エロ漫画アダルトコミックのカテゴリ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

  • ホーム
  • »
  • エロ漫画アダルトコミック

カテゴリ:エロ漫画アダルトコミック

【エロ漫画】プールでは過激な水着やビキニよりも水中で不意にオマンコを晒したマンチラが興奮する

02120_20200627121459aca.jpg02130_20200627121500f70.jpg02140_20200627121502d76.jpg02150_202006271215030e8.jpg02160_20200627121505ada.jpg02170_202006271215067fa.jpg02180_2020062712150835d.jpg02190_2020062712150907b.jpg02200_202006271215119d6.jpg02210_20200627121512119.jpg02220_20200627121514ab0.jpg02230_2020062712151583a.jpg02240_202006271215177bd.jpg02250_20200627121518eb4.jpg
水着の日焼け跡って100%オイシイんですが、肌が黒くなってしまったらやや価値が落ちると思うのです。どうせ他の男も見たんでしよとヤキモチ妬いちゃうと言いますか。今日のお昼にプール行ってきたばかりみたいなまだ肌が赤い場合は、いわば日焼け処女のようなもんですから、もう食欲もりもりになっちゃいますね。つつっと触ったら「痛ーい」とか言われちゃって。ぺロっとしたら「染みるー」とか言われちゃって。プールでは過激な水着やビキニ?おっぱいの大きい子?駄目駄目、正解は、ガードのゆるい子です。彼女らの特徴は下半身に見え隠れします。そう、お股のゆるい子ってのは、ついつい無防備におまんこを見せるものなのです。

【エロ漫画】気に入った相手ならもアダルトなサービスも売り物に!フリマで売春の美女

0050_201906072048054f6_2019092308083136e.jpg0051_20190607204807ee1_20190923080833759.jpg0052_201906072048088a1_201909230808346b5.jpg0053_201906072048142e8_201909230808368e0.jpg0054_20190607204817ae1_20190923080837ce2.jpg0055_2019060720482043e_20190923080839efd.jpg0056_2019060720482158c_201909230808402e7.jpg0057_20190607204825461_20190923080842fbe.jpg0058_20190607204828b08_20190923080843bf7.jpg0059_20190607204829954_20190923080845d0d.jpg0060_201906072048309b9_2019092308084741f.jpg0061_20190607204831691_20190923080848dc2.jpg0062_20190607204832ee8_20190923080849f70.jpg0063_20190607204833156_20190923080851526.jpg1_201912011347142e0_20200118230104441.jpg2_201912011347154cf.jpg3_201912011347177bc_202001182301404c9.jpg4_20191201134719eba.jpg5_201912011347208ca_20200118230516107.jpg6_2019120113472233d_202001182305171ab.jpg
知り合った女子大生には、自分の職業を打ち明け、嫌がる彼女に食事をおごるからと再会シーンに出演してもらったし、テレクラ取材2日目に後日アポをとった18才のフリーターとは番組編集ギリギリの日に会い、ホテルにまで行った。
そして、それらは実際、12分の映像となり、番組の中でオンエアされたのである。12分の映像制作に協力した人間に支払われるギャラの相場を俺は知らない。が、少なくともそれが1万じゃないことぐらいわかる。要はナメられたのだ。
俺はムカついていった。
「そんな金では受け取れません。このことは書きますよ」
さらに翌日、交通費、女におごったメシ代、ホテル代の約2万を請求書にして送りつけた。
ギャラとは別に、当然支払われていい金である
4月13日現在、経費はおろか出演料は送られてこない。電話の1本もないのが現状だ。このままでは、4日間のただ働きのうえ2万の持ち出しである。悲惨、というより他ない。昨年9月にも似たようなことがあった。テレビの制作会社からテレクラで遊ぶ人妻を紹介してほしいと頼まれ、渋谷と池袋のテレクラで不細工ながら出演を承諾した2人の女を捕まえ担当者に引き合わせた。が、結局、出演の条件が合わずに番組は不成立。このときも2日を要し、経費も数千円かかっていたにもかかわらず「謝礼はありません」の一言で片づけられた。
洗ってないペニスをフェラさせる快感
季節の変わり目は持病の五十肩と腰痛がひどくなる。とりあえず、お灸やマッサージに行ってはいるものの、大した効果はない。先日は、テレクラにあった雑誌にリフレクソロジー(足の裏のマッサージ)の広告を見つけ、銀座の英国式と渋谷の台湾式に足を運んだ。銀座の店はきれいでマッサージ女の質も上々。足操みは想像以上に痛かったが、終わって外へ出たら足腰が軽く思わずジョギングしたくなるほどだ。渋谷の足操みは銀座以上に痛かった。思わず声を漏らすと、台湾女が笑った。
「あなた肝臓が悪いね。エッチも弱いよ。奥さんかわいそう」
「エッチを強くしたいんですが」
「日本の男みんなそれいうね。不倫だめよ」まったく余計なお世話だ。
リフレクソロジーの女と比べたら顔も体も格段に劣るが、池袋のテレクラで会ったマキはエロ・リフレクソロジーとも一買える女だ。
「21才で素人ですけどマッサージとフェラチオで1万でどうですか?マッサージは本格的でフェラチオにも自信あります」
よどみなくしゃべる女だった。体型はややボチャで顔は普通らしい。普段なら相手にしないが、「腰痛が一気に楽になりますよ」と自信ありげに言われたら心が動く。10分後、公衆トイレの前で会うことにした。その女、マキは大きな紙袋を下げ、俺を待っていた。デブというよりドサッとした体型。正直、ダサイが、まん丸な目に惹かれる。
昔前の女学生さながらの〈おさげ髪〉もレトロで悪くない。
「お尻の穴も紙められる?」「いいですよ?得意だから」
「それと、テレクラ代もかかっているし、エッチなしなんだからホテル代込みでいいかな?」
「はい・・」テレクラ代に、マッサージとフェラと尻なめを加えで計ー万5千250円。
「アロマテラピーって知っでる?」
そう言って、さらにバスタブにも香りのする入浴剤を入れる女
何だか得した気分だ。女の仕事は実に丁寧だった。頭から足の爪先まで丁寧に洗い、特にペニスと肛門は痛いと感じるほどしつこい。そして、洗って流してまた洗って、を3度ばかり繰り返した後、「キレイになった」とー人喜んでいる。なんだ、本当は男のサマの匂いが好きじゃなかったのか。
時々や首筋に息を吹きかける性感を刺激する。「出せそう?」。女が右手でペニスの根元をマッサージしながらキスを求めてきた。「肝心のアソコも紙めてよ」「スケべな人」そう言いながら俺の脚を大きく抱え上ば舌を肛門につける。
戻り、うつぶぜになるとラベンダーオイルを塗られマッサージが始まった。専門の学校でやったこともあると言うだけあって、さすがに巧い。
一通り終わったところで、女の方がSMっぼくて、よくない?とアイマスクをかけ、改めてまでを紙め上げた。
「じゃあいくよ」今度は、俺の脚を持ち肛門紙め。さきほどより深く入ってきた舌が心地いい。2分も続けられたら、尻は女の唾波でビチョビチョになった
「足が疲れたから、下ろしでいいかな」「いや、もっとさせて」
女の希望でさらに10分。しかし、これほど尻穴眠めに集中する女は過去にも例がない。まさにナメクジ女で窃る。さすがに疲れた俺が、出せば終わるだろうと自分でしごき放出すると、女はずかさず口をぺニスに移動させそれを飲み込む。さらに、着替えてる最中も縮んだベニスを紙めてくる。まったく、どこまでスキな女なんだ。
外へ出て歩くとリフレクソロジーのときより快適だった。
思わず、「いい気分だよ」というと「よかったらーまた会ってね」と携帯番号を書いたメモをくれた。「今度はお尻の穴でもいいよ。拡げる機械持ってるから」

【エロ漫画】盲目の美人マッサージ師の施術中に生チンポ勃起した客が発情しセックス懇願

26_202004182218447f1.jpg27_20200418221846cae.jpg28_20200418221847d06.jpg29_2020041822184825e.jpg30_202004182218508e1.jpg31_20200418221851a50.jpg32_20200418221853e7c.jpg33_2020041822185541d.jpg34_20200418221856d28.jpg35_2020041822185758f.jpg36_20200418221859156.jpg37_202004182219004f9.jpg38_20200418221902b9b.jpg39_20200418221903ac3.jpg40_202004182219053f2.jpg41_20200418221906c34.jpg
美女の極楽マッサージ・スローなフェラ、本番が至福のひと時
51_2020032419140386e.jpg
w095.jpgw098.jpg可愛い中国人ばかり!店外デートにも付き合ってくれる桃源郷サウナの真相は

毒を汗と一緒に絞り出し、キンキンに冷えたビールをノドに放り込む。で、スカッと天国。くわあっ、たまんねえー。入浴後の楽しみを想像しつつ、汗にまみれてると、たまたま隣のオッサンと目が合った。妙に笑っているぞ。

「にいーちゃん、ー人できたの?ったくスケべだなあ」

「何のことスか」

「いやいや、とぼけちゃって。あーアツイアツイ。」

他人にいきなり何を抜かす、うつけ者が。…いや、ちょっと待て。「スケべ」ってのは、もしかして、ウワサの中国人女のことか。ナ二、マジなの?浴場内に目をやれば、台の上で仰向けになった客を石鹸で洗う短パン、ランニング姿のオバチャンが2人、クルクル働いていた。韓国式垢スリに酷似した光景とでもいおうか、オバチャンはだらしなく垂れ下がった客の金玉を持ち上げ、足の付け根まで丹念にコシゴシやっている。ん、ひょっとしてこれのことなのか。

確かに、股間をいじられて若干立ち気味、うっとり気味。オッサンの顔を見るとスケべな状況には違いない。が、いくらなんでもなあー。だいいち、ウジャウジャいないじゃん。2人だけでしよ、オバチャンは。アホらし、さっさと上がってビールを飲もう。再びお遊び気分で、へらへらしていた自分が浅はかだった。この後、オレは3階のラウンジで思わず腰を抜かしそうな警樗のシーンに遭遇するのだ。
20・30人の中国娘がラウンジを閣歩

そのカヤカヤと騒々しい空気にフト顔を上げマジで目を疑った。20、いや30人はいるミニスカートの若い女たちがラウンジ中をワラワラ閣歩しているのだ。…まったく状況が飲み込めない。誰なの?何なの、このサウナはっ。

「イラシャイマシェー」と狂った日本語が飛び込んでくる。で、やっとわかった。コイツらが例の中国女たちなのだな。気を取り直し、改めて観察してみると、中国人娘たちは、客が注文した食べ物や酒を運ぶウェイトレスらしい。ところが、さらに観察を続けていると妙なシーンが目につく。

このお嬢さんたち、ヒマさえあればリクライニングシートの側に座り込み、男性客と親しげに会話をしているのだ。中には初老の男に腕をスリスリ触られ、嬉しそうに笑っているコまでいるではないか。やはり情報どおり、あのコたちとヤレちゃうんだろうか。いずれにしろ、オレもリクライニングに腰を下ろし、接触をはからねばなるまい。40席はあるリクライニングはほぼ満席、やっとのことで奥に空席を見つけ、素早くそこへ陣取った。ぬああーとノビをして、まずはリラックス。ニコニコして女のコが来るのを受動的に待つ。が、待てど暮らせど注文を聞きにくる気配がない。しょうかねえーな。「すいませーん、注文いいスか」

「ハイ、ナンデショカ」

ようやく来やがった。ったく遅せえんだよ、極道ウェイトレスが。

「ビールと技豆、お願いします」
「ハイ、ワカリマシタ」「ところでさ、君たちは…」

そう言いかけたとき、すでに女のコはプイと戻った後。ははは、ちょっとフライングしちゃったかなー。まあいい、ビールが来たときに聞けばいいや。

「オマチドウサマ。ビールトエダマメ~」

「はいはい、どうも。それで君たちは・・」

ぐぐぐ。また帰りやがった。何なんだ、ちくしょう。周りには肩を操んだり、あるいは膝の上に座って客とジャレあっている女のコがいるというのに、なぜオレだけハミコなのだよ。唯一のヤング客だぜ、オレは。
常連の中には女のコをお持ち帰りしてる客

目新しい展開はその後も起きず、時間だけが虚しく過ぎていった。わかったことといえば、彼女たちが口ーザで雇われているということだけ。客とセックスをしているという情報の真偽は謎のままだ。もうこうなったら客側から探りを入れていくしかない。
「ビールお代り」をくり返すうちに女のコが2人、オレの足元に座り込んだのだ。みんな色白でかわいい。待っていたよ、よしよし。さーどっちに肩を操んでもらおうかしら。…だが、女のコたちは肩を操むどころか、話そうとはせず、黙ってテレビを眺めるのみ。

「君たちいつもここで働いてんの?昼間は何やってんの」

「ハイ、ヒルハガッコウ」

ダメだ。いくら話を振っても上の空である。これでは君たち、ただのサボリですよ。ちゃんと会話しなさいっ。相手の反応の悪さに困っていると、予想もしない屈辱的な事態が発生した。両者とも時計をみるやすくっと立ち上がり、戻っていくではないか。ガーン。

「ちょ、どこ行くのー」「1シゴトオワリデス」「ソ、ソンナ。キイテナイアルョ」

おどけたところで手加減はない。あれだけいた女のコたちは一斉に奥の従業員用通路へ消えていったのである。抜かった。女のコたちはシフト制で働いていたのだ。入れ代わり
に遅番のコたち(それまでは中番)がやってきたが、しこたま酔っばらった状態でまたーからの仕切り直しは不可能だ。チェ、ここは出直そう。明日こそは、どうにかしてやる。勝手な想像をして、ヘラヘラと駅への帰り道、中番のコを数名発見した。

ほー仲良く帰宅かと思いきや、その中のー人が小走りに集団から離れていく。目で追うと、その先には中年オヤジが手を振っていた。そして、あろうことかオッサンと腕を組んでタクシーに乗り込んでいくではないか。

あいつは・・ウ男の顔には見覚えかあった。先ほどラウンジで女のコを膝に乗せていたオッサンだ。お持ち帰りに間違いない。くっそー、あのタニシ野郎め。うらやましいっ。とはいえ、初日を「偵察」に徹底したため、次回どう攻めたらよいかは自ずとわかった。中国人娘たちのシフトは3つ。

すなわち午前7時ー午後3時までの早番、

午後3時ー午後11時の中番、

午後11時ー午前7時の遅番である。

当然このどれかーつに的を絞り、時間内に落とせばいい。問題は、どう女のコをロ説くかだが、客たちの話を聞いていると、みな口を揃えて言うのが、彼女たちの大半は日本語学校の学生で、金に苦労しているということ。ならばこんな作戦はどうか。

とりあえず日本語をタダで教えようと誘い、ダメならキャッシュを目の前でちらつかせる。かなりの力技だが説得力はあるだろう。さーて、明日が楽しみだわい。
左右正面から酒池肉林のサービス

翌日、午後7時。口ーザのラウンジはすでに客で一杯だったが、幸い女のコが頻繁に通る通路付近のリクライニンク席を確保できた。よし、始めるか。

「すいません、ビール、すいません、シューマイ下さい」

しばらくは注文に徹し、また脇を通る女のコには、愛想をふりまく。といっても目がニコっと微笑む程度であるが、いい声と印象づけるにはさほど的外れな行動ではなかろう。そうこうするうちに女のコが2人、オレの横に座った。

「オカワリイリマスカ?」「え?いま頼んだばっかだし、いいよ」

「…チャーハンタノンデイイデスカ。オナカヘッタョ」「いいよ」

「ドーモ、アリカトデス」彼女、名前は黄(仮名)。鳥龍茶で有名な福建省出身で、23才の学生らしい。ルックスは並だが、愛嬬のある堕立ちをしている。

「貫ちゃん、かわいい顔してるね」「ソンナコトナイデス」

「いやいや、その口元のホク口がなんともはや・・こっひゃひゃひゃ」

「ナニイッテル?アナタオモシロィ、こ「あ、そう。オレ面白い7うひゃひゃひゃ」2人でキャッキャと騒いでいると、ー人、またー人とオレの周りに女のコが集まりだした。口ーザではなぜか、すでに女のコがついている客に他のコたちも集まってくる傾向がある。気がつくとオレの左右正面を計3人の女のコが占領するという、実に素敵な状態に
なっていた。

たわいもない会話を交しながら、あるものは指でオレの足をツンツンいたずら、あるものは腕をねっとりとマッサージ。ぎゃー、いやらしいっ。なんなんでしょうか、これは。桃源郷7いやいゃ、酒池肉林7いずれにしろ気分はナイス。ずっとこの状態でエヘラ顔をし続けるのもったいない。

しかし、昨日お持ち帰りの現場を目撃したかりにはそうもいかぬ。ちょャつど右手にいる陳ちゃん(仮名・25才)はモ口好みのキュート顔。ぜひ彼女をお持ち帰りしたい。
ただいま時刻は午後10時。あまりない。
売春しないよう見張ってる?

陳ちゃんにアタックを開始しようしたその矢先。女のコたちのノリが急にトーンダウンした。なんだかミョーによそよそしい。

「あらら、どうしたの?静かになっちゃって」

「シィー。アソコニブチョウサンキテルョ」
「部長サン」

見ればいつのまにやら、そろいの制服を着た男性が3人、ラウンジを巡回していた。部長サンとはあの中のー人、強面のお方にに違いない。

「別にどうってことないじゃん。何か怒られることでもしたの?」
「ハタラカナイカラ、オコラレルョ」

言ってる意味がわかりん。君たちがここにいるから、オレは無理矢理酒を飲んだり、おごらせられたりしてるのだよ。いわば売上促進に貢献しているじゃないか。そんなオレの言葉には聞く耳持たず3人娘は立ち去ってしまう。

後で戻ってくると約東はしたものの心配だな。うーん、それにしてもヤな予感がする。ひょっとして彼女たちが売春しないよう、見張っているのではないだろうか。まあ世間一般の常識で考えれば、サウナが管理売春を率先してやることなどありえない。いずれにしても、店側にちゃらちゃら巡回などされたらーつざったいだけ。せっかくいい流れだったのによ。

恐い顔してキョロキョ口していた彼らも、特に気にかかることがなかったのであろう、「異常なし」といった風情でラウンジを出ていった。お、いいぞ。しかも、あの3人娘がこっちに戻ってきそうだ。よし、ム履こそ女のコを落とさなければチャンスはない。とにかく陳ちゃんが来たらいきなり口説く。で、ダメそうなら黄ちゃんに切り替える。これでいこう。
ジャパニーズマネーの威力に頼るしかない

重点的に陳ちゃんと話そうと決めたまでは良かった。ところが、くるっと顔を右に向けたとき、エライことが起こっていた。

夢なら覚めて欲しかったが、悲しいかなそれは現実だった。キュートな陳ちゃん、人さし指で思いっきり鼻くそをほじっているのだ。その顔、あまりにブス。陳ちゃん、ちょっとイカレヘッドなんじゃねーの

一気に彼女への想いが冷めていく。だからといってこのまま帰るのはやはり業腹だ。仕方ない。ここは、黄ちゃんに移そう。

「黄ちゃん、オレ肩こってんだ。ちょっと操んでくんない?」

「イイデスョ。チップクレマス力?」

「いいよ、あげる。ところで日本語学校はどう?」

「ニホンゴ、ムツカシイョ」

学費とかも結構大変でしょ

「ココ、キュウリョウヤスイシネ。デモ、ガンバルコトタノシイョ」

なんて出来たコだ。チップをねだらなきゃもっといいのに。
「日本語だったら教えてあげるよ。もちろんタダで」

「アハハ。イーノ7ヤサシイネ」

ゆっくり時間を割いたのが功を奏したか。黄ちゃんは肩を操み終わっても、何か冗談を言う度にオレの体に手を触れてくる。スキンシップかお好きなようだ。かなり打ち解けた証拠だろう。ョシもう一押しー

「じゃ、さっそく今夜かり日本語を勉強しよっか」

「キョウハオワリ。コンド」

おっと。いなす気だな?そうはいくかと、オレはぐずった。

「いいじゃん。仕事終わったら、ちょっと遊ぼうよ・・」

黄ちゃんのおケツをスリスリと撫で、お伺いをたててみる。が、突然、怪訝な表情になる彼女。あれ、やっばおケツはちょっと露骨だったか

「ニッポンジン、スケベダョ」

怒りのセリフを吐き捨て、スタスタと厨房へ戻っていく黄ちゃん。残りの2人も呆れたのか、いつのまにやら他の客についてしまった。甘かった。よく考えれば、ここでは「日本語を教える」なんて手などとっくに使い古されたものだったかもしれない。じゃあしょうがねえ、ジャパニーズマネーの威力に頼るとするか。

上の口はパキュームフェラ下のロはパツグンの締まり

先ほどとは打って変わり、急にテキパキと働きだした黄ちゃんにオレはにじり寄って談判した。

「ねえ、機嫌なおしてよ。お小遣いあげるからさ」「…」「ほしいでしよ」「…ハイ」「じゃ、遊ぼうよ。この意味わかってるよね」「イイデスョ。11時ハンニエキデマッテイテクダサイ」

おおっ。あっさり約束できちまった。今までのじれったい展開は何だったのか。金の力はやはり凄い。駅前の口ータリーに腰を下ろしていると、時間どおり、黄ちゃんはやってきた。長いコートの下はホットパンツ。細く、筋肉質な足がにそそる。さっそくホテルに誘うとすんなりOKがでた。うふふ、いただきまーす。

部屋に入り、まずは一服。さてまずは風呂でも、と思案している最中、いきなりズボンを剥ぎ取られた。わ、大胆。中国人はフェラチオを好まないと何かの本で読んだことがあったが、ウソも甚だしい。彼女は素晴らしいテクの持ち主だった。バキュームといっんでしょうか。ズォォォと、とにかく吸い込む吸い込む。

で、服を脱ぐヒマもなく、戦死した。くっ、やベ・え。極楽すぎるぜ、このコは。没した息子の復活を待ち、ム「度はオレから攻める。悠久の国からやってきた黄ちゃん、一体どんな痴態を見せてくれるのだろうか。何しろ中国人とのセックスは初めてである。紅潮した黄ちゃんの両足をガッパリ広げ、いよいよ突入だ。すると。ヲォー、ンガ、ンガー

あっはっはっは。何だこれ、おい。このよがり声。ケモノだよ、まったく。が、笑ってばかりもいりれなかった。彼女、とにかく締まりが抜群なのだ。いや、こんなに締められたことはかつてない。冗談ではなく、油断するとチンポが外へ押し戻されそうになるのだ。ひとたまりもない。ー分も持たずに発射しちゃって、…ナっさけねー。

★口ーザの女のコたちは、みなこうしたお持ち帰りができるのか
相手したいコがたくさんいたので、黄ちゃんに尋ねてみたが、答えはノー。店がどうこうではなく、客の誘いに応じるかはあくまで個人。カネを積んだところで、即セックスができるわけではない。もっとも、就業時間が終わってかり、客に食事を誘われたり、実際にデートするコは少なくないらしい。恐らくチップなどをもりているのだろうが、彼女たちも日本で必死に生きているのだろう。

ゆったりとスローなマッサージが延々と続き、フェラ、本番を経て、手コキでフィニッシュ。最後にお掃除フェラ。一連がすべて無言で行われるため没入感がハンパなく、見るうちにガマン汁がたらたらあふれる珠玉の名作である。
優しすぎる女優がキモ男の童貞喪失を手伝う
恋人プレイ女優No.1の周防ゆきこが筆おろし。この組み合わせがマッチしないわけがなく、童貞役の「マサキ」のキモさもあいまって、最高の出来となっている。周防が初体験の相手だったらと、本作を見れば誰もが願うだろう。

【エロ漫画】ハプニングバーで人前でセックスする興奮を知った痴女M男をセフレにして女王様ライフ

32_20200412134524fd0.jpg33_20200412134525bd3.jpg34_20200412134526859.jpg35_202004121345285cc.jpg36_202004121345304ce.jpg37_20200412134531006.jpg38_20200412134532c35.jpg39_20200412134534a61.jpg40_20200412134535ad1.jpg41_20200412134537c5b.jpg42_202004121345389c3.jpg43_20200412134540a38.jpg44_20200412134541ac7.jpg45_2020041213454300c.jpg46_20200412134544603.jpg47_20200412134546e25.jpg優等生を従順なM男セフレにした話

風俗嬢の私は、長年、自分の容姿に悩んでいた。一重まぶただしアゴも不格好だし、指名がなかなか取れない。そこで2年前、一念発起して整形にチャレンジ。女芸人のアジアン隅田似だったルックスを、高橋真麻似にレベルアップさせた。結果、収入はアップ、もちろん満足していたのだが。今年の春、深夜。駅から自宅へ向かう途中、薄暗い路地をトボトボ歩いていたときのこと。どこからともなく現れたジャージ姿の若い男が目の前に立ちはだかった。次の瞬間、目を疑った。いきなりズボンを下げ、チンコをみせつけてきたからだ。露出魔じゃん!あまりの衝撃に体が硬直した。何なのこいつ? …というか?この顔、どっかで見たことがあるんだけど…。そうだ! 中学時代の同級生T君だ!私が整形したからだろう、相手はこちらが誰かはわかってないようだが、何なんだろうこの再会は。T君とは中学2年3年と同じクラスだったが、当時は特に交流はなかった。彼は勉強もスポーツもできるし、誰にでも社交的な万能キャラ。一方の私は勉強も苦手だし、集合写真でもいつも後ろのほうにいるような引っ込み思案キャラ。クラスでの立ち位置もまったく違った。そんな2人が露出魔とそのターゲットという形で再会するなんて。しかも相手はこちらが誰か気付いてない…。ふと、妙なイタズラ心が生まれた。「あんた、変態でしょ?」
しゃべりかけられるとは思っていなかったのだろう、T君は目を丸くした。「……はい」
素直な返事じゃん。こりゃドMだな。私にはSっ気がある。ちょっとからかってみたくなってきた。
「変態だったらさ、立たせてみてよ!」「……」「ほら、早くやって!」
彼がチンコをシゴキ出した。マジでやっちゃうんだT君!
「そうそう。そうやって一人でずーっと楽しんでて。私もう行くから」
このへんにしときますか。バイバイ。ちょっと面白かったよ。ところが翌週の深夜、帰り道にまたもやT君が現れた。今回はのっけからチンコをしごいて見せてくる。前回で味をしめたらしい。
「何なのよぉ。この前の続きってこと?」「…はい」「じゃあ、早く立たせてみせて」
T君の手がスピードアップする。しかし、チンコはなかなか上向かない。
「ダメじゃん!」「…すみません」「謝るのとかいいから、早く立たせて!」
「…すみません。外だからちょっと緊張して…」
本気で申し訳なさそうにペコペコ頭を下げるT君。バカだなぁ。でもこの状況、中学時代の立ち位置が逆転したみたいで愉快だなぁ。Sっ気が刺激されるんだけど。本当にイジめてやろうかしら。万が一、彼が逆上してトラブったりしても、相手の身元はわかってるし、こっちは強気に出れる。SMプレイのパートナーとして持ってこいかも。「じゃあ、ホテル行こうか?」「えっ?」
 先導して歩き出すと、T君は狐につままれたような表情でついてきた。駅前のラブホに入るやいなや、いきなり彼を押し倒して馬乗りになる。「とりあえず舐めて!」T君の舌がアソコをなぞりだす。「下手だなぁ」「…す、すみません」
勉強もスポーツも優秀だったT君に、クンニのダメ出しなんか楽しい!「じゃあ服脱いで」
裸にさせ、顔をめがけてしっこを。「ほら、ちゃんと飲んで!」よしよし、ちゃんと口を開けてくれた。素直でよろしい。この状況、中学時代の私に教えてあげたいなぁ。クラスの優秀男子が、将来はあなたのシッコを飲むようになるって。何でも言うことを聞くようになるって。ふふ、ホントに整形してよかった。現在、T君は従順なM男セフレになり、私が気が向いたときに呼び出してイジめてさせてもらっている。当分遊ばせてもらうつもりです。

【エロ漫画】レ〇プ願望のあるド淫乱女のぶっ飛びリクエスト・私の部屋に夜這いしに来て犯して

0198_20200218075552305.jpg0199_20200218075553dca.jpg0200_202002180755557f7.jpg0201_20200218075556614.jpg0202_20200218075558c95.jpg0203_20200218075559bea.jpg0204_20200218075601584.jpg0205_20200218075602804.jpg0206_20200218075604dae.jpg0207_20200218075605d9f.jpg0208_2020021807560794f.jpg0209_20200218075608343.jpg0210_202002180756100a0.jpg0211_20200218075611399.jpg暴力のムチとセックスの飴・ドメスティックバイオレンスDVの恐怖
0260_20191209115236cc4.jpg0270_20191209115237e60.jpg0280_20191209115238f75.jpg0290_20191209115240c6f.jpg0300_20191209115241c59.jpg0310_20191209115243241.jpg

ワゴン車に連れ込まれてレ〇プされた話を、ここ最近かなりの頻度で耳にする。手口はどれも似たようなもので、夜中に独り歩きをしていたら、急にワゴン車が止まり、中から男が数人出てきて有無を言わせず連れ込んでしまうというものだ。現場は人気のない住宅街のこともあれば、薄暗い大通りで自転車に乗っていたところをわざとこかされたこともあったり。

昔からこういう犯罪者はいたのかもしれないが、ここ2年ほど、本当によく聞くようになった。この国はどこかおかしくなってるのかもしれない。どこに出没するかなんて、もちろんわかりっこないので、とにかく女性は夜の一人歩きは絶対に避けるように。

私はマンモス団地に住む主婦だ。小さな子どもがいるので放射能は気にしていたけれど、まさかあんなことになるとは…。平日昼間、団地の敷地内を歩いていると、1人の男から「この団地の方ですか」と声をかけられた。年齢は20代半ばから後半。えなりかずきを筋肉質にしたような風体だ。グレーの上下つなぎを着こなす姿は、まんま何かの作業員である。手にはアイフォンのようなサイズの小型の機材が握られ、腕には『調査』の文字の入った腕章が。
「私、放射線量の調査をしている者なんです」「え!」
「ほら、ホットスポットでしょう」彼は線量計(手に持ってる機材がそうらしい)を使って、このあたり一帯の放射線量を計測しているという。国や区の調査員なのかしら。
「奥さん……ですよね?失礼ですが、お子さんは?」「は、はい。いま保育園に行ってますけど」
「そうですか…。もしお時間ありましたら、ご自宅も計測しますよ」
「え?」「小さいお子さんがいると、なおさら気になりますよね。でも、ちょっとした工夫で放射線被曝は防げるんです」「……」 
一瞬迷ったけれど、せっかくの機会だからと、私は測定をお願いすることにした。男は部屋に入ると、室内を確認しはじめた。キッチン、リビング、子ども部屋…。ベランダへ向かった男が植木の上に線量計を置く。もし放射能に汚染されていたら、この機械が反応するらしい。
『ピピピピッ』突如、大きな金属音が鳴り響いた。
「うぁ〜!奥さん、高いですよ。この土なんて、完全に汚染されてしまってますね」
「えっ。そ、そんなにヤバイんですか」「ほら、これ見て」
男が液晶画面を見せてくる。数値は『0・21』。えっと、これはどういう…。
「0・21マイクロシーベルトってことですよ。福島ほどではありませんけど、かなり
のレベルです。この土はすぐに取り替えた方がいいと思います」
「は、はい!」
その後も男は排水溝や洗面台の上に機材を置き、数値を見せながらまくし立てた。
「残念ながら、内部被爆の危険が高いです」
「次に注意してもらいたいのは……」「外と変わらない数値です」
だんだん不安になってきた。まさか自分の部屋がこれほどまで汚染されているとは。呆然とソファに腰をおろしたそのとき、耳元に吐息が吹きかけられた。
「心配しなくても大丈夫です。ボクの言うとおりにすればいいですよ、奥さん」
「はい?」
気づけば、男は私の背後にいた。両肩を掴まれ、抱きつかれる。
「な、なんですか」「奥さん。不安でしょう。わかりますよ」 
男が胸を触り始めた。ちょ、ちょっと、何すんのよ!我に返った私が絶叫すると、男は廊下を猛ダッシュし、玄関から一目散に飛び出していった。 
私は夫と相談した上で、近所の警察に駆け込んだ。あの男、どうにも怪しい…。一部始終を聞き終えたところで、老年の刑事は頭を掻きながら呟いた。「同じような事案の相談が他県でも何件かあったって聞いたな」団地でも似たような件が報告されているという。

「同じ男が放射能の多いところを回ってるんじゃないかな」やっぱり。あの男、区の調査でも何でもなく、放射能をダシにして、家に上がり込んでくるレ〇プ犯なのだ。この犯人が捕まったという話は聞いていない。今もホットスポットを巡っているのかも。

【ドメスティックバイオレンス概略・全文は上記記事をお読みください】
みなさんはドメスティックバイオレンス(通称DV)という言葉をご存知でしょうか。
夫が妻を、彼氏が彼女を一方的に殴る蹴る。ときには熱い鍋でヤケドを負わされたり、割れたガラスで血まみれになったり…。最悪、死に至る。
元々は親しかった男女の間で起きる暴行です。第三者に正しく伝えるためにはセックスの話を避けて通れません。当然、ロは重くなり、その実態が世間の目に触れることは稀なのです。
3 年間にわたり暴力のムチとセックスの飴に支配されてきた私の話を聞いてください
殴られた後のセックスが最高
優しち着いた大人の雰囲気の持ち主でした。一方、その頃の私はデパートに勤める18才の小娘です。髙校時代は「常盤貴子に似てる」などとチヤホヤされたものの、彼の猛烈アプローチに、いとも簡単にオチてしまいました。
2力月後、同棲を始め、そこから4力月でSEX。出あってからわずか半年のスピード入籍でした。
「子供ができたワケでもないのに、なぜそんなにの?」
母親や友人には随分と諭されましたが、今となってはその理由がセックスです。ムード作りに指使い、舌の動き。どれをとってもテクは素晴らしく、特に20センチ近くもある極太ペニスを挿入されたときの快感といったら、もうトロけるばかりでした。彼の顔を見ただけでアソコが濡れてしまう。私はいつしか完全な淫乱に調教され、それをまた愛情と勘違いしていたのです。
2力月ほどたったある日のことです。勤め先から一民ると、夫が居間でTVを見ていました。
「あれ、仕事どぅしたん?具合悪かったら病院でも行く?」
「いや。ちよっとしんどいねん。しばらく仕事休むわ」
「えっ? 」
明らかに何かのタガが外れてしまったようです。しばらく見て見ぬふりをしていたものの、毎日、夫が家でゴロゴロしていればさすがにある夜、私はTVの前で横になる彼に怒鳴りつけました。
「アンタが働いてくれんと生活でけへんねん!」
その瞬間のことでした。
「ナニ言った、コラ! オマエはオレの言うことを黙って聞いてればええんや!」
拳で思いきり殴られました。歯と口内がグチャッと音をたて、同時に脳天に強い衝撃が走ります。
一瞬何が起きたのか、事情を呑み込めないまま、ソファにボーッと寝そベっていると、
「オマエはオレの親か?やかましい口調で学んやないぞ、オラ」
両足で私の腹と胸を踏みつける彼。振りほどいて立ち上がろうとすると、髪の毛を引っ張られ、目の前のテーブルにガンガンガン
灰皿が床に落ち、吸殻と一緒に血が飛び散っていきます。厚目のガラス天板にはヒビが入り、その隙間にも血液が。これが夫に潜む鬼を見た最初でした。間もなく私のに異変が生じます。夫のそばにいるだけで、殴られる恐怖に襲われ、身がすくんでしまうのです。正直、2 人きりになると吐き気を覚えることさえありました。
しかし、一方で私の中に潜む別の自分に気づいてもいました。恥ずかしい話ですが、ふるわれた後、レ〇プに近い形で全身をいたぶられると、たまらなく感じてしまうのです
「哀れむょ、ツラで何を見とんねん。ほんまに殺すで」
彼は私をうつ伏せに寝かせ、全身を踏みつけてきました。
「ほんならコッチはどないやねん」と、股問に。このときほど、彼の指と自分のおまんこを呪ったことはありません。
「ウチの両親も喧嘩ばかりしとつたで。すぐに謝りに来るから辛抱しいな」
誰も単なる痴話喧嘩としか見てくれません。セックスが気持ちいい。だから逃げ出さなかっただけで、殺されそぅなんです。こんなことはロが裂けても言えませんでした。
先輩の言ぅとおり、夫は私が逃げるたび謝りにやって来ました。
「頼む!頼むから、帰ってきてくれ。おらんとダメなんや」
そして、土 する夫を見るたび「しやあない」と許してしま、っ私。また元の木阿弥になるのはわかっているのに、迎えに来てくれたことが嬉しくて幸司の元に戻る私。この辺りの心境は、よく覚えています。
「美加が本気で別れたいんなら、それでもええで」
「え?」
意外なことばでした。が、心から言ってるとも思えません。
「私、本気や。別れたい…」
彼は無反応でした。黙ったままアクセルを踏み、国道を15分ほど北上。雨で湿った山道をゆっくり登
っていきます。エンジンが止まったのは、入り口から3 〜4キロの地点でしょうか。
すでに12時。月の明るさを頼りに前方を確認し、私は言いました。
「美加、さ、ここで降りて。オレ帰って見たいテレビあるし」
「何してんねん。はよ降り一や」
「…ごめん。私が悪かったです。別れません」
「そっか、そやんな!やっぱりオレら愛し合ってるもんな!」
私はただ黙って下を向いてるより他ありませんでした。
せやつたらソープで働かんかい!
デパート勤務では生活が成りたたず、キャバクラで働き始めました。家から車で15分のところにある雑居ピルの5階。コスプレサービスのある店でした。
ある夜、客の1人と同伴出勤すると、幸司が仲間を10数人引き連れ飲んでいました。
夫が店に来るのは珍しくないのですが、この日ばかりは様子が違ってました。
「おい、オッサン。誰が他人の女とメシ食つてええつて言ぅたんや。美加、おや。オレとやってるときはヒィヒィ泣いてビショビショのくせに、足りんのか!オラ、コッチ来ぃや」
「キャアアア〜」
引きされ、エレベー夕ーの中でビンタ。1階喫茶店の看板に顔を打ちつけられた後、道路で馬乗り顔面パンチです。出血とショックで徐々に気が遠くなした。
当然、店はクビになり、新しい働き口を求めて次の店へ。と、また同じよぅに夫が嫉妬心を燃やし店内で暴れるのです。もはや私に働き口などありません。
「せやったら、ソ—プで働かんかぃ!」
夫の鬼のよ、台詞に、ついに堪忍袋の緒が切れました。逃げたる。二度とアンタの前には現れん。
意を決して私はまもなく新宿のキャバクラで働き始めます。1人暮らしはまんざらでもなく、3 力月もすると、お店以外でも星の知りあいが増えてきました。
(新しい恋でもしよぅかな)
もはや夫には何の未練もありませんでした。しかし—。
幸司が心を入れ替え、マジメ人間に生まれ変わった。ヨリを戻すためにやっている。そんな風の便を耳にしてしまったのです。悩んだ末、私は幸司の元へ帰っていきました。救いようのないバカ女と言われれば返すことばもありません。ただ、そのときは信じたのです。
もう一度優しい主人に戻ってくれるのだ、と。
夫の机の引き出しから白い粉と注射器が
それから1年。奇跡のように平穏な日々が続きました。夫は現場仕事に汗を流し、私は彼のためにおいしい料理を作る毎日。夜のセックスも、トロけるように日でした。
そして、待望の赤ちゃんが誕生します。女のコで美幸。美加の美、幸司の幸から取りました。
「次に生まれた子はどないすんねん?加司じゃおかしいしなあ」
子供のいる男は責任感が強くなるといいますが、夫は実に生き生きとした目をしていたものです。
しかし、幸せは長きませんでした。ある夜、酒に酔った夫が帰ってくるなりシレッと言い放ったのです。
「喧嘩してクビになった。悪いけど、またキャバクラで働いてくれへんかな」
このときの私の落胆ぶり、どう現したらよいのでしょうか。
私は言い返しました。
「なに甘えてんの?アナタが働いてくれないとダメ!」
「. 、っるさいんじや、ボケ!」
抱きかかえる私の髪をつかみ、グーパンチでこめかみをガンガン。頭がおかしくなりそうな日々の中、先に変になったのは夫の方でした。暗い部屋に閉じこもつてブツブツブツ…。
かと思えば、窓ガラスを割り「でゅれうぼひゅややぁう」と意味不明
覚醒剤でした。ドコで手に入れたのか、彼の引き出しから白い粉と注射器が出てきたのです。
私は夫の実家を訪れました。幸司の母親にすべて事情を聞いてもらおうと思つたのです(夫は父親を亡くしていた) 。
久しぶりに訪れた夫の家は、異様な雰囲気に変わっていました。扉を開けた瞬間、魚の腐乱した匂
いが漂い足の踏み場もないほど古いサンダルや真つ黒なスニーカーが散乱。ゴミ屋敷さながらです。
「あら、美絮ゃ〜ん。さぁ上がつて上がつて」
「…おじやまします」
腐りかけた板張りの廊下をほんの少し歩くと、左手にはゴミだらけの居間。本題をどう切りだすか。そのことで頭が一杯だった私は、手にしたコップを見て吹き出しそうになした。なんと、ボロボロの紙コップだったのです。
「食器って面倒やん。家はお皿もコップも紙なんよ」
「はぁ…。それはそ一と、実は、幸司さんのことなんですが…」
一気にまくしたてる私のことば母はしばらく聞いていました。
そして、おもむろにこう言ったのです
「何いってんの?幸ちゃんナィーブで優しい子なのょ」
「え?」
その夜、私は幸司の叔父から数時間なじられ続けました。
★私はついに離婚しました
予想どおり彼は暴れましたが、すでにヨロヨロ。その姿には哀れみすら覚えたものです。私は強引に離婚届に判を押させに提出、そのまま故郷へと帰りました。
あれから1年。今、私は実家とは別の土地で娘と2人、平穏な日日を送っています。と心にできた無数の傷が癒えるまで、あと何年かかるのか。私の人生はここから再スタートです。

※この作品は創作です。実在するものとは一切関係ありません

【エロ漫画】金髪美女のフェラがうますぎると思ったら正体は男の娘!ゲイの竿付きホモフェラだった

ホモフェラエロ漫画ホモフェラエロ漫画ホモフェラエロ漫画ホモフェラエロ漫画ホモフェラエロ漫画ホモフェラエロ漫画ホモフェラエロ漫画ホモフェラエロ漫画ホモフェラエロ漫画ホモフェラエロ漫画ホモフェラエロ漫画ホモフェラエロ漫画ホモフェラエロ漫画ホモフェラエロ漫画
ゲイ専用ハッテン場ビデオボックスの壁の穴にチンコを入れてみた・待ってたのはホモフェラ
ゲイ専用ハッテン場ビデオボックスゲイ専用ハッテン場ビデオボックスゲイ専用ハッテン場ビデオボックスゲイ専用ハッテン場ビデオボックスゲイ専用ハッテン場ビデオボックスゲイ専用ハッテン場ビデオボックスゲイ専用ハッテン場ビデオボックスゲイ専用ハッテン場ビデオボックスゲイ専用ハッテン場ビデオボックスゲイ専用ハッテン場ビデオボックス
ゲイの聖地、新宿二丁目に「B」という有名なビデオボックスがある。ビデボといっても、AVを借りて自由気ままにオナニーする場所ではない。ハッテン場なのだ。個室の側面に穴が開いており、そこからチンコを出して、顔もわからぬ他の男客にシゴかれシャブられるという、いわば二丁目のラッキーホールだ。さてここ、ノンケの俺でも射精できるのだろうか?
こちらから隣室の男の顔は見えず、コミュニケーション担当は我がチンコのみが受け持つのだから、頭の中で女にシャブられていると妄想すれば…。うん、なんだかイケそうな気がする。善は急げ(善じゃないけど)。さっそく、二丁目に向かおう。思いっきり射精してやるぞ。好みの客が来ていないかチェックしにゴールデンウィーク真っ最中、時刻は14時。新宿二丁目は夜の街なだけあって、この時間は閑散としている。
目的のビルは仲通りというメインストリートにあった。一階にはゲイ向けの本屋があり、壁にマッチョな男のポスターがでかでかと張られている。2丁目を象徴するような建物だ。
そのビルの4階にビデオボックス﹁B﹂があった。入り口の前で右往左往しながら、何本かのタバコをふかして、気持ちを落ち着かせた。よし。自分を鼓舞して雑居ビルの狭いエレベータに乗る。ギーギーと低い音を出すボロさに、心臓の鼓動が早くなる。ほどなく4階に到着。安いピンサロのような芳香剤のニオイを感じながら店内に足を踏み入れた。店内にはアップテンポのユーロビートが流れている。戦いの始まりだ。入り口すぐの右手に受付があり、客とは視線が合わないようアクリル板で仕切られている。そのアクリル板一面には、大量のゲイビデオの写真が貼られている。それぞれに番号が振られており、おそらくは個室に入るときに借りることができるのだろう。
﹁いらっしゃい﹂野太い声に緊張が高まる。
﹁すみません。はじめて来たんですけど⋮﹂
﹁入場料が1100円です。現在、個室が満室なので、待合室を利用してお待ちください﹂
真っ昼間から満室とは、さすがゴールデンウィークといったところか。待合室に移動しようとしたところ、これから退店するであろう客とスレちがった。第一ゲイ発見である。坊主頭でヒゲをはやしていて、いかにもな雰囲気だ。ちらっとこちらを一瞥して、店を出て行った。待合室の暖簾の向こうには、先客が3人座っていた。みな一斉にジロっとコチラを見る。全身を舐めまわすような目つきだ。どうやら、新しく入ってきた俺を品定めしているらしい。先客の3人はみな若い。おそらく20代前半か。大学生っぽい雰囲気で、結構なイケメン君たちだ。テレビのワイドショーでは、東京オリンピックの新競技の特集が流れ、空手の日本チャンピオンの喜友名諒選手がインタビューを受けている。その模様を食い入るように見つめるゲイ3人。全員の頬が緩んでいる。やっぱりこういう彫りの深いイケメンマッチョが人気らしい。2、3分くらいの間隔で、どこからか男がやってきては待合室を覗いていく。どうやら個室にいる連中のようで、好みの客が来ていないかチェックしにきているのだろう。場内アナウンスが流れた。
﹁94番の番号札をお持ちの方~。個室の準備ができましたので、受付までお越しください﹂
やっと順番が回ってきたらしい。下手くそ認定されてしまったようだ
﹁では2番の個室へどうぞ。利用時間は90分ですので間違えないように。それと必ず鍵は閉めておいてくださいね﹂
鍵を閉めておかないと、勝手に入ってくる男がいるらしい。個室の中は漫画喫茶と同じくらいの広さで、パイプイスとテレビ、そしてティッシュがあるだけの殺風景さだった。そして左右の壁には穴が。大きさは野球のボール大で、チンコを入れやすいように、ちょうど腰のあたりの高さに開けられている。相手が気に入らない場合に拒否ができるよう、親切に穴のトビラにも鍵がついている。ロックしておけば、向こう側から無理矢理チンコを入れられることはないわけだ。入室して数分。ガチャッと隣の部屋に何者かが入る音がした。その後コンコンとノック音が。お誘いの合図だろう。意を決して穴のトビラを開く。ニョロリ。いきなりチンコが飛び出してきた。浅黒い仮性包茎のチンコだ。すでに半勃ちである。いったいどうしろというのだ。しゃぶるのはゴメンだぞ。ま、シゴくぐらいならやってやるけど。包茎チンコを軽く握り、一心不乱にシコシコと上下に動かす。大きくなる気配はない。くそっ、こうか?こうか?いつまでも勃起することはなく、ついにチンコを引っ込められてし
まった。下手くそ認定されてしまったようだ。ならば次は、俺が突っ込む番だ。パンツを下ろし、恐る恐る穴の中にフニャチンコを挿入する。さあ、何をしてくれるんだ。が、向こうからのアクションはない。失礼なヤツだ。ギブ&テイクの精神も知らぬとは。さらに穴にチンコをつっこんだまま待つことおよそ10分。隣からガチャッと音がした。どうやら出て行ってしまったらしい。手コキ下手な男に返礼はしたくないってことか。
腕がカモンカモンと手招きを
パイプイスに座ってタバコをふかしつつ、ふと左側の穴を見てみる。
﹁ヒッ!﹂
なんと、ギロっとした黒い瞳がコチラを覗きこんでいるではないか。黙って何を見てるんだよ!リアクションに気がついたのか、今度は穴から腕が飛び出してきた。何がしたいんだ!腕がカモンカモンと手招きを始めた。穴にチンコを入れろというジェスチャーだろう。よし、受けて立とうではないか。気分を盛り上げるため全裸になってチンコを挿入。ツンツンと触られているような感触がある。たぶん指で触っているのだろう。いや、待てよ。この感触は指ではなくチンコかもしれない。気持ち
悪いな。次にリズムよくシコシコされ始めた。これは手コキで間違いないだろう。いったいコイツ、どんな奴なのだろう。さっき待合室にいたうちの1人だったら清潔感があっていいが、ひょっとすれば、すげえ汚いホームレスのような男かもしれない。手コキは続く。壁の向こう側で、ゆっくりと優しく。でもチンコは反応しない。やはり男だと思うとどうにもならんな。相手は女だとムリヤリ思い込もうとしても、そう簡単にはいかないものだ。男は手コキをやめ、突如としてチンコ全体が生暖かい感触に包まれた。フェラだ。ゲイのくせに下手くそなフェラで、常に歯が当たってる。壁越しでは指示もできないし、このままでは噛み切られそうで不安になる。当然、勃起などしない。相手の男もやる気がなくなったようで、穴からでた俺のチンコをほっぽり出して部屋を出て行ってしまった。
﹁なんで? わたしブスじゃないでしょ?﹂
個室を出てトイレへ向かった。廊下は真っ暗なうえに、迷路のように入り組んでいて、前がよく見
えない。通路に長椅子が所せましとおいてあり、スマホをいじっている男がいた。好みの男が来るのを待っているのか、それともただの時間つぶしか。もしや、ついさっきまで俺のチンコをしゃぶっていた男なのでは? そんな疑念が頭をよぎった。男は俺に気づいたのか、コチラをジッと見つめてニヤっと笑った。無視して先を急ごう。トイレで用を足して、外に出たところで先ほどの男に声をかけられた。
﹁一緒にどう?﹂ 暗い中を目を細めてよーく観察する。白い短パンデニムに水色のパーカーを来たワイルドおっさんだ。30代後半くらいか。あいにく俺の目的はラッキーホールの一択なのだ。丁重にお断りしよう。
﹁すみません。そういう感じじゃないんです﹂
﹁え~、なんで? わたしブスじゃないでしょ?﹂
しつこい男だ。ブスじゃなくても無理だっての。
﹁すみません。ダメなんですよ﹂さっさと個室に戻ろうとしたのだが、男が軽くゴネだした。
﹁さっき待合室でチラっと見てから、気になっててさー﹂ え? 待合室? それって30分も前の話だぞ。そんなところから目をつけられていたのか。執念深すぎる。話を聞き流しながら個室へ急いだ。もし、あいつが隣の部屋に入って来たらどうしよう。
知らぬ間にケツマンコ童貞を卒業していたら
このままでは射精どころか勃起も危ういので作戦を練った。穴に入れるだけではどれだけ頑張っても射精できそうにない。なのでスマホでエロ動画を再生して、勃起させてから穴にいれればどうだろう。わずかの刺激で射精できるはずだ。お気に入りの女優をスマホで検索してイヤホンを装着。いつもどおりムクムクと勃起してきた。ムスコの調子は普段と変わらないようだ。軽く自分でシゴいていたところで、右側の壁をノックされた。いいタイミングだ。勃起チンコを穴の中へ。チンコが包み込むような肌ざわりを感じた。これは手の中だろうか、それとも口の中だろうか。
壁に耳をあてると、隣の部屋からハアハアと息が漏れる音が聞こえた。男の低い声だ。息が聞こえるってことは手コキだろう。この包み込み具合は、もしかしたら両手でシゴいているのかもしれない。さっきのワイルドおっさんの可能性もあるが、確認のしようがないので案じていても仕方ない。手コキテクはあるので身をまかせるとしよう。男の声が聞こえないよう耳をふさいで、下半身に意識を集中させていると、股間の周辺が熱くなってきた。よし、そろそろ射精できるかも。と思っていたら、またもや例のネットリとした感触に包まれた。強いバキューム感があるところからも、フェラで間違いないだろう。いや待てよ、最悪の事態を想定していなかった。ケツの穴に挿入させられてるってことはないよな?知らぬ間にケツマンコ童貞を卒業していたら目も当てられないぞ。恐ろしい想像をしてしまったが、亀頭のあたりにペロペロと舌の動きを感じるので、フェラで間違いないだろう。
先の男に比べて上手なようで、バキュームフェラはかなり気持ちがいい。チンコもギンギンに勃起している。しかし、なぜだか射精感が一向にこみあげてこない。勃ってはいるのだが、男の口で射精しないように、頭の中でストッパーがかかっているような感覚だ。俺の本能が射精しないように止めているような気さえする。悪戦苦闘すること10分。相手もしびれを切らしたようで、動きが止まった。そっとチンコを穴から抜き取り、ウェットティッシュで唾液を拭きとる。ふぅ。なんだろう、この虚しさは。

【エロ漫画】出会い喫茶カフェでピュアっ子のふりをする女がヤリマンだと発覚した時のがっかり感

0222_2019031112412262a_20190908155356e93.jpg0223_20190311124124b75_201909081553578ec.jpg0224_20190311124126232_20190908155358af1.jpg0225_20190311124127780_20190908155400254.jpg0226_20190311124128ef3_20190908155401e07.jpg0227_20190311124130c39_201909081554034a3.jpg0228_201903111241321f1_20190908155404e28.jpg0229_20190311124135a70_20190908155406273.jpg0230_20190311124143e11_20190908155407601.jpg0231_2019031112414985a_20190908155409192.jpg0232_20190311124200e8d_201909081554104ff.jpg0233_201903111242012af_20190908155412f2b.jpg

出会いカフェでワリキリを始めてから1年ほどが経ちますが、私のように明るい茶髪で、ギャル服を着てるコは、カフェのキモ客には敬遠されがちです。やりまくりの腐れマンコと思われてるのでしょう。だから私、清楚嬢に変身し ちゃいました。見た目もトー クも。これぐらいの演技でホ 別2万出してくれるんだから、カフェ男ってちょろいもんですね。見た目の変身は簡単。髪は黒、アイラインは薄めにして、黒のカラコンでも着けちゃえば、ちょっとした清楚嬢です。もちろん、服装はワンピとかで。もう常連になってる店に行くとバレバレだけど、新規のお店だったらこれだけで
『ピュアっ子、来店!』になれます。
でも、トークルームですぐにワリキリOKと伝えてしまうと、これも敬遠されます。なんだよ見た目だけ清楚でも結局ヤリマンかよ、で終わっちゃうので。
トークルームでの会話は大体こんなカンジです。
「かわいいね。お姉さんワリキリできるコ?」
「うーん、エッチなのは考え てないので」
「そっか、じゃあご飯で外出するならいくら?」
「え、お金とかは別にいいんですけど千円とか」相場(3〜5千円)を知らない女を演じて、こういう世界が初めてなのだと遠回しにアピります。カフェ男は、こういう女ならナシ崩しにエッチできるかもと考えるので、まず外出まではなんとかなるものです。でもこのままブサメンとご飯を食べて千円ポッキリもらっても仕方ないわけで、ここからどうやってワリキリに持ち込むかが大事です。
居酒屋とかに入ったら、まずはこれぐらいの会話はかわしておきます。
「かなえちゃん、彼氏いるの?」「今はいないですよ」
「じゃあ、最近エッチしてないんだ?」「うーん、なくはないですけど」
ピュアさをアピールするために「彼氏以外とはしたことないです」って答えてしまいがちだけど、これは逆効果。セックスに対して嫌悪感を抱いてると思われて、ワリキリ交渉そのものを持ちかけられなくなる危険性があります。
この段階で男は、「このままずるずるセックスできるかも」と考えるタイプと、「ワリキリできるかも」と考えるタイプに分かれるので、なんとかワリキリの方向へ話題を持っていきます。こんなピュアな質問がいいでしょう。
「ああいうカフェってお金もらってエッチしちゃう子いるんですか?」
「うん、いるみたいだよ」「そういうのっていくらぐらいなんですか?」「1・5とかかな」
相場知らずの女を騙して安く済ませようと、男は低めの金額を言ってきます。でもここはなんとか「2万」のセリフを吐かせましょう。「みんな、同じ値段なんですか?」
「そうだね、2万とかの子もいるみたいだけど」
その数字を聞いて初めて、少し驚いてみせます。「へぇ2万かそんなにもらえるんだ」
そんな大金、エッチするだけでもらっちゃっていいんですか、みたいなカンジで。
「2万円って、私の一週間分のバイト代ですよ? 男の人てそんなに払うんですか?」
こんな態度を見せれば、男は「もらった!」と思ってすぐにエンコーに誘ってきます。
「いま一気に攻勢をしかけれ
ばピュア女を落とせる!」みたいなカンジで。まぁ「もらった」って思ってるのはこっちなんだけど。「じゃあ2万払うからホテルいこうよ」「本気ですか?」「本気だよ」「え〜」
「とりあえずホテルいこうよ」このあたり、あくまで「口説き落とせた」形にしてあげたほうがいいことは言うまでもありません。ここまでの流れ、私の場合は10分くらいかかるんですけど、トークルームの10分間で作れちゃうならそれに超したことはないのかもしれません。
ただ現実的には、10分間でピュア嬢からワリキリ嬢へと心変わりしちゃうのはちょっと無理があると思ってます。話を続けます。エンコー初めてのはずの子が、先払いを求めるなんてちょっとオカシイので、ホテルに入ってからも演技がいります。
「ホントに2万円ももらえるんですか?」「うん」「ホントにホントですか?」「ホントだよ」
「じゃあ」と両手を差し出します。せっかく捕まえたピュア系に下手なところは見せたくないと思うのか、これでばっちり2万円もらえます。もうこれでこっちのものです。なにせエンコー初体験で緊張してる女という設定ですから、マグロでもフェラ拒否でも不自然さはまったくないので(笑)。
この作戦、かなり効果が高くて、1日2回転ぐらいはラクショーでできちゃいますよ。
男の人はこういうニセ「ピュアっ子」がいることにご注意してくださいね。

【エロ漫画】マンツーマンストリップショーでボディコンSM譲と秘密のセックス

10054_20191112205154204.jpg10055_20191112205155dee.jpg10056_2019111220515754c.jpg10057_201911122051584e7.jpg10058_20191112205200f31.jpg10059_20191112205201ec0.jpg10060_20191112205203a7e.jpg10061_2019111220520421c.jpg10062_20191112205206eac.jpg10063_201911122052073e5.jpg
ストリップ劇場でストリッパーのヌード鑑賞・昭和の風俗はまだ楽しめる
0176_20190825162328adb.jpg0177_20190825162329bdd.jpg0178_20190825162330a75.jpg0179_201908251623329fa.jpg
激安ピンサロにデリヘル、イメクラ、ソ—プに相互オナニー。野外へルスに大人のパーティー。プレイしてないジャンルの店はありません。マッサ—ジから韓国エステ、出会いサイトのとオールジャンル制覇しております。
ガリ、ロリから老人、ドブスからセレブ美人、ドM 女から女王様、白人から黒人、ニューハーフとだってヤリました…。
ああ、もう開拓していないニューワールドはないものでしようか?
…そんなときに、ふと思いつきました。
むかしから、新宿の区役所の裏を歩いていると聞こえてきた、高い声で叫ぶ女のテープ
「のぞき部屋」
そんな古くさいク昭和感ただよう『のぞき部屋』
新しい形態のフ—ゾクへはすぐに飛んでいくボクですが、古いタイプの店には足を今はもう失われてしまいつつある、昭和の風俗を訪ねてみても良いかもしれない。
うんいいかも
今回のテ—マは「昭和を訪ねて」です
階段を上り、入口で支払う。入口には、嬢の名前が書いてある。本日は朝から6人ほど出演しているようです。
その中には「大人気!AV嬢」。でもいかんせん全然有名じゃないのか、まつたく知りません。う〜〜ん、まぁ、こんなもんでしょう。まさか小向美奈子が出てるとも思つてなかったし。
チケットを半分もぎつてもらい、さつそく店の中へ。さてさて'
どんな空気なんでしようか。
突然鳴り響く、ホイットニーヒユーストンの「エンダ〜〜〜〜」
の声。おおお映画Sディガ—の主題歌だ
なんだこれ
暗いお店の大きさは、学校の教室の半分くらいの広さの長方形。
そこに、50センチほどの高さでが突き出たステージがあります。その花道の真ん中で、ムアンコをパックリ開けた女のコがスポットライトに照らされながら舞つていました。周りには30人ほどの客が、ピッタリと付いたイスにギュウギュウに座っています。
うわ—、けっこう入ってるよ
日曜日の夕方だからなの?それとも、いつもこんなに混んでるのかしら?観客の年齢層は、40代から70代くらいでしょうか。肉体と、オタクつぽい感じのオッサン、それと韓国系のヤクザっぽい人に、
外人(見物に来て迷い込んだ感じ?)というカオスぷり。うつわあ〜〜濃すぎます
とりあえず奥の壁に寄りかかって様子を観ることに。
ホイットニーの歌に合わせて、花道に寝転がりながら踊るストリッパ—のお姉さん。年齢は20代半ばくらいでしょうか。素つ裸に白いブ—ツという格好で、ひつくり返つて足を開きながらムアンコをパックリ。のけぞりながらムアンコをパックリ。そのたびに、お客さんからパチパチパチ!と、暖かな拍手が鳴り響きます。おぉ〜〜、なんか独特の雰囲気です
これが昭和か
そのまま、曲が終わると同時に大きな拍手が鳴り響き、続いて新しい女のコの登場です。次のコは、さつきの大人ぽい女のコとは対照的に、若々しいロリフェイスのコ。
かたどったようなアニメのコスプレっぽい衣装で登場して元気よく踊りはじめます。
しかも、この踊りがけっこう上手い
さっきのコもそうだったけど、ダンスの振り付けもしっかり考えられててけっこう面白いよコレは。せっかくなので入口でビールを買って飲みながら観ちやおう。
コスプレで(脱ぎませんでした)一曲踊った後は、かわいらしいドレスに着替えての再登場。この衣装は脱ぐらしく、少しずつ肌を出していきます。いや〜〜、このカオスな空間でビ—ルを飲みながらス
トリップなかなか良いんじやないかしら
オッパイやムアンコが出れば、オツサンやお爺さん、オタク、韓国人ヤクザたちがみんな真剣な顔で目を見開きながら拍手
その様子は、夏休みのお祭りで叩き売りのオッサンが実演する、怪しい手品セットを観ている少年たちのようです。瞳がキラキラしてます
ボクも彼らと同じように厶アンコが開くたびに思いっきり拍手いや、楽しい
ビ—ルもうまい

【エロ漫画】ヘルス嬢のプライベートを妄想すると興奮度が増加|風俗が楽しめる裏技

201510_000222.jpg201510_000223.jpg201510_000224.jpg201510_000225.jpg201510_000226.jpg201510_000227.jpg201510_000228.jpg201510_000229.jpg201510_000230.jpg201510_000231.jpg201510_000232.jpg201510_000233.jpg201510_000234.jpg201510_000235.jpg201510_000236.jpg201510_000237.jpg0093_201901291346034d6_20191106231453456.jpg0095_20190129144614f20_20191106231456499.jpg0094_2019012913460577f_201911062314547d3.jpg0092_20190129134602075_20191106231451c76.jpg0097_201901291446179e3_20191106231459735.jpg0096_20190129144616803_20191106231457045.jpg0101_20190201163355b6f_201909301837000f6.jpg0102_2019020116335684a_201909301837018af.jpg0103_20190201163358c56_20190930183703986.jpg0132_201811011048301b0_20190930183704920.jpg0133_20181101104832fa0_20190930183706f76.jpg0134_201811011048332f5_201909301837077a1.jpg
1店員のオススメ嬢を除外すればアタリ嬢が残るという矛盾
デリヘルに電話した際、店員にこんな質問をする人は多いハズだ。
「あの、すぐに遊べるコって誰ですか?」
対して店員は即座に名前を挙げてくる。Aちゃん、Bちゃん、Cちゃん、あとDちゃんもすぐご案内できますねってな感じで。では、この中でもっともアタリの嬢は誰なのか。そいつをあぶり出すとっておきの方法を教えよう。最初の一手はこれだ。
「その4人で一番オススメのコって誰ですか?」
 ここでもし店員が「Aちゃんです」と答えたなら、その子は一番のハズレだ。「その4人で一番オススメのコって誰ですか?」
ここでもし店員が「Aちゃんです」と答えたなら、その子は一番のハズレだ。パスすべし。
なぜなら店員はこういう場合、普段から指名の少ないコ、すなわち不人気嬢から優先的に客に回そうとするからだ。逆にたまたまその時間がヒマだっただけの人気嬢は、しばらく待てば指名が入る可能性もあるため、温存したがる。したがって以降の店員との会話はこのようになる。
「Aちゃん以外にオススメは?」「Bちゃんですね」
「なるほど。じゃ、CちゃんとDちゃんとでは、どっちがオススメですか?」
「Cちゃんです」
これで答えは出た。あなたが選ぶべきはDちゃんだ。
2貧乏確実な出稼ぎ嬢はちょっとの金で本番させる
出稼ぎ女を雇う店が珍しくない
金に困っているのは間違いない
そこで店に問い合わせ
出稼ぎ嬢を指名
これがよく効く
彼女らからすれば、もし店にバレても地元に戻ればいいという意識もあるのだろう
3性感帯が首すじや背中の嬢はマンコを触らせたがらない、の法則
フーゾク嬢のプロフィールほど当てにならないものはない。3サイズも、写真も、店長の紹介文さえも、いっそ気持ちがいいほどウソにまみれている。だがあの中でひとつだけ、役立つ情報が紛れていることは、実はあまり知られていない。性感帯だ。
【背中】や【首すじ】、もしくは指先などと書いている女は絶対に指名してはイケナイ。サービス地雷の可能性が限りなく100%に近いからだ。本来、性感帯といえばクリトリスや乳首くらいしかないはずなのに、あえて男の部位を書き込むのは、なるべくデリケートな部分を客に触れられたくないという気持ちが無意識に出てしまった結果なのだ。そんなプロ意識の欠けた女どもに献身的なプレイなど期待できるわけがない。逆にサービス優良嬢は先ほどの正統派、性感帯を素直に記入しているコで正解だが、クリ、首すじのように、正統派にプラスアルファで記入している場合は良い。
4芸能人似のフーゾク嬢、信じていいのは濃い顔だけ
5プライベートでフーゾク嬢と知りあう
ありきたりなフーゾク遊びを100倍楽しくする秘訣は意外とシンプルだ。まずフーゾク嬢とプライベートで知り合いになり、しかるのち店に出かけてプレイに臨めばいいのだ。知人とエロい関係になる、そのインモラルな状況がいかほどの興奮をもたらすかは容易に察しがつくだろう。
知り合うかだが、実は打ってつけの場所がある。
ゲイバーだ。この手の店はなぜか昔からフーゾク嬢に好まれており、特に最近は一層その傾向が高まっている。たとえば新宿2丁目のゲイバーなど、女性客の6割強がフーゾク嬢なのでは、と思えるほど。ゲイバーは下ネタで盛り上がる場だ。こういった店でフーゾク好きを公言するとフーゾク嬢たちも積極的にカミングアウトしてくるわけだ。
6星5つの評価をされれば星5つのサービスをしてしまうものだ
さらに風俗嬢のサービスをよくする裏技6つ
1友達とセクキャバによく行くのだがいつもこうだ
2チンコは触ってくれないものだ
3インポのフリが女の自尊心を満足させる
4オネエのフリで店外デートは余裕でOK
5大半の嬢がこんなウソをすんなり信じてしまうのは実際に童貞客との遭遇率が高いからだ
ソープ嬢にこんな演技をすると面白い展開になる
あの、実は俺…童貞なんだよね
えそうなんですか?
大半の嬢がこんなウソをすんなり信じてしまうのは実際に童貞客との遭遇率が高いからだ
この間も童貞のお客さんがいらっしゃったんですよ
童貞客が現れると彼女たちはこういつ心境になる
はじめての女の人が私だなんてプレッシャーだな
さらにはAVの見過ぎで乱暴なプレイとかしてきそう
したがってプレイの内容は…
こういうのもいいでしょ?
とまあ、エ口漫画のお姉さんのようにセックスを手ほどきしてくれるのだ
これがもうタマらなくコーフンするんです
そっ、イイ腰使いよあん、ヤバイ、感じちゃう
6ケンコバさんに紹介しておきますの威力
自分は五反田の風俗によく行っている。テレビで吉本芸人がそんな話をしてるのを聞いたのが発端だ。そこで少し試してみることにした。自分も吉本芸人だと偽ったら女の子のサービスが良くなるのでは?手コキつきのマッサージ店(この手の店はケンコバが好きだと公言している)で女の子がやってきてから切り出す。
「オレ吉本の芸人やってるんですよー」
「えースゴーイ。コンビ名とか聞いてもいいですか?」
「売れてないからそれは勘弁して」
適当に話を合わせてみたものの、特別なサービスなんてのはついてこない。やはり無名芸人(ウソだけど)では効果なしか。ならば、これはどうだろうか。
「スゴイ可愛いよね。ケンコバさんにゼヒ行ってくれってオススメしてもいい?」
「ケンコバさんですか? 私好きなんですよ! お願いします」
この言葉以降、彼女の態度が急変した。頼んでもないのにフェラしてくれたのだ。通常フェラはない店のはずなのに。こりゃいいやと以降も五反田の風俗で、ケンコバや山里(南海キャンディーズ)の名前を出してみたら、オナクラではタダでフェラされ、デリヘルでは本番もできている。
吉本のお膝元である大阪難波の風俗でもおそらく同じだろう。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます