2020年08月の記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

月別アーカイブ:2020年08月

【エロ漫画】女性に教えたいフェラチオの裏技テクニック・上手いフェラの方法とイカせるコツ

上手いフェラの方法エロ漫画上手いフェラの方法エロ漫画上手いフェラの方法エロ漫画上手いフェラの方法エロ漫画上手いフェラの方法エロ漫画上手いフェラの方法エロ漫画上手いフェラの方法エロ漫画上手いフェラの方法エロ漫画上手いフェラの方法エロ漫画上手いフェラの方法エロ漫画上手いフェラの方法エロ漫画上手いフェラの方法エロ漫画上手いフェラの方法エロ漫画上手いフェラの方法エロ漫画上手いフェラの方法エロ漫画上手いフェラの方法エロ漫画上手いフェラの方法エロ漫画上手いフェラの方法エロ漫画上手いフェラの方法エロ漫画上手いフェラの方法エロ漫画上手いフェラの方法エロ漫画玉を口に含んだりキンタマ袋を舐めたりペニスの部位別の舐め方のポイントは漫画の通り。
エロい音がしっかり出る舐め方や焦らすフェラも気持ちいいしディープスロートフェラまで覚えればもう完璧だ。

【エロ漫画】エッチな場所に連れて行けばセックスできる?初デートでお金をかけずにエッチをもくろんだものの・・・

お金をかけずにエッチエロ漫画お金をかけずにエッチエロ漫画お金をかけずにエッチエロ漫画お金をかけずにエッチエロ漫画お金をかけずにエッチエロ漫画お金をかけずにエッチエロ漫画お金をかけずにエッチエロ漫画お金をかけずにエッチエロ漫画お金をかけずにエッチエロ漫画お金をかけずにエッチエロ漫画お金をかけずにエッチエロ漫画お金をかけずにエッチエロ漫画

オナニーを他人に見せる快感!相互に性器を見せつけるオナ見せにはまった私

オナ見せオナ見せオナ見せオナ見せオナ見せオナ見せオナ見せ見せ合い
女性を欲求不満状態で放置したら本気オナニーしてました
出会い系で知り合った20才の真由美を自室に連れ込んだ。顔は70点、なかなかスタイルのいい大学生だ。しばしまどろんだ後、いつものようにベッドイン。スカー卜だけを脱がしパンティの隙間から挿入する。
「ぃゃだぁ」
「ほら、入ってるよ」
「真由美ちゃんエッチだね」
「いゃだアッ」
そっとピンクロー夕ーを手渡し、自らクリにあてさせる、これ結構効くのだ。
バックになるや、真由美の声が大きくなってきた。ヴイ—ン
「すごく濡れてるね」
「うん」
「気持ちいい?」
「うん、ああっ」
「イキそう?」
僕はスキン内に射精したフリ
「ごめん、先にイッちやった」
すかさずペニスを抜き、さっさとシャワ—室へ消える。名づけて、欲求不満ほったらかし作戦だ。もうすぐイキそうなときに、置いてきぼりにされた真由美。手にはピンクロー夕ーさあどうする。
シャワール—ムではわざと大音を響かせ、すぐには部屋に戻ってこないことを意識させた。
およそ20分後、部屋に戻ると、真由美は何食わぬ顔でベッドに横たわっている。
実はエッチが始まる前からすでにウェブカメラをオンにし、ディスクに保存するよう設定してある。
体よく彼女を部屋から追い出し、パソコン前へ。さあどうだ、あの20分間、本当にお前は横たわっていただけなのか?いざ動画を再生
画面内では2人が絡み合い僕の姿が画面から消えた。真由美は一人でうつぶせにへたり込む。数十秒後、じつとしていたがだんだん腰が浮いてきた。これは!最大に盛り上がったところで、女を欲求不満にさせたまま放置、彼女の手がモゾモゾ動き、本気オナニーの撮影に成功しました。
風俗嬢や援交オンナではなくシロート女性にオナ見せしたい願望がある男

風俗嬢や援交オンナではなく、見知らぬシロート女性にオナ見せしたいとの願望がある。が、これがなかなか難しい。

変態の巣窟「ナンネット」や「したらば掲示板」などを覗けば、男のオナニーを見てやってもいいという女の書き込みがあるにはあるが、メールを送ってもまずスルーされてしまうものだ。

自分から相手を募集したところで結果はやはり同じである。そんなわけである日、ナンネットの「見たい女」掲示板で、苦し紛れの書き込みをしてみた。
「オナ見せ願望のある中年男ですが、これまで一度も相手をしてくれる女性に出会えたことがありません。だからせめて、他の男性のオナ見せ体験談を読めればと思ってます。どなたかいらっしゃいましたらよろしくお願いします」
これに対し、数々のアドバイスや小バカにした書き込みが続くなか、1件、想像もしなかったメッセージが紛れ込んでいた。
「何だか大変そうですね〜!僕の嫁でよかったらオナ見せしてみます?興味あればメールください」
な、何だって!?半信半疑で連絡を取ったところ、あれよあれよと話は進み、後日、私は願望をあっさりと果たすことに。30代のヤング夫婦とラブホに入り、ややポチャ巨乳妻の目の前で、思う存分、シコってやったのである。

かくして、正解は見つかった。オナ見せしたければ、卑屈でみじめなダメ男を演じればいいのである!変態カップルにとって、そんなどうしようもない男は、優越感を抱くに格好の相手であり、ただ見てやるくらいならと、上から目線でお付き合いしてくれるのだ。

俺の女が見てやるからせいぜいシコってくれよ、ダメ男くん!ってなもんか。この分析の正しさは、あっさり二度目の成功を収めたことで完全に証明された。オナ見せ相手がなかなか捕まらないというアナタ、真似してみてはどうだろう。

ひとつ、紹介させてもらいたいオナニー法がある。ビクンビクンオナニーというやつだ。やり方自体は簡単だ。肛門に力を入れると、勃起したチンコがビクンビクンと動くのは知っていると思うが、オカズ動画を観ながら、あの行為をとにかく何度も繰り返すのだ。手を一切使わずに。姿勢は、イスに座った状態がベストだろう。注意点としては、機械的にビクンビクンさせてるだけではいけない。ケツに力を入れつつ、チンコの根元を筋肉で締め付けるように意識を持っていくのだ。ちょっと感覚的な話になるが、ケツに入れた力をそのまま股間の方まで届ける感じだ。わかるだろうか。とにかくそうやっていると、ビクンビクンするたびにチンコの根元あたりがだんだんと気持ちよくなってきて、最終的には精子がドクドクと出るのだ。このビクンビクンオナニーの特徴は、手を使わず射精できることだけではない。通常のオナニーとは異なる射精感が味わえるのだ。快感がジワ〜っと体全身に行き渡り、何ともハッピーな気分に浸れるというか。ある程度の訓練は必要だが、マスターすれば確実にオナニーライフは充実する。
オナニー見せるの大好きな女
あるグラビア誌からカップル喫茶とスワップパーティの潜入取材を依頼された。なぜ俺に、と思ったが、スワップには年配のほうか有利でしょうと編集者はいう。謝礼は出すので女は調達してほしいとのことだ。困った。「テレクラ250人斬り日起なんて本を書いたのでセックスフレントの5人や10人はいるに違いないと誤解されるが、俺にそんな女はいない。テレクラ女とはあくまでー回主義だ。というと、いっぱしのナンパ師のセリフみたいで力ッコいいのだが、現実は違う。女と会ってホテルに入るまでは乎身低頭リップサーピスにこれ努めるが、行為が始まると「お尻の穴紙めてよ」とか
「もっと締まんないの」と要求だけは百人前。そのくせ女にはサービスしない。さらに中折れ3分発射でテポドン。こんな調子だから、また会ってね、という女は皆無に等しい。しょせん、俺は一時的に心のビョーキに陥った女の弱みにつけ込んでセックスを強要するだけのセクハラナンパ師なのだ。さて取材に同行する女はどうしようか。「行くだけでもイヤー」と一蹴され、年に数回会う人妻からは「犬や猫じゃないんだから」と断られた。なにいってんだ、ホテルに入れは盛りのついたメス猫まるだしだっていうのに。しかたなく、誰かはOKするだろうと、これまで携帯番号を教えてくれた11人の女に電話をかける。が、結果は無残。驚いたことにその大半が番号を変えており、唯一つながった30代半ばの女には、子供が生まれたばかりでそれどころじゃないと断られた。
俺はザッピングを思い出した。用語辞典では「テレビのチャンネルを次々に変えながら見ること。リモコン操作が生み出した行動様式」とあるがへごれはそのままテレクラ女の感覚に当てはまる。彼女らにとって、男はテレビ番組みたいなもの。気に入らなかったらガチャ切り、スッポカシはあたりまえ。携帯番号を変えたのも、それまでの番号でコミュニケーションをとっていた男たちとの時空を突然捨てたくなったのだろう。手軽にできる失腺、とでもいうべきか。結局、力ップル喫茶については、以前取材で知り合った若い女性に頼んでことなきを得た。
女はミスドの前に立っていた。身長150センチくらい。キュロットスカートに黒のカットソー・
丸顔のショートカットに真っ赤な口紅のプチブス女。どうみても場末のスナック女だ。が、大きい目と尻の張りが欲情させる。胸も使えそうだ。
「エミさんですか。さっき話していた人は私の友だちなんですへでも急用ができちゃって…それで来
たんです」女はだらけた笑いをした。
「ホントですかぁ。もしかして私嫌われたのかな」
考え込んでいる女。嘘はさらに続く。
「エミさんって私の好みなんですよ。つきあってください。お願いします」
彼氏は自動車修理工場の社長とか。ワンピースからのぞく足は関東イモ系だが、色が白くてグッド。黒のパンツのアソコもふっくらしていて気持ち良さそうだ。ホテルに入りパンティを脱がすと、毛が剃ってあった。
「あたしの家系って濃いの、水着になったらヤバいじゃん」
この女が江ノ島の海に浮かんでいたら、まるでタコ坊主かクラゲだ。クラゲ女はワンピースを脱ごうともせず、無毛の陰唇を開いて俺を挑発する。
「これいいなぁ。パイパンのあそこって見たの初めてなんだ。千円出すからエッチ撮らせてよ」
「あやしい」「ヘンなことしないって」「そんなにキレイ?」「うん、しゃぶりつきたいほど」
「しちゃおうか」女は部屋のミラーに裸身を写し
「子供みたい」とはしゃいでいる。「早いから、本番やる前に撮っていい?」
キス、フェラ、尻祇め、後背位、正常位、ひと通り撮ったあと女が聞いた。
「この写真どうするの?」「自分ですると気持ちいいから」
「自分でするのぉ?エッエッ見たいな」
俺は女が見ている前で客がオナニーする六本木のオナニーパブのことを話した。
「あたしもやってみたい」
お前みたいなタコ、断られるに決まってるだろ。
「見せるの大好き。海で寝そべってて、足拡げてるとみ凡な見るじゃない。すっごく感じる」
女は自分でクリトリスを触りカメラに笑いかける。俺も片手でペニスをしごき始めた。
相互・見せ合い・オナ見せのプチ援女は素人だ
出会い系サイトで『オナニーの見せ合いしませんか?』などという変化球なプチ援女をたまに見かける。なぜ手コキでもオナ見でもなく、相互オナニーなのか。
 エッチまではしたくないし、フェラもちょっとイヤ。でも小遣いを稼ぐには見るだけじゃ厳しい。やっぱり男の人に喜んでもらわないと。そうだ、オナニーを見せあいながらシコってもらうのはどう
かな?
少なくともオレが出会った相互オナ女神たちの多くは、こういった考えから募集をかけたと言っていた。ちなみにこれはオレの主観だが、このプレイを提案してくる子は、ワリキリ娘の中でもそこまでスレていない、限りなく素人に近い女子が多い。
 この相互オナニーは実際にやるとなかなか楽しい。こちらが触るのではなく、女の子が自分でアソ
コをイジるもんだから、感じている表情や声が妙にリアルなのだ。そいつを見ながらシコると、かな
り興奮できる。
 各種出会い系サイトで、『相互』『見せ合い』『オナ見せ』といったキーワードで検索すれば見つけられるはずだ。相場は、場所代別で5千円程度か。
スカイプ占い師に射精の瞬間を見せつけてやる!
スカイプを使ったオナニーといえばエロイプ遊びが定番ですが、最初からエロ目的の女どもとスカイプをしても、それなりの興奮しか味わえないものです。そこで僕が提案したいのが「スカイプ占い」です。最近の占い師さんは実際に対面せず、電話やスカイプを使って遠隔で占ってくれるんですね。ネットで「スカイプ占い」で検索すれば、専門ポータルサイトや個人で宣伝してる女性占い師がいくつかヒットするので探してみてください。サイトに登録してカード決済すればすぐに始められるので、占い師さんの写真を見て、美人な方を選んで申し込みます。
いざスカイプが始まれば、普通の占いと中身は変わりません。生年月日などの情報を伝えて占ってもらうわけですが、こちらはズボンを脱いで勃起チンコをシコりまくっています。微妙に振動しているので怪しまれますが、こちらはあくまでも客、途中で通信を止められることはありません。シコシコしながらフィニッシュが近づいてきたら、最後の締めに向かいます。
「実はもう一つ悩んでることがありまして」「なんでしょうか?」「ココが苦しいんです」
そう言いながら勃起チンコをカメラの前に出して思い切り射精するところを見せつける。絶句する美人占い師さんの顔を見ながらの発射は最高の瞬間です。ちなみに、料金は20分2千円程度なので、ズリネタとしてはお手頃ではないでしょうか。
オナ見せにはまった私
自分のオナニーを女性に見せる、そんなもんどこが嬉しいのやら。マスをかくのは自宅でのみ。オナクラなんぞに行くヤツの気がしれない——。
そんな岩のよぅに硬い心も、崩れ落ちるのはほんの一瞬だ。都内の某アロママッサ—ジ店に行った。
全身ぬるぬるマッサ—ジで、最後は手コキでフィニッシュ。ホームページの作りや料金から、そんなシステムだろぅと勝手に予想してのことだ。実際その手の店は最近とみに多いのだ。
指名したのはスラリとしたモデル体型の真由美。元エステテイシヤンで、まるで顔は常盤貴子のよぅだ。プレイル—ムは天井部分が空いた半個室で、清潔感にあふれていた。私はトランクス一丁になってベッドへ横たわった。真由美の柔らかな手が、まずは顔をなで始める。
「気持ちいいですかぁ?」
手の指から足の先までオイルを使った全身マッサージが続く。心地よすぎて眠ってしまいそうだ。残り時間も押し迫ったころ、太ももマッサ—ジをしていた彼女の手が、徐々に徐々に股間方面へと近づいてきた。やがて指はトランクスの隙間へ。全身の血行がよくなったせいか、こんなことでもペニスは完全勃起である。テントの先端にガマン汁が染み渡りそうな勢いだ。指はときおりタマタマにさ覚めた私。
エッチなお店じゃないんです。
すらりと触れそのたび体がピクピク反応する。もう駄目早く手コキしてくんちえ〜。声も絶え絶えに訴えかけたところ、なんと真由美ちゃん、しらっと言うのだった。
「はい、これで終了です」
なんですって? シコシコしてくれないの?
「そういうエッチなお店じゃないんですよぅ」
てことはあくまで健全なマッサージってことなんでしよか。タマタマ触っておいてサヨナラ?それで80分1万5千円もするの?このまま服を着るべきか、ダダをこねるべきか。勇者の行動は後者だった。
「もう駄目だ。自分でするよ」
私はおもむろにトランクスを脱ぎ血管の浮き出る息子を解放。右手を添えて動かし始めた。
「じやあ少し外に出てます」
うつむきながら部屋を出て行こうとする彼女を、私は制した。
「出なくていいよ、ここでちやんと見てなさい」
よくこんな台詞が出たものだと我ながら感心する。神様が言わせてくれたのだろうか。まあいい。ともかくこのとき私は気づき始めていた。オナ見せは、してはいけない場所で、見せてはならない相手の前でならば、比類なき興奮を生むことを。きびすを返した真由美は私の脚の間に座り、太もも付近
をさすりながら我が手の動きを赤面しつつ凝視する。シコシコシコ。そうだ、ちやんと見なさい。シコシ、コシコ。ほらこんなに充血してるでしょ。シコシコシコ。もうすぐ出るよ出るよ!
彼女の表情がまた良かった。脅えるでもなく、小バカにするでもなく。鳩が豆鉄砲を食らったような、という陳腐な表現は似合わない。初めての動物と対面した子供の、戸惑いと喜びの混じった顔とでも言おうか。エステに通っては、土壇場でオナニ—を見せる強攻策に打って出た。店の探し方はさほど難しくない。アロマエステ、リンパマッサージといったキーワードで検索し、電話をかけてヌキがあるかどうか尋ねるだけ。ヌキ有店は正直に答えてくれるものだ。むろん、普通に手コキされたい気分のときはヌキ有店へも足を運ぶが、オナ見せに目覚めた私が選ぶのはもっぱらヌキ無し店だ。ならば最初からオナクラに行けばいいじやないかというツツコミは、あまりに的を外していて笑ってしまう。先ほども書いたように、見せてはいけない女性の前だからこそ私は興奮するのだ。見ることが前提で働いているオナクラ嬢など相手にしてやるものか。どうせ表情なんかも作ってるんだろうし。
さてこのオナ見せ相手が相手だけに、顔をそむけてしまうコや距離を置いてしまうコもいるが、そんなとき私は決まって言う。
「ちゃんと見てなさい」なぜ先生言葉なのかはよくわからない。お願いすると断られそうで、命令口調も偉そうで。結果、自然とこうなったまでのことだ。最高だったのは渋谷の某エステ嬢だ。右手の動きがスピードアツプするにつれ、彼女までもが赤面しつつ息をはぁはぁさせるのだ。初めて目にしたんだろなぁ、男のオナニ—。ふふふ。見るぐらいなら彼女らも強い抵抗は見せない。これまで5人にトライして、拒否されたのは一人だけ(店長を呼びますよと怒られた) 。今後も清楚なオナゴたちに見せ続けるぞ〜。

米軍基地周辺の歓楽街でのナンパは日本人女性だけでなく男性も楽しめる?

50_202008310933503df.jpg51_202008310933514a1.jpg52_20200831093530987.jpg53_202008310933541e6.jpg54_20200831093355055.jpg55_202008310933570b3.jpg
酔っぱらって学生に暴行を働いたり家に不法侵入したり、連中がなぜ悪さばかり起こすのかさっぱり理解できない。軍隊生活でのストレス?いやいや、そんなことは無いはずだ。だって彼らには憂さ晴らしのための娯楽がたくさんあるのだから。
特にスゴイのが沖縄の各基地周辺に点在する歓楽街だろう。普通のちょんの間はもちろん、バンコク名物のゴーゴーバーや連れ出しディスコまで揃っており、日本にいながら外国情緒を堪能できるまさに天国のよぅな場所。
かつて、その手の店は米兵の専用だったが、現在は不況のあおりを受けてか、日本人でも自由に遊べる(もっとも見かけることはほとんどない)
最初にご紹介するのは、国内唯一のゴーゴーバーだ。
場所は、歓楽街ハンセンのすぐ側。多少の英語力が必要だ。料金は15分3千円と破格。店内はキャバクラを少し広くした程度で、奥のステージではビキニ姿のアジアンギャルがクネクネと腰を振って踊っている。
なんでも彼女たち、遠くフィリピンから出稼ぎにやってきているらしく、なかなかの粒ぞろい。歳もみな20代半ばで、ガッカリするような年増は一人もいない。ここでの遊び方は、まんまバンコクのゴ—ゴーバ—と同じだ。酒を飲みながら、ダンサ—たちをじっくりと物色、気に入ったコがいたら気軽に声をかけるだけ。
肝心のサ—ビスは、可もなく不可もなくといったところか。情が厚いと言われるフィリピン人でも、さすがに売春を生業にしている彼女たちの、接客態度は、他の風俗嬢同様ビジネスライクだ。
続いてのご案内は、連れ出しディスコ。どの店も看板を出さないので、日中は場所を探しづらいが、夜にもなれば、目の血走った米兵か建物の入り口でタムロしている。注意していればすぐわかるハズだ。この連れ出しディスコの利点は、なんといってもアメリ力娘と遊べることだろう。
むろん、店内にはフィリピン娘はもちろん、地元民と思われる日本人ギャルの姿も見受けられる。ゴーゴーバー同様意気投合すれば、朝までくんずほぐれつなんて状況がたまにある。むろん、料金は最初に支払った一時間分だけだ。
カテゴリ
タグ

まるで婚活酒場・男女の仲を取り持つマスターのいる居酒屋はどうやって出会いをセッティングしていくのか

0232_20200829133732321.jpg0233_20200829133734533.jpg0234_20200829133735c0b.jpg0235_202008291337377f3.jpg
品川の青物横丁にある婚活居酒屋初体験

この7月で38才になる。
友人を誘って、品川の青物横丁にある『婚活居酒屋』というところへ行ってみた。男女それぞれのグループ客を同じテーブルにセッティングして出会いを後押ししてくれるお店で、テレビにも何度か出るほど有名なとこだそうだ。
真っ昼間から、店内はサエない男女でいっぱいだった。特に女は、お見合いパーティのフリータイムでひとりぼっちになるようなタイプだらけだ。こんな店、1時間いるだけでも人生のムダ遣いだけど、まだオレたちと相席になるグループは決まってないのですぐに帰るのは早計だ。待つこと30分。やっとこさ新しい女客2人がやってきて、目の前に座った。
金髪と黒髪の美女
共に25才の社会人。どうしてこんな2人が友達同士なのかさっぱりわからないが、黒髪に絞って頑張ってみる価値はある。気合いの入れ直しだ。
「こんにちは。赤澤です」「こんにちは?」
「ここはよく来るの?」
「いえ、初めてなんです?」
 良かった。こんなとこに何度も来る女なんてロクなもんじゃない。
婚活パーティだって、常連の女はたいてい男をモノでも見るような目で値踏みしてくるものだ。狙いの黒髪ちゃんも、歯抜けの金髪も、性格はよかった。ニコニコと笑いながら話題を振ってくれる。今日のツレ(友人)はもっさい男なので、間違いなくオレに食いついていると考えていいだろう。店のルールで、適当な時間に席替えをするため、1時間ほど経ったところで連絡先を交換し、また別の女客(トウのたった三十路オーバー)とおしゃべりしながら、黒髪ちゃんたちの帰りを待った。店の出口で声をかけて、そのまま二次会へ流れ込む作戦だ。
夕方6時ごろ、ようやく黒髪ちゃんたちが出口へ向かった。急いで追いかける。
「お疲れさま。帰り?」「あ、はい」「4人で二次会でもどうかな」
「あ、えっと、どうする?」
黒髪ちゃんはまんざらでもないようだが、金髪のほうが用事があるらしい。それじゃ3人で行こう。飲み屋に入り、黒髪ちゃんがトイレに立ったところで、ツレに声をかけた。「頼むから帰ってくれ」「え…」
「今日はオレに花を持たせてくれ。オレの人生はこの2年で決まるんや。25才のOLと付き合うチャンスはこれが最後かもしれんのや」
 渋々、ツレは帰って行った。よし、これでもらったぞ。
 黒髪ちゃんと2人になったところで、次のデートにつながる話題を繰り出していく。
「来週末は予定は?」
「んーっと、まだわからないです」
「それじゃ遊ぼうよ」
「そうですね、予定がなければ…」
 なんだ、ノリ気なような、そうでもないような態度だな。
「夏はなんか予定あるん?」
「フェスとかですね」
「あ、じゃあオレも行こかな」
「友達も一緒なんで」
「いや、2人きりがいいと思うよ」
「それはダメですよー」
 しまった。焦りすぎたか。
「それじゃ、今度ドライブ行こうよ」
「クルマ持ってるんですか」
「うん、今日もクルマで来たし。なんなら今から海でも行こっか」
「それはちょっと…」
 いかん。人生残り2年となると、つい焦ってしまう。
 なんだか煮え切らない感じの彼女は、お酒もロクに飲まず、
「ちょっと電話してきますね」
と、店の外へ出て行った。その直後、携帯が震えた。黒髪ちゃんからだ。なんだ、この演出は。直接だと言いにくいことでもあるのか?もしかして告白?
「はい、もしもし」「なんか最悪なんだけど」「最悪?」
オレ、なんか言ったっけ?
「キモくってさぁ」「え……」「迎え来てくれる? もう、マジで帰りたいんだけど」
「……」
ピンときた。彼女、他の人間と間違ってオレに電話しているようなのだ。最初の「もしもし」は聞こえたはずだから、男友達の誰かのつもりでいるのだろう。「……」
声を発することもできず、通話を切った。もう先の展開がないことは確定したけれど、だからといって彼女に間違い電話だと気づかせてしまうのはあまりに気まずすぎる。
どうしよう。黙って帰ろうか。まだ席に戻ってこないってことは、彼女も間違いに気づいてあたふたしてるからかも。気づいていないにしても、このあと冷静に会話できる自信はない。下手したら殴りかかってしまうぞ。オレはすくっと席を立ち、手早く会計を済ませて外へ出た。向かいの軒先で誰かと電話している黒髪ちゃんの姿が見えたが、無視して立ち去った。もう、出会いの場に顔を出すのは、正直疲れた。今回のような屈辱的な経験を味わうくらいなら家で寝てたほうがマシだ。やっぱり男女の出会いは、もっと自然な形のほうがいいんじゃないか。オレの恋愛人生はもう2年しかない。後で悔やみたくはないので、ここで大胆に動くことにした。月金まで毎日、会社帰りに習い事を入れるのだ。もちろん女子の多い教室ばかりを狙って。
いま考えているラインナップは、ヨガ教室、ワイン教室、英会話、料理教室、テニスの5つだ。来月からは、それら教室で知り合った女性たちとの楽しげな交遊リポートとなるだろう。

こちらはモンゴル居酒屋
ネクタイをしめ直し、予想もしない展開が待つ入り口のドアに手をかけた。仲よく盛り上がる客たち。女性客と男性客のセッティング規定はないものの、マスタ—がなぜそこまで?
「女の子と男の子仲良くさせるのボクの仕事ね。飲むの常識ね」
素晴らしい心がけですな
カテゴリ
タグ

女性のお尻が汚くそのくせ潔癖症でフェラと手コキもおざなりでいけなかった悲しいエッチ体験談

0179_20200830143608de9.jpg0180_20200830143610e77.jpg0181_20200830143611206.jpg0182_202008301436136b1.jpg0183_20200830143602d3f.jpg0184_20200830143604d72.jpg0185_202008301436056c6.jpg0186_20200830143607078.jpg
「仕事って何してるんです?」
「葬儀屋で働いてます」
「そろそろお風呂にでも入りましょうか」
「はあ、そうですね」
答えつつ、ふと彼女の裸体に目をやった。細い手足にポッコリ腹。てか、もう餓鬼そのものじゃん。
不安要素はこれだけではない。
パンツを脱ぎ終え、完全に全裸になったところで、ようやく現れたのは、業の深いルックスだ。
「お待たせしました。いよいよお楽しみの時間ですね」
カテゴリ
タグ

【エロ漫画】着物の和服美人の女将の色気が半端ない!熟女マダムとしっぽりセックス

着物の和服美人の女将エロ漫画着物の和服美人の女将エロ漫画着物の和服美人の女将エロ漫画着物の和服美人の女将エロ漫画着物の和服美人の女将エロ漫画着物の和服美人の女将エロ漫画着物の和服美人の女将エロ漫画着物の和服美人の女将エロ漫画着物の和服美人の女将エロ漫画着物の和服美人の女将エロ漫画着物の和服美人の女将エロ漫画着物の和服美人の女将エロ漫画着物の和服美人の女将エロ漫画着物の和服美人の女将エロ漫画着物の和服美人の女将エロ漫画着物の和服美人の女将エロ漫画

【エロ漫画】女性の野外パンチラと野ションおまんこを覗き見するために全国の公園を徘徊する男

野外パンチラと野ションおまんこエロ漫画 野外パンチラと野ションおまんこエロ漫画 野外パンチラと野ションおまんこエロ漫画 野外パンチラと野ションおまんこエロ漫画 野外パンチラと野ションおまんこエロ漫画 野外パンチラと野ションおまんこエロ漫画 野外パンチラと野ションおまんこエロ漫画 野外パンチラと野ションおまんこエロ漫画 野外パンチラと野ションおまんこエロ漫画 野外パンチラと野ションおまんこエロ漫画 野外パンチラと野ションおまんこエロ漫画 野外パンチラと野ションおまんこエロ漫画 野外パンチラと野ションおまんこエロ漫画 野外パンチラと野ションおまんこエロ漫画

セフレの作り方・関係をキープし長持ちさせる方法!セックスのテクニックを磨き精神的に依存させよ

102_202003221655098bf.jpg103_20200322165510170.jpg104_20200322165512648.jpg105_2020032216551326b.jpg106_202003221655159bb.jpg0207_2019062315364023b_201910021714194ae_202007301459011ad.jpg
0100_20190312131328c33_20191020152715daa.jpg0101_20190312131330463_20191020152717b61.jpg0102_2019031213133161e_201910201527183e6.jpg0103_20190312131333c4d_2019102015272023b_20200119204322375.jpg112_2020083010135863c.jpg113_20200830101400d70.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
ノーマルなSEXしか知らない女に力ーセックス、公園野外SEX、SMホテルで刺激を与えてセフレに
仕事も頑張ってきたし、カネはそこそこある。しかし風俗は飽きた。キャバはヤレないからつまらない。そんな贅沢な悩みを抱えている諸兄もいるんじゃないでしょうか。そんな貴方こそ交際クラブへ行くべきです。入会すると回覧可能になる女性のプロフィールは、パネマジ、詐称なしの詳細なもので、素人の女子大生からグラビアアイドルまでバリエーションも豊富。どの子と遊ぼうかな…と眺めているだけでも1日潰れちゃいます。何より最高なのはNGがほとんどないということです。昼間、一緒にランチを食べて買い物へ出かけ、その後ホテルでセックス…なんてその辺のエンコー女じゃ絶対に味わえないプレイもできちゃいます。いい女を連れて街を歩く快感といったらもう。それにベッドでもあれできないこれできないと言われることがないので、過激なプレイだって思いのまま。
ただし、入会金やセッティング料、相手に渡す交通費(セックス代含む謝礼のこと)を含めると一番安い女子大生クラスでも6万前後かかりますけどね。それに見合った楽しさは絶対あります。最後に私からアドバイスを。会費をケチって安い交際クラブを選ぶとロクな女が来ないので必ず後悔します。「ユニバース倶楽部」や「青山プラチナクラブ」といった大手の交際クラブを利用しましょう。
エッチな淑女たちを紹介しましょう交際業者の女性写真
問い合わせると届く場合もあって、今やこの業界は百花績乱のエライことになっておると。
ただ昔から変わってないのが、マヌケなんだけどね。
今回はそのウサン臭い交際業者の女性写真を集めたと。
そういうこと。たぶん読者のみんなの家にも届いたことあるんじゃないかな。
なかなかいい女じゃないですか。
うん、30には見えないな。ポーズも決まってる
彼女は何をしてくれると言ってるんですか。
ええと、まずボディスーツを扱う職業柄、社長夫人や女医さん、女性実業家などの知り合いが多いと。
若い人はボディスーツなんて着そうもないですしね。
で、そっいつエッチな淑女たちを紹介しましょうといつわけだね。
え、ェッチ?なんでエッチなんですか。
知らねーよ。
しかも足利市でしょ。エッチな女性実業家なんてそつそついないでしょ。
突っ込むなよ。いるってんだからいるんだろ。
彼女は女性用アダルトグッズの通信販売会社を経営しているらしい。全国のエッチな女性と知り合って悩み相談に乗っているうちにサークルを作るに至ったと。
会員にはやっぱり社長夫人や女医さんなんかが多いそうだね。
んなわけないでしょ。
どこですか、ここは。ずいぶん開放的な場所ですが。
日本じゃなさそっだな。中国揚子江とか、そんな感じだよ。
どう見たって、観光中のスナップショットですね。こんな地味な人まで紹介業やってんですか。
広告の仕事をして、交際会に深い関心を抱いたんだとさ。
あ、そっですか。
私はブスだけど、そのぶん応援するねだって。
仲介する本人は美人よりブスのほうがリアリティーがあると考えたんでしょうか。
ちなみに彼女、名古屋の守一山区と千種区に住所があるんだ。
違う住所から同じ手一紙が来てるんだよ。家を2軒持ってるっでことだろ。いろんなお客さんと知り合いになることが多いのでってパターンでしょ。くあ、正解。大正解。
わかりますよ、それぐらい。でも言っておきますけど、金持ちの淑女はバス旅行なんてしませんよ一、おっかしいなあ。女医や社長夫人が多いって書いてあるぞもう、どうしてどこの交際クラブの女もそんなに金持ちばっかなんですか。
というわけで、男に夢を与えてくれる女神たちを紹介したわけだけど、どうだったかな?松どうもこうも、これじやあ実際に入会しようと思えないですね。信懸性に欠けるというか。
いや、ひょっとするとひょつとするかもよちなみにオレは1つのサークルに金送ったんだけど、まだ返事がないんだが
デブ専交際クラブの女に会ってみた
デブ専交際クラブの投稿を読んだ女性からハガキが届いた。
私、あの写真の中の1人です。ちゃんと交際成立してますよ
リスト(下の写真)の女性は業者のデッチアゲではないかとの推測に対する反論というわけだ。まさかあの写真の中に裏モノ読者がいたなんてと素直に驚きたいところだが、実はその数日前に当の業者から、ウチはまともだとの強いクレームがあったばかり。なんだか怪しい。あまりにタイミングがよすぎやしないか。ひょっとしてクレームじゃ将があかないと考えた業者が作戦を変更し、女性の名前
でハガキを書いてきたんじゃないの?というわけで、その女性本人に会ってみることにした。
リストに載っていた写真の1人だって言うんだから見ればすぐにわかるはず。取材当日、約束の時間に駅で待っていると、遠くから》ズシンズシンと物音が(ホン卜に聞こえたんですよ)。本人がバスの階段を降りてきたのだ。いや、ホントに太っておられますよ。お顔を拝見すれば、確かにあの5人の中の1人。いや、一段とふくよかになった感も…。
彼女、2年ほど前にレディコミでクラブの存在を知りこれまで男性と会ってきたらしい。
写真だけ貸してるサクラなんじゃないの。と、この段階でも疑っていた私だが、話す内容のリアリティやときおり見せる彼女の様子からして、どうやら仕込みではなさそうだという気がしてきた。
「交際っていってもほとんど援助なんですよ」やはり男女交際といえど、少なくとも彼女に関しては純粋な付き合いになることはないらしく、毎回3万円をきちっともらっているとう。だいたいの男が胸フェチか尻フェチ、あるいはマザコンなのだそうだ。知らない世界があるもんだ。クラブにはちゃんと女性会員が存在し、出会いもセッティングされている。
SMホテルで刺激を与えてセフレに
セフレ保持者。人生の勝者ともいえる彼らは、いったいどのようにして現在の地位を築き上げたのか
四苦八苦の末に獲得した者たまの偶然で肉体関係を維持できている者独自のノウ八ウを駆使する者。それぞれ経緯は異なれど、彼らの経験には我々が学ぶべきヒントがきっと隠されているはずだ。
5対5くらいの飲み会で出会ったんです。僕はお持ち帰りなんてできるガラじゃないんですけど、そんときは4組がうまくカップルになっちゃって、残された2人で自然にホテルに流れる形になりまして。でも最初は向こうも「休むだけだからエッチしないよ」って言ってたんです。ただホテルに入ったらそういうわけにもいかないじゃないですか。シャワー浴びてるとこに一緒に入っていって、あれよあれよというまにそういう関係になって。一戦終わったのがまだ夜中くらいだったんで、もつかい飲みに行こうかって話になったんですよ。なんだろ、お互い別に好きでもないのにずっと部屋にいるのがつらかったっていうか。
ヤった後の女ってすごく馴れ馴れしくなりますよね。彼女もそうで、飲みながらも太もも触ったりキスしてきたりするんですよ。それに興奮してもう一回ヤリたくなっちゃって。彼女も最初は1回だけの遊びのつもりだったはずなんだけど、1日のうちに別の場所でまた求めてくるから「愛されてる」って勘違いしちゃったのかな。こっちはただの性欲なのに。以来、体の関係でしかないけど、愛情もちゃんと持っている男として扱われています。この人とセックスすると楽しいとか、こういう特典が付きますよっていうのがないと、絶対ダメだと思うんですよ。ただただヤルだけだと女の方も飽きてきちゃう。だからセックスそのものの工夫を重ねることで、時間を稼ぐと。私的には1人の女につき、半年キープできればリッパかなと思ってます。
たとえば今遊んでる子はそれまで付き合ってきた男の数も5、6人くらいはいるんですけど、よくよく聞いてみるとことごとくどの男もノーマルだったんですよ。ホント、そのコの家で普通にヤルだけ。こりやシメたなと思って。なんだかんだ言って、女って今までやったことのないエッチに対して、意外に興味持つもんなんです。最初はバイブレータね。そのコは当然、未使用だった。だからパイプの前にローターを使ってみてね。そしたら意外に「悪くない」っていうから。今のヤツって性能いいでしよ。しかも後でセックスしてやると、抜群にイキやすぐなる。これもポイントです。2カ月くらいは大丈夫でしょう。
シチュエーションで興奮させるってのもずいぶんやりましたよ。力ーセックス、公園、あとSM専用のホテルとか。SM系は意外に抵抗感なかったですね。「ふん、こういう世界もあるんだ」みたいな。それだけで、毎回毎回楽しめる。半年くらいは保つもんですよ。そのコ、もともとスケベの才能があったんでしょうね。半分あきれながらもいろいろ付き合ってくれるんですよ。こっちだってカッコつける必要はない。自分はスケベオヤジだ!って看板持って歩けるくらいでちょうどいいと思いますよ。知り合ってもう8カ月くらい経ちましたかね。そろそろカップル喫茶とかスワッピングパーティーにでも連れて行こうかって考えてます。これにハマっちゃえばいいんじゃないですか。
おまけにこっちは他の女ともデキるし。一石五烏くらいの価値はありますもんね。僕が使ったのはキス作戦です。まず歩きながらでしょ、交差点で止まったら「みんな見てるけど」とか言いながらほっぺたにチュ。ラブホのエレベ—夕でも当然したし、部屋に入ってからもずっとキスばっかり。しかも晋だけじゃなくて、耳たぶとか首筋とか、肌が露出してるとこにまんべんなく。こんなこと旦那は
絶対しないでしよ。しかもなかなか服を脱がせないことで、「体が欲しいんじゃなくてキミが欲しいんだ」というアピ—ルになるわけです。人妻のトキメキってのはこういうことじゃないですか。
今も会うたびに同じことしてますよ。だんだん向こうも調子に乗って電車の中でキスしようとしてくるんで、勘弁願いたいんですけども。僕、モテるわけじやないけどメールが得意なもんで、同じ女と何度もヤラない主義なんですよ。めんどくさいから。でもセフレとして続いてるのが一人だけいまして。きっかけは出会い系です。彼氏募集してたから、「僕でよければどうかな?」って感じでした。
二十歳まで1回も付き合ったことないって話を聞いてたから、こりゃ手こずりそうだなって思ってたら案の定、手こずりました。顔はマズクないんですよ。むしろ出会い系ではなかなかいないくらいのハイレベルです。厄介なのは身持ちの固さですね。全然ヤラせそうになくて。だから5回くらいデ—卜を重ねて「真剣に付き合おうよ」なんて心にもないことを言って、ようやく1発です。
問題はここから。目的は果たしたんだけど、どうも手放すのはもったいない気がしまして。かといってマジに付き合うのは勘弁だし、どうごまかそうかなって。最初のひと月くらいは、週1くらいで会ってなんとか引っ張ってたんだけど、そのうち「部屋に行きたい」とか言い出したからヤバイなって。で、あるとき「実は元カノと会って、たまにエッチしてるんだ」って嘘付いたんですね。嫌われればそれでしようがないやって。そしたら彼女、怒るんじゃなくて「私がまだ未熟なせいだ」って解釈したんですね。もっといい女になれば元カノともちゃんと切れてくれるだろうって。バカですよね。最近では「もう付き合ってくれる?」って聞かれるたびに、「まだ色々あって、ちゃんと付き合うのが怖いんだ」ってごまかし続けてます。
携帯番号までは押さえたけど、忙しくてなかなか会いに行く時間がないパターンって多いでしよ。彼女もそういう一人で。たまたま会社帰りに暇だったから電話してみたら、花火大会の帰りで友達と一緒にいるって言うわけ。じゃあ2対2で飲もうかって後輩を連れてったの。そんときは健全そのものだった。普通に飲んでそのままバイバイって。今思えばこの飲み会がいいクッションになったんだと思う。次の週末に2 人で会ったとき、
「前飲んだときから2人きりになりたかった」って口説けたから。彼女、彼氏はいるんだけど、なんか様子がおかしいんだって。電話にも出ないし、メールも返ってこない。「もう飽きられてんじゃん?」って不安感を煽って「彼氏浮気してるんだよ。こっちだってしてもいいじゃん」。まあ彼氏に愛されてない女は、これでまず落ちますね。
こいつすごいフェラチオが上手くて、誰に教わったんだって聞いたら初めて付き合った男に徹底的に仕込まれたんだって。その当時は車の助手席に乗ったらずっとくわえっばなしじゃなきゃ怒られたとかって。利用されやすい性格なんだろうね。もう、まさにセフレになるために生まれてきたような。
その日から今にいたるまで、ヤリたくなるたびに部屋に呼びつけてますね。来るなりすぐくわえてくる従順な女なんで重宝してます。その彼氏とやらが優柔不断なんだかときどきメ—ルをくれるらしくて、それで彼女もなかなか別れられないみたいで。俺は俺で、「付き合いたいけど彼氏とちゃんと別れてからにしようよ」って。
きっかけは会社の同僚が持ってきた合コンです。ただひたすら酔わせて押しまくったら、なんとかその日のぅちにヤラせてぐれたんですね。「付き合ってくれ」とかなんとか言って。まあそこまではたまにあることなんですけど、彼女がセフレになったのは、こちらの都合をよく理解してくれたからかな。まず、自分が普段仕事でめちゃくちゃ忙しいんだってことを最初から伝えていたのが大きいですね。商社勤めなもんで、接待やら出張やらで毎日結構忙しくて、会いたくてもなかなか会えないんだって。なのに、ヤリたいなと思ったら、夜に突然おしかけたりしてたんですよ。「ちょうどヒマが出来たんで、オメエに真っ先に会いたくなったんだ」みたいなことをヌカしてね。こういう言葉にグッと来たりしたのかなあ。そのくせ、何日も連絡取らなかったりするんですけどね。これを繰り返していくと、最初は恋愛っぽいノリだったのにだんだんヤリ友みたいな感じになっていくわけですよ。そのうち「彼氏はできたのかよ」とかって、まるでただの友達みたいな台詞を吐いたりして。そこで「まだできない」って返ってきたときにセフレ化は決まりましたね。
一回目のセックスは奉仕し続けよ
エキサイト(フレンズ・恋愛結婚)・誰もが知っている出会い系サイトの老舗だ。
多くの出会い系マニア同様、荻野氏もこのサイトで過去何人もの女と関係を結んできた。
現在のセフレ、京子とのいきさつを元に、彼のテクニックを語ってもらおう。
『京子22才。まわりからはMだって言われます。天然だったりもします。メル友になってくれる人、募集中です』
オープン掲示板に載っていた京子の自己紹介文だ。性的表現を使う女はサクラや業者の可能性が高いとされるが、サラッと触れている程度なので荻野氏はターゲットから除外せず、メールを送った。
『ちょっと質問していい?メル友募集じゃなくてご主人様募集じゃねえの(笑)かまってほしいなら、ご主人様にメールよこしなさい(笑)』
彼は常に他の男との差別化を考えて文案を練る。参考までに他の女に送った例文を見てみよう。
『元24マニアのタカシです。先週、シーズン5のレンタルが始まったんで喜び勇んで視聴したんですけど、最初の5分で大好きだったミシェルに死なれて、気を落としています』
『僕は、しょっちゅう石橋を叩きすぎて壊してしまい、そのあと、その石橋の残骸を死にものぐるいで渡り切るような人間です』
この程度のことだが、この程度のことで目立つのなら労を惜しむ理由はない。『ご主人様、メールいたしました(笑)』針にかかった。すぐさま『俺、調教得意だから』と返信した荻野は、その足でブ
ックオフに走る。
「フランス書院のSM系の文庫本を買ってきて、いいフレーズをそのままメールに使ったんです」
あっぱれな行動力である。
京子は嘘偽りないMだった。フランス書院の洗練された調教文句に、面白いように食いついてくる。知り合って一週間後、夜中のテレフォンセックスを経て、いざ対面となった。少なくとも一発目だけは完全奉仕の姿勢で臨むのが荻野氏のポリシーだ。とにかくイカせることだけを考え、仮に射精してしまっても指は使い続ける。やはりセックスは第一印象が大事だとの考えである。
京子の場合も同じ。M女ならば奉仕の必要はなさそうなものだが、必死でクンニに励みつつ口調だけは荒げた。
「こんなスケベ女の相手をするの大変だな、とか、おいコラなめてやってんだから何か言えよ!」とか1回ヤレた女を、以後セフレにするには?彼の場合、まず大前提として「自分はその他大勢の男の中の1人でいい」という姿勢を打ち出しておく。どうせきっかけは出会い系、本気の愛情を前面に打ち出すど大半の女は引く。
「いつでも便利に利用してくれればいいよって、下手に出るんです。そのほうが女も気楽でしよ」
他にも彼氏や旦那のいる相手には、「俺のメアドは女の名前で登録しときな当男女どちらとも取れるようなメールしか送らないから」と、気遣うフリをしつつ、あくまで遊びだと意識させる。
さらに最初にセックスして別れた後、自分からはメールを送らない・セフレ化する女は必ず自分からメールしてくるもの。「また会おうよ」と追いかける立場になって再びセックスできた例は、彼にはない。出会い系はセックスが前提なので、会ってヤルところまではそう難しくはない。
むしろ大変なのは、以降どう引っ張り続けるかだ。男を選び放題の女にすれば、何の利点もなく1人の男に固執するわけがない。最初だけは自分を殺してでもクンニに励むべし。
セフレと関係をキープし長持ちさせる方法
せっかく見つけたセフレなのだから、飽きるまでは楽しみたいもの。できる限り長く引っ張るための、知っておくべき事柄とは。仮にあまり大事にされていなくても、女は自らをセフレだとは認めたがらない。これは既婚男性と関係を持つ女の言動からもわかる。不倫とはすなわち男のセフレに過ぎないにも関わらず、彼女らは
「遊びじゃなくて不倫なの」と勘違いし続ける生き物なのだ。しかし男の態度がさほど本気でない
ことに業を煮やし、ときにこんな質問をぶつけてくることがある。
「私たちの関係って何?」
どれほどさばけた女であっても、ここでは「恋人だよ」と答えるべし。遊び、セフレという言葉を聞けばたちまち去っていく。たとえ既婚であろうと彼氏彼女がいようと、そのことをあえて声に出して意識する意味はない。言葉にしてしまうと
「ということは私ってセフレ?」と、女のマイナス思考を呼び覚ましてしまう。ただ好きだから一緒にいようというスタンスで接するべし。会って即ホテルに向かうだけの関係であっても、「一緒にいると癒される」だの「今度どこそこへ行きたい」だの、体以外の目的を口にしておく。他愛のない内容でもなぜか効果的なのがメールの魔力。ただし、反応がないのに送る一方では引かれること必至。来たら即返すぐらいの意識で。女が出られない時間帯にあえて電話をかけ、「声が聞きたかったから」と留守電にメッセージを残すのも効き目あり。セフレ保持者は声を揃えて言う。「3回までは簡単にヤレたのに4回目に会えなくなる女がなぜか多い」
2回3回とヤルうちに男はどうしても油断する・自分のモノになったと安心する。そこが落とし穴。なぜ3回目で判断されてしまうのかよくわからないが、統計が出ている以上、3回目までは奉仕の精神を忘れてはならない。どうせ食事代、ホテル代ぐらいしかかからないのだから全額自腹を切っておく。彼女ならばワリカンもいいが、セフレだからこそセコい、ケチと思われると簡単に逃げていく。まるっきりへ夕くそ早漏では話にならないが、毎回イカせまくってやらねばならぬわけでも決してない。快楽重視のセフレは意外と少なく、むしろ安全で安心な肉体関係を望むケースのほうが大多数なのである。

お茶や食事に付き合うだけ・大人の関係性行為無しでお手当小遣いをもらおうとするパパ活娘とエッチする方法

セックスに抵抗がある子はまずはフェラチオの壁を越えよう。フェラチオまで持っていければエッチまではスムーズだ。
お茶や食事に付き合うだけお茶や食事に付き合うだけパパ活娘とエッチする方法パパ活娘とエッチする方法パパ活娘とエッチする方法パパ活娘とエッチする方法パパ活娘とエッチする方法パパ活娘とエッチする方法
パパ活娘とエッチする方法パパ活娘とエッチする方法パパ活娘とエッチする方法
茶飯女をハプバーに連れて行くと・・・
馴染みの出会いカフェに足を運んだとき、顔見知りの常連オッサンの一人から茶メシ女に関する面白い話をきいた。ちなみに茶メシ女とは、お茶や食事に付き合うだけで小遣いをもらおうとする連中のことだ。
「茶飯女のなかに、ハプバーに行ってくれるコっているんだよ。中に入っちまえばなし崩し的にヤれるし、カップル料金で入れるから安上がりで、いいこと尽くしだよ」
「ホントにそんなコいるんですか?」
「セックスしなけりゃお茶してるのと変わんないしって言えばついてくるコもいるんだよな」
 これはオイシイ。茶メシ代として女に払う額はせいぜい5千円。ハプバーの初回カップル入場料は1万円ほどだから、これでエンコーまみれじゃない女とヤれたら破格の値段だ。それに、ハプバーに入れば3P、4Pも付いてくる可能性が高い。どう考えてもコストパフォーマンスに優れた楽しい遊びだ。「兄さんもちょっと試しにやってみなよ。引っかかったらラッキーぐらいのノリでさ」
 オッサンの話をうけ、その場でさっそく行動にうつったところ、わずか4人目、黒髪で夏帆風の21才女子大生が思わぬ反応を示した。
「きみは普段ワリキリしてんの?」
「私はご飯かカラオケだけですね」
「それならよかった。バーでデートしてほしいんだよね」
「それだけ?エロ系はなしですか?」
「うん、男女で入ると安くなるバーがあってさ。それにつきあってほしいんだよね。一緒にいてくれるだけでいいからさ」
「じゃあいいですよ」
 さしてあやしがられることもなく、無事に5千円で彼女を連れ出すことができた。
 カフェを出て、すぐに近くにあるハプバーへ。外観はスマートなバーとはほど遠いが、かといってエロい空気があるわけでもない。彼女はすんなりとついてきた。ひとまず私服のまま2人でカウンターに座り、あたりを見回してみる。何人かいる単独男は、一定の距離をもって俺たちに熱い視線を注いでいる。5席ほど先では半裸の40代半ばくらいの熟女と色黒の50代男が互いに腰に手を回してイチャつき中だ。その色黒男がニコニコしながらこちらへ近づいてきた。
「お兄さんら、初めて?」
「はい、このコも初めてなんですよ」
「初々しいもんね! じゃあ、このコにはいきなり過激なことはできないなぁ」
 そう言うと、男は連れの熟女の腰に右手を回し、左手で胸を揉み始めた。熟女もニコニコしながらこちらを見つめている。
「ほら、なにしてんの。兄さんもせっかくだからかわいがってあげてよ」
 色黒男が俺の手をつかんで、さっと熟女の胸に持っていく。モミモミしてやると、女は薄く笑みをこぼした。となりに座る夏帆ちゃんはというと、どうしていいかわからないといった表情で目線を外している。さすがウブなリアクションだ。
「ここ、どういう店なんですか?」
「なんでもアリなお店。でも見てるだけでいいからさ」
 若い大学生でも、見るだけならばさほどに抵抗はないのか、帰ろうとはしない。このあとも、俺たちはカップルや常連客から次々に話しかけられた。「よかったらスワッピングしないか」「見せ合いしないか」などなど。もちろんこの手のお誘いは断らざるをえない。再び、先ほどの色黒男が熟女を連れてこちらに近づいてきた。
「いまからあっち(プレイルーム)でちょっと遊んでくるから、兄さんらも、どう?」
「そうですね。見るだけなら」
「私はここにいます」 
 固辞する夏帆ちゃんの手を、熟女が引っ張った。
「どんなもんか、見るだけでいいから、ねっ」
 4人でプレイルームに入り、色黒&熟女がさっそくプレイをおっ始めた。
「ほら、ちゃんと感じてるとこ見せてやって」
 大股開きで大げさにアエぐ熟女の声を聞きつけたのか、すぐにほかの客たちも続々とプレイルームへと入ってきた。単独男の一人が塾女の生乳をもみ始めたことをきっかけに、みな次々に熟女の身体に手を伸ばし出した。当然、俺も参戦だ。夏帆ちゃんは一歩下がってその様子を黙って見ている。なんとか、彼女もこのままプレイに持っていきたいのだが。
「もっと近くに来なよ」「いえ、私は見てるだけの約束なんで」
 熟女は、挿入されながら男たちのチンコを順番に手コキし始めた。
 ここで、興奮してきた男の一人が振り返って夏帆の手を掴んだ。
「お姉ちゃんも、ちょっとだけ、ほら」
そのまま手を自らのチンコの方へ持って行こうとする。俺も、その男に便乗してチンコを差し出す。
「こっちも触ってよ」
「それはできないですって」
「じゃあほんの一瞬でいいからさ」
 すると、彼女は黙って俺のチンコを握ってスコスコと動かし始めた。茶メシ女がやっとここまでしてくれた!あとはなし崩し的にセックスへ持っていきたい。手コキさせながら彼女の胸に手を伸ばす。ところが、
「それはマジで無理です」
 残念ながら雰囲気にまかせて最後まで、とはいかなかったが、清純そうな茶メシ女が流れに身をまかせそうになるあの光景は見ものだったと思う。今後もガンガン実戦していきたいものだ。
復讐代行屋のふりをして女性依頼者からエロ体験談を生聞きするSnapCrab_NoName_2018-1-19_18-3-0_No-00.png
テレビで復讐代行屋なる仕事が紹介されていた。画面には実際に復讐を依頼した人達が何人か登場していたのだが、その中に、被害に遭った女性がいて、犯人への恨みやその動機となった被害の様子を語っていた。これって、自分も復讐代行屋のフリをすれば、女性依頼者から恥ずかしい話を聞けるってことじゃないのか?
フリをするだけなら簡単だ。すぐに行動に移した。
『貴方に代わって怨みを晴らします。復讐や報復は勿論、各種工作も請け負います。御相談は無料です。お気軽にメールください』
見よう見まねで掲示板に載せた書き込みに、思った以上に多くの依頼者からのメールが届いた。しっかりした文章が書けるまともな人や、支離滅裂で明らかに頭がイカれてる人などの中に、セクハラや性的虐待などの理由から、誰かを殺したい、再起不能になるまで追い詰めたい、などと依頼してくる女性のメールもあった。大手メーカーに勤務する事務員の女性(29才)は、2年に及ぶ上司のセクハラのせいでノイローゼになり、休職も考えていた。その上司を社会的に抹殺して欲しいとの依頼だ。お互い名前を伏せたまま、細かい話を聞かせて欲しいとメールで打診し、ターミナル駅近くのカラオケボックスで話を聞かせてもらうことになった。目の前に現れた女性は、黒のロングヘアーの和風美人で、ブラウスの下にはなかなかに大きな胸が。
セクハラのターゲットになるのもうなずける雰囲気だった。
彼女は、ほぼ毎日のように上司からセクハラを受けていた。
「まず、必ず『お疲れっ』とか言いながら後ろから肩を叩いてきて、グイグイ揉んできて…」
「それから?」
「そのまま首スジを触ったり、肩を掴んだりしながら、離れ際にわざと自分の股間を押しつけてくるんです」
と言ったときの彼女の嫌悪に満ちた表情!たまりませんな〜。
「どのあたりに押しつけてくるんです?」
「腰とかお尻、ですね」
「なるほど。相手の股間はどんな状態なんですか?」
「日によって違います。固くなってるときもあって…」
「柔らかいときもある」
「はい」
「股間が固くても柔らかくても、嫌悪感は同じなんですか?」「同じです。それが毎日続くんですよ。最初のころは気持ち悪いし、気分が悪くなったりしてましたけど、最近は怒りの方が強くなってきて…」
女性はその上司を冤罪で逮捕させ、社会的に追い詰めてやりたいのだと語ってくれた。
「わかりました。検討してみましょう。料金などの詳細は追ってメールの方にご連絡いたします」
内容はライトだが、なかなかの興奮が味わえたケースだ。自分を捨てた不倫相手の男性に、一矢報いたいという依頼もあった。依頼者本人も、相手の男性も結婚相手がいるダブル不倫の関係だったらし
い。待ち合わせ場所に現れたのは、30代前半のケバめの茶髪女性だ。
「私、本当は嫌だったんですけど、何度も何度もハプニングバーに連れて行かれて、初めて会った男性と行為させられて…」
「えーと、具体的に行為というのは?」
「口でさせられたり、普通にセックスさせられたり、ですよ」
「快感はなかったんですか?」
「まあ、なくはないですけど…、好きじゃないと、そんなに気持ちよくないですよ」
自分も不倫のくせに、自分を振った相手にだけ一方的に文句を言うのはおかしいと思ったが、そこそこ興奮できたお相手だった。中には強烈な体験談を語ってくれる女性もいる。義理の父親を殺して欲しいと訴えてきた22才の女の子の話はすさまじかった。
本人の見た目は、地味な専門学校生といった雰囲気だ。
「自分の義理の父親なんですが、酒を飲むと荒れるというか、人格が変わる人で、ちょっとしたことでコップや灰皿を投げられたりしてました。わたし、アイツに高校を卒業するまで虐待されて……うう…うっ…」
「あの、大丈夫ですか?」
話しながら目に涙を浮かべ嗚咽する彼女。虐待が性的なものであることは確実だろうけど、どうにも聞きづらい。「たとえば、どんな虐待を受けたんですか?」
「アイツが…、酔っぱらって帰ってくると、深夜1時くらいに私の部屋に入ってきて…、暴力も振るうから、母親も気付いたのに、何も言ってくれなくて…ウウッ…どんな方法でもいいので、とにかく、殺してください…」
 どうにか具体的なプレイを聞きだそうと何度も試みたが、思い出したくないのかどうしても詳細は語ってくれなかった。復讐代行屋として出会った女の子の中で、一番興奮したのが、23才のヤンキー風美人のケースだ。高校のころに自分をイジメた主要メンバー8人を殺して欲しいという依頼で、淡々とした口調で語られる壮絶なイジメの中身に、かなりの衝撃を受けた。
彼女は関東圏にある偏差値の低い高校に入ってすぐ、女子の不良3人グループに目を付けられ、イジメが始まったらしい。最初のころは、ブラとパンツを没収されたり、スカートの丈を股下1センチにさせられる程度の軽いものだったが、そのうちエスカレートしていった。
「教室で上半身裸にされて、その子たちに胸を揉まれながら、本気でアエいでみろよ、とか。教卓の上でバイブでオナニーさせられたり、とか」
「そんなことまで?」「そんなもんじゃないです。同じクラスに知恵遅れっぽい感じの男の子のいじめられっ子もいたんだけど、その子とキスさせられたり、クラスの皆の前でフェラとかもさせられたし」
「みんなの前で?」
「そうですよ。そんなことが2年間続いて、3年生のころは男グループ5人ぐらいとほぼ毎日セックスさせられて」「うわ…」
「たまり場みたいなところで同時に相手させられてました。手足を掴まれて、順番に、何度も何度も。そいつらも全員殺して欲しいんです」
彼女は心の傷が原因で現在も男性とお付き合いしたことがないと言っていた。正直可愛かったので俺もセックスしてみたいと思ったけど、後が怖いのでオナニーで我慢することにした。
話をしてくれた女性たちとはその後一切連絡を取っていない。別の復讐代行屋を使って実行に移したんだろうか。
1、援交嬢をセフレにするポイントはご飯を食うタイミングにある
援助交際オンナと遊ぶとき、必ずやっていることがある。
「時間あったら、軽く飲みにでも行かない?」
食事に誘ってみるのだ。セフレにしてやろうという狙いで。ポイントを教えよう。
仮にホテルに入る前に誘ったとしよう。飲み食いしてる最中、女の頭には、これからの援交セックスのことがよぎる。つまり仕事意識が強くこちらのことは客にしか見えない。打ち解けるには不利だ。
だから誘うのは、必ずプレイ後である。金を介したセックスとは言え、体を合わせたことにより、互いの距離は近くなっているし、女の気分はぜんぜん違う。もう仕事は終わってるんで完全にプライベートなんだけど、このオジサン、そんなに悪い人じゃなさそうだし、ゴハン行ってみよっかな、ってな感じになる。とは言え、みなさんは思うかもしれない。相手は体を売っているようなスレた女なので、そうは簡単に口説けないのでは、と。しかし、スレた女というそれこそが、もう一つのポイントである。そう、ヤツらは少なからず心を病んでいるのだ。がメシの誘いに乗ってきたら、私は相手の話をひたすら聞いてやる。十中八九、不幸話だが、「頑張ってるんだね」「すごい人」と完全肯定してやり、その日はバイバイ。後日、「またご飯でも行かない?」と連絡。マジでセフレにできるので試してほしい。
2、“定期”のお楽しみ方法
出会いバーのようなところで遊んでいると、一度だけでなくその後も繰り返しワリキリする仲の女、いわゆる“定期”が出来てしまうってのはわりとよくある話です。身なりが清潔でカネ払いのきっちりしてる男ってのは、ワリキリ女にしてみれば、逃がしたくない魚なワケですから。実際、定期を持つのもいいものですよ。ワリキリで遊ぶなら、毎回ちがう女がいいっていうのもひとつの考え方だけど、定期は定期でまた別の楽しさがありますし。代表的なのはやはり旅行でしょうか。たっぷり温泉に浸かってウマい飯を食い、それからいよいよセックスを、なんていうのは定期がいるからこそ可能なゼイタクな遊びといえます。また、私はわざと女に露出度の高い格好をさせて町を練り歩き、その後に「おまえ、男たちからジロジロ見られて感じてたんだろ?ビショビショじゃねえか」的な遊びが好きなのですが、こういうのも定期ならではのプレイでしょう。みなさんも素敵な定期ライフを。
茶飯女には「いきなりチン見せ」。コレ、覚えておいて損はありません。
また、同じカラオケスタートで、逆に大金をちらつかせる方法も効果的です。
「エッチしてくれたらこれあげるけどどう?」と、あらかじめ用意した5万円の札を見せます。
3、私は57のおっさんなので、射精するより若い女性と長い時間一緒にいるほうが楽しいわけで。そんな、枯れたおっさんの出会い喫茶活用法を教えます。まず、午前中に出会い喫茶に行って、ヒマそうな茶飯女とトークします。このときに「1万払うから半日一緒にデートしよう」と言うとついてくる女が結構いる。茶飯の相場は3~5千円。半日デートはかったるいけど、このまま待っていてもいい相手が来るとは限らない。それならこのジイさんに1万円もらっとこ。って考えるんでしょう。
4、私が月一で行うデートは池袋の出会い喫茶を拠点にして、そこから豊島園駅の混浴がある温泉施設に行くコースです。移動中も手を繋いだり、風呂上りに休憩所で肩を揉んでもらったり。他人から見たらリタイアした父親と、親孝行する娘って感じでしょうね。若い子と1日カップル気分を味わえるなら安いもんだと思いませんか?
SnapCrab_NoName_2017-12-30_13-30-20_No-00.png
出会いカフェで日々エンコーしているうちに、友達になった女の子がいる。友人はちょっと年はいってるけど沢尻エリカ系の美人で、対するワタシは体重90キロの一重まぶたで森三中の大島似、おまけに胸よりお腹のほうが突き出てる、いわゆるデブスってやつだ。
稼ぐ額は段違いで、彼女はすぐに連れ出されるのに、私は一日中声がかからないことだってザラ。出会い系を使っても、待ち合わせ場所でドタキャンされてばかりだ。他の可愛い子と乱交なんて流れも!そのエリカちゃんに、終電後のヒマつぶしでハプバーに誘われたことがある。千円で朝まで粘れるからと。店内に入るやいなや、バーカウンターに座る男からの視線がぐっと集まった。といっても視線の先はすべてエリカちゃんのほうだ。そりゃそうよね。
 ワタシたちを挟む格好で男性2人組が座った。
「ねえねえ、オレたちと奥の部屋でイチャイチャしようよ?」
 いちおうは二人を誘うテイだけど、視線は明らかにエリカちゃんにしか向いてない。あーあ。なんかイヤになっちゃったなぁ。ワタシは眠いからと誘いを断り、エリカちゃんは二人を連れて奥のプレイルームに向かった。ったく、なんであの子はカネにもならないエッチをするかね。そんなことで一人ボーッと店内を観察していたら、思っていたハプバーのイメージとは少し違うことに気がついた。
エッチしてる人たちは意外に少ないのだ。
 その代わりに何をするでもなくポツンと座ってたり、プレイを覗くだけの男性の多いこと。新しい女性客が入ってきても声をかけることなくモジモジしちゃってる。きっと店に来たはいいものの、どう誘えばいいかわからないんだな。こんな場でも、モテる男とモテない男とでは差ができてしまうのだ。ふと思いついた。だったらワタシから誘ったらどうだろう。それも有料で。
 こんな私とのエッチにお金を払う価値はないかもしれないけど、一緒にプレイルームへ行けば、他の可愛い子と乱交なんて流れもありえるわけだし、部屋の外から覗いてるだけより断然マシだと思うけど。さっきからひたすらビールばかり飲んでるオジサンに声をかけてみた。
「ねえ、今日はどんな感じですか?」
「ああ、うーん、そうだね」
 と曖昧な返事だけど、誰も誘えずに悶々としていることは明らかだ。
「ねえ、私とプレイルームに行きません?」
「え?」
「なんか可愛い子たちが入っていったの見えたんですよ。皆でけっこう盛り上がってるみたいだし」
 息を飲むオジサン。頭の中は夢にまで見た乱交の光景が広がってることだろう。
「へえ。そうなんだ」「可愛い子の隣でしようよ。もしかしたら交ざれるかもしれないし」
「うーん、そうだねえ」
「でもね、ちょっとお願いがあって。実は家に帰るお金がないのね、遠くに住んでるからできたら1万くらい欲しいなぁ」
 オジサンの太ももに手をやりながら、精一杯甘えた声を出す。
「うーん」
「お願い。もしプレイルームで色んな子と絡めるならいい話でしょ?」
「そうだねえ・・・」
 ガウンの上からチンチンをこすりながら交渉すること数分、ようやく8千円でまとまった。やった!「じゃあ先にもらえる? 不安だから」
 ロッカーの財布を取りにいったオジサンは、店員にバレないようにこっそりお金をくれた。
 そのままプレイルームへ。そこにエリカちゃんはもういなかったけど、他の女の子(あまり可愛くない)たちが、男たちと絡んでいる。その隣に寝転がってオジサンとエッチ開始だ。
 フェラのときも正常位で挿入してからも、オジサンは終始、隣のセックスばかり見ていた。でも積極的に「交ざろうよ」と提案するわけじゃない。ま、それが言えたらカウンターでボーっとしてるわけないよね。
 以降も色んなハプバーに1人で出向き、女性に声をかけられずモジモジしているオッサンに同じように交渉を持ちかけている。
「金かかるならやだよ」と強がるオトコもいるけれど、一晩で2、3人は客になるので、月に25
万以上も手に入る。万々歳だ。エンコーで稼げない子、こっちにおいで!メンヘラに共感して酒を飲ませれば一丁上がり!
メンヘラがセフレに打ってつけな存在なことに異論はないだろう
具体的にはキーワード検索で以下の語句を使うといい。攻め方はシンプルだ
まずファーストメールでは相手への共感と誠実さをアピール
以降のやり取りでもひたすら共感と同意を示すのが基本姿勢だ
相手への反論や説教は厳禁だ
なんせメンヘラは向精神薬を常用している上に酒好きがほとんどだ。アルコールと精神薬のちゃんぽんでハイになり勝手にごっちゃん状態になってくれるのだ
ワリキリ女をセフレにする簡単な方法がある
ワリキリの際も客に奉仕させられる比重が高い
この手法ワリキリ娘をセフレにするのではなく彼女たちのセフレにしてもらう、という表現が正しいのかも
食事だけで2万円の付き合いがなぜセックス有りになるのか?出会い系ではもっぱらピュア系をターゲットにしています。手ぶらで帰るならセックスくらい我慢しようてな心理なのでしょう。金銭を介した交際に不慣れなピュア系女子はなかなか本音を言えないのです。
占い好きの美人をダマしてとにかく話を聞いてやると…
国際線のスチュワーデスを目指そうと決心したのは、勝ち組の女になりたかったからです。さっそうと空港内を歩き、みんなの視線をビシバシ浴びて、大企業のエリートから合コンを受けまくり、最後はパイロツトとゴールイン。そんなモテモテな将来を思い描いていました。しかし、人生とは順風に進まぬモノ。私は結局、スッチーになることができず、代替としてグランドホステス(グラホとの職に就くことになります。早い話が、チェックインの受付や搭乗案内係に携わる、国際空港内の女性スタッフに格下げしたのです。時は流れて、現在、私は27才。結婚の兆しどころか、目先の彼氏作りにすら困っています。誤解なきよう断っておきますと、男日照りは、私だけじゃありません。同僚のグラホも、同じような子たちばかりで、頭にくることに、スッチーに収まった友達は、去年、電通のイケメンと結婚しました。同じ職場にもかかわらず、空と地上で、この差はいったいなんでしょう。なぜこんなに出会いに恵まれないのでしょうか。恥を忍んで私は言いたい。男性の方々、ぜひともグラホにアプローチしてくださいでは、どのように言い寄ってくれると、私たちが反応するか。さしあたって、グラホの干からびる理由からこ説明させてください。最初に理解して頂きたいのは、グラホの勤務時間がとても変則的だという点です。私の生活でいうと、まずは早番の朝5時→昼3時を3日勤め、中ー日休みという変則口ーテーションで毎日を回しています。最初の3日は早く寝なければならず、遅番も言わずもがな。男と飲みに行くような時間をどこで作ればいいのでしょうか。遊ぶ暇もさることながら、そもそもお金もありません。グラホの初任給は、手取りで平均11万ほど。とにかく生活するだけでアップアップです。ちなみに、友達のスッチーは、万がーの飛行機事故の手当てとかで、私たちより10万ほど多いといっておりました。勤務時間や給料問題だけでも大きな足伽なのに、実はグラホは、ちっぽけなプライドにとらわれて、自ら男を作りにくくしてもいます。
私の経歴からお察しの通り、大半のグラホたちは、華のスッチーを目指し、選から漏れた女の子。空港のオネエサンに成り下がりはしたものの、だからと言って、当初のプライドをすぐに捨てることができないのです。
例えば、フツーの男性客に軽く「携帯教えてよ」と言われても、周りの目が気になって、ついクールな自分を演じてみたくなる。少なくとも、職場では、突っ張っておきたいのがグラホなのです。そこで、たいへん惜越ではありますが、みなさん方にお願いしたい。気になるグラホを見つけた時には、ナンパ然とはせず、そっと名刺を差し出しては頂けないでしょうか。私たちは、そんなアナタのアプローチを心待ちにしてます。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます