★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
7_20191115123051643.jpg0018_20180622012536d17_20190817113958d3c.jpg0021_20180622012540440_201908171140022a1.jpgh074.jpgh049.jpgh064.jpg

今口説きたいセレブなオーラを漂わせる美人妻

モテキ到来!なんて調子に乗っている俺だったが、風呂から出て一服している時に嫁さんから言われた。「あんた、こないだの父母会の忘年会、男ひとりでモテモテで、浮かれまくってたんとちゃうの?」
「いや、別にそんなことなかったで……」
「ふ〜ん、なんか、ニヤケまくってたみたいやんか? 席替え何回もしてもらって。特に斉藤さんの横に座った時はうれしかったんとちゃうの? ペラペラ楽しそうに話してたみたいやし。斉藤さん、若くて可愛いからなぁ」なんやねん。その場にいたかのように俺の様子を把握してるやないか! こりゃ絶対にスパイがいる。誰なんや? 俺の様子を観察して嫁はんに報告してるヤツは!
「誰がそんなことゆうてたん?」
「そんなん、言われへんわ。でも、気ぃつけや。ちょっとした素振りだけで、あることないこと噂にされるから」
ヤバいヤバい。斉藤さんに掘りごたつの中で〝足スリスリ攻撃〞をされて欲情したものの、自制して本当に良かった。
こうやって嫌味を言われ、釘を刺されたくらいで済んだのは幸いだ。
実はあの飲み会の後、斉藤さんとばったり出くわしたことがあった。あのまま泳がされていたら、もっとヤバかったかもしれない。やっぱり近場はやめとこう。でも、斉藤さん、可愛かったし、興奮したなぁ。アプローチできないと思うと、いっそうヤリたくなってしまう。……いかん、いかん!今は新ターゲットの白石さんに集中しようやないか!
仕事で関わっているプロダクションの若き女性社長、白石杏子さん。若くてきれいで、仕事ができる最高の女性だ。彼女自身に女としての魅力があるのはもちろんのことだが、俺を「ヤリたい!」という気持ちに駆り立てるのは、彼女が慕っている恋敵Hの存在だ。
仕事で付き合いがあるとはいえ、あのいけすかないHに白石さんがヤラれるのだけは絶対に許せない。なんとしても奴より先に白石さんを落とさなければ!幸い白石さんと接触する機会は多い。週に1〜2回はうちの会社に来てもらって打ち合わせだ。本当はこんな頻度で来てもらわなくてもいいのだが、俺が会いたいので、できるだけ足を運んでもらっている。打ち合わせも可能な限り2人でできるように調整する。公私混同だが許してもらおう。俺にとっては最優先事項だ。ただ、彼女にとって魅力に感じてもらうためには、仕事のパートナーとしても〝できる〞男に映らなければならない。Hがヤリ手なだけになおさらだ。
俺は、彼女と進めていくプロジェクトについては、念入りな準備、練りに練った資料の作成、決めたことの誠実な遂行と、かつてない真面目な姿勢で取り組むことにした。しんどいし、邪魔くさいけど仕方がない。彼女に魅力的だと感じてもらうためだ。仕事だって頑張るよ。
完全に本末転倒ではある。が、うれしいことに彼女からこんなコメントをもらった。「河内さん、娘みたいな歳の私が言うと失礼かもしれませんが、いつもすごくきちんと仕事されてますよね。ありがたいですし、スゴイです!」
よっしゃ! 辛いけど頑張っただけのことはあった。
「そうかなぁ、まぁ、最低限、これくらいはきっちりしておかないとね」
「ほんと助かります! 実は、あんまりキチンとされずに私のような下請けにまる投げされるところが多いんですよね。Hさんなんて、いい加減なんですよ〜。いつも『まかすわ、やっといて』って」
そうなんや、ケシカラン奴やなぁ。
「でも、ちゃんと優しくフォローしていただけるんで助かります。わざとそういう任せ方して、私を鍛えてくれてるのかもしれないですよね」
クッソー! Hの奴、うまいことやりやがって! 俺なんて、せっかく頑張ってるのにアホみたいや。それにしても白石さん、Hに対してはだいぶ心酔してるようだ。ビジネスマンとしてなのか、それとも男としてなのかはわからない。いずれにせよ、俺がだいぶ遅れをとっていることは間違いない。積極的にドンドン攻めていかないと!
次回の打ち合せは夕方からにセッティングした。アポイントメントを取る際にに「今度打ち合わせ終わったら、晩ごはんでもどう?」と誘ってみると、白石さんも「いいですね!」と快諾してくれた。
よしっ! これを機に彼女との距離を一気に縮めるぞ。なんとかHと肩を並べるところまで持っていかないと…。
当日、打ち合せを早めに切り上げて、
「後は飯でも食いながら話しよか」と6時すぎには食事に出ることにした。2軒目、3軒目といける時間を確保しておいた方がいいと考えたからだ。
帰る準備で電源からノートPCのアダプタを取り外そうとテーブル下にしゃがんだら、白石さんのタイトスカートの奥が目に飛び込んできた。白いパンティ、パンストの縦のラインがはっきりと見える。ひゃー、たまらん! 可能なら写メしてこの光景を保存したい! でも、それは無理なので、脳内にしっかり焼きつけておこう。白石さんのパンチラのおかげで、俺のモチベーションはいっそう上昇した。よーし、今日は頑張るぞ!
1軒目のレストランでは、ほとんど今の仕事や独立の経緯についての話に終始した。おいしそうに料理をパクパク食べながら、目をキラキラさせて話す白石さん。見た目が綺麗なだけでなく、中身も実に魅力的な女性である。話を聞いてると、どんどん引き込まれそうになる。ただ、どうやら、独立の際にはかなりHがサポートしたようだ。
「同業の先輩として、色々相談に乗っていただいたんです。右も左もわからなくて不安な時にほんとに助かりました。Hさん、偉そうぶらずにいい人ですよね」
そうかなぁ、結構えらそうで、カッコつけな嫌な男なんやけどなぁ。女には態度が変わるんだろう。いずれにせよ、彼女の中でHの存在はかなり大きな位置を占めていることは認めざるをえない事実だ。
2軒目行く? と誘うと、「いきましょう!」と即決の彼女、お酒もだいぶ飲める口らしい。よーし、アルコールの力も借りて、攻めに出るぞ!
2軒目のバーでは、プライベートの話で盛り上がった。特に音楽の趣味が共通していたことが大きい。マニアックな話で盛り上がり、雰囲気もグッとフランクになった。
「河内さんにめっちゃ、シンパシーを感じます!」
難しい言葉で言われたけど、要はだいぶ仲良くなれたってことね。いいぞ、いいぞ。この調子!
「一緒にバンドやれたらいいよね」
「うん、やりましょう。絶対ですよ!」
なんか、Hなんて目じゃない気がしてきた。
「あー、お酒がおいしい! もっと、もっと飲みたいなぁ」
よし、よし。今日は早く始めたので、まだ9時半だ。3軒目いこか〜! なんか、初回で落とせる気がしてきたぞ!
「あ、でも帰って明日までの資料を整理しないといけないので、もう帰ります」
 腕時計を見るや真顔に戻った白石さん。
「ありがとうございました」と笑顔で帰ってしまった。うーん、あのテンションで突っ走れると思ったのになぁ。
翌週末、打ち合わせの後、再度白石さんを食事に誘った。「いいですね!」とすんなりOKの返事。俺と行くことを楽しいと感じてくれているのか、ただ気さくなだけなのかはわからないが、ありがたい。明日は休みだし、仕事を理由に早く切り上げられることはないだろう。今日はトコトンいくぞー。
楽しく時間が過ぎていくなかで、こちらとしても気になっていることを何点か確認することができた。彼氏はいるのか?

↓3年前に別れてからずっといない。好きな人はいるのか?
↓惚れっぽい性格だが、今はいない。好きな男のタイプは?
↓年上がいい。自分が甘えられる人。
そうか、それはよかった。じゃ、気になるHについてやけど、ぶっちゃけどうなん?
「Hさんは好きですよ。大先輩としてすごく尊敬しています。ときどきごちそうしていただいたり、公私ともにお世話になっている大切な人ですね」
うーん、ようわからん。男としてはどうなんや?
「あはは、そんなん、全然考えたことないですって。Hさんも私のこと女と見てませんからね」
Hに限り、そんなことはないはずだが、2人に男女の関係がないようで一安心だ。Hのことをべた褒めの白石さんだが、酒が入るにつれてだんだんHに対するトーンが変わってきた。
「Hさん、優しくていい方なんですけど、私のこと、ちょっと自分の会社の社員みたいに思われてるところあるんですよね。お世話にはなってるんですけど、そこはしっかり区別したいんです。むずかしいですよねぇ……」
なるほど、そういうことがあるのか。本音ではいろいろ不満もあるんやね。でも、俺にとってはチャンス! 今日もドンドン飲んで、仲良くなりましょう!
「ゴメンなさい、明日の朝早くって。今日はこれで失礼します」

食事の誘いには気楽につき合うものの、これからという時にさっさと帰ってしまう白石さん。なかなか一気に攻めるのは難しいなぁ。しかし、よくよく考えてみると、Hの不満にしても、俺を気持ちよくさせるために敢えて言っているような気がしなくはない。自分を気に入っている2人のオッサンを天秤にかけながら、仕事をサポートさせて、食事も奢らせる……。もしかしたら、白石さんはとんでもなくしたたかな女なのかもしれない。
1、古くから営業している老舗の恋人紹介業者です。事前に事務所に行ってプロフィールを登録したら、女性の写真付きプロフィールから好みの女性を選び、1人につき8千円で連絡先を教えてもらえるというシステム。現在、合計100名以上の女性が登録しているそうで、これが非常に使い勝手がいいんです。もちろんセックスしやすいという意味で。普通の出会い系サイトやアプリなんかと違って、女性たちはお付き合いするしないの前提でこちらと会ってくれるので、妙な駆け引きをしなくても「とりあえず身体の相性は見ておかないと」的なノリで、比較的簡単にエッチできちゃいます。しかも最近は人妻が増えていまして(ワリキリ目的も結構いる)、いい感じの素人人妻とセフレの関係になれたりします。関西の男性は登録しといて損はないと思います。旦那が必死で働いてる隣で、嫁はセフレ探しや月極めの愛人契約をしてるんですからひどいものです。ま、そんなシチュエーションだからこそ燃えるんですけど。
2、出会いカフェでお馴染みのモモカフェだが、その系列に人妻熟女専門店があるのをご存じだろうか?
その名も「モモカフェ熟」。今年の4月にオープンしたばかりだ。上野に店舗を構えるだけあって美熟女率が異常に高いので、月に2、3回通っている。ここは他の店舗と違い、受付でプロフィールを提出したら、個室で待機して女性が入って来るのを待つという珍しいシステムだ。特に先日トークした熟女はかなりのアタリだった。NHKの有働アナに似ているショートカットが似合う42才のOLさんで、トークルームで隣に腰かけた途端、いい香りが鼻腔をくすぐった。
「いい香りですね」
「ありがとう。もうオバサンだから気を付けてるのよ…」
「まだまだ、お若いじゃないですか!」
「フフフ、お世辞でも嬉しいわ」なんでも、ここに来るのは3回目らしい。旦那もいるのだがお互いの仕事が忙しくてレス状態なんだとか。初対面でも気軽に下ネタが話せるのは出会いカフェならでは
だ。30分ほど会話を楽しんでいると、彼女が言った。
「そろそろ、会社に戻るので失礼します」
ナント、昼休みに息抜きがてら来店していたらしい。熟女の体力恐るべし。
「もっとお話したいからさ、ライン交換しない?」
と、いとも簡単に連絡先を交換して別れた。こんなに楽しいところに行かない手はないでしょ。
3、この熟女キャバ、比較的良心的な金額のお店として知られている。巷によくある熟女キャバの女たちは、普通のキャバクラから転身したベテランの水商売女ばかり。が、ここのお店は一般職や主婦からの転身組、つまり普通の素人熟女がやたらと多いのだ。この差は大きい。ある程度の年齢を重ねたうえでキャバクラデビューしているので、初々しさに独特の遠慮深さがプラスされて、実にいい感じ。若い子がメインのキャバクラだと、新人ほどチヤホヤされるので口説き落とすのも難しいが、熟女の新人なら比較的ラクチンだ。
「本当に色っぽいですよね」などと軽くホメても、
「いやいや、私なんて…」という謙遜が本物っぽい。自信なさげで緊張気味、慣れてない様子がありありとわかるのだ。その手の新人嬢にターゲットを絞って口説きまくり、「どうしてもお姉さんに食事をご馳走したい」とアフターを迫れば、簡単に応じてもらえる。
バツイチさんやОLさんで、話を聞けば、男からしばらく優しくしてもらっていないケースが大半。2回目の指名で、ケーキなどの差し入れをすると驚くほど喜んでくれ、アフターはもちろん、プライベートの連絡先交換にも応じてくれやすい。ワインやシャンパンを抜くよりも安くて効果が高いので、ケーキ作戦はおすすめだ。
4、もっぱら合コンだ。合コンサイトを使い人妻と今も月に1回ほどの頻度で飲み会を開いている。合コンと人妻という、相容れぬように思えるこの組み合わせ。

実は簡単にセックスしたいならばこれ以上の方法は他にないんじゃないかと思われるほど相性がよい。ヒマだらけの学生やOLと違い、人妻たちは少ない時間をやりくりして合コンに出席するため、その意気込みたるや半端じゃない。楽しく飲めればそれでよし、とは考えず、常にヤルかヤラないかの二択で挑んで来ているのが手に取るようにわかるのだ。まさにヤリコン、まさに入れ食い。

ここでは僕の経験から導き出された成功法則を紹介しよう。きっかけ作りはやはりネットしかないだろう。知人つながりの合コンではないからこそ、無茶なこともできようというものだ。サイトは当然のことながら男女比率は極端に偏っている。どう差別化すれば合コン開催にまで至れるのか。

最初に検索機能を使って、相手を既婚者に絞るだけでもずいぶんライバルは減るだろう(なぜか、他の連中は既婚に手を出したがらない傾向にある)が、やはりプロフィールの作成には力を入れたほうがいい。攻撃するにせよ、ただひたすら待つにせよ、アピールポイントはここしかないのだから。
合コン人妻の目的は大きく2種類しかない。若くてかわいいジャニーズ系を食ってみたい願望か、旦那の愚痴などに付き合わせつつセックス面も満たされたい願望か。となればルックスで勝負できない我々のキャラ設定は、一緒に日常を忘れませんか?と仲間意識を誘うのが正解。

既婚者同士で飲みませんかという文句を軸に、自分たちは芸能人で誰に似ているか(5割増しで)、勤務先名(嘘でいい)お店はどこか(リンク貼る)、予算は幾らかを、具体的に記す。わいわい楽しく、盛り上げます、がっかりさせません、といった抽象ワードは、まったくイメージが沸かないので使わないこと。さらにここで考えるべきは人数問題だ。夕ーゲットの絶対数を確保しようと3対3かそれ以上を望みがちだが、僕は断固2対2をお薦めする。統計上2対2の場合、相手は2人とも不倫経験アリで、共にセフレ化可能だ。一方がユルいのに一方が固く、なんだかんだで結局2人とも帰っちゃったという最悪パターンは、こと人妻に関しては極めて少ない。人妻の友人関係というのは単純なもので、近所、学生時代、パート仲間など、それがたとえどんなつながりであれ、彼女らは開けっぴろげに男遊びを語れる間柄かそうでないかによって、付き合う相手を分けている。

合コンという場に2人きりで現れる友人となれば、開けっぴろげ仲間であることに間違いなく、片方を崩せば双方共に陥落する。これが3対3以上になると、異物が紛れてしまう。3人が親密な関係なのではなく、どちらか1人の友人が連れてきただけの数合わせだ。この第三者が「先に帰ります」などと、せっかくの流れを崩す場面に、僕は何度も出くわしたことがある。

内容/都内の事務機器の○○ってとこの営業マンやってる〇〇一郎、才です。顔は山本太郎系って言われるかな。2対2ぐらいで飲みに行こうよ。僕が呼べるのは会社の同僚か、学生時代の友達かな。

同僚は会社の後輩で、カッコいいというよりかわいい感じ。年上の女性にもモテるタイプだよ。学生時代の友達は美容師をやってて原宿っぽいファッションをよく着てて、ニット帽が好きみたい。髪形はいつも変えてる感じです。お店はカフエ・ゴージャスか、ビューティ・ブルーがいいと思う。写真が載ってるから、お店の雰囲気をチエックしてね。

合コンの開催が決定した時点で、目的の80%は達成されたも同然である。あらためて言うが、彼女ら人妻はかなり高いヤリ目度を抱いて参加しているため、よっぽど下手を打たない限りは、セックスに持ち込めるものだ。

とはいえ、やはり相手が人妻ならではの動き方はあるにはある。まず誰が誰を狙うのか決めておくべきなのは言うまでもないが、この場合、相手の好みに関しては一切関知する必要はなく、男側の一方的な取り決めでOKだ。スタート時から、わざとあからさまに、俺は○○狙い、俺は××狙いと表明し、とにかくホメてホメてホメちぎっておけば、積極的にアプローチされることに慣れていない彼女らは、わざわざその居心地のよさを放棄してまで自らの好みを優先しようとは考えないからだ。

即ヤリのために不可欠な工口系の話題を、どのタイミングで出すか?経験上、これは深く考えなくとも向こうから勝手に振ってくるものだが、もし固めの展開が続くようならば、質問口調にならぬよう、あくまで自分たち、あるいは他人の話題として口にしよう。
「こいつんとこ、セックスレスだからねえ」
「ウチのカミさん、浮気してるっぽいんだよね」
導入はこんな感じか。その後は、君と恋愛をしてみたいなぁという路線で攻める。不倫という言葉は暗いイメージが漂うのでNG。あくまで恋愛対象なのだと強調すること。自分たちがセックス目的なくせに、簡単にヤラせる女と見られることを極端に嫌うプライドの高さも人妻独特の特徴なのである。また、子供に関する話題は出さないように。彼女らにとって、旦那は他人に過ぎないが、子供は身内である。下手に顔を思い出させると、里心がついて、性的な方向へ進めなくなってしまうことも。

5、合コンに参加した時点で浮気願望アリということ。なので、話の早いセフレ探しの場ということになる。ちなみにこの日知り合った人妻さんは、後日、別の男性参加者が裏モノの記事を見つけて本人に教えてしまい、ひどく怒られることに。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内