172_20211017105956c88.jpg173_2021101710595868d.jpg174_20211017105959902.jpg175_2021101711000268a.jpg176_20211017110003dd4.jpg177_202110171100041c3.jpg178_20211017110006e2d.jpg179_20211017110007150.jpg
今月も高田馬場のルノアールで編集長と打ち合わせ。
おっさん二人が窓の外をぼんやり見ております。
「もうすぐクリスマスやなぁ」
「ですね。クリスマスプレゼント何かくださいよ」
「何を言っとんねん。町田はFC2動画で儲けてるやろ! こっちがもらいたいくらいやわ! お前
は誰かにプレゼントをあげたりはせんのかい」
「昨年のクリスマスは、エンコー女にプレゼントしましたよ。佐藤さんが言ったんじゃないですか。
『エンコー娘にホワイトクリスマスをプレゼントする』みたいなやつですよ。セックスして顔射して、さらに立て続けにもう一回入れて顔射して、積もる雪のように〝ホワイトクリスマス〟したら喜んでもらえるのか? っていう」
「おぉ! なんかやったような気がするわ。で、どうやったんやっけ?」
「当然ながら喜んでなかったですよ。ダマテンで顔射したから、『これから彼氏とお泊りなのに!』って、すごい号泣してました」
「そうかー、でもその子には、一生忘れられんクリスマスになったんやないの?」 
そう言って、嬉しそうな顔でアイスティーをちゅーちゅー吸う編集長。みんなちゃんと理解してる? この連載を読んで「町田は鬼畜」とか言ってますけど、すべてはこの人の命令ですからね。国民投票で死刑にしましょうよ!
「次の企画はどうしようかなぁ。そういえば町田は、この連載で一番つらかったテーマってなんなん?」
「一番辛いテーマを聞いてどうするんですか? 二度とやりませんよ?」
「誰がやらせる言うた? ただ聞いとるだけやんか」 
……ニヤニヤ笑いおって。信用できないんだよ!
でも一番はやっぱりアレですよ。風呂に入らないでティンコを臭くして舐めさせたらどんな反応するのか?(『即尺嬢は、どの汚さなら断るのか?』)ってやつです。あのシリーズは、リアルに風呂に入れないので精神的にキツいんです。
10日とか風呂に入らないと日常生活に支障をきたすんですよ。
「あ~、あったあった。アレめっちゃ面白かったよなぁ。今まで何回くらいやったんやっけ?」
「チンコを洗わないのは2回。そのシリーズで玉袋のみとか、さまざまな部位を汚して風俗嬢に舐めさせましたよ。みんな異常なくらい咳き込んだり、泣きながら『一緒にシャワー浴びて下さい』って
懇願してきました。中にはあまりの臭さに小刻みに震えて、死んだ目のようになってました」
「ガッハハッハッハー!(笑)いやーー、オモロイよなー。臭いチンコをしゃぶらせた女ってなんであんなにオモロイんやろうなー」 
ルノアールの喫煙席中に編集長の笑いが響き渡る。まわりのおっさん客がこちらをチラリと見る。
もう慣れたよこの光景も。
「じゃあ2020年もそろそろ終わるし、またやっとくか。チンコや玉袋ばっかりやと芸がないから、足はどうや? 足を臭くして足指を舐めさせるんや!」
「いや、やりたくないですよ!っていうか足もやりましたよ!もういいんじゃないかな、そういうのは。同じ企画の焼き直しも読者に飽きられますし」
「何を言ってるんや? 前にやったときは風俗嬢にやったんやろ?今回はエンコー娘にやるんや! 完全に違う企画やないか! それにもうすぐクリスマスやぞ。臭い足を靴下に入れてエンコー女にプレゼントするんや。サンタ気分も味わえるやないか!」 
そう言って目を血走らせる編集長。ダメだこりゃ。お手上げだ。 と、いうことで今回の企画は
「エンコー娘に臭い足の指を舐めさせたらどんな反応をするのか?」です。
間違いなく「舐めない」か「激怒する」だと思うんですけどね。検証なんかしなくても。
ということで、まさかの「風呂に入らないシリーズ」が復活してしまいました。最悪です。
本当に普通の生活ができなくなってしまうのもあるのですが、今回はさらに厳しい状況です。
このシリーズは、過去に何度もやっていますが、あくまでも風俗嬢相手に行ってきました。いわゆる「即尺店」だったり、伝説のブスデブババア店「Sンキュー」だったりしたのです。 
そんな店で検証してきたわけですから、みんな咳き込んだり泣きながらも臭い足とかティンコとかを舐めてくれたのです。 
でも、今回はエンコー娘です。 いつも「は? こんなに長くする人いないけど? みんなすぐにイクから」とか「口内炎できてるからフェラとか無理なんですけど? プロじゃないんで。そういうの強要するならフーゾク行けって感じ~」と、舐めくさった金の稼ぎ方をしているエンコー嬢ですよ? 
足が臭かったら普通に「なめんのとか無理なんですけど~。風呂入って洗ってこないと帰るんですけど~」というに決まってます。いや、そんなイヤな感じのエンコー娘じゃなかったとしても、普通に「洗ってきてもらえますか? GO TO バスルームキャンペーン!」と言いますよ、はい。 
せっかく10日も足を洗わずに臭くしても「無理です」と帰られたら辛すぎます。
そこで、脳内に各方面の専門家の町田を集結。さまざまな角度から「どうやったらエンコー娘に臭い足をなめさせられるか?」というミッションについて研究いたしました。
こちらがその研究結果です!
【結論】=エンコー女なんて金でなんでも言うこと聞くんだから、金をプラスすればいい。はい。これです。最初は、口車専門家の町田が「募集の段階で『足の指を舐められる子募集』と言っておく」という意見を出したり、SM専門家の町田が「なんでも言うことを聞きそうなドMの子を選ぶべきだ」と主張していたりと、様々な意見が出たのですが、結局最後は全員一致で「所詮、エンコー女だろ? 金で一発じゃね?」ということで決まりました。これにて町田会議、終了! 
と、いうわけで、本日より足を臭くする日々に突入いたします。はぁ~~、気が重いなぁ。まず、6年前に足を臭くした時と同じように「足が臭くなる原因」について調べてみました。すると、「足が蒸れて、足の細菌が増えると足は臭くなる」のだそう。
足の臭いの正体は、この細菌!そうそう、たしかそんなだった!
と、いうことでここから10日間。
つねに足を蒸らしておく生活が始まりました。前回は両足臭くしたのですが、本当に辛かったので今回は左足のみにしました!
さて、前回もやったように、ケガをしてるときの入浴時のように、足をビニール袋でくるんでおく。
ほぼこの状態で過ごします。家にいる時間は、風呂から出てビニール袋を替えるときだけ外します。そして外に出るときは、昔から履いている革のブーツ。汗を吸わないように靴下は無しです。っていうか、このブーツ自身が相当臭い! でもさすがに取材やインタビューで外に出るときは、靴下を2重に履いて臭いをキッチリガード! で、帰ってきて靴下を脱ぐとかなりの勢いで臭さが倍増しています。すげーなー、これ。
……と、いうことで一週間が過ぎた頃には、相当の臭さになりました。ビニール袋を履いて、足首のところでガムテープでぐるぐる巻きにしているんですけど、ぷんわり納豆を放置しておいたような生激臭がにおってきてます。とんでもないレベルになった足臭さ菌が、ビニールとガムテープの隙間を縫って漏れてきているのでしょうか。目にくるね、これ。それに足が痒くてたまらない。水虫になってないか? 
これ。 そして、ここであることを思い出してしまいました。以前、キンタマを臭くしたときのこと。 
……なんだこれ? 自分で文字にして書いてみると相当頭おかしいな。なんだよ。「以前、キンタ
マを臭くしたときのこと」って!
まぁ、とにかく、キンタマを臭くしたときのこと。ティンコをラップに包んで玉と竿を輪ゴムで止めて生活をしていました。 
さらに風呂に入っていたとき、そのきんちゃく袋の中でしっこをしてみたのです。透明なラップの中はイエローで満たされ、ぷっくりとしたまるっこいイエローボールができました。さらに玉のシワの中に入り込んだしっこにより、最高に最低な臭いにレベルアップしたのです。 
……その記憶が頭の中に広がりました。
「やって、みるか……」 
毒を喰らわば皿まで。風呂に入り、足のビニールを開ける。 
ブァ~~~~~ン!!! 
風呂中に広がる異臭。目を細めながら、足のビニールに向けて、ティンコをセット。さぁ、行け!!!ジョロジョロジョロ……ビタビタビタビタビタビタ……。 
静かな風呂場でションベンがビニール袋の内側に叩きつけられていく。足に広がる生温かさ。ボクはいったいなにをやっているのだろう。
尿意が尽きると、そのままもう一度ビニール袋をふくらはぎのあたりまで上げ、その上からガムテープを巻く。 
ジャボっという音が足元から響く。まるで大雨に降られたときの長靴を履いているようだ。
二度三度、左足を振り、しっかりと足に臭いを染み込ませる。まるでタップダンス。左足から流れるのはタップ音ではなくションベン音だけど。 
いつの間にか鼻歌を歌っている自分に気づく。それは『雨に唄えば』だった。思わず苦笑する。 
3分ほどダンスを楽しんだあと、ビニールを外し、ションベンを捨てる。
若干、ションベンで洗われたのか、納豆の臭いが弱くなった気がした。 
そしてこのレベルアップ。ここからがまた辛いのです。そう、タオルで足を拭けないのです。しっかりと乾くまで空気乾燥させる。 
ひとり、風呂の中で左足のションベンを乾かす。今年の8月で46歳になりました。ちょっとだけ泣いた。そしてさらに1日後。とんでもないことが起こりました。 
それは風呂から出たときのこと。濡れた足のビニールを替えようと、片足で立ったままガムテープを外し、ビニールを脱いだ瞬間。腰をぐっと下げたため、足の臭さを直接吸い込んでしまったのです。 
蒸れた小便と魚の腐ったような臭いと納豆の臭いのスペシャルミックス! 昔じいちゃんの家にあった汲み取り式の和式便所、いや、歌舞伎町のゴミ溜め? いや、それ以上だ。こんな臭い体験したこ
とがない!胸の奥から「これ以上吸い込んではいけない!」と緊急警報。胸の奥から何かが上がってくる感覚。やばい、吐く!!? 
足をドン、と床に付き踏ん張る。なんとか吐かないように胸と喉奥にぎゅっと力を入れる。しかし次
の瞬間、コメカミの辺りにこむら返りを起こしたような突っ張りと激痛が走る。 
えええーーー!!!! ??? 痛い!!!!!えええーーー??? 
そのまま思わずガンッと膝を付く、両膝に全体重が乗り、さらに膝にも激痛!!!
マジか? なんだこれ?? 延髄がこむら返りを起こしてる!
生まれてからはじめて味わう痛み! 意識が飛びそうになる。こんな痛み知らないよ!!!
膝と延髄が絶叫している。なのにボク自身、声が全く出ない。罰だ! 
罰が当たったんだ! こんな恐ろしい殺人兵器を作って、それをよその家の娘さんに舐めさせようなんてひどいことを考えたから! これは怒りだ! 神の怒りだ! なにがエンコーのカリスマだ。おだてられて調子に乗っていたのか! あぁ、だからこのシリーズやりたくなかったんだよ!!! 
脱衣所の床で七転八倒しながら後悔した。後悔しても痛みは治まらない。無間地獄とはこういう苦しみなのか??? 
どのくらいの時間、心の中で泣き叫んだろうか。1時間にも5分にも感じた。 
やっとの思いで体を起こし、床に座る。口から大量のヨダレと鼻から青っ鼻が出ていた。身体中がギシギシと軋む。
痛みが引いたとたん、嗅覚が戻ってきた。あまりの臭さに、また吐き気が上がってくる。あわてて替え用のビニールを足にかぶせ、ガムテープでぐるぐる巻きにした。足を床に投げ出し、できるだけ鼻から遠くにしてみる。タオルで鼻を抑える。 
もういやだ。限界だ。 
まだ8日目だけど、もういいだろう。これ以上はボクの命が危険だ。さっさとエンコー娘に舐めさせて、全てを終わりにしよう。 
いつものように、出会いアプリでエンコー娘を探します。このときのことは頭がぼんやりしてあまり覚えていないのですが、正直、いつものルーティーン。きっちりと21歳の大学生カオルちゃんとアポっていました。
「お金に困っています」とハッキリと書いてあったので、金さえ積めば、この激ヤバ毒足もベロンベロンいっちゃうんじゃないでしょうか。ホテル代別の2万円です。 
と、いうわけで木曜日。夜の8時。新大久保駅の向かいでスタンバイしているボク。左足にはきつめの靴下を3重で履いております。ただ立っているだけで、こころなしか臭い気がします。あまりにあの臭いを嗅ぎすぎたから、鼻の中に記憶が残っているだけなのか? 
周りの通行人に気がつかれないか。超不安!
「着きました」 
スマホにメッセージが届きました。どれどれ、この毒足の餌食になるのはどんな子かしら? 
新大久保駅前の道路を渡りながら、あらかじめ聞いていた「ピンクのワンピースに黒い上着」という服装のカオルちゃんを探します。 
……いました。黒髪にマスクをしてスマホを見ながら駅の柱に寄りかかっています。
「すいません、カオルさんですか?」「あ、はいー」
マスクごしに目が笑う。こんな愛想の良い子なのに。今から死への恐怖を感じることになるのだ。
まるで、殺人兵器が完成し、なんの罪もない一般市民に試しに使ってみようとするマッドサイエンティストのような心境です。 
そのまま、駅からアウシュビッツに向かう。徒歩1分のホテルへ。
1階の奥の部屋だ。ガス室の扉を開けて、カオルちゃんを中にいざなう。 
バタン。 扉は閉まった。そしてそれは殺戮ショーの始まりの合図だったのです。
「新大久保はよく来るの?」
「あ、1回だけ。友達に韓国好きな子がいて、つきあいで来たことあります」
「そうなんだ。いつもはどこらへんで会ってるの?」
「住んでるのが渋谷のほうなんですよ。だから渋谷か恵比寿が多いですかね」
「お金ないって書いてたよね」
「あ~~、そうなんですよ。大学、奨学金で行ってるんですけど、高いから3年でもらうのやめて。今、少しずつ返してるので、自由になるお金がなくて。コロナの影響でバイトもあまり入れなくて。実は今月のスマホ代がなくて、このままだと数日後に止まっちゃうんですよ」
「なるほどね」
「あと、今月末、友達と旅行に行こうって話をしてて。GO TOキャンペーンで安いし」 
そんなふうに会話しながらも、あきらかにあの臭いが少しずつボクの嗅覚を刺激しています。カオルちゃんは気づいていないのかしら? 
ベッドに座っていたカオルちゃんを立たせて、抱きしめてキス。口がポッと開いて、舌がすべりこんでくる。ちゅーちゅーと下を吸ってくる。こりゃあエンコー慣れしてますねぇ。エロー。 
そのとき、なんとなくボクは、ちょっとホッとしていた。もしこの子が初エンコーで、親の病気とかでお金に困り、右も左もわからず援助交際の世界に飲み込まれていったのなら、罪悪感がすごかっただろう。でも彼女は友達と遊びに行く金がほしくて、ルーティーンになっているエンコーをしているのだ。この舌の吸い方からもそれはあきらかだ。 
もちろん彼女に罪はない。しかし、罰を受けても仕方のない人間なのだ。 
ボクは心の中でそう思おうとしていた。罪悪感に潰されないために。 
……スン。 不意に、ディープキスをしていたカオルちゃんが、鼻を鳴らした。
……まさか、臭いに気づいたのか??
キスをやめて、距離をとる。危ない、近づきすぎた。 
しかし、ある程度は近づかないわけにはいきません。ここでいきなり靴下を脱いで臭いを解放させて「舐めて?(にっこり)」とか言ったって「いや無理です! 帰ります!」と逃げられるのがオチです。ここは、ある程度向こうのムァンコを触ったり、フェラさせたりしながら気持ちを乗らせておいてからの靴下を脱いで「舐めて ?(にっこり)」じゃないと。いくら「プラスするから!」と金をちらつかせても、帰ると決めて振り返ってしまった女を引き止めるのは難しいですから。ということで、まずはボクがベッドに座り、カオルちゃんを立たせた状態でワンピースをたくしあげ、パンツの横から中指を入れます。くっと、中指の先に力を入れる。
「……ん…………」 
小さな声。いいじゃないか。指先がじんわりと濡れていくのがわかります。感じやすいようです。さらに指先を小刻みにじゅくじゅくコスる。
「……あぁ……ん………」と、小さな声が少しずつ大きくなっていきます。 
3分ほど指マンをしたところでベッドの横に座ってもらいます。ズボンを腰まで下ろし、上着を脱ぐ。
「じゃあ、乳首を舐めながら、手でおちんちんをシコシコしてごらん?」
「…………はい」 
良いお返事! 右の乳首をペロペロ、ちゅーちゅー。右手でティンコをシコシコ。いいじゃない。できるだけ左足を遠くに投げ出しながら手コキされる。すっかりティンコはでっかくなってしまいました。そのままカオルちゃんの首のあたりを押さえて、すっとティンコの方に向ける。すると、誘われるまま顔がついてきて、そのままティンコをカプリ。 
ジュバッ、シュボボ、ブチョッ……。 唾液たっぷりのフェラ。上手い! 
これは相当の数、セックスしてるぞ。
「じゃあ、服を脱いでごらん」 
たっぷりとティンコを舐めさせた後、ワンピースを脱がせると、下からバイーーンとおっぱい。え??デカくない???
「あ……、Gあります……」 
G???なにそれ! デカすぎじゃない?? 
1ヶ月早いクリスマスプレゼントかしら?ブラをズラすと、濃い色の乳輪と乳首。こりゃあ相当の男たちにしゃぶられてきたんじゃないの?
「あの……実は、1ヶ月くらい、おっぱいパブで働いてました……えへへへ」 
やっぱり!!素人じゃないと思ってたんだよ!!っていうか風俗は?
「風俗はやったことないです。おっぱいパブも、1ヶ月くらいいましたけど、出勤は5日くらいなので……」 
正直、本当は風俗をやっていようが、おっぱいパブ1ヶ月が本当かどうかなんてどうでもよかった。
もうボクの心の中には、罪悪感という影はほとんど残っていなかったのだ。
だって、金のためにエンコーどころか、お店で働いていたんだもん。性業界の片棒を担いだ時点で、
「かわいそう」なんて気持ちは薄れてしまうよね。それが男の本音。
全裸になったカオルちゃんに合わせて、ボクもズボンを脱ぎ、ボクサーパンツと靴下だけの姿になりました。さぁ、いよいよショータイムの始まりです。
「じゃあ、俺、横になるから、キスから始めて、身体中、全部を舐めて?」 
そう言って、ベッドに横たわる。さすがに左の靴下3枚重ねは怪しすぎるので、上の2枚をさっと脱いで丸めてベッドの下に落とす。
「……はい」 
小さく、そう言いながら、寝ているボクに覆いかぶさってキスをしてくる。舌が絡む。 
……ぶぁ~~~~ん。 
あっという間に部屋中が、あの臭いに包まれた。しまった! 
やっぱり靴下1枚じゃ防御しきれなかったか! 
ピタっとキスが止まる。キョロキョロするカオルちゃん。
「……あの……」
「ん? どうしたの?」
「なんか臭わないですか?」
「そう?わかんないな」 
わかんないわけがない。確実に臭い。前日、脱衣所で倒れたトラウマが蘇り、身体中がゾクッとする。身震い? いや震えている。リアルに腕に鳥肌が立っています。
スンスンと鼻を利かせつつも、刺激臭に耐えられないのか、人さし指と中指の関節を鼻にあてるカオルちゃん。
「……え、なに?」 
まるで警察犬のようにベッドの上からまわりをキョロキョロと見回しています。 
くそ、理想はキスから乳首、腕、ティンコ、太もも、膝、そして足、といったところで靴下を脱がさせるときに「あれ? 靴下の中に何か入ってる!サンタさんからのプレゼントかもよ?出してごらん?」で、出した瞬間、そのまま卒倒! メリークリスマス! みたいな展開が好ましかったのに! 
さすがにションベンで煮詰めた左毒足。靴下を履いててもほぼ意味ないくらいに臭っています。 
こうなったらバレるのは時間の問題です。仕方ありません。種明しの時間だ!!
「カオルちゃん」
そう言って、起き上がると、左の靴下に手をかける。
「さっき言ったよね? 身体中、舐めてって。で、カオルちゃんは『はい』って答えた」
「……え、はい」
「そう、ありがとう。その一言、嬉しかったよ」 
まるで怪盗が探偵に追い詰められ、自らの犯行の真相を語るがごとく、ボクは靴下を脱ぎながら微笑んだ。
「舐めて?(にっこり)」 
足を思い切り、カオルちゃんの方に向ける。「あれ? 靴下脱いでも同じくらいの臭いじゃない?」と思った次の瞬間だった。 ブアァ~~~~ンン!!!!! 
〝臭い〟が解放された。ゲーホッ!ゲホッ!ゴォエッホ!ゲホゲゲホッ!!! 
カオルちゃんが咳き込む。オーゲホッ!!!ゲホッ!ゴォエッホ!ボクも咳き込む。
「ゲホッ!ゴッホ!フゥー、……ほら、舐めて、よゴォエッホ!」 
フゥー、フゥー、と息を整えながらも咳き込みが止まらない。またコメカミが疼く。
「……なんで、すかゲホ!!ゲゲホッ!!!なんおにおいですゲホゲゲホッ!!!」
お互い涙目だ。なんだ? ボクはこのガス室で心中しようとしたのか?
「ゲホ! ゲホッ!! とにかく舐めてよゲホ! 」 
そういうボクに、先ほど脱いだピンクのワンピースで鼻と口をふさぎ、ベッドから降りるカオルちゃん。部屋の扉に背中をぴったりと付けて言う。
「いや、無理です!!!」 
力強く言った!!!! ボクも先ほど脱いだTシャツで口と鼻を抑える。
「……足の指、1本1本、しっかり舐めてくれたら、1本につき、3千円あげるよ。セックス代2万円に、3千円×5本で。全部で3万5千円だよ?」
「無理です!」
「じゃあ、1本5千円だ! 合計、4万5千円だよ!」 
4万5千円。その言葉に、カオルちゃんの動きが止まった。
「一回舐めたら、足、洗ってくれますか?」
「いいよ。1本少なくとも30秒は舐めるんだよ?」 
このやりとりにボクは、人間の欲望の境界線を見た気がした。 
じりじりとベッドに近づくカオルちゃん。ボクはベッドの上に乗り、左足だけ投げ出している。
小刻みに震えながら、ベッドに四つん這いで乗り、左足に近づいてくる。
顔と足の距離が50センチまで近づいた。おそるおそる、ピンクのワンピースを顔から離し、口を開く。唇が震えている。
その口がゆっくりと足の親指に向かっていく。いくか! パクリッといくか!
「オォォォウェエエエエエ!!!!」 
ダメだーーー!!!(笑)まるで断末魔のような声をあげそのままトイレに駆け込むカオルちゃん。
「オエエエーー! ゲホッ!!ゴォエエッホ!!オォオオエエエ!」 
あの日のボクのように、空気を思い切り吸い込んでしまったのだろう。断末魔は数分続いた。
まぁ最初から結果はわかっていましたが、「舐めてくれない」というのが答えでした。さらに「具合が悪くなった」でした!
この「体を洗わないシリーズ」。マジな話をすると、ボク自身も汚すことに本気になっちゃうんです
よね。ちなみにカオルちゃん、体力が回復するまで30 分くらい寝込んでいました。一応、足を洗ってセックスしましたが、完璧には臭いは取れませんでしたとさ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


タグ