SnapCrab_NoName_2021-12-18_9-24-5_No-00.png
SnapCrab_NoName_2021-12-21_9-34-16_No-00.png

人と人との接触を制限するコロナウイルスのせいで、出会い系はずいぶんやりにくくなってしまった。
だが、その一方で、「コロナのおかげで、逆にヤリやすくなった」という声も聞こえてくる。
ネットナンパの達人、Sai氏によれば、出会い系の現状は、ぜんぜん悪化していない、どころか、むしろ若干良くなったのでは? と感じているらしい。いったいどういうことなのか。本人に解説してい
ただこう。

8割の女性たちは、むしろ出会いに積極的

世の中にコロナが蔓延しつつある中で、出会い系の界隈でも大きな変化が起きています。
去年の4月ぐらいに、最初の緊急事態宣言が出たときは、かなりの閉塞感がありました。当時は、さすがに出会い系やマッチングアプリをやっていても、「今は会うのやめときましょう」っていうパターンが多かったです。
ところが最近になってくると、逆に以前よりも、女の子たちが出会いに前のめりになっているように感じます。
もちろん、看護師などの医療従事者や、老齢やご病気の方と同居してるような人たち、なおかつ倫理観が高い女性たちは、こういうご時世なので
「会うのはまだやめておきましょう」となります。でもそういう女性たちは全体の2割程度で、残りの8割の女性たちは、むしろ出会いに積極的なんです。
 おそらく「ガマンしててもコロナ減らないじゃん」という心理状態なんでしょう。女性たちのそういった気持ちの変化のおかげで、コロナはむしろ追い風になっているんです。
では、具体的にどんな追い風が吹いているのか。いくつかのパターンに分けて紹介していきましょう。

コロナのおかげ
最寄り駅呼び出し成功率アップ!

人混みとは無縁なので安心ですよ
女性とアポを取るとき、以前であれば、人が集まる大きなターミナル駅で待ち合わせた方が、女の子の警戒心が解けて良かったんですが、今は、逆に人混みが怖い。
なので、ローカルな駅、つまりは自宅の近くに呼びやすくなりました。
これはつい先日、某マッチングアプリでつながった、20代後半のデザイナーさんのケースです。
彼女のプロフィール欄には『コロナで気軽に会えないけど、いい人がいたらいいなと思って』と書いてありました。
まずは趣味やお仕事などのプロフに絡めてメールのやり取りをしつつ、食事に誘ってみますと、
『こういう状況なので直ぐには難しいかもですが、会ってみたいです。一緒にお酒飲んだりしたら楽しそう』
とのお返事。
会うのはやぶさかじゃないけれど今は無理、と慎重な物言いになってます。そこで、こんな返しです。
『不特定多数がいる繁華街やお店は怖いから、上手に三密避けながら、乾杯しましょうか! 実は今宵、知り合いが店長で、緊急事態宣言の中、頑張ってるお店があるので、お金使ってあげたいと思って。お一人さま飲みしようと思ってたけど、お供も楽しいかなと思ってました』
こんな感じで投げてみました。もちろん、この知り合いの店長さんがいる店というのは、自宅近くのお店のことです。
『お店はどの辺にあるんですか?』
『○○駅の近くです。ちょっとローカルな駅だけど、人混みとは無縁なので安心ですよ笑』
『では、せっかくなのでお供させてもらうかな(^ ^)』
これでアポ決定です。しかも自然な流れで自宅最寄り駅に呼び寄せることができました。
つまり怖がってる子でも、コロナについて配慮してますよ、というスタンスを見せれば、ちゃんと会えるんです。
「まだ8時か。これで解散じゃ味気ないね」
 自宅の最寄りの駅前に現れた彼女は、プロフ写真通りの、色白でおしゃれな感じの美人さんでした。目的のお店に行って、飲みながら楽しく会話です。で、緊急事態宣言のおかげで、お店が8時に閉まっちゃうので、すぐおあいそに。これも追い風の一つですね。
「まだ8時か。これで解散じゃ味気ないね。お店どこも開いてないし、人混みも怖いし…それじゃ、ウチでカンパイしてく?」
 この理屈が、めちゃくちゃ通りやすいんです。
 たいがいこの流れだと、2軒目で雰囲気のいいバーにでも行く? となりがちなのを「自宅で二次会」の流れに持っていける。時間とお金、両方のコスパが上がります。
 お部屋に連れ込んだあとは、コロナの心配もなし。いつもの流れで、ソファベッドに並んで座って、買ってきた飲み物なんかを飲んだりしつつ、無事に対局(セックス)となりました。

直家OK率アップ!
外で飲めないなら、家で飲めばいいじゃん

女性との対局を考えたとき、もっとも効率的な待ち合わせの方法は、直接、自分の部屋に来てもらうことです。
これも以前はハードル高めでしたけど、今はコロナが追い風になっています。
先月、某マッチングアプリでつながった営業職のアラサーちゃんのプロフィールは、野球観戦、ゲーム、ドライブが好きでお酒も好き。こんな感じでした。
いいねで始まって、『メッセージありがとうございます。お酒好きなんですね』と振ったら、『家族みんな飲んべえでw 友達と宅飲みもよくやってます』とのお返事。コロナのおかげで家飲みの楽しさに気づいたみたいです。
なので、僕も元々、おうち晩酌好きだったのが、コロナのせいで加速しましたよと、乗っかりつつこう続けました。
『外で飲めないなら、家で飲めばいいじゃんっていうの賛成です。もし今夜とか予定空いてたら、コロナ怖いし、色々買い出しして、僕の自宅兼オフィスでカンパイしちゃいます? 1人晩酌予定だっ
たので(^ ^)』
本来であれば、初対面の性と2人きり、というのはリスキーだけど、今は、不特定多数の人がいる場所の方が怖いよね、という理屈です。
『え、お誘いめっちゃ嬉しいです! でも、いきなりお家にお邪魔するのも緊張しちゃいますね… でもお会いしてみないと、実際どんな感じかわからないですよね。自宅どの辺なんですか?』
ほぼ成功と言えるけど、まだ微妙。踏ん切りがつかない感じです。そこで、こう返しました。
『お互いが「アリ」って思ったら、めっちゃマジメに口説きますよ。それまでは襲わないのでご安心を(^ ^)』
ま、コロナとは関係ないコメントですけど、これが決め手になりました。基本的に、女の子が部屋に来てから対局するまでの詰将棋は、いくつかバリエーションがありますが、詳細は省きます。一時間ぐらいエロ無しでおしゃべりしてから「お部屋を紹介するね」って感じで、ソファベッドのある部屋に連れて行って、イチャイチャトークからのヌルンヌルン(^ ^)
キャンキャンと子犬のようないい声で鳴く女の子でした。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★





夏のおすすめ動画

プロ仕様の最強媚薬


アダルトグッズが何でも揃う、大人のおもちゃ激安通販専門店


本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ