2019年07月の記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

月別アーカイブ:2019年07月

  • 2019/07/31その他

    シャバのチンコに飢えてるはずー刑務所から出てきたばかりの女はやはり性欲がタマっとりましたシャバに出たら思いっきりセックスしてやる、好きなだけオナニーしまくってやると考えるのは、なにも男性受刑者だけじゃない。たまりにたまった性欲を持て余すのは女性受刑者だって同じこと。塀の向こうで待つ恋人を想い、たまに見かける男性看守にムラムラし、彼女たちは夜な夜なひっそりとオナニーに耽る。ああーん、誰かこの火照った...

    記事を読む

  • 2019/07/31ハッテン場ゲイ同性愛

    新宿2丁目には、世にも恐ろしい場所がある。ゲイ専用のハプニングバ—だ。重要なことなのでもぅ一度言ぅ。ゲイ専用の「ハプニングバ—」である。公園やサウナなどの公共のハッテン場と異なり、ここへ立ち入ることはすなわち「自分、ヤル気マンマンのゲイです。ハプニング大歓迎です」とアピールすることに他ならない。たぶん、無傷での帰還は望めない。でもせめて、せめてアナル処女だけは死守するつもりっす〇目的の店は、2丁目メ...

    記事を読む

  • 2019/07/31エロ漫画アダルトコミック

    この仕事、半年に2 回だけ棚卸しがある休みの日に行うので担当者と2人きりになるまたとないチヤンスだあの2人不倫してた上に、オフィスラブをハメ撮ってたのかあ普通に考えればそんなものを机に置いておくわけないのに。このハメ撮りも使えるなやはり県庁の女は世間知らずのようだ...

    記事を読む

  • 2019/07/30援助交際・パパ活

    このア—ケ—ド、1年を通してウリをやってる女がちょろちょろいるのですが、夏はその数がグンと増え、女の子のレベルもアップします。ちなみに交渉時はススキノの激安ソ—プの話題を振ると、値段が下がりやすいです。わんさかエリア通りを一本裏に入った路地実はこの近辺、数年前まではどうってことない繁華街でした。ロクな飲み屋がないうえ、ヌこうと思っても、しようもない裏風俗があるだけ。でも最近「大門横丁」というオシャレな...

    記事を読む

  • 2019/07/30エロ漫画アダルトコミック

    こいつはテニスサークルの後輩ミドリイケメン好きなようで俺なんかは相手にしてくれない彼女の部屋の配置がおおよそわかってきた人気を集めるスマホアプリ「写真カプセル」をご存知だろうか。ネット上にアップされた写真を、パスワードを入れるだけで共有できる便利な代物だ。このアプリ、ここ数年はそのパスワードを第三者が見つけ出し、他人のプライベート写真を勝手に覗き見する事象が起きている。この写真カプセルを使ってちょ...

    記事を読む

  • 2019/07/29突撃リポート

    サッポロビアガーデン公園内のステ—ジでジャズやフラダンスのライブが行われており、屋台で酒とつまみを買ってそこらへんの席や地べたに座りこむ人が多い。真面目にライブを見ているのは老人やオッサンばかりで、若者はその場の空気を楽しんでいることがほとんどだ。ステージの裏側では男も女もシ—卜を敷いて宴会が開かれている。またライブは時くらいで終わってしまうので、その後は屋台の周りでブル—シ—卜を敷いて飲んでいる。深...

    記事を読む

  • 2019/07/29エロ漫画アダルトコミック

    おれら民宿とってあるから来なよ怪しいし〜シャワーもあるし、一緒にビールでも飲もうぜ夏のビーチで即ヤリを狙うなら、民宿は欠かせないアイテムだ客同士が同じ場所で飲むかスケベな展開に乱痴気騒ぎをくり返すどうやら、こっちは了承済みらしいまあ、見るからにドスケベそうな女だハプバーに観光の白人女を引っ張ってくるナイスな黒人も!近ごろ街中で、やたらと白人観光客の姿を見かける。これを機に、素人の金髪ネーチャンと一...

    記事を読む

  • 2019/07/29素人エロ画像

    オカズが乏しかったころはよく、ニッセンのカタログの下着ページを使ったものです。別にナニが見えるわけでもないんだけど、この無機質なポーズがかえっていいんだとむりやり思い込んだりして。で、その下着通販。中国のサイトではこんなことになっております。なんつーか、あまりにエロすぎて、本気で下着を売ろうとしてんだかなんだかよくわかりません。まあしかし、これを買えば殿方がよろこんでくれますわよと購買意欲を煽って...

    記事を読む

  • 2019/07/29突撃リポート

          アジア1の歓楽街、歌舞伎町。善人であれ、悪人であれ、普通の人であれ、そこを訪れるすべての者を受け入れるこの街は、有名人を輩出してきた。そして今、彼の地では、また新たに誕生した名物人の噂で持ちきりだ。「行きつけのラーメン屋で男性客に『エッチしよ』とか声かけまくってるらしいすよ」(スカウト)「食った男1千人以上なんだって」(飲食店スタッフ)「自宅がないから、ハプニン...

    記事を読む

  • 2019/07/28エロ漫画アダルトコミック

    オレが祇園のバーに勤め始めたのは3年前観光客向けの一日舞妓体験を利用して…彼女ら舞妓はお茶屋遊びの後のアフターでこの店をよく利用するらしい若い頃に地方から京都にやってきて置屋に寝泊まりしながら修行を重ねる彼女らご存じのように舞妓をお茶屋や料亭に呼ぶのは敷居の高い遊びである最近でこそ一見さんでも遊べるようになったが、客の大半は財界人や弁護士医者など地位も金もあるセレブばかりだ水揚げとは舞妓を愛人とし...

    記事を読む

刑務所から出てきたばかりの女は性欲がタマってる!?

SnapCrab_NoName_2019-7-31_7-30-59_No-00.png
シャバのチンコに飢えてるはずー刑務所から出てきたばかりの女はやはり性欲がタマっとりました
シャバに出たら思いっきりセックスしてやる、好きなだけオナニーしまくってやると考えるのは、なにも男性受刑者だけじゃない。たまりにたまった性欲を持て余すのは女性受刑者だって同じこと。
塀の向こうで待つ恋人を想い、たまに見かける男性看守にムラムラし、彼女たちは夜な夜なひっそりとオナニーに耽る。ああーん、誰かこの火照った体をどうにかしてえ、と。
以前、そんな話を知人から聞いて、目からウロコがーダースほどこぼれ落ちた。そうだったんだ。なんで今まで気がつかなかったんだろ。これって、ムショを釈放された女をナンパすればホイホイついてくると考えられるよねっヤリ放題だよね?だって相手は、性欲マックス状態なんだし。
鼻息あらく作戦を開始したものの、成果はまったく上がらなかった。栃木刑務所では、毎週水曜日の午前9時過ぎに、仮釈放となった女たちが正門から出てくる決まりになっている(広報に電話をかけたらあっさり教えてくれた)。
おれとしては、まず門の外で待ち伏せをし、手ころな女に声をかけるつもりだったのだが、見事に目論みが外れてしまった。どの女も出迎えに来た家族の車に乗ってしまうため、接触すらできないのだ。ま、考えてみれば当然の結果かも。
だけど全員が全員、身内の出迎えがあるとも思えない。諸事情のため、ひとり寂しくムショを出ていく女だっているはずだ。辛抱強く作戦を続行して3週目、ついに待望の瞬間が訪れた。正門からトボトボと現われた、ひとりの若い女。スッピンの顔と両手にぶら下がった紙袋は、まさしく彼女が釈放されて間もないことを証明している。
見た感じ20代後半ってとこか。しばし観察を続けたが、やはり迎えが来る様子はない。あいにくの小雨模様のなか、女は傘もささず(持ってないのだろうが)刑務所そばの国道に出た。タクシーでも捕まえる気だろう。逃がすか。
「ねえねえ、どっか行くなら送ってこうか」
女のそばに車を停め、声をかける。驚きの表情を浮かべた彼女は、やや間を空けて口を開いた。
「…野州大塚駅に行こうと思って」「お安い御用だよ。乗って」「えーでも」「ここ、あんまりタクシー通らないよ。洋服も濡れちゃうし、ほらはやく」「…あ、うん」
第一関門突破ー
女を車に乗せてからファミレスに誘うと、あっさりOKの返事が出た。口数こそ少ないものの、どこか楽しそうに見えるのは、やっばチンボに飢えてるからなのか。力レーをパクつきながら何気なく聞いてみる。
「あんな何もないところで何してたのっ」「ん、まあ、ちょっとね」
さすがに初対面の人間に「ムショかり出たばかりなの」とは言わないか。歳は27とのことだが、いったいどんな罪を犯したのやら。あらためて、女の様子を観察する。コケシみたいなのっぺり顔は57点だが、推定D力ップの乳はなかなか操みこたえがありそうだ。外見上から、彼女がムラムラしてるかはわからない。というか、先ほどからおれの話などうわの空でパフ工をほおばってるってどういつことよ?夢にまで見た(ハズの)『オトコ』が目の前にいるというのに
「いま彼氏とかいるのっ」「ずーっと前にわかれた」
「ふうん。ところでこのあと予定とかあるの?」
「タ方までに干葉に行かなきゃいけないんだよね」
「それまでヒマなんだっ」
「そうなるのかなあ」
おやおやーっこれって暗に誘ってるっムラムラきてるわけっ
ファミレスを出て、そのまま国道沿いのホテルに突入した。女の顔に抗議の色はない。ただ黙ったまま、紙袋のヒモを弄んでいる。ひさしぶりのことで緊張しているのかと思いきや、部屋に入ってキスをかますと女は急に積極的になった。ちぎれそうになるほどおれの舌を吸い、はげしく抱きついてくるのだ。案の定、パンツをはぎ取った股間はグショグショに濡れている。うれしくなり、クリトリスを思い切り証め回す。
「うっ、うううう、やだあ、あはあ」いいねいいね。んじゃ、お次は手マンをば。
「くーーーーー、あはあ、うううっ」
押し殺したような端ぎにド興奮。辛抱タマらず、仰向けにした女に思いきり挿入する。ブスリ。
「んーーーーーー」「気持ちいいのか、えっ感じてるんだろっ」
「うん、気持ちいい。気持ちいいのーー」
女は一度イってからも、しつこくチンポをくわえ、挿入をねだった。その様は、まさにセックスマシーン。いやーうれしいっす。努力が報われて。
「アタシさ、実は今日、刑務所から出てきたの」
汗だくでベッドにぶっ倒れてるおれに、突然、女が語りはじめた。やはりといっか原因はシャブで、今回が3度目の懲役だったという。累犯者ともなるとこんな告白など慣れっこなのだろう。
「へえ。じゃ、やっばタマってたの?」
「じゃなきゃ、わざわざついて来ないっしよ」
女のことばを信じ、おれは現在もムショ前でのナンバをせっせとくり返している。が、以降の戦績は。勝3敗。ビギナーズラックだったんでしようか?
カテゴリ

ゲイ専用のハプニングバーでアナル処女を死守する

SnapCrab_NoName_2019-7-31_6-41-27_No-00.png
新宿2丁目には、世にも恐ろしい場所がある。ゲイ専用のハプニングバ—だ。重要なことなのでもぅ一度言ぅ。ゲイ専用の「ハプニングバ—」である。公園やサウナなどの公共のハッテン場と異なり、ここへ立ち入ることはすなわち「自分、ヤル気マンマンのゲイです。ハプニング大歓迎です」
とアピールすることに他ならない。
たぶん、無傷での帰還は望めない。でもせめて、せめてアナル処女だけは死守するつもりっす〇
SnapCrab_NoName_2019-7-31_6-42-4_No-00.png
目的の店は、2丁目メインストリートから1本わき道に入った、雑居ビルの地下にあった。ふう〜。大きく深呼吸してからトビラを開ける。
「いらっしゃいませ〜」
店の奥からオネエ言葉が飛び、続いてガチムチ従業員が現われた。
「あら、ご新規さん?」
「はい。大丈夫ですか?」
「もちろん大歓迎よ〜。じゃあ服ぬいで」
「えっ、いま?な、なんで?」
「今日は裸デーだもん」
この店、曜日によって普段着デー、下着デーなどいろいろなドレスコードを設けているとのことだが、よりにもよって最悪な日を選んでしまったみたいだ。仕方なく、受付け前のロッカーでスッポンポンになった。ただし靴は履いておくよう言われたので、ブーツはそのまま。完全無欠の変態スタイルである。早くもブルーになりながら布の仕切りをくぐって奥へ。そこはタタミほどのスペースで、向かって左側にL字型のバーカウンターが、右側には2人掛けのベンチが配置され、さらに暖簾のかかった出入り口らしきものが2カ所ある。きっとその先には、いちゃいちゃスペースがあるんだろう。肝心の客は9人。メインで外国人の姿もある。もちろんみな素っ裸で、一見すると健康ランドの脱衣所のような光景だが、妙な圧迫感を覚えるのは、彼らが談笑しつつも常時チンコをしごいてるからだ。いつナンドキ起きるかわからぬハプニングに備えているのか。
男たちの刺すような視線を全身に受けつつ、おずおずとカウンター席に腰を下ろす。間髪いれずに隣の地味な男が話しかけてきた。
「あなた、カワイイわれ」
「あ、そうですか。ありがとうございます」
「モテるでしよ」
「全然ですよ」
「そうなの?ねえねえ、好きな芸能人って誰?」
反射的に「スザンヌです」と言いそうになり、慌てて飲み込んだ。イカンイカン。今日はゲイ設定なのだ。
「う-ん、キムタクですかね」
「やだもう。アナタ古すぎよ」
その後、他の連中ともちょこちょこつと会話をかわしたが、和やかムードは変わらなかった。てっきりピラニアのように襲いかかってくるのかと身構えていただけに肩透かしを食らった気分だ。ふと視線を感じて隣をみると、先ほどの地味男が勃起したチンコをうりうりと見せつけている。イスの上でM字開脚の体勢をとりながら、うっとりと。
「はあはあ、ほら見て。すっごくカタくなってきたの」
正視に耐えられず、席を移った。気を落ち着かせようとタバコをスパスパと吹かす。と、そのとき、二の腕に何かがコッンと当たった。ゾワッと寒気が走る。この熱くて堅い感触って…。
「ねえ、紙めてあげようか」耳たぶになま温かい息が吹きかかる。振り返れば、そこにはスキンヘッド男が。「あん、あん、あん」
「おおう、おおう、おおう」
SnapCrab_NoName_2019-7-31_6-41-52_No-00.png
「照れ屋さんなのね。じや後で、絶対ょ」
ヤベー。どうしよ。トイレから戻ると、様子が一変していた。終電時間を過ぎたためか、客の数がドッと増えている。座る場所が見つからないほどの混雑ぶりだ。
そして耳を澄ませば、大音量のテクノミュージックに紛れて聞こえてくる不気味な喘ぎ声。
「ァッ、ォォ、ゥッ」
ついに、いちやいちやスぺースでも宴が始まったらしい。
それも2人の声じゃない。少なくともその倍はいそうだが、中を覗くだけの来はまだ1ミクロンもゎ
ぃてこなぃ。
とにかく酔うしかないとビールをゴクゴクあおる。
そこへまた新たな男が近寄ってきた。
「はじめまして。俺、沖縄からきてるんだょね」
歳は20前半。爽やかな風貌の、いわゆるィケメンだ。さぞ女にモテそうなのにもったいない〇
「楽しいですか2丁目は」
「パラダィスだね」
男はニッコリと笑い、まるで握手でもするかのように俺のチンコを握った。あまりにも動きがで、避けるヒマさえない。
「あれ?フニャフニャだね。緊張してる?」
こちらの表情を伺うように、男の手がゆっくりと、しかし確かな技術でチンコをしごきはじめる。ス〜コ、ス〜コ。
いくらこすっても一向に勃起しないチンポに業を煮やしたのか、男は
「また後でね」と言い残し、いちゃいちゃルームに消えていった。
代わって現われたのが、先ほどのスキンへッドである。
「あなた、まだ奥に行ってないでしょ」 
「ぇぇ」
「一緒に行かない?」 
誘いに乗れば製われるのはわかりきっている。どころか他の連中にもオモチャにされて、蜂の巣になるだろぅ。でも、いちやいちやスペースこそがハプバーなんだしなあ。
よし、とりあえず行ってみるか。
ただし、入り口から様子を伺うだけ。
中には
:
入らん。
SnapCrab_NoName_2019-7-31_6-42-4_No-00.png
スキンへッドに手を引かれ、入りロの暖簾をまくつた。汗と精子の混ざった不快なニオィがプーンと鼻をつく
「あん、あん、あん」
「おおう、おおう、おおう」
目の前の光景は、ちょっと言葉ではいい尽くせない地獄だった。縦長の細長いスペースに男たちが重なりあっている。アナルに挿入してる幸頁ケシを掘られながら別のチンコをくわえる耳さらには挿入と被挿入を同時にこなす、トコロテン男までいる。いかん。頭がクラクラしてくる…。
想像を絶するカオスっぷりに、一気に腰が引けた。もう十分だ。巻き込まれんうちにとっとと帰る-つと。と思って、こっそり入り口から離れようとする俺の腕を誰かがガシっと掴んだ。え、ち、ちょっと!
「ほ〜ら、新入りくんがやっと来てくれたぞ」
「せっかくなんだから一緒に楽しみましょうよ〜」
拷問が始まった。四方八方からのびてくる手に乳首をつれられ、チンコをしごかれた。
悪夢は怒濤のように続く。例のスキンへッド男が、俺の足下にひざまづいたのだ。げ、まさか! 一
「いつただつきま〜す!」 
やられた…〇
ただただ気色の悪い汁気たつぷりのねっとりとしたフェラだ。
「ちょつと待つて。お願い、待ってください!」 
「気持ちよくないの?」
「いやそういう問題じゃなくて」
「だったらいいじゃ一ん」
他の男たちもどんどん仕掛けてくる。気がつけば、右手に見知らぬ男のチンコを握らされてるわ、大事なアナルをごつい指がツンツンしているわと、シャレにならない事態に追い込まれていた。
もぅ無理す、ガチ

【エロ漫画】県庁で働く世間知らずな真面目なOLとエッチできた体験談

0028_20180919134236539_20190815202618b6c.jpg0029_201809191342379e1_20190815202620e74.jpg0030_20180919134238c98_201908152026217f1.jpg0031_20180919134240cbb_20190815202623417.jpg0032_2018091913424141c_20190815202624560.jpg0033_20180919134243432_2019081520262640c.jpg0034_20180919134244022_201908152026274cb.jpg0035_201809191342468ef_20190815202629596.jpg0036_20180919134247c56_201908152026302c6.jpg0037_20180919134249c5a_20190815202632e7a.jpg0038_2018091913425032e_20190815202633bc1.jpg0039_201809191342521f8_201908152026355f9.jpg0040_20180919134253c98_20190815202636eab.jpg0041_20180919134255449_20190815202638e56.jpg
この仕事、半年に2 回だけ棚卸しがある
休みの日に行うので担当者と2人きりになるまたとないチヤンスだ
あの2人不倫してた上に、オフィスラブをハメ撮ってたのかあ
普通に考えればそんなものを机に
置いておくわけないのに。
このハメ撮りも使えるな
やはり県庁の女は世間知らずのようだ

夏になると援助交際女子が立ちんぼする場所

1_20200122164406b1f.jpg2_202001221644080c6.jpg3_20200122164409b00.jpg4_20200122164411e82.jpg5_20200122164412202.jpg6_202001221644147db.jpg
このア—ケ—ド、1年を通してウリをやってる女がちょろちょろいるのですが、夏はその数がグンと増え、女の子のレベルもアップします。
ちなみに交渉時はススキノの激安ソ—プの話題を振ると、値段が下がりやすいです。
わんさかエリア通りを一本裏に入った路地
実はこの近辺、数年前まではどうってことない繁華街でした。ロクな飲み屋がないうえ、ヌこうと思っても、しようもない裏風俗があるだけ。
でも最近「大門横丁」というオシャレな飲み屋街ができ街が活気づきました。夏の夜にはエンコ—女も出没します。裏風俗エリアへ続く裏路地を
のぞいて下さい。露出多めのファッションで向こうから流し目で誘ってきます。
青森駅前の電話ボックスに、エンコ—待ち女が入ってます。
かつて青森にテレクラがあつた時代、駅前から電話をかけていた女が多かったのですが、そのときの名残りか、女連中は電話ボックスで待機するのです。
雪国青森の場合路上にエンコ—女が出てくる時期はごく短い時期だけ。興味のある方はチャンスを逃さぬように。
仙台のネオン街から少し離れ遅い時間帯が狙い目です
普段はバパアしかいなけど、夏は20代も立ちはじめる。
若いのはすぐ売れる。見つけたらソッコ—で声をかけ近くのラブホへ向かいたい。7月上旬時点で、細身の金髪ウィッグギャルが確認されてます。
ひさご通りこの道の駅と国道13号を挟んだ向かい側にテレクラがある。
東京渋谷ドンキ前
夏の渋谷には、若い子がわんさか集まってきます。遊ぶ金をる女が増える。作るためにウリをやる女の子も連中の大半は、道の駅の駐車場からテレクラへ電話をかけている。ポイントはそこ。女が1人で意味なく車にいたらその手合いと思っていいだろう。駐車場で直接声をかけても、エンコ—に応じてくれる。チャレンジされたし。夜の時間帯、場合によっては駐車場で力—セックスに応じています。このドンキは、ラブホ街の入りロというロケ—シヨンのせいか、店の前がエンコー待ちスポツトになってます。ポイントは女のレベル。「キミがエンコ—やってんの」と思うような人間もザラ。上戸彩や北川景子クラスが本当にいます。ただし、未成年も多いです。注意しましよう。
歌舞伎町のエンコ—スポットでは「ハイジア」が有名ですけいつもはおばちゃんばかりでど、夏場はこちらもチエックしす。エンコ—というよりも立ちんぼスポットといったほうがいい
セミプロのような常連がゴロゴロいるハイジアに比べ、こちらはその日だけの単発厶スメが。
ただし、夏は若い子も現れます。上野あたりのエンコ—娘がこちらに流れてくるのです。素人セックスをちやんと期待できます。
ちなみにプレイ場所には、近所のレンタルル—厶を使うとリ—ズナブルです。
夏は路上にエンコ—女が増えるため、警察の目が厳しくなるのですが、下町のこのスポットは比較的それが緩いのです。
浜松では有名な立ちんぼスポツトです。夏場は他の市から遠征してくる子や外人もいます。
外人は南米系でノリがいい。沢尻エリカばりの半ケッパンツを履いてるうえ、夜間なら近くの健康ランド「バ—デンパ—デン」駐車場で力—セックスにも応じてくれます。
乗り換え駅になっているせいか、昔から駅前でエンコ—が盛んに行われてきました。しかし、近ごろは出会いカフェができ、路上に立つ子が減りました。それでも夏場は女の子が現れます。北口ミスド、マツキヨ、松屋前などをチエック。控えめなM字開脚座りでパンチラアピールしてたりするのですぐにわかるでしよう。
今年の京都は例年以上に観光客が入ってます。というわけで、繁華街四条河原町は大繁盛。この熟女立ちんぼスポットにもおばちゃんたちが増殖してます。
このスポットは、学生の夏休み期間に女の子が出没するんですが、未成年が多いだけに注意が必要です。友達とノリで3Pエンコ—しちゃうような子供がザラ。しかも、大人びてる子が多く、だいたい「
18だよ」とウソをつく。危なっかしいったらありません。
特に、なにわ淀川花火大会が開催される8 月上旬は、はっちゃけた未成年が多いです。くれぐれも気を付けましよう。
広島市内のエンコースポットには近ごろ福山市からの家出女が増えてます。警察の取り締まりにより、福山市の裏風俗が壊滅的になったからです。
夏に女が多くなるこのスポッ卜でも、同じような傾向が見られています。で、家出の連中は寝床の確保を兼ねてエンコ—してますから、「1万で朝まで」なんて交渉もザラに成立します。
かつては総額1万円の一発屋旅館が並んでいたのですが、近ごろは1 軒しかなくなりました。
それに伴い、立ちんぼが現れてます。
夏場はその数が増えます。プレイは近くのラブホを使うのですが、昔のなごりか、相場はホテル代込み1万円です。
女の子が立ってるところに、車を横付けして交渉するというドライブスル—形式のエンコ—スポットです( 車でなくてもアプロ—チは可能) 。
エンコ—スポットよりもナンパ色が強いため、声のかけ方が下品だと相手にされません。駅前の屋台の「久留米焼き鳥」を買って渡すくらいのノリで正解です。
佐賀方面からも女の子が来るこの人気スポット、駐車場内での逆ナンエンコ—もあります。辻町のソ—プ街が近くにある昼はすがすがしい公園ですが…
そこの料金相場1万6千円よりも安く女を買えるために、風俗好きの連中に重宝されています。
ここは更衣室、海の家だけでなく、なんと駐車場もない。海岸沿いの道路に路駐しながら、後部座席などで着替えるしかないのだ。国道135号線を流しながらチラつと見ることができる。
有名な海水浴場なので客が多いのだが、こちらも海の家•更衣室が設置されていない。着替えるためにわざわざ小さなテントを用意している人もいるが、強風でチラチラと中が見えてしまう。
静岡
林の中でごそごそ中野海水浴場
地元民しかいかないような海岸。海の家や更衣室などはないので、海の前に車を止めて車の陰で隠れてサーフィンやボディボードのウエツトスーツに着替える子が多い。
舞子水泳場
狭くて(一人1畳ないほど)人とぶつかる更衣室、シャワールームの料金(500円)がバカバカシイと、ケチる女たちが車や木陰で生着替えをはじめる。
着替え場所が極端に足りない
海水浴や潮干狩りでやってくる客が非常に多いのに対して、海の家はなぐ更衣室も10力所しかないから、並ぶ。自然と駐車場に隠れて着替えることになる。潮干狩りで疲れて車の後部座席で寝ている主婦も見受けられる。
津屋崎海岸
シャワールー厶の作りがしよぼいため(ボロボロのコンクリートに窓までついている)、駐車場や海岸の南にある木陰で着替える女が大量に民家の裏で一斉に
「青の洞窟」の名がついた有名なシュノーケリングのスポット。ツアーの参加者は事前に着替えているが、個人でやってきた人は、更衣室等がないので潜水地点すぐ横の岩場で着替えることになる。
透きとおる海として女性に人気のある海岸だが、更衣室は一つも設置されていない。駐車場も30台分しかないので、横にある民家の裏で地元の大学生グループなんかが一斉に着替えはじめる光景が見られる。
大原海水浴場
若者をターゲットにしたビーチで客も多い。それゆえ更衣室や無料駐車場もパンパンなので、近くの国道にあるコンビニの駐車場で着替える人が大量にいる。
京都市上京区
主に週末、付近のヨガ教室が「野外ヨガ」を開催している(男性の参加可)。が、御苑内には着替える場所がない。それを知らないでやってきた主婦などがトイレで着替えようとするが、これもいっぱいで泣く泣くトイレ裏の木陰で着替えることになる。

【エロ漫画】彼氏とのSEXも着替えも盗み見!後輩巨乳のOLの私生活を覗き見していた男

0212_201809221217098e1_20191025141441d9a.jpg0213_20180922121710928_201910251414434f0.jpg0214_2018092212171113f_20191025141444da6.jpg0215_20180922121713e6d_20191025141446d32.jpg0216_20180922121714948_20191025141449743.jpg0217_20180922121716274_2019102514145108b.jpg0218_20180922121717c63_2019102514145216d.jpg0219_2018092212172038d_20191025141455389.jpg0220_20180922121720553_20191025141455182.jpg0221_2018092212172297d_20191025141457e72.jpg0222_20180922121723632_20191025141500f4c.jpg0223_20180922121725c96_20191025141503e65.jpg0224_2018092212172660d_20191025141504295.jpg0225_20180922121728374_20191025141507a12.jpg0226_20180922121729baa_20191025141508243.jpg0227_201809221217319e9_20191025141509042.jpgこいつはテニスサークルの後輩ミドリ
イケメン好きなようで俺なんかは相手にしてくれない
彼女の部屋の配置がおおよそわかってきた

人気を集めるスマホアプリ「写真カプセル」をご存知だろうか。ネット上にアップされた写真を、パスワードを入れるだけで共有できる便利な代物だ。
このアプリ、ここ数年はそのパスワードを第三者が見つけ出し、他人のプライベート写真を勝手に覗き見する事象が起きている。
この写真カプセルを使ってちょっとした小遣い稼ぎに勤しんでいるやつがいる。

順を追って説明しよう。
まず、ネット上から適当にエロ写真を拾ってきて写真フォルダを作成する。いかにも
それっぽい「釣りタイトル」をつけて。
︿JCとエロイプ﹀
︿こじんてきおきにいりどうが﹀こんな感じだ。
続いて、これらの写真フォルダのパスワードを、解析した第三者のふりをして2ちゃんねるに書き込む。「パスワード、判明!」みたいに。この作戦の成功の秘訣はここにある。というのも、これらの掲示板には日々パスワードを見つけ出すために血眼になっているスケベ男たちがうじゃうじゃおり、新しいパスワードが書き込まれた瞬間、我先にとダウンロードを始めるからだ。むろん、オレの写真フォルダにも男たちは殺到する。
一定の期限を過ぎたフォルダはダウンロードが有料になるが、第三者が「見つけた」ことになっているエロ写真は需要が高く、欲望を刺激されたスケべどもはこぞって有料ダウンロードしてしまう。

夏のエロいクラブイベント・ビキニナイト|夏の男女が出会えるビアガーデン・ビアテラス

0090_20190729193542c60.jpg0091_20190729193543ae9.jpg
0092_20190729200630f32.jpg0093_2019072920063147e.jpg
サッポロビアガーデン
公園内のステ—ジでジャズやフラダンスのライブが行われており、屋台で酒とつまみを買ってそこらへんの席や地べたに座りこむ人が多い。
真面目にライブを見ているのは老人やオッサンばかりで、若者はその場の空気を楽しんでいることがほとんどだ。ステージの裏側では男も女もシ—卜を敷いて宴会が開かれている。
またライブは時くらいで終わってしまうので、その後は屋台の周りでブル—シ—卜を敷いて飲んでいる。深夜までその状態が続くので酔っぱらい女子も大量に発生する。屋台で焼きそばなんかを買ってやるだけで会話はスタ—卜する。
〜天空の街〜
1年を通してオープンしている多国籍ビアガーデンだ。インド・タイ・シンガポールなど、1フロアに8軒のアジア料理を楽しめる店が集結している。フロアの真ん中にテーブルとイスが設置され、それを囲むように店が並んでいる。客は自由に席を決めてから食べたいものを買いに行くシステムだ。
この店ではそれぞれの国のビールを飲んで味比べをするのが一般的なので、各種ビールを買い集めて女子グループの隣に陣とる。
明治記念館
夏限定で開かれているビアテラスだが、週末になるとテーブル席が足りずに目の前の芝生で飲み始める人が出てくる。もっとも人が多いのは、神宮外苑花火大会の日だ。花火を近くで観覧できる穴場として知られており、芝生のほとんどにブルーシートがひかれ、寝転がりながら花火を見るグループで埋めつくされる。多くが会社帰りのOL連中だ。花火を見あげながら飲むから酔いもまわりやすいのだろう。ギャアギャアと大声で騒ぐ子がけつこういる。料理や酒の値段設定が高め
(枝豆の盛り合わせ¥1050など)なので、つまみを持って声をかけるとけつこう喜ばれる。
公園内のステ—ジでジャズやフラダンスのライブが行われており、屋台で酒とつまみを買っ
てそこらへんの席や地べたに座りこむ人が多い。
真面目にライブを見ているのは老人やオッサンばかりで、若者はその場の空気を楽しんでいることがほとんどだ。ステージの裏側では男も女もシ—卜を敷いて宴会が開かれている。
またライブは時くらいで終わってしまうので、その後は屋
台の周りでブル—シ—卜を敷い
て飲んでいる。深夜までその状態が続くので酔っぱらい女子も大量に発生する。屋台で焼き
そばなんかを買ってやるだけで会話はスタ—卜する。
テント内に400席、外の広場に600席が設けられている巨大ビアガーデンだ。1日5万人以上の入場者数を誇る。ここでは楽団の演奏にあわせ、
「乾杯の唄」をジョッキを掲げながらみなで合唱することになるのだが、ドイツ語なのでほとんどの人が歌えない。ただ一つわかるのは、最後の今カンバイ今という言葉だけだ。
このときに隣の人と乾杯するのが決まりなので会話がスタートしやすい。
大矢浜海水浴場に隣接してビアガ—デンが才—プンしている。海辺のビアガ—デンは珍しいのか、地元の人間だけではなく観光客もチラホ見うけられる。
本来は設置されたテ—ブルで飲むのだが、地元人はそのまま砂浜に寝転がって飲むので観光客もそれをマネして腰をおろす。波の音やキレイな星空など、いかにも女が喜びそうなシチュエ—シヨンにまんまと魅了され「キレ—イ」「超いいカンジ」と騒ぎだす。砂浜なのでもちろん決まった場所で飲む必要はない。女の隣でそれを眺めるもよし、声をかけてみるもよし。ロマンチックな光景に女のガ—ドも緩んでいる。
北は北海道から、南は沖縄まで、夏になると全国数十力所のクラブでツア—を行つビキニイベントであるビキニ着用の女性は入場料無料。おそらく規模は日本一だろう。
その集客力は尋常ではない。例えば西麻布の某クラブで開催されたときは、軒先に数百人にも及ぶ長蛇の列ができ、フロアはエロ〜いビキニギャルで芋洗い状態だった。片や男性客は、ギャルたちをガン見し、おさわりし、ナンパしと、ワツシヨイワツシヨイのお祭り騒ぎ。お近くのクラブで行われるときはぜひお立ち寄りください。
渋谷で最も盛り上がっているビキニイベントがこちら。毎月第二月曜日に、タレントの紅音ほたるが開催しているのだが、最大の特徴はビキニギャルのみならずミニスカギャルも多いことだ。理由はカンタン。ミニスカを履いていくと、入場料金が安くなるのであるビキニは無料、ミニスカが千円。あっちはビキニ、こっちはミニスカと見ている野郎どもは生唾ゴックンだ。しかもミニスカギャルたち
が、お立ち台に上って踊り狂ううちに、スカ—卜がペロっとめくれて、パンチラまで拝ませてくれるからタマラナイ。夏のすばらしさを実感できること請け合いだ。
毎年月末月末まで、逗子海岸にできる期間限定のクラブライブハウスである。前のビ—チで泳いでいる客が、そのままの格好で入場できる趣向だ。当然ながら、フロアには水着ギャルがわんさかいるわけだが、さらにオイシイのは、男も水着姿で入場できる点。そう、男と女の肌と肌が触れあうチャンスができるのだ。
狙い目は、混雑が予想される週末のイベントだろう。芋洗い状態になれば、ダマっていても周りの客と密着するので、あとは、これはという女のコの近くにさりげなく近寄っていけばい水着ギャルが
タダ飲みでグデングデンに大阪では毎年、夏になると様様なクラブで水着イベントが開催される。中でも最も盛り上がるのがこちらで女性は水着で入場料無料、なんと男女共に酒を始めとしたドリンク類が無料で飲み放題なのだ。まず水着ギャルたちはカウン夕—でカクテルなんぞを注文しつつ、踊りながら飲みまくる。何杯飲んでもタダなんだから、
当然ちや当然だ。才—プンから時間もたてばあたりはよっぱらいだらけだ。
いつしか、抱きつこつがキスしようが、何でもアリのハ—レ厶状態に。こんな天国、他にはない。ビキニイベントをよくやっている沖縄のクラブである。今夏のスケジュ—ルまだ未定ながら、もし行われれば異様な盛り上がりを見せることは確実だろう。
なにせ沖縄のクラブは、スタイルの良い美人率が高いことでつとに有名。そんなコらのビキ二が拝めるだけでも生唾ごつくんだ。加え、南国特有のノリも手伝つてか、ハグくらいなら無問題。男女ともに酒類がタダ泡盛もあり!なのも、色々な意味でプラスに働くのは言うまでもない。

【エロ漫画】夏のビーチでナンパ即ヤリ乱交飲み会!大学のヤリサーののりのような民宿

0028_201809181813302f0_20191025142031e9d.jpg0029_2018091818133126d_20191025142033acd.jpg0030_20180918181333705_20191025142034f1e.jpg0031_201809181813344cb_20191025142036e83.jpg0032_20180918181336464_20191025142037519.jpg0033_20180918181337dcd_201910251420399f8.jpg0034_20180918181339ab1_201910251420400f4.jpg0035_20180918181340def_20191025142042e0f.jpg0036_201809181813420b6_20191025142043b17.jpg0037_20180918181343093_20191025142045edc.jpg0038_20180918181345642_20191025142046f55.jpg0039_20180918181346612_20191025142048c0f.jpg0040_201809181813487f4_201910251420495b7.jpg0041_20180918181349970_201910251420519ab.jpgおれら民宿とってあるから来なよ
怪しいし〜
シャワーもあるし、一緒にビールでも飲もうぜ
夏のビーチで即ヤリを狙うなら、民宿は欠かせないアイテムだ
客同士が同じ場所で飲むかスケベな展開に
乱痴気騒ぎをくり返す
どうやら、こっちは了承済みらしい
まあ、見るからにドスケベそうな女だ
ハプバーに観光の白人女を引っ張ってくるナイスな黒人も!
近ごろ街中で、やたらと白人観光客の姿を見かける。これを機に、素人の金髪ネーチャンと一発ヤリたいなんて考えてる裏モノ読者もかなりいるだろうが、俺がこれから紹介するのは、そんな人たちへのヒントになるような話だ。今春。歌舞伎町にあるハプバー「B」をはじめて訪れたのは、特に目的があったからではない。普段、ハプバー遊びといえばもっぱら渋谷に繰りだしている俺だが、たまには河岸を変えてみようと足を運んでみたまでのことだ。Bの店内は、広すぎず狭すぎずのほどよい空間で、客は男女ともそこそこの入り。年齢層は30オーバーがメインってところだろうか。しばし様子を見てから遊ぼうかと考えていた折、ちょっと変わった男客が現れた。立派なガタイの黒人ニイチャンだ。ほう。ひま潰しに話しかけてみると、その日本語ペラペラの黒人は、この店の常連らしく、実に気さくでスケベなキャラだった。そして、日本の女は最高だの、エロいだのと散々くっちゃべった挙げ句、こんなことを言うのだ。
「外人オンナ好き? もしそうなら明日もここにおいでよ」
彼はいう。今日の昼、新宿でオーストラリアから来た白人娘3人組をナンパし、ハプバーの話をしたところ、向こうからぜひ行きたいとせがまれたのだと。
「今日は来ないの?」
「うん、用事があるんだって。だから明日の夜、アルタ前で待ち合わせしてる」
ホントかなぁ。外国の旅行者がいきなりハプバーに来るだなんて。キミのナンパがしつこいから、適当にあしらわれただけなんじゃないの?ところがそれから1時間もしないうちに、疑念はきれいさっぱり打ち消されることに。黒人クンの顔見知りで、これまた店の常連だという白人青年が、ナイスバディな白人ギャル2人を従え店にやってきたのだ。黒人クンに誘われるまま歩み寄ると、その白人青年が流ちょうな日本語で説明する。「彼女たち、1週間前にアメリカから旅行に来たんだって。ハプニングバーに興味あるっていうから連れてきたよ」
え、てことはこの娘たち、ヤル気満々? 欧米人って本当にこんなにアグレッシブなの? マジかよ!マジだった。ひとまず黒人クンと白人青年が彼女たちとプレイルームで一戦まじえたあと、俺にも幸運のバトンが回ってきたのだ。ヤンキー娘2人組のうち、ショートヘアのボインちゃんが、俺の耳にささやく。
「ユー・ワナ・ファック・ウィズ・ミー?(私とヤリたい?)」「イ、イエス!」
 さほどに英語に自信がないため、スムーズな意志の疎通は望むべくもないが、いざ合体すれば言葉など要らない。生まれてはじめての西洋ボディを、俺は存分に堪能した。
 翌日、夜。ふたたびBへ出向くと、例の黒人クンがすでにソファでくつろいでいた。そしてその傍らには半裸状態の白人娘3人と、彼女たちを囲むようにして座る日本人男が数人。状況からしてすでに乱交が一戦行われたあとのようだ。が、落胆する必要はなかった。しばしトークタイムを挟んだあと、すぐに2回戦がスタートし、俺も難なくそこに参加することができたからだ。しかも女性陣は、オーストラリアの3人娘だけでなく、黒人クンの誘いに乗った日本人女2人も加えての大乱交である。プレイルームは白、黒、黄色の肌が混じり合う、文字どおりのカオスと化した。楽しすぎる!
 だがこの話にはまだ続きが。Bを出る際、白人娘たちに合法ドラッグを持っていることを伝えると、彼女たち、大喜びで俺と黒人クンを宿泊先のホテルに招いてくれたのだ。それから翌日夕方まで、狂ったようにフィーバーしまくったのは言うまでもない。
 黒人クンや白人青年は、現在も精力的に街で外人観光客をナンパし、Bに連れこんでいる。毛色の変わった国際交流をお望みの方は一度、足を運んでみてはどうか。最低限の英語力は必須だが、今までにない、新鮮な楽しみを味わえることだけは保証する。

【エロ画像】中国の下着通販サイトがとんでもなくエロい

1_20200122163855e9d.jpg2_20200122163800843.jpgオカズが乏しかったころはよく、ニッセンのカタログの下着ページを使ったものです。別にナニが見えるわけでもないんだけど、この無機質なポーズがかえっていいんだとむりやり思い込んだりして。で、その下着通販。中国のサイトではこんなことになっております。なんつーか、あまりにエロすぎて、本気で下着を売ろうとしてんだかなんだかよくわかりません。まあしかし、これを買えば殿方がよろこんでくれますわよと購買意欲を煽っているとも言えるわけで・・・
干されたパンティから妄想する
はいてるとこを見たいですよ。股間に貼リ付いてるとこを見たいですよ。でもなかなかぞういうワケにいかんので苦肉の策ってことで。他人のパンティを干すわけがないので、あれは奥さんのものです。奥さんのオマタからしみ出た液体を受け止めムレムレ空間を作り出したパンティ。それがあれなんです。頭の中でうま—くして、鼻息を荒くしましよう。でも執い余って盗んではいけませんよ
ありがとうございますと言うしかありません。ハイウエストスカ—卜、よくぞ編み出してれました。ぞこ、まさにそこをキユツと絞るべきだと思ってたんです。偉大に見えるのは、地上からいきなりすくっと立っているから。あれだったらただの山です。おっぱいも一緒ですね。

【エロ画像】風俗は天職・経験人数1000人越え!稀代の精液ハンターヤリマン美女

0021_20180608120836a07.jpg 0022_20180608120837a84.jpg 0023_201806081208391a8.jpg 0024_2018060812084042d.jpg 0025_20180608120842770.jpg 0026_20180608120843d68.jpg 0027_20180608120845ec6.jpg
アジア1の歓楽街、歌舞伎町。善人であれ、悪人であれ、普通の人であれ、そこを訪れるすべての者を受け入れるこの街は、有名人を輩出してきた。そして今、彼の地では、また新たに誕生した名物人の噂で持ちきりだ。
「行きつけのラーメン屋で男性客に『エッチしよ』とか声かけまくってるらしいすよ」(スカウト)
「食った男1千人以上なんだって」(飲食店スタッフ)
「自宅がないから、ハプニングバーに住み着いてるって話だ」(自由業)
その人物の名は、千春(仮名)世にヤリマン女は数あれど、セックス好きにかけては右に出るものナッシングと評判の豪傑である。彼女を知る者はみな口を揃えていう。千春は歌舞伎町が生んだ稀代の精液ハンターだ。あいつが通った後に、勃起したチンコは1本もない、と。
4月某日、夜.新宿コマ劇から歩いて数分の場所で、俺は寒風に震えながら、目の前の古い雑居ビルを見上げていた。ここの2階で営業中のマッサージ店が、話題の名物ヤリマン女、千春の職場らしい。入り口の看板には「女性客歓迎!」などと健全さをアピールする文句が並んでいるが、無届けのヌキ有り店にありがちなカムフラージュであるのは、外装の汚さからして明らか。ヤリマンにはこれ以上ないほど相応しい店じゃないか。大きく深呼吸をしてビル内へ。受付で、いかにも寝起きですといわんばかりの寝癖オバハンに用件を告げる。
「あの、千春ちゃんでお願いしたいんですけど」
「お客さん、前にウチの店に来たことある?」
「いや.ここで何度か遊んだことのある知り合いから、千春ちゃんがイイって薦められたんす」
「あっそう」
安心したようにオバハンが、ヌキ有りコースのメニュー表を出した。一番安い「ヘルスコース(1万円)」をチヨイスし、待つことしぱし。オバハンに呼ばれて待合室を出ると、ナース姿の小柄な女が立っていた。歳は30前後ってとこだ。
「こんにちは・指名ありがとう」
「千春ちゃん?」
「うん、そうだよ」…なんだか、イメージと全然違うんですけど。顔の造作は下の上、といったところだが、受け答えはハキハキしてるし、ヤリマン女にありがちな精神の危うさのようなものも感じられない。実にフッーだ。もしや噂はガセ?一瞬、疑ったものの、シャワーを浴びてプレイが始まると、彼女はすぐさまヤリマンの片鱗をみせた。ジュボジュボと音の出る豪快なフェラを披露してから、トロンとした表情で言うのだ。
「ねえ、入れてイイ?」
「へ?」
「ヤリたくなったの。入れるよ」
「でも、これへルスコースだよ」
「黙ってればいいじゃん」
俺に惚れたというなら話は別だが、追加料金を要求してこない以上、彼女が本番するメリットは何もない。つまり、単にやりたいだけってことになる。でも丁重に辞退しよう。いくらゴムをつけたところで、やはり病気の恐怖は消えない。君子、ヤリマンのマンコに近づかずだ。ムリを言って手コキで抜いてもらった後、なにげに聞いてみる。「テクニシャンだねえ。プライベートでも結構遊んでるの?」「うん、毎日、新宿のハプバーでやりまくってるよ」
さらりと大胆なことを言う。さすがだね。仕事でセックス、ハプバーでもセックス。きっとスゴイことになってんだろうな。できれば現場に居合わせたいものだが。ダメ元で頼んでみるか。
「俺さ、ハプバーとか行ったことないんだよね。良かったら今度、連れてってくんない?」
「明日も昼から行くし、いいよ。連絡先、交換しようか」
いいのか夫初対面の人間にあっさり番号を教えちゃって。警戒心なさ過ぎ!翌日、正午。待ち合わせの歌舞伎町ドンキ前にノースリーブ姿の千春がやってきた。背中のパックリ開いた部分からブラジャーが丸見えになってる。見せブラじゃなく、マジなやつが。
「…あの、ブラ見えてるよ」
「あ、タンクトップ着るの忘れてた。まいつか」
週末の街は人波で溢れており、千春の背中に気づいた連中は、みな一様に眉をひそめる。が、彼女は特に気にする様子もなく、すたすたと歩きはじめた。100円ショップに行きたいのだとさ。
「2日前にやっとお金貯まってアパートを借りたの。いろいろ買いそろえなきや」また、なんで。
「スカウトの彼氏と別れて部屋を追い出されたの。お金もないし、実家にも帰りたくないから仕方ないじゃん」
「じゃあ、アパート決まるまで大変だったでしよ」
「全然。ずっとセックスできるし、楽しかったよ」
はあ、そうですか。100円ショップを出てから、
昼飯を食おうとトンカッ屋へ入った。はじめは旨そうに肉をパクつく彼女だったが、次第にハシの動きが遅くなり、眠気を訴えだした。今朝、店が終わってから俺と会うまでの数時間、一睡もせず、現在の彼氏とラブホでセックスしていたんだとか。
「彼氏、いるんだ」
「うん、新宿でキャッチの仕事してる」
「彼氏はハプバーに行ってること知ってるの?」
「知ってるよ。なんで?」
「え、なんでって…」
どうやら彼女に世間一般の常識を求めちゃイカンようだ。昼2時。あくびを連発する千春に手を引っ張られ、目的のハプバーに到着した。受付を済ませて薄暗い室内に入ると、バーカウンターに常連らしき男性が女性スタッフ相手に酒を飲んでいる。奥のリビングに人影はないので、今のところ客は彼
だけのようだ。その男性の背中に、千春が甘えるように抱きつく。
「○○くん、久しぶり〜。来てたんだあ」
「おう、俺もさっき来たところ。お連れさん?」
言いながら、男性がこちらに会釈した。あ、どもです。
「なんかね、ハプバーに興味があるんだって」
「じゃ、さっそく仲良くやんなきゃ・プレイルーム空いてるよ」
「うん、ありがと」
落ち着く間もなくプレイルームヘ。そこら中に服を脱ぎ散らかしながら、千春が笑う。
「先にひとりでやっていい?これ大好きなんだよね」
いつのまにか、彼女の右手には電マが握られていた。メインディッシュの前にまずは前菜で腹ごしらえってことらしい。実にグルメなヤリマンだ。慣れた手つきで電マを股間に当てると顔が次第に紅潮し、あられもない声が室内に響きわたった。
「あつあっあん、気持ちいい〜」
人前でわざわざオナニーする以上、少しは他人の視線を意識してもよさそうなもの。しかし彼女にはそういった部分がまるでなく、一心不乱に快楽をむさぼっている。なんだかこちらは路傍の石ころにでもなった気分だ。
「あ〜ん、だめイクッー」
立てつづけに3度も絶頂を迎えた彼女は、そのまま力尽きるようにベッドに倒れこんだ。そして聞こえてくる、オッサンのような下品なイビキ。下っ腹の出たダうしない体を何度ゆすったところで、起きようとしない。なんて自分勝手な女
「ごめ-ん。ガン寝してた〜」2時間後、プレイルームから寝ぼけまなこの千春が戻ってきた。素っ裸のままで。彼女の睡眠中に、店内の客は一気に増えている。単独男3人、女2人、カップルは1組。みな着衣のままソファやカウンターで談笑する中を、ひとり全裸の千春が歩き回る光景は実にシュールだ。いったい、いつから彼女は奔放な性生活を送るようになったのか。話題がそのあたりに及ぶと、彼女は一つ一つ思い出すような口調で語りだした。
初体験は大学1年のときであまり気持ちよくなかったこと、通販でダイエット器具を買い漁ってたら借金が膨れあがって、やむなく風俗店で働きだしたと。
「あたし、男と同じなんだよね」
「というと?」
「ずーと同じ相手とセックスするより、初めての人とヤる方が何倍も興奮するの。多分、風俗にハマったのもそれが理由かも」
そんなことがあってから、彼氏の有無にかかわらず、いろんな男と寝るようになった。なんだか、わかるようなわからんような話だが、とにかく彼女は花屋のバイト先で、他の同僚や店長を食いまくり、ついにはその範囲を出入り業者や客にまで広げた。また、その他のバイト先でも同じように同僚に手を出し、某デパ地下で働いていたときは特にすごかったんだとか。
「デパ地下ってお店がたくさんあるじゃん。そこで働く男を次から次へと食っちゃったの。多分、そのフロアの半分くらいはいってるんじやないかな。スゴイ噂になったくらいだし」
「はあ?」
信じられない。いくら今より若かったとはいえ、そのレベルの容姿でやすやすと男が落ちるものなのか?吹いてんじゃねえの?
「どうも。もうここの雰囲気には慣れました?」
カウンターで千春の話に耳を傾けていると、下半身にバスタオルを巻いた単独男が2人、こちらにやって来た。「男3人で千春ちゃんをいたぶりましようよ」
なるほどそれが目的ですか。好きねアンタたちも。
「ぼく、酒のむと勃たないんですよ。ど-ぞ、みんなで楽しんでください」「じゃ彼女、借りますね」男たちに促され、千春が待ってましたとばかりに立ち上がる。ずっと会話ばかりで退屈していたのだろう。リビングルームではすでに数人の男女が乱交を始めていたが、そこへ千春たち3人が合流した途端、ひときわ賑やかになった。後ろからバックで突かれ、目の前の男にフェラをし、さらに右手で別のチンコを握る彼女。その、あえぎ声のでかさといったらもう。
「あは〜きもひいい!きもひいいよお〜!」
彼女の痴態に釣られるかのように、男たちのテンションもうなぎ登りだ。
「おら、チンポくわえさせてやってんだから、もっとしゃぶれよ」
「うん、こう?こう?」
「そうだよ、ほらオイシイだろチンポ」
「うん、チンポおいひいい、チンポおいひいい」
あの、よだれを垂らしながら腰をくねらせる様はどうだろう。ドスケベにもほどがある。ひととおりプレイが終わり、他の連中がバスローブに着替えても、千春だけは電マを握りしめてまだ端いでいる。「あん、あ、イクイク」いくらハプバーが変態度の高い場所とはいえ、フッーの女性客はこんなことなどしない。彼女たちが乱交に加わったり公開ペッティングに従うのは、場がそういう雰囲気になったときだけで、それが終われば、また普通のバーで会話をするようなイチ社会人の態度に戻るものだ。だから、常時スイッチオン状態の千春は、こんな場にいてさえ浮いて見えるのだろう。女性スタッフが、ソファでオナニー中の千春に苦笑する。
「あんなことができるのは千春ちやんだけよ」同感です。午後6時半。千春がそろそろ店を出ると言いだした。出勤する前に一度アパートに帰りたいのだと言う。じゃあ、俺もおいとましようかな。
春先とはいえ、まだ日は短い。すっかり暗くなった街を2人でぷらぷら歩いていると、突然、千春が口を開いた。
「あたしさ、右側の奥歯がないんだよね」
去年、スノボーで転倒した際、打ちどころが悪く、奥歯を2本折ったらしい。続けて彼女の口から出たことばに俺は面食らった。
「それからますます性欲が強くなっちゃってもう大変なんだから」
「はあ?ウソでしよ?」
「いやいや、マジだって」
かみ合わせが悪くなると、体の平衡感覚が狂ったり、頭痛になったりで強いストレスが生じる。で、私の場合はそのハケロがセックスに向かうんだと、彼女は熱く語る。
「ホントだよ。理性がブッ飛んじゃうときだってあるんだから」
医学的なことはよくわからんが、なんとなくその説明に納得してしまった。冒頭で紹介した噂しかり。ハプバーでの行状しかり。それら並のヤリマンとは大きくかけ離れたもろもろが精神的な原因によるものなら、すんなりと理解できるからだ。一度「ブッ飛び状態」になると、セックスをしないことには収まらないらしく、見境なく男にすり寄っていくんだと彼女は話す。それでも相手が捕まらないときは、ホームレスでもオカマでもホテルに連れ込むんだそうな。おえ〜あからさまに顔をしかめる俺に、千春が慌てたように言う。
「別にホームレスが好きなワケじゃないから。ヤったのも1回だけだし、あたしだってフッーの男の人がいいんだから」当たり前だ。
「で、いまもブッ飛び状態になるの?」
「なるよ。なるけど、今はハプバーがあるから平気」「じゃ、俺はこっちだから。今日はありがとう」コマ劇前。礼を言って駅へ向かおうとする俺の袖を千春がハシっと掴んだ。おやおや、なんでしょう?
「ヤリたい」
「へ?」
「エッチしたい〜!」
人目もはばからずトレンディドラマのような台詞を叫ぶ千春。しかし、彼女の「エッチ」が現わす意味は、断じて鈴木保奈美がするような清らかなものでないことは、先刻承知の俺である。こんなド変態とセックスなんてャだ。病気も怖いし。
「いや、俺もう帰らないと」
「ええ、いいじゃん。10分でいいから」
なんて女だ。あんだけヤっといて、まだ足りないのかよ
「お願い。ハプバーにも連れていってあげたじゃん」
ヤリたい、いや帰ると、いつもと逆のやり取り。「わかった。じゃあ手マンでイカせるってことで」
「ふふ、オッケー」
手近のレンタルームヘ。なんとなく流れで手コキしてもらってすっきりした俺は、二本の指をトモコの股間に挿入した。
「あああ、気持ちいいよぉぉ、気持ちぃ。潮吹いちゃいそう」
次第に腕の動きを速めていく。その動きに合わせ、千春の太ももがプルプルと震えだした。ワケのわからぬまま、言われたとおり、彼女の顔を平手打ちにした。むろん、力は加減している。
「ああ、もっと強く」じや、ピシッ。
「もっともっと」はいよ、ピシピシッ。
ため息も出ません。どうか幸せになってください。

【エロ漫画】祇園美人舞妓と肉体関係水揚げには金が必要だが出会いタダSEXできるバーが

0030_20180601192834123_2019102514294942b.jpg0031_2018060119283553a_2019102514295123f.jpg0032_201806011928379a0_201910251429524f2.jpg0033_20180601192838a8b_20191025142954936.jpg0034_20180601192840e2d_201910251429569c5.jpg0035_201806011928419cf_20191025142958c1b.jpg0036_201806011928434ce_20191025143000671.jpg0037_20180601192844efe_2019102514300177b.jpg0038_201806011928462e9_20191025143003f53.jpg0039_20180601192847a55_20191025143005de3.jpg0040_20180601192849b3d_20191025143006df6.jpg0041_20180601192850252_20191025143008545.jpg0042_2018060119285234c_20191025143008b7e.jpg0043_2018060119285346f_2019102514301076e.jpg0044_20180601192855eca_20191025143012dbf.jpg0045_20180601192856ce3_20191025143013af5.jpg0046_20180601192858c6f_20191025143014aaf.jpg0047_20180601192859dc0_20191025143016dc3.jpgオレが祇園のバーに勤め始めたのは3年前
観光客向けの一日舞妓体験を利用して…
彼女ら舞妓はお茶屋遊びの後のアフターでこの店をよく利用するらしい
若い頃に地方から京都にやってきて置屋に寝泊まりしながら修行を重ねる
彼女らご存じのように舞妓をお茶屋や料亭に呼ぶのは敷居の高い遊びである
最近でこそ一見さんでも遊べるようになったが、客の大半は財界人や弁護士医者など地位も金もある
セレブばかりだ
水揚げとは舞妓を愛人として囲うこと
一度彼女を連れて歌舞練場(舞妓が、踊りの練習をする所)に行ったことがある
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます