1_20210908085835d7b.jpg

他人に恥ずかしい姿をみられることで性的な興奮を得る。この難儀な性癖が目覚めたのは、私が大学生だったとき、サークルの先輩女性に粗チンを見られ、バカにされたのがきっかけでした。
屈辱と興奮が入り混じったあの感情を、うまく説明するのは難しいのですが、一度この喜びを知ってしまうと、なかなか抜け出せないものがあります。
私がハマっているのが、「射精管理」と「晒し調教」と呼ばれるもので、射精管理とは、読んで字のごとく、女王様に私の射精を管理してもらうこと。彼女の承諾なしには自由に射精することができません。私の中では、射精のお許しを頂いた瞬間が、興奮の最高潮だと思っております。
晒し調教というのは、私の顔や身体の写真などを、主にネットで晒してもらうプレイのこと。知り合いの女王様にお願いして、というか一方的に送りつけて、晒して頂きます。自分の情けない姿を他人様に見られていると思うと、たまらなく興奮してきます。
同じ性癖を持った人たちの中には、本名や住所、免許証や会社の名刺など、本当にすべてをさらけだしている剛の者もいて、身に危険が及ぶ可能性や、社会的な信用が崩壊するかもかもしれない恐怖さえも興奮につなげているようです。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★




夏のおすすめ動画


プロ仕様の最強媚薬


要らなくなったエロDVDはお金に変えよう!
アダルトDVD買取

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ