不安は、開店と同時に吹き飛んだ。オープン日には地元テレビ局が取材に訪れ、商店街の奥さんたちが店中の商品を買い占めてくれたのだ。その様子がニュースで流れ、翌日からも客足は途切れることがない。順調な滑り出しにほっと一息ついたが、大変なのは商店街のつきあいだった。うちの出店歓迎会を皮切りに定例会議だ'祭りの準備だと週1で呼び出される。しかも、オレの他は全員、商店のおかみさんたちだ。聞けば、この商店街は歴史が長く、江戸時代に大地主たちが店を出したのが始まりという。代が変わっても土地は受け継がれ、郊外に出来たショッピングセンタ—や、近所の大型ス—パ—に土地を貸してるのは商店街の人たちで、中にはマンションやアパー卜を経営してる家もあるそうだ。つまり、店は奥さん連中の趣味のようなもの。客が来なくても税金対策になっているらしい。シャッタ—商店街と言えば、地方経済の衰退を象徴するものと思っていたが、この商店街は事情が違うようだ。今年の正月、商店街のイベント帰りに呉服店の若奥さんが店に顔を出した。駐車場にオレの車があるのを見たのだという。ドキっとした。この奥さんが商店街を仕切っている女ボスで、会合はいつも彼女の一言で決定する。わざわざ店までやってきたのは、何かクレームでもあるのだろう。が、どうも様子が違う。参したワインを開けると、近なグラスに次いで乾杯。どなく顔を染めた奥さんは、有線でラテン音楽をかけながらオレの手を取り、踊り始めたのだ。ジルバかサルサかわからないが奥さんは身体を密着させてくる。オレより5才は年上のはずなのに、手入れされた肌は艶々で秋野暢子似の美人。思わず下半身が反応した。「男の人って我慢できないんでしょ?」
奥さんはそう囁きながら耳にかみ付くと、その場でしゃぶってくれた。それからは、2 日と開けず密会。深夜、人気のない商店街で裸で交わったり、公園に停めた車の中でしたり。まるで高校のようにセックスに溺れたのである。さすがに半年もそんな関係が続けば、いささか飽きてくる。今年7 月、夏祭りの駐車場管理でパ—トナーになった洋品屋の奥さんにチヨツカイをかけた。
結婚して3 年といぅ奥さんはまだ32才でおっとりした物腰が可愛い人だ。半日も2人で狭い管理室に閉じこめられれば仲良くもなる。打ち上げと称して居酒屋に入り、その流れでホテルに連れ込んだ。ほんの出来心だし、エッチしたのも1回だけ。黙ってればよかったのに、ついつい呉服屋の女ボスに寝物語で話してしまった。向こうが市議会議員や警察幹部、新聞記者にテレビ関係者とも身体のつきあいがあるなんて言うものだから、オレだってモテるんだと自慢したかったのだ。
「まあ、手が早いのね」女ボスはそう笑っていたが、それからとんでもない事が起ぎた。例の洋品屋の前に生ゴミがバラまかれたり、落書きされたりの嫌がらせが始まり、あそこの奥さんは風俗嬢だったとウワサされるようになったのである。女ボスの仕業だとピンときた。学生の弱い者イジメと同じ。誰も相手にしないだろうとタカをくくっていたが、ほどなく洋品屋の奥さんは実家に帰され店も閉鎖。それだけでなく、オレと立ち話をしてるのを見られた文房具屋までが引っ越しを余儀なくされ
たのだ。その間、オレはどうしていたのかといえば、相変わらず呉服屋の女ボスに呼び出されてはセックスに興じ続けている。逃げ出したいが、オレから別れを切り出せば何が起きるか。とりあえず会社に、異動願いを出したところだ。
ご近所さんのコミュニティ
人妻ナンパに限らず、狙った女を落とす上でもっとも重要な要素の一つは、相手との共通性だ。趣味、仕事、出身地、母校、交友関係など。こういった取っかかりがひとつでもあれば、女は途端に親近感を抱き、ガードを下げる。
その意味で大変重宝するのが、SNSに共通して存在する『ご近所系』コミュだ。都道府県、あるいは市区町村ごとに立てられたコミュニティのことで、登録者も当然、そのエリアの住人やゆかりのある者ばかり。こういう場ではいきなり直メを送ってもさほど警戒されないばかりか、共通の話題にも事欠かないため、話ベタの私でも、自信を持ってアプローチできる。
【オススメのカレー屋があれば教えてください。僕は駅裏に最近できた店がオススメです。ルーが独特でかなり旨いです】
【僕も●●中学の出身だよ。体育の●●先生って今どうしてるのかな。怒るとめちゃめちゃ怖かったよね〜】
てな具合に。ただし、本格的に人妻を口説くにはこれだけではもちろん不十分だ。ナンパ慣れした人は、メールだけで簡単にアポが取れてしまうのかもしれないが、私の場合は相手とそこそこ打ち解けた段階で、主戦場をサイトから現実世界へ移すことにしている。
ありがたいことに、ご近所コミュはどこも大抵、飲みやランチなどのオフ会が頻繁に開催されている。そこへお目当ての女を誘い出すのだ。
【今度、ランチオフ会があるらしいんだけど、もし良かったら一緒に参加しませんか?できれば●●さんの友だちも誘ってみんなでワイワイやりましょうよ】
最後の一文はギラつき感をカモフラージュさせるための方便だ。また、オフ会の目的はあくまでも相手との関係性を深めることにあるので、本当に友人を連れてきたところで不都合は何もない。とにかく楽しい会話を心がけることだ。
ここまで来ればゴールは目と鼻の先。あせることなく、もうしばしメールのやり取りを続けよう。さすれば、夢のセックスはオートマチックに転がり込んでくる。
ゴミ捨て場にエロいものばかり捨てて管理女性をからかってみたらマンションの管理人がセフレに
独身の俺が住むマンションには、便利なゴミ捨て場がある。カラスよけのネットが張ってあるような屋外の小スペースではなく完全な倉庫のようになっていて、回収日を問わず24時間どんなゴミでも置いておけるありがたい共用施設だ。中は広さ12畳ほどのスペースで、燃えないゴミ、ペットボトル、缶などがそれぞれの場所にそこそこ整理されて捨てられている。そこそこ整理されているのは最近、管理会社が変わったおかげで、毎朝1人の女性が掃除してくれるようになったからだ。 正直ソソるような人ではない。美人じゃないし化粧っ気もない。でも毎朝のように顔を合わせるうち、ちょっくらちょっかいを出したくなってきた。ちょっかい一発目はテンガだ。朝、出社のときにゴミ捨て場に立ち寄り、彼女に声をかける。
「おはようございます」「おはようございまーす。いってらっしゃい」
「これ、捨てていいですか」「はい、どうぞ」
テンガの赤い容器を、プラスチックエリアにそっと置く。彼女の顔色に変化はない。
「それじゃ、いってきまーす」「はーい」あくる日は、風俗情報誌だ。
「おはようございます。これ捨てていいですか」「はい、どうぞー」
表紙を表に向けて、紙のエリアに置く。「いってきまーす」「いってらっしゃーい」
その次は表紙のヤラシイ官能小説を、その次はエロDVDのパッケージをひとつひとつ捨てていく。いったい何のために? 特にこれといった目的はない。男日照りっぽい彼女をからかっているだけのことだ。そしてしばらくしてから探りを入れてみることに。
「いつも変なものばかり捨ててすみません」「は?」
「いや、あの…」「どうしました?」
なんだ、この反応は。赤面ぐらいしてくれよ。
「いや、なんかいつもエッチなものばっかり捨ててるもんで」
「はぁ…、そうですか」「あ、じゃあいってきます」「いってらっしゃーい」
ちくしょー、俺のゴミをちゃんと見てなかったのかよ。つまんねーな。こうしてバカな苦労は実を結ばなかったわけだが、というかどういう形が実を結ぶことになるのかよくわからんが、それはさておき面白いのは、その日を境に彼女の側に変化が起きたことだ。挨拶だけじゃなく、ちょっとしたひとことが加わるようになったのだ。具体的には、「おはようございまーす。今日は寒いですね。お風邪に気をつけてください」「おはようございまーす。雨、イヤになっちゃいますね。午後にはやむみたいですけど」こんなレベルだ。おかげで朝のちょっとした時間に会話が生まれるようになった。こちらからも、「あれ、髪ずいぶん切ったんですね」「頭、濡れてますよ。大丈夫ですか」てな具合に話しかけるように。そして徐々に俺の心にも変化が。この人とエッチしてみたい気がしないでもない!
思い立ったら即行動あるのみ。なにより俺はこのゴミ掃除さんを、ちょっと「下」に見ているフシがあり、失敗してもへっちゃらだと割り切っていたりする。 ある朝のゴミ捨て場、その倉庫のような室内で(ドアはがっつり開いているわけだが)、思い切って挑んでみた。
「あの、タイプなので今度食事でも行きませんか?」「あ、いいですよ」
そこからはトントン拍子だった。連絡先を交換し、飲みに行き、すんなりと肉体関係に。彼女はこの歳(40後半)まで独身で、ヨミどおり男日照りではあったようだ。向こうは向こうで、あのゴミから、オレの女日照りを察知していたのかもしれないが。いま彼女は俺のセフレであり、ゴミ置き場で出会えば影でキスをしてくるまでになっている。いつかこの場所でもハメたいところだけど、さすがに危険すぎるか。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内