2017年11月の記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

月別アーカイブ:2017年11月

  • 2017/11/26裏情報

    1、地元では超有名な青姦スポットである。滅多に人が近寄らず、周囲からも死角となっているため、明るい時間帯ですらカップルがいちゃつきにやって来るのだ。特に、と~っても若い男女が。ただし、バレてないと思ってるのは本人たちだけだ。実はこの場所、対岸に回ればカップルの様子が丸見えになるのだが、本来そこも滅多に人が来ない場所なのですっかり油断しているのだろう。実際は、対岸の物陰で覗きオヤジどもがジッと息を潜...

    記事を読む

  • 2017/11/23裏情報

    1、このラブホは、目の前が東京湾である。どの部屋からも「海ほたる」や「アクアライン」、対岸の横浜の夜景などを一望できるうえ、ベランダまでついている。ゆえに、きれいな景色を眺めてるうちにハメを外したくなるのか、露出よろしくベランダでイチャこくカップル客がよくいる。ラブホの前を走る国道からは丸見えなのに。大丈夫なのだろうか。以前よりここ大宮では、やたらと若い子が売春(立ちんぼ)をしている。少し前までは...

    記事を読む

  • 2017/11/18突撃リポート

    「レンタル彼女」という商売が存在する。独り者の男のために、文宇通り彼女を貸し出してくれるサービスだ。ショッピングしたり、映画を観たり、ご飯を食べたりと、ホンモノの恋人のごとく行動してくれるこの商売、モテない君たちの間でそこそこ人気があるらしい。しかし風俗ではないので、残念ながらエロサービスはない。あくまで健全なデートだけしかできないのがレンタル彼女だ。ならばもし、その彼女へのデート依頼をこのように...

    記事を読む

  • 2017/11/12出会い攻略

    1、いま全国で大ブームになっているイベントだ。即席で組まされた男女のグループで謎解きをしながら、建物から脱出するゲームなのだが、この難易度がとにかく高い。なので、必然的にチーム内でコミュニケーションを図る必要がでてくる。「オレこっち解いてるから、お姉さんはこのパスル解いて!」みたいに。場合によっては互いが接触しなくては解けない謎もあるので(たとえばお互いの手首をくっつける、など)、とにかく男女が絡...

    記事を読む

  • 2017/11/10裏風俗・風俗体験談

    1、本番風俗は禁止されているはずなのに、なぜか公然と本番を基本サービスにしているのが、関西5大新地と呼ばれるちょんの間街だ。古くからの色街だけに、警察も暗黙の了解として取り締まりを除外しているのかもしれない。中でも不思議なのが、5大新地の中で唯一、やたらと若い女の子たちが複数在籍している信太山新地だ。ここのシステムは他の新地と少し違う。飛田や松島なら軒先に嬢が座っているが、信太山の場合、軒先にいる...

    記事を読む

大阪の青姦スポット・関西露出温泉の雄るり渓温泉のノゾキの興奮

0068_201711271528240b5.jpg0070_20171128192611f12.jpg0066_20171127152821098_202007261435162ef.jpg0071_20171128192613521_2020072614351751b.jpgp092.jpgp093.jpgm076.jpg
1、地元では超有名な青姦スポットである。滅多に人が近寄らず、周囲からも死角となっているため、明るい時間帯ですらカップルがいちゃつきにやって来るのだ。特に、と~っても若い男女が。
ただし、バレてないと思ってるのは本人たちだけだ。実はこの場所、対岸に回ればカップルの様子が丸見えになるのだが、本来そこも滅多に人が来ない場所なのですっかり油断しているのだろう。実際は、対岸の物陰で覗きオヤジどもがジッと息を潜めているというのに。しかしここをセックス場所に使う若者は増える一方だ。つい先日も、酔っぱらった2組のカップルが、やる気満々の様子で土手へ降りていくところを目撃したばかりである。スポット周辺は高層マンションが建ち並ぶ地域でもあるので、これ以上風紀が乱れるようなら住人たちが行動に出るのは必至だ。いずれ、立ち入り禁止になっちゃうかも。 
2、ここはいわゆる複合スパ施設で、プールや温泉などの男女共用スペースは水着着用で入る。家族連れから何からでいつも激混みだ。そんななか、オレは毎週末(特に金曜、土曜)の夜に行くことにしている。なぜって、必ずと言っていいほど露出カップルに遭遇できるからだ。ジャグジーで急に水着ブラを外して見せつけるカップル、湯に浸かりながらもこっそり手コキしてる夫婦、サウナのドアを開けたらいきなりフェラしてたり、おまけに普通にパンパン音をたてながら立ちバックでハメてる人たちまでいるもんだから、そりゃあ驚くのなんのって。
3、以前に裏モノでとりあげられた漫画喫茶だ。ここがスゴイのは、個室でいちゃつくカップルがやけに多いこと。そもそも道頓堀のど真ん中という好立地のおかげもあって、クラブ帰りの男女客が多い。ちょっと酒が入ったカップルがセックスするのに最適なのだ。もう一つ、ノゾキ男にとって重宝されているのが店内の作りだ。個室のドアがガラス張りで中が丸見えで、さらに壁が低いので、上から顔を出して覗くことが可能なのだ。さらにさらに、店員の見回りは1時間に一回と決まっている。まるで覗いてくださいと言ってるようなもんだ。特に週末の夜中や朝方はカップルがたくさんいる。それに合わせてノゾキ男も店内をフラフラしている。クラブってのは基本的に未成年(20才未満)を入れないようにしている。入口で身分証明書を見せないといけないのだ。ここも他と同様に年齢確認をしているのだが、どういうわけかいるのだ。入ってはいけない20才未満や、それ以下の女の子も。
オレはここでしょっちゅうナンパしてるのだが、声をかけたらずいぶん若い女だったことは1度や2度じゃない。彼女ら、フツーに酒を飲んで大騒ぎをしてる。間違いが起こる可能性はなくはないので注意が必要だ。
4、完全無修正の裏DVDショップが密集しているエリアだ。作品の品揃えは時期や店舗によって違うので、複数のお店を並列にチェックする必要があるが、オリジナル盗撮作品や最新の女優モノなど、ラインナップは豊富だ。突然閉まったりする店もあるが、しばらくすればまた復活している不思議な一帯だ。
5、よくある水着着用の混浴露天温泉だが、ここ数年は多くの露出カップルが出現するスポットとしてマニアから注目を浴びている。特に変態系SNS「ナンネット」の関西在住ユーザーにはよく知られた存在だ。俺がここを気に入ってるのは、多くの客の中から変態カップルを見つけ出すのがとても容易だから。施設内で裸同然のマイクロビキニを着用していても店員に咎められないため、その手のカップルはたいてい過激な格好をしているのだ。で、アイコンタクトを送って彼らのあとをついて行くと、あとはご想像どおり。女が水着をズラして股間をチラ。フェラをジュボジュボ。場合によっちゃ合体シーンまで見せてくれたり、そこに参加させてもらったりというおなじみの展開が待っている。特に客の少ない平日は、過激水着の出現率が高い。ここのドン・キホーテ、近くにラブホ街があるからか、露出カップルたちがやけに多い。彼ら、ナンネットなどの変態掲示板で露出予告をし、店内で見せつけているのだ。店の従業員にバレたのか、最近はたまに警官の姿を見かけるようになったけど、相変わらずの盛り上がりを見せている。いる。平日は夕方から深夜まで、休日に関しては一日中(決まった時間ではなく)だ。数人のグループで席に座り、ずっとくっちゃべってるヤツらで、妙に若く見える。彼女ら、それぞれが男客に声をかけてるわけではない。取り仕切ってる女(こいつも妙に若い)がいて、オッサンに声をかけているのだ。「あの子、2でどう?」などと。まるで管理売春ごっこをしてるというか。けしからん限りだ。
6、毎週末、夜になるとカップルが大挙してカーセックスをはじめる、地域のマニアには有名なスポットだ。24時間開放されており、タダで停められるだけでなく、高台になっていて見晴らしがいいため人気が高い。同時に、カーセックスを覗きにくるマニアにとっても環境が整っている。土手を挟んで向かいにある巨大ショッピングモールの看板の光が車内の様子を浮かび上がらせるので、遠くからでもカップルの動きが手に取るようにわかるためだ。この公園、面積が広大ということで知名度が高いが、もう一つ別の理由によりこの地方の変態にはよく知られている。実はこの公園、その広大な駐車場の奥まったスペースがカーセックスの名所となっているのだ。それ目的で群がる常連のノゾキも多く、連中同士での秩序が存在するほどだ。たとえば初心者がカップルに近づきすぎるなどのマナー違反をすると、車のボディを傷つけられたり、サイドミラーを折られたりするなどの罰を受けてしまう。まったく、どこから怒ってよいのかわからないほどにけしからん場所である。
7、漫画喫茶にやってくるカップルなんてものは、大抵、個室内でこそこそスケベなことをやらかすものだが、わけてもこの店は昔からそういう連中が断トツに多い。昼間だろうが夜中だろうが、通路を歩けばそこかしこから“やってる感”バリバリの音声が漏れ聞こえてくるのだから、はじめての人はきっと驚くはずだ。名古屋屈指の風俗街という土地柄。何より、すぐご近所に超有名な出会いカフェがあるため、ホテル代わりに使う人間が必然的に集中するというわけだ。そのせいで、この店には常連の覗き魔がチラホラいる。ときどきしかここを利用しない俺ですら3、4人知っているくらいだから、実際はその倍以上いるのではないか。連中の手口はシンプルだ。この店に限らず名古屋の漫喫はすべて、条例によって個室に覗き窓の設置が義務づけられている。エロいことをするカップルは、ブランケットや上着をドアの上にかけて窓をふさぐのだが、そいつを通路側からチョイとずらすという寸法だ。
8、最近、都内の遊び人が一番注目しているのは、旧コマ劇場前のコンビニ近辺だ。夜間、店の入口付近に、三十前後でショートカットの身なりの小汚い女が出没し始めた。オレも歌舞伎町で飲んでるときなんかに何度も見かけ、すぐにピンときたが、見るからに不潔そうなのでスルーしていた。
 しかしある晩、酔った勢いで交渉を持ちかけたところ、相手が言うのである。
「…そんな高くなくてもいいよ」
「じゃあ3千円で」
「…いいよ」
 こちらが呆気にとられていると、相手は「外でできるとこ知ってるけど」と言い、コンビニの向かいのビデオボックスの路地に入っていく。辿り着いたのは、2月末で閉店したセクキャバのビルだ。
「ここ、今誰もいないから。階段でできるんで」
 すごい場所を知ってるもんだ。何なんだこいつは。噂によるとこの女、誰に対しても3千円でヤラしているらしい。ただし、一度、コンビニに警察を呼ばれたりもしているそうなので、そのうちいなくなると思われる。 お城の城内が公園になっている、地元で有名な青姦スポットだ。城内は入り組んでいるので、死角になるベンチが多く、夏になると人通りが減る夜8時ぐらいから、近隣の若いカップルたちが堂々とセックスをおっぱじめる。そんな名物スポットをマニアが放っておくわけがなく、覗きはもちろんのこと、城内の植木にカメラを吊して盗撮する連中もいるらしく、若いカップルの盗撮動画を見ていると、ここの公園が映ってることがよくある。
9、この障害者用トイレには入口横にベンチがあり、ほぼ毎日のように若い女が1人で腰かけている。見た目は20代後半、髪型は茶髪のセミロングで、やけにギョロっとした目が特徴的だ。何を隠そうこの女はワリキリちゃんで、出会い系でアポった男をそのトイレに連れこんではパコパコしている。なぜ俺がそんなことを知っているのかといえば、むろん、彼女の客になったことがあるからだ。ちなみにそのときのプレイ代はゴム付き本番で1万だった。彼女いわく、出会い系を通さない、トイレ前での直接交渉も受け付けてるそうで、さらにはこのトイレをプレイ場所として使ってるワリキリちゃんが他にも2、3人いるそうな。
10、関東と関西にチェーン展開するビデオボックス、宝島24グループは、唯一女性も入場できるビデオボックスだ。と言っても、あくまでAVを観賞するための男性向けの店なので、店内で女性客を見かけることはほとんどないが、東京赤坂店だけは、一部のマニアなカップルたちの間で有名だ。
お店はカップル用の部屋を用意しているわけではなく、1人につき一つの個室を案内されるシステム。その狭いフラットシート席に生見せ好きなカップル2人が入室し、鍵を掛けずにプレイしているのだ。
『私達のエッチを観てくれる人いませんか?○日の20時からプレイするので見に来てください』前持って露出予告掲示板に書かれたメッセージを見た俺のようなマニアたちが覗きにいくって流れだ。

生見せカップルや好き者スワッピング相手も見つかる公然ワイセツスポット

0056_201711231530563ea_2020081215433052a.jpg0057_201711231530523eb_20200730122810380_20200812154332a5c.jpg0060_201711241703243b1_202007301228116e1.jpg0054_20171123153054d36.jpg0055_20171123153054889.jpg
1、このラブホは、目の前が東京湾である。どの部屋からも「海ほたる」や「アクアライン」、対岸の横浜の夜景などを一望できるうえ、ベランダまでついている。ゆえに、きれいな景色を眺めてるうちにハメを外したくなるのか、露出よろしくベランダでイチャこくカップル客がよくいる。ラブホの前を走る国道からは丸見えなのに。大丈夫なのだろうか。以前よりここ大宮では、やたらと若い子が売春(立ちんぼ)をしている。少し前までは駅東側の喫煙所によく見かけたのだが、ここ最近は、そのさらに奥のラーメン屋付近など、線路沿いに立つ姿が目立つ。どう見ても(彼女らの格好からしても)露骨に若過ぎるのだが、みずから「3でどうですか?」などと通り過ぎる男に声をかける子までいるのだから、一言で言えばムチャクチャ。まさに無法地帯である。
2、埼玉の好き者カップルの間で有名なラブホテルです。非常にわかりにくい場所にあるため、普通のカップルがふらっと立ち寄ることはなかなかないでしょうが、知らずに入ると困惑するでしょう。
 かくいう私がそうでした。エントランスロビーに待合室があり、先客のカップルがいたのですが、いきなり声をかけてきたのです。
「一緒に遊びませんか?」
 なんとスワッピングの持ちかけでした。ヘンな連中もいるもんだと思ったのですが…。
 しかし後日、再び足を運んだところ、またもや待合室にカップルがいて声をかけてくるではありませんか。聞けばこのラブホ、スワッピング相手探しの場所として、知ってる人間の間ではけっこう有
名なんだとか。ったくスゴイ場所もあったもんです。 
3、この広大な公園、日中は自然あふれる市民の憩いの場として利用されているが、夜の8時を過ぎたあたりから奇妙な現象が起きる。周囲は闇に包まれているというのに、ひっきりなしに車が入ってくるのである。彼らの正体は露出を目的とした変態たちである。駐車場やフラットなベンチで全裸になり、堂々とコトを始めるのだ。広い公園内を一周すると、生見せカップルやノゾキ男、女装子など、多種多様な男女に出会うことができる。ここは関東随一の変態アミューズメントパークなのだ。
また最近では、近くにある露出のメッカ「百穴温泉」がなくなったことを受けて、そこを拠点に活動していた変態がこの公園に流れてきており、さらなる活況を呈している。十字架や木馬、産婦人科検診台など、SMプレイ向けの設備が充実したラブホテルだ。面白そうなのでカノジョと行ってみたところ、館内の廊下でトンデモない光景を目にした。ビシっとスーツを着たオッサンが、全裸の女に首輪をつけ、廊下をぶらぶら歩いているのだ。どういうこと!?後日、SMマニアの友達に聞いたところ、このラブホにはおかしげな客が集まっており、「廊下散歩」と呼ばれる露出プレイが流行っているそうな。
4、いつも使っている秋葉原駅の、総武線新宿方面行きの長いエスカレーターは異常だ。なんと1メートルおきに「盗し撮り注意」の張り紙が貼られている。長いエスカレーターだとターゲットを見つけやすく、タイミングを見計らう時間も確保できるため盗撮に有利なのだろう。土地柄、コスプレ好きの短いスカートをはいた女性が多いことも彼らがここを狙う要因かもしれない。つい最近も、力士がここで盗撮している男を捕まえてニュースになっている。数年前から張り紙はあるというのにこの有様。まだまだ潜んでいるのだろう。
5、ホステスが全員デブのキャバクラが流行ったり、「マシュマロ女子」や「ぷに子」なんて造語が生まれるなど、ぽっちゃり女がちょっとしたブームだ。その流れは、乱交パーティーの世界にも波及している。都内には、ぽっちゃり女とぽっちゃり女好きの男に向けた乱交パーティーが複数あるが、最近はどこも大にぎわいだ。中でも人気なのは、毎回20人以上の参加者が集う「ピーチ」(月2回開催)である。パーティーはホテルのスイートなどで行われ、参加者がメシや酒を飲みながら歓談し、気のあう相手を見つけてセックス、という流れが多いだろうか。乱交現場の光景は、女がデカイだけにかなり圧巻だ。とは言え、警察の目も厳しくなってきていると思う。参加は自己判断でお願いしたい。この広大な公園、日中は自然あふれる市民の憩いの場として利用されているが、夜の8時を過ぎたあたりから奇妙な現象が起きる。周囲は闇に包まれているというのに、ひっきりなしに車が入ってくるのである。彼らの正体は露出を目的とした変態たちである。駐車場やフラットなベンチで全裸になり、堂々とコトを始めるのだ。広い公園内を一周すると、生見せカップルやノゾキ男、女装子など、多種多様な男女に出会うことができる。ここは関東随一の変態アミューズメントパークなのだ。
また最近では、近くにある露出のメッカ「百穴温泉」がなくなったことを受けて、そこを拠点に活動していた変態がこの公園に流れてきており、さらなる活況を呈している。こちらはカーセックスの名スポットです。24時間利用可能で、かつ夜の時間帯はガラガラなので、ラブホ代のないカップルがちょこちょことやって来るんですね。毎日4、5台は確実に。そしてここは同時にカーセックス覗きのスポットでもあるんです。敷地の周囲に生け垣や植木がたくさんあるため、カップルに気づかれず車に接近するのがめちゃくちゃ簡単なのです。ちなみに僕はここで赤外線ビデオカメラを持った連中がうろついているのを何度も目撃しているのですが、彼ら、あそこで盗撮した映像をどうしてるんでしょうか。
6、知る人ぞ知る大規模フェティッシュパーティで、SMマニアやレズにゲイ、露出狂などありとあらゆる変態が毎回200人近くも集結する。言わずもがな、会場内はどえらい騒ぎだ。フリチン男がチンコをしごきながら練り歩いていたりドMレズ女が女主人にムチでしばかれ喘いでいたり。いつぞやは、自称ヤリマン女が男たちを一列にならばせ、連続フェラ抜きに挑んでいたこともあった。とまあ、毎回、刺激的で激しく楽しいイベントなのだが、これってもろ公然ワイセツなのでは?
レンタルルー厶の共同シャワーでカップルが露出プレイ・フェラする顔見せメル友
東京•池袋のレンタルルーム。貧乏な学生カップルなどがラブホ替わりに利用していることが多いが、このSは中でも特別。オールタイム1千円という激安料金なのだ。週末はもちろん、平日ですら8割方埋まっているのも当然ではある。
が、注目すべきは別。なんとこの格安レンタルルー厶の共同シャワーで、今、多くのカップルが露出プレイに興じているというのだ。
噂を聞き、現場を訪れたのが平日夜。運良く空いていた部屋は、ヘルス店を改造したと思しき3畳ほどの個室で、セミダブルベッドの枕元は鏡貼り。清潔なシーツとテレビも整い、ヤル気の男女がひとときを過ごすには十分な環境である。一息ついたのも束の間、隣室のカップルがシャワー室に入る音が聞こえた。さっそく外へ出れば、きやつきやと楽し気な様子が伝わってくる。シャワーは共同でのご使用になりますので利用の際はフロントに連絡ください。
目の前の貼り紙を無視して、シャワー室のドアに手をかけた。
「あ、ごめんなさい」「わ、びっくりしたっ」
突然の侵入者に、慌てて体を離すカップル。2人とも二十歳そこそこか。普通なら悲鳴とともにお湯でもかけられそうなところだが、
「わ一、見られちゃった?」「いゃ…」「ふふ、見てもいいよ。ねえ、ケンちゃん」
わざと見せつけるようにキスする2人。何でも、池袋の学校に通う同級生で、ここはよく利用するという。用の2人もたもの
「最初は狭いし、他の人が出入りする物音が気になって嫌だったけど、だんだんそれが1决感になってきて。たま一に、ドアを開けたままHしたり」
一度、ノリのいいカップルと遭遇し、互いの部屋のドアを開けたまま、即席の相互鑑賞に発展したこともあるとか。
「逆に、ちゃんとドア閉めろって怒られたり」
金がないならないなりに、楽しむ方法はあるようだ。
フェラしてって言われればするよ「昼間の顔見せメル友」の愉悦
SnapCrab_NoName_2019-5-29_11-33-47_No-00.png
先月号の「昼間の顔見せデークラ」とても興味深く読ませていただきました。まさにあれぞ男の願望といったところでしょ~
実は僕もー人で「昼間の顔見せメル友」という、まことに興奮する遊びをしています。これは、こっそりと女の職場を覗いた後でエッチメールをやり取りするという遊技で、ハマるとなかなか抜けられません。
女の昼の顔を知るのに必要なのは、「本名」と「店の場所」の2つ。これをいかにメールで聞き出すかが最初のポイントです。そのヤリ方を紹介しましよう。出会い系掲示板で見つけたメル友との間には、親しくなるとたいてい、どんな仕事(バイト)してんの?といったやりとりが生まれます。
「カナコはどんな仕事してんの?」
房酒屋だよ
「居酒屋の仕事っておもしろい?」
楽しいよ
「へえ、一回飲みに行こうかな」
来て来て。おいしいよ
とこれはあくまで向こうもこっちも社交辞令を交わしているにすぎません。場所も知らずに飲みに行くもクソもないですから。ここでいったん、仕事の会話はストップ。恋愛や学校の話題で盛り上がりましよう。そして
『カナコって可愛い名前だね。本名なの?オレの本名は山崎だよ』
「本名だよ。奥村香菜子」こういっ形で振れば、まず女は正直に本名を答えます。控えておきましよう。そしてまた仕事の話題へ。
「居酒屋ってとこ?オレは庄屋で働いたことあるよ」
女は個人経営のように店を特定されるような場合は警戒しますが、チェーン展開している店の場合は簡単に教えてきます。「来たの家族だよー」『へえ、そうなんだ』北の家族、控えておきます。次のメールは日を置いたほうがいいでしょう。というのも、メール女は必ず複数の男とやり取りしているので、以前に誰とどんなことを話したか覚えられないからです。そして次のメール。
「力ナコって職場遠いんだっけ?」
赤坂。結構遠いよと、このようにスラスラと場所が出てくるのです。北の家族と教えたことなどすっかり頭かり消え去っています。こうして本名と店が判明すれば、客となってこっそり訪れ、名札を確認した後じつくり観察します。そして、その後はエロメールにシフトチェンジ。
『ねえ、カナコ。フェラは得意?』
『3Pしたことある?』どうでしょう、この楽しさ。向こうは自分の顔を知られているなんて露とも思っていません。だからこそこんなに恥ずかしいコトが書けるのでしょう。この遊びは、一度でも対面してしまうと半減しますし、逆に顔を知らないとオモシ口くもなんともありません。こっそり覗き見るからこそ味わえる愉悦。みなさんもご賞味あれ。

レンタル彼女にデートでAV観せたらやりたくなってSEX出来るか!?

0018_201711181454335b3_20190811114341be5.jpg0019_201711181454340ca_2019081111434267d.jpg0020_201711181454368a6_201908111143444fe.jpg0021_20171118145437581_20190811114345c13.jpg0022_2017111814543932c_20190811114347b9b.jpg0023_20171118145440130_20190811114348cd9.jpg0024_20171118145442ba0_20190811114350815.jpg0025_20171118145443c08_20190811114351f7b.jpg
「レンタル彼女」という商売が存在する。独り者の男のために、文宇通り彼女を貸し出してくれるサービスだ。ショッピングしたり、映画を観たり、ご飯を食べたりと、ホンモノの恋人のごとく行動してくれるこの商売、モテない君たちの間でそこそこ人気があるらしい。
しかし風俗ではないので、残念ながらエロサービスはない。あくまで健全なデートだけしかできないのがレンタル彼女だ。ならばもし、その彼女へのデート依頼をこのように伝えればどうなるか。
「部屋で一緒にDVDを観るデートがしたいんですけど」
こんなデートがあってもおかしくはない。力ッブルならば普通のことだ。OKは出るだろう。しかし、オレが当日デッキにセッティングするのはアダルトDVDである。こんなもんを観せられた日にゃ、健全なレンタル彼女も脚をモジモジさせながらソノ気になってしまうのでは?
都内にレンタル彼女の業者は5社ほどある。電話をかけまくったところ、ほぼすべてが屋内のデートを怖がる女の子ばかりだと返答をよこしてきたが、どこも数人は屋内OKの子がいるようだ。この際、容姿などはどうでもいいので、18才以上で、90分デートが可能な子を派遣してもらうことにした。当日、ビンポーンとアパートのインターホンが鳴った。
「どうぞー」「外、寒っー・こんにちはーー」
入ってきたのはミサキちゃん20才。入ってまだ3カ月といっ新人ちゃんだ。
「はじめ聞いたとき、びっくりしましたよ。部屋でDVD観るデートだって」
どうやら過去についたお客さんは、買い物をしたり飯を食って満足するだけだったらしい。そんなデート、何が楽しいんだか。
「そうそう。そのDVDなんだけど、ラブシーンとかベッドシーン多めのやつにしたんだよね。こういの」
借りてきたAV上目使いフェラ天国のジャケットを見せる。まんまAVだが一応はストーリー仕立てになってる作品だ。
「へえ。そういっのってちゃんと見たことないんですよねー」
AV初めてだって?なのに抵抗なし?ふむふむ、こりゃ面白いことになりそうだ。
▼【画面では】映し出されたのはOL制服を着たニ宮沙樹ちゃんだ。
なに?刑事ものですか?
●いやいや、会社でしよ。
〇あ、これ会社の制服か~
「画面では1ここで男優のチンコが登場それをパクリと加える二宮沙樹ちゃん。
▼「画面では」二宮沙樹ちゃんの仕事が遅く、上司役の男優が近づいてきた。
「タイピングができないのは肩がこってるからだろ」なんていって肩をもみ始める。
(手で目を覆い隠しながら)あーこれはホントのマジで恥ずかしい!
●ちゃんと見てよ
0えームリムリ!
▼【画面では」男優が後ろから手をまわしシャツのボタンを外しだした。乳採みに突入だ。
▼【画面では」タマなめフェラ。
0ちょっと~!これいきなりじゃないですか~。
●いやいやでもまだ別にエ口くないでしょ?
0いやいや、十分エ口いですって~!(目の前にあった雑誌で顔をおおう)
▼画面では乳があらわになり、男優がそれを操みしだく。乳首がコリコリ責められると同時に、端ぎ声が聞こえだした。
0こういうのよくずっと見ていられますね。
●見てられるよ。だってやってることはずっと一緒だよ?口動かしてるだけじゃん。ぐえ~!
●身体動かしてるだけなんだから、こんなのオリンピックと同じだって。競技、競技。ぜったい違うって!マズい、なんだか慣れてきたっぽいぞ。ムラムラしてもらわないと困るんだけどな。
●ダメダメちゃんと見ないと。
0うわーダメダメ!ですよ~!こちらを見て怒ったような表情をしているが、決して「止めてください」とは言わない。けっこう好きなのかも。

都道府県の結婚支援の限定バーティやボランティアのような真面目な出会いが熱い

ajk050_20191109151935bbd.jpgajk052_201911091519383b0_202008121547318c5.jpgajk054_20191109151941431_20200812154732afb.jpgajk053_201911091519398d4.jpgajk056_2019110915194461a.jpgajk057_20191109151945386_2020073012175272d.jpg
1、いま全国で大ブームになっているイベントだ。
即席で組まされた男女のグループで謎解きをしながら、建物から脱出するゲームなのだが、この難易度がとにかく高い。なので、必然的にチーム内でコミュニケーションを図る必要がでてくる。「オレこっち解いてるから、お姉さんはこのパスル解いて!」みたいに。場合によっては互いが接触しなくては解けない謎もあるので(たとえばお互いの手首をくっつける、など)、とにかく男女が絡む、絡む。こんなやりとりを1時間ほど続けると、終わったころには全員がすっかり打ち解けている。また、ゲーム終了後は食事に流れるのが常で、ここで彼氏彼女を見つけたケースも多数。なんと非モテ代表の私(編集部ススキ)ですら、3人の女友達を作ってしまったほどだ。なお、このリアル脱出ゲーム、現在マジで大人気のため1ケ月先のものまですぐに予約で埋まってしまラ。こまめにサイトをチェックすべし。
2、関東の某都市に住んでいるのですが、自分の市に無料の結婚相談コーナーがあると闘いて足を運びました。そこでは相談員に「生活をとう変えたら結婚できるか」などのアドバイスをもらうだけでなく、実際に女性を紹介してくれるんです。
でもいきなりは無理でした。僕の場合、そういった相談に5回ほど行ったのちに、ようやく相談員から「よかったら一度会ってほしい人がいる」と言われ、お相手を紹介してもらいました。
彼女は、詳細は伏せますが、20 代の後半で元ヤン風の女性でした。元ダンナさんとトラブルがあって、現在は生活保護を受けてるそうで、その流れで役所の人間から僕を紹介されたようです。
数回のデート(食事とかバチンコとか)を重ねたのですが、どうも彼女は僕のことを気にいらなかったみたいです。そうしたら相談員はまた別の方を紹介してくれました。こちらもなにやらDVの被害者
だったとかで、ワケありの女性です。彼女とはまだ2回しか会ってませんが、あまりタイプではないのでたぶんお断りすると思います。まあ無料ですし、いずれいい人に出会えればいいかなって感じですね。
3、大手お見合いバーテイ業者エクシオが、定期的に開催してるイベントだ。女性の参加資格は60キロ以上、つまり全員ぽっちゃりさんである。ぼくは別にデブ専じゃないが、このバーテイによく参加している。なぜか?このイベントの女たちは容姿におい目があるせいだろラ、ひらたく言えば媚びてくれるのだ。だからカップルになるのはさほど難しくない。主導権を握っているのだからその後の展開もわりとラクチンだ。
4、男が体重80キロ以上限定のバーテイがある。ホームページ上ではどうやらデブではなく「マッチョ」な男を対象にしているらしいが、オレが数回参加してきた限り、実態はまったく違うことになっている。そこはオレみたいなデブには天国と呼ぶにふさわしい場所だ。20人ほどの男性のうち、マッチョは2、3人で、他はデブばかり。なにが天国かって、参加女性とのトークタイムで得た反応が一番わかりやすいだろう。「すごいですね、お腹たぷたぷしたいです~」「少し太っててもワタシはいいと思いますよ」もちろんマッチョ好きもいたが、女性の半数程度はデブ専で、非常に好感触なのだ。
残念ながら今まではカップルになれていない。デブの中にもモテるのとそうでないのがいるよラだ。けっこう頻繁に開催しているので次回はなんとかしたい。
これらのワケアリバーティには、バツイチさんや子持ちさんなど、引け目を感じている女性たちしか参加しません。彼女たちは普通のバーティで出会う女性に比べ段違いで反応がよく、むしろこちらが相手を選べるような雰囲気。理解ある男を演じればカップルになれるんです。過去、何度かお見合いバーティに参加したことがあります。僕は見た目が地味なうえに稼きも少ないからかカップルになれたことはなかったんですが、この限定バーティのおかげで二連勝という結果を叩き出すことができました。
5、続いてはヌードモデルを簡単に探す方法
全国の撮影会スタジオやモデルを検索できるサイトです。こういったのは他にもあるけど、僕みたいに地方に住んでる人間でも近場で探せるので非常に使いやすいんです。
基本的には地域とジャンル(素人モデルとかヌードとか)を指定して探すのですが、僕は主にプロの女の子のヌードをメインで撮るので、スタジオに在籍してるモデルさんを見てどこに行こうか決める感じですね。サイトを見たらほぼ毎日どこかしらで開催されてるので、一覧で確認できるのがありがたいです。
肝心の撮影自体はこのサイトとはあまり関係がありません。プロの方はこちらの指定した表情やポースを忠実にやってくれるので非常に楽しいです。
最初は私服ではじまって、徐々に服を脱いでいき、裸になったら悩ましい顔をこちらに向けてくれる素晴らしい世界です。普段は女の子に強く言えないくせに、ここそとばかりに「もうちょっと足を開いて」などと強気に出ることができるので、ちょっとした優越感も味わえます。ライトに照らされて熱いので、女の子が汗まみれになることなんかもあって、すごくいいですよ。ちなみにこのサイトを通して申し込めば撮影代金が安くなったりもします。
6、一見、単なる石けん屋です。店内に並んでいるのは、いい臭いのボデイーソープや洗顔剤、パックなど、女性向け商品がメインですが、男が一人でふらっと入っても別におかしくはありませんし、スタッフの女のコたちも稿極的に声をかけてきます。「よかったら、石けん試してみませんか?」
無料なのでひとつ体験してみてください。彼女らスタッフは洗面器にお湯を張り、手を丹念に洗ってくれます。指と指をからませニュルニュルニュル。手首を握ってニュルニュルニュル。いかに素晴らしいスキンシップかはお察しの通りでしょラ。女の人の手といラのは柔らかくて温かくて、しかもそれがタダ。この石けん屋、全国にあるのでお近くのお店へぜひ。
7、手コキ風俗はリーズナブルなので、札幌でも人気だ。よく名前を聞くのは20分3千円の店だが、そこは安いだけあり、プレイは流れ作業的。ぶっちゃけ味気ない。オレのお勧めはこの「て●きん」(料金40分6千円)。ビキニの女のコがサービスしてくれる店だ。彼女らは、添い寝で太ももをからませたり、背後に回って胸を押しつけたり、ときに股間をこちらの足にすりつけながらシコシコしてくれる。札幌でゼッタイー押しの手コキ店です。
普段は合コンとかをする機会がほとんどないため、この飲み屋の出会いセッティングシステムは実にありがたい。
店内を見渡し、気になった女性グループをスタッフに伝えると、一緒に飲めるよラに段取りしてくれるのだ。即席の合コンみたいな感じで。料金は男が3千円だ。一方、女性客は料金がタダだからだろう、若いコがいつもけっこう入っている。行かなきゃソンだ。
8、いくら女との縁が薄いからといってダッチワイフの世話になんざなりたかない。きっと裏モノ読者の中にはそラ思ラ人もたくさんいるだろラが、近年、世に出回っているラブドール(萬級ダッチワイフ)は、見た目も肌の質感も、本物に限りなく近いので、これがなかなかどラして、意外と楽しめる。あまりに精巧に作られているもんだから、どラしても感情移入してしまラのだろラ。自宅で飯を食ってる時やテレビを眺めている際、部屋の片隅にぽつんと座る彼女(あえてそう呼ぶ)に、つい話しかけたくなるのだ。この番組、面白いよねとか、何だか今日は元気がないねとか。
物言わぬ人形に会話したくなるほどだから、セックスにいたってはマジで燃える。なにせ本物の女には恥すかしくてとても要求できないよラなあんなプレイやこんなプレイを思う存分、漫喫できるのだから。というわけで、ドールマニアの私が、おすすめのメーカーを3社挙げておく。合わせて各社の製品の特徴を籠単に記しておくので、参考にしてほしい。
●オリエント工業
業界最大手とあって、クオリテイの萬さ、アフターケアの充実など、全体的に評価が萬い。ドールの容姿はオトナの女といラより、やや少女に近いのが特徴。
●ユニソン
骨格の造形技術が相当に萬く、バックや立位で挿入できるなど、他メーカーのドールには厳しいポージングもなんなく対応できる。
●4woods
ボデイカラーを5種類から選択可能。業界で唯一の小麦色もあるため、特にギャル系好きに支持されている。胸や尻のリアルな柔らかさの再現技術もトップクラス。
9、周防ゆきこ、数多いるAV女優の中で、最も性格がいいと言われているのが彼女だ。オナニストたちも、そして百戦錬磨のAV男優、シミケンもが認定する。プライベートの様子までは定かじゃないが、画面で見るかきり、その性格の良さは群を抜いている。男優をじっと見つめつつける瞳、正常位でのハグ、慈しむよラなおそラじフェラ。まさに萌え死ぬという表現がピッタリで、プレイしている男優に嫉妬するレベルだ。

信太山新地のちょんの間旅館の行き方・料金と遊び方|裏風俗体験ルポ

0062_20180120164047fa0_20200811203801ffd.jpg0063_20180120164049f59_2020081120380295e.jpg
0098_20190206171036b76_201911101138590c0.jpg0098_201711131615541f0.jpg0099_20171113161556c15.jpg0100_20171117160049f94.jpg0101_20171117160050e8f.jpg
0092_201711101539087b3_20200730121559a61.jpg0093_20171110153909c98_202007301216007c2.jpg
1、本番風俗は禁止されているはずなのに、なぜか公然と本番を基本サービスにしているのが、関西5大新地と呼ばれるちょんの間街だ。古くからの色街だけに、警察も暗黙の了解として取り締まりを除外しているのかもしれない。中でも不思議なのが、5大新地の中で唯一、やたらと若い女の子たちが複数在籍している信太山新地だ。ここのシステムは他の新地と少し違う。飛田や松島なら軒先に嬢が座っているが、信太山の場合、軒先にいるのはヤリ手ババアのみで、嬢はお店の奥に隠れている。客が女の子を見ずに遊ぶのが信太山スタイルなのだ。つまり若すぎる子を表に出さずにすむわけだ。
そのため若い子狙いの客たちはうまい戦略を取っている。店に入らず通りに立って、出勤する女の子を観察。これぞ思う嬢を見つけたらすぐに後を付けて入店し、ヤリ手ババアに「さっきの子」と指名するのだ。ピンサロとは本来、薄暗い部屋のソファで、嬢にフェラしてもらって精子を放出する場所だ。しかし中には本番をウリにした店も少なくなく、そういったピンサロは俗に本サロと呼ばれている。むろん違法行為だが、全国には昔から複数の本サロが密集したエリアが点在しており、お上から摘発を食らうことなく、今も堂々と営業を続けている。まさしく野放しと呼ぶにふさわしい状況だ。
 とはいえ、本サロ地帯の代名詞だった埼玉・西川口が2006年、当局の手入れにより突如、壊滅してしまった例もある。また、6年後の東京オリンピック開催をにらみ、関東の、ひいては全国の本サロ地帯が一掃されてしまう可能性もゼロではない。決して永続的な存在ではないことを念頭に入れておくべきだろう。
2、「信太山新地」は、ちょんの間旅館が40軒くらいあって、料金は一律15分7500円。リーズナブルに遊べるのでよく行くのだが…。先日、玄関からユーロビートが通りまで鳴り響いているこの旅館に初めて入った。玄関にいるヤリ手婆に希望を伝える。
「若いコおる?」
「おるよ」
「どんなコなん?」
「まだ学生が何人かおるで」
 女子大生が多数在籍ってか。いいねぇと期待して部屋で待っていたところ、やってきたのはとても大学生には見えないような、やけに若いコだった。…学生ってまさか? とりあえず今日は帰ろっといま大阪ではマンションの個室を使ったメンズエステと呼ばれるアロママッサージの店がブームを呼んでいる。リゾートホテル風なマンションの一室で、素人っぽい女の子と一対一でマッサージをしてもらえるのだが、常連になれば交渉しだいでタダでヤラせてくれる子もいて、オレなどは本番をしたいがために、あちこちに通い詰めている。このエステは一見客でも本番に応じてくれる子が4人も在籍しているお店だ。紙パンツ一丁になってベッドに横になると、女の子がヌルヌルのオイルマッサージ。普通は股間には一切に触れないが、その4人の嬢たちは、一見客でもチンコに手を伸ばしてヌルヌルしてくれ、そのまま追加料金なしで本番までさせてくれるのだ。まるで基本サービスであるかのように
3、地元のフーゾク好きの間では有名なホテヘル地帯だ。昔から、この界隈は本番風俗が多い土地柄で、15年以上前には本番デリヘルで盛り上がり、続いて本番ピンサ口がブームに。そして現在は本番ホテヘルの時代が到来している。
普通の風俗街と少し異なる。このエリアー帯に点在しているうえに、ひっそりと営業していることが多いので、ネットで調べるよりも、実際に自分の足で歩き、お店の看板を目印に入店した方がいいだろう。料金の相場は、60分1万6000円ほどで追加料金はなし。本番ができるかどうかはあくまで女のコ次第だが、よっ(1ど不潔な客でもない限り問題なし。入れて当然の態度でコトを進めていけばゴールを決められるはずだ。俺の打率で言えば3人中2人がOK嬢だ。
4、全部で40軒ほどの小さなちょんの間街で、女の子の顔見せがないシステムです。料金は一律7500円。女の子はスタンドと呼ばれる置屋から店へ呼ばれてやって来ます。どこの店で遊んでも条件は同じなのに、この地を訪れる客の95%は「ぎんねこ」という店に吸い込まれていきます。店に入ると応対してくれるのは、やり手ババアと呼ばれるおばちゃんではなく、揃いの制服を着たお姉さんたち。パソコンを見ながら「今だと21才の巨乳のコがいますね」などと教えてくれます。プレイは普通のちょんの間と大差ありませんが、女の子のハズレがないので、顔見せがないこのあたりでは人気になってるのでしょう。
5、十三駅から徒歩3分の場所にあるこのセクキャバは、他のお店よりもやや高めの料金ながら、女の子に指入れでき、交渉次第では追加料金なしで手コキまでしてくれます。ただし、お店の女の子全員が指入れできるわけではありません。見分け方があるので説明しましょう。キスをする時に舌を入れてみて、嫌がればNG嬢。反対に受け入れる子はOK嬢です。胸を触る流れであそこに手を伸ばし、ヌルりと指を入れちゃってください。席にはひざかけが置いてあるので、触る時に被せてしまえば周りからも見えません。心置きなく女の子を責められます。「めっちゃ気持ちいい」などと女の子が火照ってきたタイミングで、すかさず硬くなったチンコをズボンの上から触らせ「俺も気持ちよくなりたいな」などと誘えば、こっそり手コキで抜いてくれます。
このガールズバー、カウンターだけの店内に常時3人〜4人の女の子が働いているが、どの子もかなり若い。席につくなり女の子がいきなり鍋に入ったうどんを出してきた。どういうこっちゃと尋ねると「風営法の絡みで料理を出さないとヤバいねん」と意味深なセリフが。
 そのとき隣にいた客が、女の子とこんなやり取りをはじめた。
「可愛いわ〜めっちゃタイプやもん」
「うそやん」
「ホンマやって。このあと、ご飯おごるからどっか行こうや」
「いいよ〜」
いいのかよ!と驚いていると、その客が「ここ、連れだしできるんですよ」と耳打ちしてくれた佇まいはごくごく普通のスナックだが、ママさん以外の女の子たちがトイレでヌイてくれるという驚きのスナックだ。横についてくれた女の子に直接交渉し、5〜7千円程度を払えば奥のトイレでサービスしてくれる。普通のスナックでこんなことしていいのか!という背徳感が加わって興奮度は上がりまくりです。路上に立っていたキャッチに、手コキ5千円と誘われてついていくと、漫画のような展開が待っていました。看板もなければホームページもないので、キャッチに頼るか、直接雑居ビルを訪ねるかしてください。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます