エロ漫画アダルトコミックのカテゴリ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます



超大人気・美谷朱里・枢木あおいちゃんも
プレステージMGS動画もマジックミラー号も!
U-NEXTユーネクストR18
本ページの情報は2021年2月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

DMMのアダルトAV見放題はこちら
ただ今30日間無料お試し中!
DMM見放題chライト(R18)
  • ホーム
  • »
  • エロ漫画アダルトコミック

カテゴリ:エロ漫画アダルトコミック

【エロ漫画】上品な有閑マダム貴婦人をくすぐり性処理恥辱マッサージ!便利屋のお下品エッチ体験談

マダム令嬢を寝取るエロ漫画マダム令嬢を寝取るエロ漫画マダム令嬢を寝取るエロ漫画マダム令嬢を寝取るエロ漫画マダム令嬢を寝取るエロ漫画マダム令嬢を寝取るエロ漫画マダム令嬢を寝取るエロ漫画マダム令嬢を寝取るエロ漫画マダム令嬢を寝取るエロ漫画マダム令嬢を寝取るエロ漫画マダム令嬢を寝取るエロ漫画マダム令嬢を寝取るエロ漫画マダム令嬢を寝取るエロ漫画マダム令嬢を寝取るエロ漫画マダム令嬢を寝取るエロ漫画マダム令嬢を寝取るエロ漫画マダム令嬢を寝取るエロ漫画マダム令嬢を寝取るエロ漫画マダム令嬢を寝取るエロ漫画マダム令嬢を寝取るエロ漫画マダム令嬢を寝取るエロ漫画マダム令嬢を寝取るエロ漫画マダム令嬢を寝取るエロ漫画マダム令嬢を寝取るエロ漫画
【概略・全文は上記記事をお読みください】
ライターと言ったのは、取材という名目で今後の展開がしやすいと思ったからだ。しかし、こんなメールで本当に反応はあるんだろうか。正直あまり期待していなかったところ、なんと2,3日のうちに、6件のメールが返ってきた。残念ながら全員独身のようだが、貴婦人でなくとも令嬢(たぶん)ではある。アプローチしない手はない。俺は6人に改めて次のようなメールを出した。
「今度、芦屋、田圃調布のマダム対決の記事を企画してます。お金持ちのマダムがよく行く場所等教
えて!近々芦屋に取材にも行くんでよかったら会いません?案内してくれたらうれしいな。携帯は090…」結果、会おうといってきた.はいなかったものの、数人とは情報をもらったり、メールのやりとりをするようになった。しかし貴婦人とヤルという目的達成のためにはこんな悠長なことをやってるワケにはいかない。やはり直接的な行動に移させねば。じゃあタクシーに乗る前に駅で声をかければいいじゃないか。まずは改札でてくる女性をチェック。さずが芦屋、上品な奥様っぽい女性の比率はかなり高い。当然、六麓荘に住んでる人かどうかはわからないが、この際だ。金持ちそうで上品な女性にどんどん声をかけてみよう。店内に入ってみると、確かに輸入品等の高級食材は多いものの、スーパーである。客層も金持ち風ばかりではなさそうだ。こりゃダメかと外に出る。が、スーパーの駐車場はさすが芦屋。ベンツ、BMWなどの高級車がたくさん止まっている。
そのとき、「Iスーパー」の袋を持った女性が近づいてきた。茶系のセーターにやや短めのタイトスカート。ペニスを挿入したら訳のわからんことを叫びだした。やはり、この方、かなりの淫乱マダムのようだ。こんなチャンスはめったにない。もっとイジめてやるぞ。
「SMプレイやったことある?」俺には別にSの気はないのだが、そのときたまたま、以前バッイチのM女に「縛って」と順まれ使った紐をまだ持っていた。これで淫乱貴婦人を縛ったらできるに違いない。
「タオルで手を縛ったりとかはしたことあるけど…」
彼女を赤い紐で縛り上げ、ハンカチで目隠し。そのまましばらく指で苛めた後、バックから挿入す
ると、案の定、京子さんは前にも増してイキまくる。結局、俺が射精するまでに5回以上イッたのではなかろうか。
「いつつも、そんなにイキまくるの?」
「今、ちょうどエッチというか、感じやすい時期やねん。普段は全然こんな感じじゃないんですよ」
「いやぁ、それにしてもスゴイわ。」

【エロ漫画】寝取らせ願望のある変態カップルが不貞乱交で僕の筆おろし童貞を奪ってくれた

筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画
続いて
女にモテない男でも障害者の女性になら相手にしてもらえるかも。
という話
偏見にまみれたそのアイディアは、恋愛経験ゼロの俺にヒントを与えてくれた。
 過去20回以上もお見合いパーティに参加しながら、一度もカップルになれたことがない俺。もちろん素人童貞。しかしその特殊なパーティに参加したおかげで、ついに素人童貞を捨てられそうな相手を見つけてしまった。
 パーティ当日、会場には車椅子に乗った男女を中心に、数十名の障害者が集まっていた。予想以上の盛況ぶりだ。最初の回転寿司タイムで色々な障害者と対面した。聾唖、盲目、半身麻痺、片足が義足、中には躁鬱病などの精神疾患を患った人や、俺と同じ健常者(理解者として参加している)の女性も数人混じっていた。最初は恋愛対象としては考えにくかったのだが、実際に会話してみると、皆さん物腰の柔らかい優しい女性ばかりで、障害を一緒に乗り越えてお付き合いしたいと思える人も少なくなかった。対面した女性たち全員に、片っ端から自分のメアドを書いた紙を渡していき、トークタイムが終了。結局、第6希望まで名前を書いた女性たちとは誰ともカップルになれず、パーティは終わった。が、その日の夜、連絡先を渡した一人の女性からメールが届いた。
『25番の宮下(仮名)です(^^)今日は、お疲れさまでした〜!メール迷ったけど…せっかくメアド教えてもらったから、メールしてみました(^^)』
宮下さん。彼女はヘルパーの女性と一緒に会場に来ていた、重度の脳性麻痺患者さんだ。顔と手足に強い麻痺があり、言語障害のせいでヘルパーさんを介さないと会話できなかったほどだったのでよく覚えている。彼女の話し方は、例えば「ありがとう」なら「アッ…イアッ…オッ」、「今度会いましょう」なら「オッ…ンオッ! ンゴッ(息を吸う音)アッ!…イウァッ!…オー」というレベル。しかも強い麻痺のせいで、顔もかなり歪んでいて、お世辞にも美人とは言えない。が、せっかく連絡をくれたのだし、返信ぐらいしよう。
『宮下さん、メールありがとうございます。ヘルパーさんと一緒に参加してた方ですよね?今日はありがとうございました』
『返信ありがとうございます。ハイ!ヘルパーさんと一緒だった、脳性麻痺の宮下です(^^) 大正解〜!!覚えててもらって嬉しいです(^^)』
やけにテンションの高いメールだ。
『覚えてますよ。僕は正直言葉がわからなかったけど、隣りにいたヘルパーさんはわかってましたよね。僕も慣れれば聞き取れるようになれるかもしれませんね』
『人と会ったりするとき、自分の中では言語障害が一番ネックになってる気がするけど
…、そう言ってもらえて、嬉しいです(^^)』何回かメールのやり取りを経て、彼女が『もう一度お話してみたいデス(^^)』と言ってくれた。女性にそんなセリフを言われたことは正直嬉しい。しかし問題がある。彼女は1人では移動できないので、実家に遊びに来て欲しいとのことなのだが、一緒に暮らしている母親が病気のせいで抵抗力が弱ってるらしく、服を消毒してからじゃないと入室できないらしい。大丈夫だろうか?
約束当日、メールで教えてくれた住所を頼りに、彼女のマンションを訪れた。
「どうも初めまして。山神と申します。お邪魔します」
「いらっしゃい。じゃ、そこで靴下履き替えてくださいね」
出迎えてくれたのは、初老の母親と、エプロンとマスクをつけた介護ヘルパーさんだった。言われるまま靴下を履き替え、服を消毒してから室内へ進むと、リビングの床に両手を縮めた状態で宮下さんが座っていた。
「どうも宮下さん、お久しぶり」
「アッ、アウウ…」
唸るような声で返事をくれたが、やはり何と言ってるのかわからない。
母「今日はよく来てくれましたね」
俺「いえ、お招きありがとうございます」
宮下さん「ミイッ! ア…ワア…イアッ…タ!?」
俺「…え〜と…」
母「ここまでの道はわかりました?」
俺「ああ、大丈夫でした」
お母さんに通訳してもらいながら会話は進んでいった。彼女の日々の暮らしや子供のころの話などを聞き終え、奥にある宮下さんの部屋に移動することに。両脚をズルズル引きずりながら移動する彼女の後を追う。大きなベッドとパソコンが置かれたテーブル、クローゼットがあるだけのシンプルな部屋だ。パソコンのキーボードを使って会話を再開した。しばらく好きな音楽や映画の話で盛り上がり、過去の恋愛話になった。と彼女、お見合いパーティには過去5回も参加したことがあるらしく、男性とデートしたこともあるらしい。
「男性とそういう関係になったこともあるの?」
「ア…ウ!(ある)」
「そうなんだ。でもどうやって? ホテルとか行けるの?」
と、彼女がパソコンのキーボードを叩いた。画面に現れたのは、バリアフリーラブホテル一覧というページだ。
「コ…コ…デッ…」
これって、俺も彼女とエロいことができるということか。…そもそも俺は彼女とエロいことがしたいのか?実はさっきから腕が触れ合っている。彼女がこちらを見ている。息が荒い。顔面の麻痺のせいでハッキリわからないけど、興奮してるみたいだ。
その様子を見てるうちに俺も興奮してきた。彼女を抱き寄せ、胸を触ってみる。嫌が
る素振りはない。思い切ってキスをすると、白目を剥きながら俺の口にむしゃぶりつい
てきた。そのまま股間に手を伸ばす
と、「アア…」と小さく喘ぎ声が漏れる。ズボンの中に指を入れると股間はヌレヌレだ。クリトリスもしっかりと大きくなっている。トビラ一枚を隔てて病気の母親とヘルパーさんがいるのだ。服は脱がせられない。せっかくだけどここまでで我慢しておくか。手マンを終えて一息つくと、彼女がキーボードで文字を打った。
「こんど、外でデートしよう」
その日はそこで解散し、来月、また遊びに来ますと母親に伝えて、帰路に付いた。どうやら俺の素人童貞は彼女に捧げることになりそうだ。

【エロ漫画】マダム・セレブ妻に目隠し緊縛して公開陵辱拘束調教!初のぷちSMプレイに大興奮

エロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックスエロ漫画マダム寝取りセックス
世の中、相変わらず不景気だ。当然エッチの世界にもその影響はある。
安く遊べる風俗が増えたり、素人の女もバブルのころのようにイタメシだの高級ホテルだの言わなくなったのもそれがためだろう。これは確かにいいことなんだが、なんか貧乏くさくないか。たまに
はもっとリッチでハイソなエッチを楽しみたいじゃないか。ただ、リッチなエッチといっても、お金をガンガンかけてヤルというのはちょっと違う。
俺が求めるのは、ハイソなHの対象だ。お金持ちの貴婦人はどんな生活をし、どんなエッチをするのだろう。そこには男としての興味、願望が強く渦巻いている。
関西でリッチな場所といえば、兵庫県の芦屋である。特に芦屋市六麓荘(ろくろくそう)は関西の大金持ちの大邸宅が軒を連ねる、田園調布も真っ青な街だ。今回、貴婦人とのエッチを目標に上げた以上、どうしても芦屋のご婦人、できれば六麓荘の貴婦人を何とかしたいものだ。
まずは現地調査と、俺は車で芦屋に出かけることにした。仕事で駅周辺に行くことはよくあるが、山手の高級住宅街に足を運ぶのは10年ぶりだ。六麓荘は高級住宅街の中で最も高台に位置している。右を向いても左を見ても大邸宅ばかり。ハンパな家は1軒もない。門から家の中にまだ道が続いているようなお屋敷も何軒かある。どうすりゃこんな屋敷に住めるんだ。
エロ漫画マダム寝取りセックス
それにしても、人気がない。たまにタクシーでご婦人風が帰ってくるぐらいだ。道端で声をかけるのはまず不可能だろう。かといって営業をよそおいお宅を訪間するのも危険すぎる。マンションを訪問するのと違い、へたすりゃ通報されかねない。じゃあどこなら六麓荘の貴婦人と接触できるのか。暇で金持ちのマダムは昼間に何をやってるのか。俺の貧困な発想ではテニス、スポーツクラブくらいしか出てこない。そこで、とりあえず芦屋市の詳細な地図を購入し、テニスコート、スポーツクラブの場所をチェック。さっそく、現地に出かけてみた。が、どこにも全然貴婦人なんかいやしない。大概が50才以上のバアサン、いたとしても貴婦人どころか普通のオバチャンだ。小酒落た喫茶店に入ってみても、状況は変わらない。車で走っていると、たまにジャガー、ベンツといった高級車に乗った30代位の女性とすれ違いはする。でも、ただそれだけの話だ。いったい彼女たちはいったいどこに行くのか。どこに行けば貴婦人と接触できるんだ。俺はきっかけの糸口さえ掴めないまま、すごすご帰宅するしかなかった。
インターネットはどうだろう。貴婦人がインターネットをしているとは考えにくいが、とりあえず情報収集を兼ね、地域やキーワードで検索できる「G」という出会い系サイトにアクセスしてみた。芦屋市在住の女性は70名ほどいた。全員のプロフィール(年齢や本人が登録したキーワード、コメント等)から、20ー30代で、リッチっぽいキーワード(海外旅行、留学、乗馬、バレエ等)を登録している約30名をピックアップ、一斉に同じ内容のメールを送る。
「フリーのライターをしてる河内です。仕事柄、面白いお話がいろいろできると思いますよ。よかったらお返事ください」ライターと言ったのは、取材という名目で展開がしやすいと思ったからだ。しかし、こんなメールで本当に反応はあるんだろうか。正直あまり期待していなかったところ、なんと2、3日のうちに、6件のメールが返ってきた。残念ながら全員独身のようだが、貴婦人でなくとも令嬢(たぶん)ではある。アプローチしない手はない。俺は6人に改めて次のようなメールを出した。「今度、芦屋VS田園調布のマダム対決の記事を企画してます。お金持ちのマダムがよく行く場所等芦屋に取材にも行くんでよかったら会いません?案内してくれたらうれしいな。携帯は090…」
結果、会おうといってきたコはいなかったものの、数人とは情報をもらったり、メールのやりとりをするようになった。しかし貴婦人とヤルという目的達成のためにはこんな悠長なことをやってるワケにはいかない。やはり直接的な行動に移させねば。
前回芦屋に行った際に見かけた、タクシーで六麓荘に帰ってきたご婦人たちはどこからタクシーに乗ったのか。おそらくほとんどは芦屋の駅だろう。じゃあタクシーに乗る前に駅で声をかければいいじゃないか、そう考えた俺は、阪価響P屋川駅に向かった。まずは改札からでてくる女性をチェック。さすが芦屋、上品な奥様っぽい女性の比率はかなり高い。当然、六麓荘に住んでる人かどうかはわからないが、この際だ。金持ちそうで上品な女性にどんどん声をかけてみよう。
「すいません、ルポライターの河内といいます。今回、芦屋と田園調布を比較する記事と企画してまして、取材にご協力いただけませんか」「……」
やはり簡単にはひっかからない。3、4人に1人は話を聞いてくれるものの
「ごめんなさい、時間がないもので」と断わられる。ただ、皆さん断わり方も上品なのであまりメゲない。さすが夫人だ。それにしても、駅前でガンガン声をかけている俺の姿はかなり浮いていることだろう。なんせ、ティッシュを配ったり、ナンパしたりしてるヤツなど1人もいないのである。場所をJR芦屋駅に変え、改めてチャレンジ。芦屋駅は阪急の駅より大きく人も多い。状況的にはかなり声がかけやすい。30分ほどして取材に協力してもいいという女性がつかまった。1時間程度なら構わないという。30過ぎの奥さんで実に愛想がいい。ルックスもまあまあだ。貴婦人という感じじゃないのが気にかかるが、やっとひっかかっただけに逃すわけにはいかない。何かのとっかかりにでもなれば十分だろう。
「取材されるのなんて初めてだからドキドキする」2人して入った喫茶店で淑子さんが言った。何だかうれしそっだ。聞けば2人の子持ちで、駅近くのマンションに住んでるらしい。
やはり山手の貴婦人ではなかったようだ。旦那の車はベンツで、毎年、家族で海外旅行しているという。俺なんかより、数段リッチな生活である。30分ほど話した後、俺の車で何力所か案内してもらうことに。彼女は車中でも終始ご機嫌で、よくしゃべった。よし、ここは話題を少しエッチな方向へ持っていこう。
「最近の主婦のなかにはテレクラにはまったり、援助交際したりしてる人もいるみたいですけど、さすがに淑子さんのまわりには、そんな人いないでしょ」
「聞いたことはないけど、内心、みんな興味あると思いますよ」
「でも、淑子さんは浮気なんかしたことないでしょ」
「一度もないんですよ。そんな機会もないですし。結婚してからは主人しか知りません。学生のころはわりと派手だったんですけど」何だか脇が甘いというか、すぐにィケでっな感じがしてきた。こうなりゃ実行あるのみか。俺は車を六麓荘のまだ上の山道沿いの空き地に止め、話の途中で少し太めな淑子さんとは回転ベッドのある古いラブホテルでふいに彼女の手を握った。淑子さんも期待していたのかもしれない。抵抗せず握り返してくる。自然な感じでキスをしてセーターのうえから胸を操む。横を他の車が通っていくが気にしない。しばらく愛撫を続けた後、ホテルに誘ってみた。まだ真っ昼間で、しかも車の中。さすがにこれ以上はムリだ。
「ごめんなさい。もっ帰らないと。今日は本当に時間がないんで」
「そうですか」ウソじゃなさそうだ。俺は仕方ないので彼女を駅の辺りまで送り届け、携帯番号を伝え別れた。
5日後、淑子さんから俺の携帯に電話があった。エロ漫画マダム寝取りセックス
「今日、ショッピングで梅田まで行く予定なんですが、時問があればお茶でもどうです?」
3時以降ならなんとか時間がつくれる。せっかく向こうから誘ってくれてるのだ。会わないともったいない。待ち合わせの場所に時間どおりに姿を現わした淑子さんは、芦屋で声をかけたとき以上に貴婦人のイメージから遠くなっていた。百貨店の紙袋を持ってる姿はせいぜい「買物帰りのちょっと金持ちの奥さん」というところか。梅田で会ってるからよけいそう思うのか。ちょっとテンションは下がったものの喫茶店で世間話。時間がないのでストレートに
「じゃあ、この間の続き、やりましょうか」
淑子さんはだまって微笑んでいる。OKということだろう。近くのラブホテルに向かう途中、淑子さんが俺の手を握ってきた。
「私、実はこういうホテルに入ったことないんです。ドキドキしますね」
「学生のころ、結構派手に遊んでたんじゃなかったんですか」
「それは留学元でのことです」「さすがですねえ」
ラブホテルの経験がないのなら、いっそコテコテのラブホに連れていこ、っ。俺はちょっと古めのホテルに入り、パネルで懐かしの回転ベッドの部屋を選んだ。エレべータの中で抱きしめてキス。腕に力を入れると淑子さんはガクガクと足の力が抜けるような感じになった。かなり興奮している様子だ。部屋に入って服を着たまま少しいちゃついたあとシャワーを浴びる。一緒に入ろうと誘ったが、恥ずかしいから絶対にイヤという。回る丸いベッドの上で彼女のバスタオルを剥ぎ取ると、旦那以外の男に十数年見せていないという裸体が現れた。正直、あまり魅力的なスタイルではない。お腹や腰の辺りに少々肉がついており、ちょっとずんどうな感じだ。肌は白く、すべすべしている。
淑子さんのアソコは何もしないうちから濡れており、シックスナインの姿勢で手と口で前戯をはじめると液が洪水のようにあふれ出てきた。我慢できないとでも言いたげに、自ら俺にまたがってくる彼女。さっきまであんなに恥ずかしがってたのは何だったんだというくらいに腰を振りまくる。その後はバック、横背位と体位を変え、最後は正常位で一緒にフィニッシユした。彼女もさぞ満足したことに違いない。と思っていたのは俺だけだった。イッて1分もしない、つちに、淑子さんは俺のムスコを触りフェラし始めたのだ。
「またしたいの?」
「だって、他の男の人、本当ーに久しぶりなんだもん」
どうやら俺は十数年眠っていた彼女の欲望を起こしてしまったよ、つだ。しかし、とてもすぐに2回戦ができる状態じゃない。というか、彼女が相手なら1回で十分だ。淑子さんは残念そうだったが、俺は1人でさっさとシャワーを浴び、ホテルを出た。
その1週間ほど後、インターネツトでメールをやりとりしていた中で、ユウという名の23才の女性が会ってもいいと自分の携帯を知らせてきた。掲示板のキーワードにはバレエや留学など令嬢を匂わせる単語が並んでいる。これはいくしかあるまい。さっそく、彼女の携帯に電話し、翌週、JR芦屋駅で待ち合わせることにした。
当日、彼女はGパンにカーディガンというラフな服装で俺の前に現れた。化粧っ気はなく、はっきりいって地味。が、顔はなかなかかわいく、背もすらつと高い。少し松たか子に似た雰囲気だ。喫茶店で聞いた話によると、彼女は地元の短大を卒業したあと親のコネで商社に就職したものの、どうしても好きな演劇をやりたくて退職。今はアルバイトをちょこちょことやりながら劇団員をしているらしい。「彼氏?いませんよ。好きな人はいるんだけど」
ちょっと頭でっかちな印象寿受けるが、素直で好感が持てる。なにより全然すれていないのがいい。もしかしたら、処女じゃないだろうか。ただ、このタイプは普通に口説いても簡単に落ちない。俺のことを異性として意識していないようだし、口説いたところでヒイてしまうのがオチだ。そこで俺は考えた。俺が以前に編み出したナンパ法を試すのはどうだろう。エロ本朗読やカップル喫茶取材アシスタントのバイトを装い、エッチな気分にさせヤッてしま、つという作戦だ。すれてないユウにとっては、かなり刺激的なはずである。

【エロ漫画】キャバ嬢と同伴、枕営業でなくエッチするために大事なこと・キャバクラでセフレ作り

キャバ嬢とエッチエロ漫画キャバ嬢とエッチエロ漫画キャバ嬢とエッチエロ漫画キャバ嬢とエッチエロ漫画キャバ嬢とエッチエロ漫画キャバ嬢とエッチエロ漫画キャバ嬢とエッチエロ漫画キャバ嬢とエッチエロ漫画キャバ嬢とエッチエロ漫画キャバ嬢とエッチエロ漫画キャバ嬢とエッチエロ漫画キャバ嬢とエッチエロ漫画キャバ嬢とエッチエロ漫画キャバ嬢とエッチエロ漫画キャバ嬢とエッチエロ漫画キャバ嬢とエッチエロ漫画キャバ嬢とエッチエロ漫画キャバ嬢とエッチエロ漫画キャバ嬢とエッチエロ漫画キャバ嬢とエッチエロ漫画キャバ嬢とエッチエロ漫画キャバ嬢とエッチエロ漫画キャバ嬢とエッチエロ漫画キャバ嬢とエッチエロ漫画
男のオアシス。そう聞いて、皆さんは何を想像されるだろうか。サウナ、床屋、パチンコ。中には雀荘が最高という方がいるかもしれないし、風俗が何よりの癒しという人もいるだろう。要するに男のオアシスとは、仕事や生活に疲れ果てた男たちが、ひとときの安らぎを覚える憩いの場。そして、明日からの活力を充電できる場所でなければならない。
しかしながら、どうにも理解できないオアシスが一つある。キャバクラだ。マズい水割り片手に、ネーチャンたちと薄い会話を交わす、ただそれだけ。ところが、どうもそうでは
ないらしい。
1週間後、大学時代の友人5人と飲んだ折、オンナの話になった。皆、揃いも揃ってスケベ野郎である。キャバクラも、オレを除けば全員経験済みだ。
何げに先日のライター仲間の話を振ってみたところなんと、5人中2人が初めてキャバクラに行ったとき、ヤレてしまったというのだ。いったいどういうことでしよ。
身近な人間3人が初キャバで即マン。これって、もしやビギナーズラックってヤツでは
競馬やパチンコなどのギャンブル初心者が大当たりを出すというのはよく聞く話。科学的な根拠は定かではないが、現実にそういう現象が存在する以上、キャバクラ客にだって、同じことが言えるのかも。キャバクラにおけるビギナ—ズラックはあるのかないのか。オレがきっちり検証しちゃる。
ウチはお触りパブじやないんだから!
桜が散り始めた時期とはいえ、まだまだ夜風が冷たい4月上旬某日。新宿• 歌舞伎町の路上は、たくさんの人で埋め尽くされていた。時刻は午後1 0時。酔っぱらいたちの嬌声があちこちで響く。
今夜、出かける店はもうすでに決めてある。クラブx(仮名) 。数日前、風林会館周辺を歩き選んだ店だ。トライアルはあくまセビギナーズラックの検証であり、基本となる戦術はあくまで初心者として振る舞うコト。どこそこの店はキャバ嬢が落としやすいだの、キツイだのといった事前情報はむしろ妨げになるのだ。
「いらっしやいませ—」店の入り口で、呼び込みの二—チャンが声をかけてきた。
「ご指名は?」「ええっと、特に…」「かしこまりました。1名様ご来店で—す」
ボーイの誘導で店内へ。ふかふかのソファに腰かけ、ちよいと緊張気味に周囲を見渡す。だだっ広いフロアにはテーブルが3 0ほど。平日にもかかわらず、席の9割が客で埋め尽くされており、みなピチピチのギャルに鼻の下を伸ばしきっている。ほほうこれがキャバクラかい。なかなか楽しそうでないの。間もなくマヒロと名乗るギャルが隣についた。
「よろしくね」「あどもども」
真鍋かをり似のマスクに露出度の高いワンピ—ス姿。文句ナシでいい女だが気になるのはその胸元。彼女の体が動くたびに服の隙間からブラジャーがチラチラとのぞくのだ。いいねぇチラリズムってのは。「ん何見てんのお?」「ブラジャーだよ。さっきから見えてるし」「やだ、やらしいぃぞ」
水割りを作りながらケタケタと笑うマヒロ。その笑顔に安心してつい調子をぶっこいちまった。
「胸大きいよね。何カップあんの?」
おもむろに彼女のデカチチを両手でモミモミ。
「ちよ、ちよっとお。…信じらんない。ウチはお触りパブじゃないんだから。そういうことするんだったら別の店に行けば?」目がメチャクチャ怒ってる。
あっちゃ。やってもうた?その後の2 0分間、一度も会話盛り上がることなくタイムアップ。店内放送で呼ばれたマヒロは、そそくさと別のテーブルへ。えらい出鼻のくじかれ方である。ビギナーズラックどころか、相手に嫌われてしまうとは。しかしマヒロと入れ替わりにやってきた女、ユウコフジテレビのウッチー似の21才。昼間は写真の専門学校に通つているとかで、下ネタを口にしても平気でついてくる。
「え割と少ないよ。たぶん15人くらいかな」
「ふ一ん。じゃオナニーは?每日やってそうな顔してるよ」
「きやははチョー失礼。絶対教えてあげない」「何だよ、教えろよ—」
「やだ。ダメ」笑いながら、ごく自然に体を預けてくるユウコ。何だかスゲー楽しいんですけど。
アッという間にチェンジの時間となり、去り際、ユウコが名刺を差し出してきた。見ると、裏面にケータイ番号とメアドがボールペンで書き付けてある。マヒロが名刺すらくれなかったことを思えばまずまず。Xの閉店は午前2時。それまでここで時間を潰し、ユウコをアフターに誘おうという腹である。バック挿入に自ら腰を振る女
2時15分。ユウコのケ—夕イにかけるとキンキラ声が聞こえた。
「はい、誰?」
「さっきの青木ヶ原だけど、店終わった?よかったらメシでも」
「あ、いいね—。アタシ、ラーメン食べたいかも」「りょ—かい」
第一関門、突破。1 0分後、歌舞伎町交番付近でユウコと待ち合わせ旨そうに麺をすするユウコを眺めつつ、脳ミソをフル回転させていた。雰囲気は悪くない。むしろイイくらいだ。問題はこの後、酒を飲ます必要があるかどうが。アルコ—ルの力を借りればほぼ行けそうな感じ。モタモタしてっと始発が動いちまうしなあ。
「これからどうする?オレ眠くなってきたからさ、休んでこぅよ。ホ、ホテルかでさ」
「えーヤダ。だったら漫画喫茶行こぅよ」
で、出たぁ—。聞きたくなかった答じゃん。マンキツは落ち着かないんだよなぁ。
「ぎゃはは、いま、心の中で舌打ちしたでしょ」
「したよ。したした」
このままではラチがあかぬ。意を決したオレは、ユウコを雑居ビルの陰に押しやった。ムリヤリ唇を奪い、右手を素早令ミニスカ—卜の中へ。しばらくパンティ越しに股間をなぞるうち、ジットリと布が湿ってきた。あらあら、感じてるじゃないの。
「ううん、ダメえ。誰かに見られちゃうよ!」
「じやあ、ホテル行って続きやろうよ。な?」 
「え—、どうしよう…」
迷いは一瞬だった。いざホテルの部屋に入ると、Tシャツを脱いでる最中に、チュパチュパとオレの乳首を攻撃。パンツをズリ下ろせば、すぐにチンポに喰らいついてくる。
攻守交代。ユウコの衣服を剥ぎ取り、乳首、ヘソ、クリトリスと順番に舌を這わせる。指の挿入に、顔をくしゃくしゃに歪ませ、喘ぎ声を絞り出す彼女。それを合図!挿入だ。
「んんダメ気持ちいいよぉ」
自ら腰を振って応えるユウコ。なんちゅう締め付けの良さだ。チンポ痛いって。
「アーンいゃ—」
ユウコの白い尻に、精液がほとばしったのは挿入3分後のことだ。

【エロ漫画】あげまん女の自宅でスパンキング乱交・玄関でねっとりフェラ!宅配バイトは美味しい

スパンキング乱交エロ漫画スパンキング乱交エロ漫画スパンキング乱交エロ漫画スパンキング乱交エロ漫画スパンキング乱交エロ漫画スパンキング乱交エロ漫画スパンキング乱交エロ漫画スパンキング乱交エロ漫画スパンキング乱交エロ漫画スパンキング乱交エロ漫画スパンキング乱交エロ漫画スパンキング乱交エロ漫画
スパンキング乱交エロ漫画スパンキング乱交エロ漫画スパンキング乱交エロ漫画
セックス中、尻を叩くスパンキングに興奮
セックス中、女の尻を叩くことに興奮を覚えるオレ。その手の性的嗜好を叶えてくれるのが「スパンキング堂」だ。ここでは、叩きたい人を「スパンカー(カー)」叩かれたい人を「スパンキー(ー)」と呼んでいる。ちなみにどちらも好きなのは「スイッチ」だ。
 スパンキーを探すには、サイト内の「パートナー募集掲示板」を見るのが手っ取り早い。
『お尻を平手打ちしながら罵ってください』
『教師と生徒という設定で叩いてくれる人いますか?』
などと、自身の願望を赤裸々に公開しながら相手を募集する女神ちゃんの多いことよ。自分的にはとにかくかたっぱしから、「叩いてあげる。いつがいい?」と、あえて冷徹な雰囲気のメールを送るのがポイントで、返信さえ来ればすぐに会える女が多い印象だ。
少し気を付けたいのがセックスなしの純粋なスパンキングを希望する女性も一定数いるということ。会う前に「エッチしながら叩きたい」と、はっきり意思表示しておくべし。

【エロ漫画】女の子のエッチの喘ぎ声が本気か演技か見分ける方法

0180_201901192009562c7_2019110313400877e.jpg0181_201901192009587d3_201911031340108b9.jpg0182_20190119200959b38_2019110313401140b.jpg0183_20190119201000611_20191103134013ea8.jpgエロいエッチな喘ぎ声に興奮する男性が増加中!エロ声オナ声で妄想して指名する風俗店も登場エロ声オナ声で指名する風俗店
ネットで嬢のエロ声オナ声を聴いてから指名できる。このシステム、結構いいところを突いてると思う。我々テレホンセックス世代は(そんなのないか?)、声を聞いて妄想を膨らませることに長けている。声だけでオナニーすることにも慣れている。ああ、こんな体勢になって、こう舐めて、こうやって指を入れて…と、アエギ声だけであれこれ想像をふくらませてぶっ放すのだ。
この店だと、妄想だけでなく現実にプレイできるのだから、まさに夢が叶うのと同じことで、その興奮度たるや計り知れないものがある。
★★★空前絶後の出会い時代到来★★★
一つの出会いで世界が変わる
おすすめの厳選出会い2選。18禁。
≪会員数1000万人突破≫≪フリーメール・匿名での登録OK≫
PCマックス

≪女性誌等への掲載多数、女性登録者多し≫
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
日本で唯一全国展開している交際クラブユニバース倶楽部をのぞいてみよう!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

二次元の彼女のエロシーンやボイスに病みつき
【にじげんカノジョ】

★★★女性が喜ぶ最強のペニスを作る★★★
☆☆自信の増大アップサプリ☆☆
【サイズアップXL】

☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
今がチャンス!赤字覚悟の還元プレゼント中!
【ヴィトックス】

☆☆早漏対策なら☆☆専門医推奨!TENGAのトレーニングツール


☆☆遅漏対策なら☆☆TENGAの遅漏改善トレーニングツール☆☆
⇒遅漏改善用TENGA

☆☆TENGAの男の活力サプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ

☆☆包茎対策なら☆☆ ⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】