媚薬・アダルトグッズのカテゴリ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます





カテゴリ:媚薬・アダルトグッズ

  • 2023/02/02媚薬・アダルトグッズ

    オナホの魅力に取りつかれて早10 余年。筋金入りのマニアである俺がたどり着いた、究極のオナホールが「悪魔快楽カオスターン」だ。おどろおどろしい名称は伊達じゃない。詳しく説明しよう。まず、チンコの通り道は非常に狭く、かつ、蛇行しており、内側には無数の突起ブツが配置されている。さらにひとつひとつの突起ブツには、表面にギザギザとした溝が。ここにチンコを差し込むとどうなるのか。ゾリゾリした摩擦感と、グチュグ...

    記事を読む

  • 2023/02/01媚薬・アダルトグッズ

    うたた寝しながらずっとフェラさせたいとか、俺は漫画を読んでるからお前はしゃぶっとけ、みたいな願望あるじゃないすか。王様プレイとでも言うんですかね。それを再現させたのがコレです。チンチンに巻いて電源をオンにすると、ずっとペロペロしゃぶってくれて、でもなかなかイクところまではいかない、そんな弱い刺激が延々と続きます。電動なので電源が切れるまでってことです。両手が空くので漫画も読めるし、メシだって食える...

    記事を読む

  • 2022/11/13媚薬・アダルトグッズ

    ここ数年、変態たちの間で、一つのブームが起きている。 キーワードは「メスイキ」だ。 通常の射精を伴う「オス(雄)イキ」ではなく、アナルの前立腺を刺激するドライオーガズムが、「メス(雌)イキ」と名前を変えて流行中なんだとか。最近では、その「メスイキ」に特化したアダルトグッズまで販売されるほどの活況ぶり。 俺だってエロに貪欲な変態の一人、こりゃ実際に試してみるしかないでしょう。数あるメスイキグッズの中...

    記事を読む

  • 2022/11/04媚薬・アダルトグッズ

    材料ウット錠(佐藤製薬)マヤ金蛇精(摩耶製薬)調理法1、2つの錠剤をかみ砕き、一緒に飲み干す最後に、医薬品を使ったスピードボールを試してみよう。材料に選んだのは、ウット錠とマヤ金蛇精の2つ。前者は《最強の市販薬》と名高い鎮静剤、後者は劇薬のヨヒンビンを含むアッパー系の市販勃起薬である。どちらも薬局で入手可能だ。結論からいえば、これぞ今回のベストである。服用後の10分間こそ気だるさと吐き気が続くが、そ...

    記事を読む

  • 2022/11/03媚薬・アダルトグッズ

    材料エンゼルトランペットの葉セージの葉パッションフラワーの葉ベルヴィアヌスの種エタノール調理法1、30枚ほどの葉をちぎり、エタノールにひたす。そのまま常温で2時間放置2、1をザルでこし、葉を捨てる3、残った液体に、さらに4〜5枚の葉をひたす4、ドライヤーでアルコールを飛ばし、皿にこびりついた葉をこそげ落とすケミカルドラッグ亡き後、唯一、ヘッドショップで生き残る確率が高いのが幻覚性の植物だ。マジックマ...

    記事を読む

  • 2022/11/02媚薬・アダルトグッズ

    二日酔いさえしのげば上位クラスの多幸感ナツメグカレー材料ナツメグ15グラム(肝臓障害を起こすので過剰摂取に注意)エンゼルトランペットの種カレールー(できれば高級なスパイス系)調理法1ナツメグとエンゼルトランベットの種を強火で妙め、力レールーで煮込むナッツ系の食物には、どれも微量の幻覚成分が含まれている。中でもナツメグは効果が強く、海外では《天然のLSD》なる異名を持つほどだ。が、唯一の難点は、1度に...

    記事を読む

  • 2022/11/01媚薬・アダルトグッズ

    材料エスタロンモカー箱ウォッカ(50度以上)葛根湯調理法1、全ての材料を混ぜてシェイク2、エスタロンモカが溶けるまで放置。今度は、ウオッカをエスタロンモカで割ってみた。アッパー系のカフエインとダウナー系のアルコールを混ぜ合わせ簡易版のスピードボール(最強の混合ドラッグ.通常はコカインとヘロインの混合物を指す)を作ろうというわけだ。ポイントは、ここに葛根湯を加えたこと。配合成分の《麻黄》が覚醒剤に近い...

    記事を読む

  • 2022/10/31媚薬・アダルトグッズ

    後頭部にガッンと一発。直後に極度のパニックが材料エスタロンモカー箱嗅ぎタバコ(ウィルソン社「アイリッシュコーヒー」か「スーパーメンソール」調理法1、エスタロンモカの錠剤をスリ潰す2、1の粉に嗅ぎタバコを混ぜ合わせる3、ストローで鼻から吸う(鼻が弱い人は不可)エスタロンモカとは、どの薬局でも手に入る固形カフェインのこと。眠気を覚ますのが正規の用途だが、コイッに嗅ぎタバコを混ぜ合わせ、ニコチンとの相互...

    記事を読む

  • 2022/08/14媚薬・アダルトグッズ

    ペットの犬をしつけるための「通電首輪」。たとえば、吠えるたびに電流を流して、吠え癖をなくさせるといった使い方がされている。当然ながら、虐待との批判もある。こいつがSMの世界で使われている。僕たち奴隷が首輪をつけ、悪さをするたび女王様にビリビリされるのだ。逆に、ドMな女性に対して使うS男もいるそうで、まあこれも立派な虐待と言うか…。...

    記事を読む

ベロの生えた筒につっこむ感覚未知のオナホ悪魔快楽 カオスターンが気持ち良い

SnapCrab_NoName_2023-1-25_8-26-35_No-00.png
オナホの魅力に取りつかれて早10 余年。
筋金入りのマニアである俺がたどり着いた、究極のオナホールが「悪魔快楽カオスターン」だ。おどろおどろしい名称は伊達じゃない。詳しく説明しよう。
まず、チンコの通り道は非常に狭く、かつ、蛇行しており、内側には無数の突起ブツが配置されている。さらにひとつひとつの突起ブツには、表面にギザギザとした溝が。ここにチンコを差し込むとどうなるのか。
ゾリゾリした摩擦感と、グチュグチュとろけるような柔らかい粘膜感が同時に亀頭を刺激するのだ。
その気持ち良さと言ったら!
たとえるなら、1000以上の舌ベロが生えた筒の中に挿入した感覚、となるだろうか。まさに未知の、それでいて病みつきになる快感といえる。
タグ

王様フェラのようなオナグッズLeyuto 電動オナホの気持ちよさ

3_20230125082417b28.png

うたた寝しながらずっとフェラさせたいとか、俺は漫画を読んでるからお前はしゃぶっとけ、みたいな願望あるじゃないすか。王様プレイとでも言うんですかね。
それを再現させたのがコレです。
チンチンに巻いて電源をオンにすると、ずっとペロペロしゃぶってくれて、でもなかなかイクところ
まではいかない、そんな弱い刺激が延々と続きます。電動なので電源が切れるまでってことです。
両手が空くので漫画も読めるし、メシだって食えるし、とにかく休みの日はずっとチンチンをやわやわと刺激してくれる可愛いヤツです。
タグ

メスイキ特化アダルトグッズ・メスイキバックバイブ9でメスイキ初体験

HON22-03[38]HON22-03[39]HON22-03[40]HON22-03[41]HON22-03[42]HON22-03[43]HON22-03[44]HON22-03[45]

ここ数年、変態たちの間で、一つのブームが起きている。 
キーワードは「メスイキ」だ。 
通常の射精を伴う「オス(雄)イキ」ではなく、アナルの前立腺を刺激するドライオーガズムが、「メス(雌)イキ」と名前を変えて流行中なんだとか。
最近では、その「メスイキ」に特化したアダルトグッズまで販売されるほどの活況ぶり。 
俺だってエロに貪欲な変態の一人、こりゃ実際に試してみるしかないでしょう。
数あるメスイキグッズの中でも、特に人気だというのが、一昨年に発売された「メスイキバックバイブ9」という商品だ。
お値段は5千円ほどで、アナルに挿入するタイプの充電式電動バイブなんだそうな。
付属のリモコンを操ることで生まれる9パターンの振動で、メスイキへと促してくれるらしい。
これまで俺自身、エネマグラをアナルに挿入してみたり、M性感の風俗でアナル責めを受けたりした経験はあるが、電動バイブを突っ込んだことはない。
ましてや、メスイキと呼ばれる絶頂に達したこともない。つまりは初心者がちょっとかじったレベルだ。
メスイキは、女性が感じるオーガズムに近いと言われている。
マンコでイクのと同じように、快感の持続時間が長く、イッた後も賢者タイムにならず、何度も何度も絶頂へと達してしまうらしい。
しかも、一度この感覚を体験したら、もう普通の射精では満足できない身体になってしまうのだと。なんとも興味をそそられるではないか。
今回はこのバイブを使って、たっぷりとメスイキの快感を味わいつくしてやろう。
さっそく、アダルトグッズ専門のネット通販で購入。3日ほどで自宅に到着した。
毒々しいデザインのパッケージには、大きく「メスイキ」の文字がある。
箱を開封してみてビックリ、思ったよりもブツがデカイのだ。
バイブが内蔵された挿入部分だけで、10センチオーバー。
そしてキンタマの裏、アリの門渡りに当たる部分にも、大きなバイブが付いている。どうやら、アナルに挿入する部分と、キンタマ裏の部分、この2つのバイブで、同時に刺激してくれるらしい。
手触りは、シリコンっぽい柔らか素材なので、痛くはないだろうが、奥まで入るかわからない。
本当にこんなのがオシリの中に入るのだろうか。ちょっと心配になってきたぞ…。
まずは、アナルを入念にほぐすところから初めてみよう。
イチジク浣腸で腸内洗浄をしてから、ワセリンを手に取り、括約筋の周辺からマッサージするようにして、徐々に指を挿入していく。
この段階でしっかりほぐしておかないと、切れ痔になったりするので、入念にやっておかねば。
人差し指がアナルに楽に入るようになったら、いざバイブを挿入だ。
真っ黒のボディを肛門にあてがい、少しずつ押し込んでいく。
「……ん、…これキッツいなあ」
思わず独り言が漏れてしまった。仰向けになって足を上げてみたり、四つん這いになってみたり、何度か体勢を変えて、試行錯誤を重ねること5分少々。
ふう、ようやく全体が入ったぞ。
しかし、別に気持ちよくはない。むしろその反対で、不快感がたっぷりだ。
出そうで出ないウンチが肛門付近に残っているような、イヤ~な異物感がある。
まだ身体が慣れてないみたいだし、この大きさに慣れるまで少しの間、待ってみよう。
あっ!ココだ!気持ちいいところココ! 
10分ほど経過し、異物感が薄くなり、バイブがようやく身体に馴染んできた。
そろそろ振動させてみてもいい頃合いだろう。どんな快感が襲ってくるのか楽しみだ。
ではいざスイッチオン。リモコンをポチっとな!
いきなりブブブブ~っとケツの中で振動が始まった。
うわぁ! なにこれ! 変な感じ!
気持ちいい、というよりも下半身全体が振動する、今まで味わったことのない不思議な感覚だ。
とりあえず、バイブの強さを調節して遊んでみるか。
リモコンのボタンを押し、強弱を切り替えてみる、が、最初の振動よりも強くすると、お腹が痛くなってきてしまった。腸が揺れて気持ち悪いのだ。
最初は弱めの振動から始めるのがいいのかな。でもこのままじゃ、あまり気持ちよくないぞ。もしかしかしたら前立腺に当たってないのかもしれない。
もぞもぞと尻を動かし、中のバイブが当たる位置を変えて、気持ちいいところを探してみる。
奥の方まで突っ込んでみたり、はたまた入り口の方に戻してみたり。
括約筋を緩めてみたり、逆にギュッと締めつけてみたり、試行錯誤を重ねるうち、それっぽい場所を発見した。
あっ! ココだ! 気持ちいいところココ! となるポイントが見つかったのだ。肛門の出口から5センチくらい奥の場所で、ウンチを出すように軽く下腹部に力を入れると、ピンポイントで気持ちいい場所に当たってくれる。
ふう、こりゃいいぞ。
でも、バイブが当たるだけでは興奮できないので、パソコンでオカズ動画を再生。
それと同時に、チンコをムギュっと握り、少しだけ刺激を与えてみる。
いつものようにシコってしまうと、普通のオナニーと変わらないので、ここは我慢だ。
メスイキに向けて、興奮を保ちながらアナルに気持ちを集中させる。挿入から30分。
いつの間にか振動にも慣れて、徐々に気持ちよくなってきた。チンコの内側と、アナル周辺が、バイブの振動によって少しずつ熱く火照っているのだ。
次第に、その火照りは下半身全体に広がり、いつの間にか太ももの付け根から腰あたりまで、じんわりと甘い快感が漂っている。
例えるなら、回春マッサージで、鼠径部をほぐされたときのような、あの快感に似ている。
思わず、「ん、ん、ん」と喘ぐ声が漏れてしまう。
そんな調子でアナルに集中していると、いきなり全身がビクンと痙攣した。
軽くではあるが、たしかに快感が全身を駆け巡ったのだ。
クンニの最中に、クリトリスを直接舐めたときの女のビクつき、とでも言おうか。
メスイキの前兆を垣間見たような気がした。そこから少しずつビクつく回数が増えていった。気持ちいい「波」が下半身に集まり、お尻に力が入ったかと思ったら、ビクっと痙攣していったん収まる。
そして再び快感が下半身に集まって、またビクン。
最初は5分ほどだったスパンの波が、徐々に短くなっていく。
もしかしてこれ、メスイキしちゃうんじゃ…。
期待と不安を覚えながら、バイブの振動に身を任せる。
数回のビクつきを体験すると、そのスパンが数十秒毎へとドンドン短くなった。
もうすぐ絶頂を迎える、そんな予感がした。うわぁ、なんか次、めっちゃ強いの来るかも。
来るぞ、来るぞ、来る!
ケツの穴から脳天まで電流が走り、全身がビクビクビク~っと激しく揺れた。
その快感の力はすさまじく、ドバっと急に汗が湧いてきた。
いまイッたよね? これがメスイキってやつだよね?チンコからは何も発射されていない。カ
ウパーが少々出ているだけだ。
メスイキ、めっちゃ気持ちいいんだけど!マズい、漏れる!我慢できない!
気が付くとバイブ挿入から、1時間近く経っていた。
メスイキのせいで、腰の力が抜けてしまって、しばらくは立てそうにない。
よし、お次はチンコの方をイジってみようじゃないの。
アナルのバイブは、挿入したままで、振動の種類を変化させることにした。
このバイブは強弱以外に、振動のリズムも設定できる。
先ほどは、「ブブブ」と一定の振動だったのを、「ブブ~ブ、ブブ~ブ」と変則的なリズムに変更だ。AVを見ながら、亀頭を中心にムニュムニュ触る。
バイブのリズムに合わせて、身体が反応し、フニャチンの亀頭からは、瞬く間にカウパーがあふれ出てきた。
そのカウパーを亀頭に塗りたくって、ツヤツヤに磨くようにしてこすりまくる。
いつもの亀頭責めに比べて、アナルバイブの振動があるおかげで、快感が数十倍になってるぞ。
なんだか腰の奥がむずむずしてきた。ああ、なんとも懐かしい気持ちよさというか……。
わかりにくい表現かもしれないが、学生のころに初めてオナニーしたときの感覚に似ている気がする。精通するときの、今まで味わったことのない、何かが出てくるような不思議な快感、あれにソックリなのだ。
亀頭を磨く手が止まらない。
徐々にチンコも固くなっていき、半勃起状態になった。どうやらビンビンにまではなりづらいみたいだ。半勃起の亀頭を入念に磨く。ああ、何か出そうになってきた。
でも、普通の射精感とは全く違う。かといって尿意ともちがう。でも、何かが漏れそうな感覚なのだ。亀頭を刺激するたび、水位が上がっていく。マズい、漏れる! 我慢できない!
ジョロ、ジョロロ~っと何かしらの分泌液が、チンコから漏れてしまった!
普段の射精よりも、解放感があって、気持ちいい…。
しかし、この謎の液体はなんなのだろう。
ヌメヌメっとしてるが透明なので精子ではない。かといって小便のニオイもしない。
カウパーのような分泌液が、おちょこ一杯分くらい出てきたのだ。
おかげで、下に敷いた布団がビチョビチョになってしまった。
これはいわゆる「潮吹き」なんだろうか。
でも、そんなに勢いはなかったし…。
ま、気持ちよかったから、なんでもいっか。最後にもう一度メスイキに挑戦だ。
バイブの強度を上げて、どれくらいの刺激なのか試してみたいと思う。
リモコンを操作して、出力を最大にチューニング。
うあああ、すげえ、腹の辺りまで、ブルブル揺れるよ!
俺の身体も振動には慣れたみたいで、最初のように気持ち悪くなったりもしない。
ただし、これまでのように寝転がったままでは、少々物足りない。別の体勢になってみよう。
色々動き回った結果、四つん這いの姿勢が、アナルの振動を最もダイレクトに感じられることがわかった。女がバックで挿入されるのと同じ姿勢なので、関連性があるのかもしれない。
後ろから突っ込まれると奥深くまで入るので気持ちいい、みたいな。
そしてAVを見ていても、不思議なことに、挿入される女側に感情移入してしまう。
ここで問題点が1つ。それだと俺自身が男優に犯されるようで気分が悪いのだ。
なので、女にディルドで責められるM男モノのAVを探して、オカズにした。
ウホ~、これ気持ちいいなあ!
女の人にディルドで掘られてるのを見てたら、またまた気持ちよくなってきた。
ヤバイ! いきなり快感が押し寄せてくる。
どうやら一度メスイキした身体は、敏感になってしまうらしい。メスイキ専用の肉体である。全身がビクビクビクと大きく脈打つ。
あああ、イクっ!ビクンビクン!
またしても精液は出なかった。透明の液体も出ない。ただイカされただけだ。なに、これ…。
賢者タイムのないのがメスイキのいいところだ。我を忘れて、放心状態でイキまくっていたら、どうやら電池がなくなったらしく、バイブが動きを止めてスルンとお尻から抜け落ちてきた。
はあ、もう大満足だ。
マジでメスイキじゃなくちゃ満足できない身体になってしまったぞ。
★アナルバイブは初めての経験だったが、無事にメスイキまでたどり着けた。
とはいえ、このバイブはさすがにサイズが大きすぎるので、アナルの経験が全くない方にはオススメしづらい。
一度もイジったことがない人は、M性感などで手ほどきを受けたほうがいいかもしれない。
いや~、それにしても気持ちよかった。メスイキ最高です!
タグ

合法にアッパートリップ!医薬品カクテルの疑似麻薬でキメられるものなのか?

8_20221021073936574.png

材料
ウット錠(佐藤製薬)
マヤ金蛇精(摩耶製薬)

調理法
1、2つの錠剤をかみ砕き、一緒に飲み干す

最後に、医薬品を使ったスピードボールを試してみよう。
材料に選んだのは、ウット錠とマヤ金蛇精の2つ。前者は
《最強の市販薬》と名高い鎮静剤、後者は劇薬のヨヒンビンを含むアッパー系の市販勃起薬である。どちらも薬局で入手可能だ。
結論からいえば、これぞ今回のベストである。
服用後の10分間こそ気だるさと吐き気が続くが、その後は急速に現実感覚が消え失せ、やたら幸福な気分が訪れる。
雲の上のような天国状態で、音楽さえ流せばいくらでも踊れそうだ。
多幸感の波が去った後は、少しずつ全身から力が抜け、グニャグニャのトリップ感が取って代わる。なぜか耳の奥で炭酸が弾けるような音が鳴り、これが妙に気持ちよい。
その後、約3時間ほどでフイニッシュ。多少の疲労感が残る以外は、ヌケた後の悪酔いもなかった。さすがは医薬品、侮れない。

いずれも効果は予想以上だった。イチオシは医薬品のカクテルだが、入手が難しければウォッカのカ
フエイン割りも悪くない。サイケ好きなら幻覚ハ-ブを試すのもアリだろう。
ただし、個人差が大きいのはドラッグの常。本稿をマネて何らかの被害を受けても、筆者および鉄人社は責任を取りかねる。ご注意あれ
※この記事は知的好奇心を満たすために読み物としてお読みください。本誌掲載記事の中には真似をすると法律に触れるものも含まれています。悪用・実行は厳禁です。
タグ

合法にアッパートリップ!幻覚ハーブのネルドリップの疑似麻薬でキメられるものなのか?

8_20221021073936574.png

材料
エンゼルトランペットの葉
セージの葉
パッションフラワーの葉
ベルヴィアヌスの種
エタノール

調理法
1、30枚ほどの葉をちぎり、エタノールにひたす。そのまま常温で2時間放置
2、1をザルでこし、葉を捨てる
3、残った液体に、さらに4〜5枚の葉をひたす
4、ドライヤーでアルコールを飛ばし、皿にこびりついた葉をこそげ落とす

ケミカルドラッグ亡き後、唯一、ヘッドショップで生き残る確率が高いのが幻覚性の植物だ。マジックマッシュルームを引き合いに出すまでもなく、自然界のブッが、時に人工の麻薬に等しい作用を持つことは周知の事実だろう。
挙げた材料は、いずれもLSD系の成分を含む天然ハーブである。園芸店ではおなじみのアイテムばかりだが、エタノールで成分の抽出を行うことで、サイケデリックなドラッグに早変わりするらしい。
さっそくネットでエンゼルトランペットの葉を取り寄せ、完成品をアルミホイルに包んで点火。肺いつぱいに煙を吸い込むや、世界がグニャリと曲がった。加えて、見えない人間に肌をなぶられるかのような不快感が続く。完全にバッドトリップだ。
30分後、今度は背後から何者かが抱きつき、耳元でブッブッとささやき始めた。全身に鳥肌が立ち、心臓の音だけがやけに大きく鼓膜に響く。
もはや限界。慌てて手近に用意しておいた眠剤を飲み下し、ギブアップと相成った。
もう二度とやるまい。

※この記事は知的好奇心を満たすために読み物としてお読みください。本誌掲載記事の中には真似をすると法律に触れるものも含まれています。悪用・実行は厳禁です。
タグ

合法にアッパートリップ!ナツメグカレーの疑似麻薬でキメられるものなのか?

8_20221021073936574.png

二日酔いさえしのげば上位クラスの多幸感
ナツメグカレー

材料
ナツメグ15グラム(肝臓障害を起こすので過剰摂取に注意)
エンゼルトランペットの種
カレールー(できれば高級なスパイス系)
調理法
1ナツメグとエンゼルトランベットの種を強火で妙め、力レールーで煮込む
ナッツ系の食物には、どれも微量の幻覚成分が含まれている。中でもナツメグは効果が強く、海外では《天然のLSD》なる異名を持つほどだ。
が、唯一の難点は、1度に1ビン以上の量を摂取しなければ、八ツキリとした効果が現れないことである。そこで今回は、いったんカレーに混ぜ込んでマイルドさを増し、オマケとしてハーブ系の幻覚
剤として名高いエンゼルトランペット(通称・チョウセンアサガオ)の種をプラス。トリップ度を上げてみた。
ちなみに、ナツメグは大手スーパーのスパイスコーナーで、エンゼルトランペットはホームセンターかネット通販で入手可能だ。
では、試食にまいろう。妙にいがらっぽいルーを胃に流し込み、待つこと1時間。にわかに視界がぼやけ、体がほてり出した。
と同時に、腹の奥からこみ上げる笑いと全身を貫く高揚感。さらには平衡感覚と痛覚が消え失せたらしく、ヨロけて壁にぶつかってもまったく痛くない。
あっちでゲラゲラ、こっちでゲラゲラ。上位クラスの多幸感である。
しかし、今後もこのカレーを食べたいかと問われれば、ノーと答えざるを得ない。
とにかく、翌朝の二日酔いがハンパじゃないのだ。脳天が割れそうな頭痛と、絶え間ない吐き気。それでもOKという勇者のみチャレンジすべし。

※この記事は知的好奇心を満たすために読み物としてお読みください。本誌掲載記事の中には真似をすると法律に触れるものも含まれています。悪用・実行は厳禁です。
タグ

合法にアッパートリップ!エスタロンウォッカの疑似麻薬でキメられるものなのか?

8_20221021073936574.png
材料
エスタロンモカー箱
ウォッカ(50度以上)
葛根湯

調理法
1、全ての材料を混ぜてシェイク
2、エスタロンモカが溶けるまで放置。

今度は、ウオッカをエスタロンモカで割ってみた。アッパー系のカフエインとダウナー系のアルコールを混ぜ合わせ簡易版のスピードボール
(最強の混合ドラッグ.通常はコカインとヘロインの混合物を指す)
を作ろうというわけだ。
ポイントは、ここに葛根湯を加えたこと。配合成分の《麻黄》が覚醒剤に近い化学構造を持つため、カフエインとの相性が非常によい。
果たして、変化はすぐに現れた。
ハイな気分とまではいかないが、頭がシャキっと冴え渡り、全身がフワフワと心地よい。明らかに酒酔いとは違う感覚だ。
続けてグラスー杯分を飲み干したところ、ギアが1段階上に切り替わった。妙にテンションが高くなり、とにかく体を動かしたくてたまらない。
仕方なく部屋の掃除でお茶をにごしたが、これならクラブユースに用いるのもアリだろう。
アルコールのお陰か、全く焦燥感に駆られないあたりもポイントが高い。

※この記事は知的好奇心を満たすために読み物としてお読みください。本誌掲載記事の中には真似をすると法律に触れるものも含まれています。悪用・実行は厳禁です。
タグ

合法にアッパートリップ!嗅ぎタバコカフェインの疑似麻薬でキメられるものなのか?

8_20221021073936574.png

後頭部にガッンと一発。直後に極度のパニックが

材料
エスタロンモカー箱
嗅ぎタバコ(ウィルソン社「アイリッシュコーヒー」か「スーパーメンソール」

調理法
1、エスタロンモカの錠剤をスリ潰す
2、1の粉に嗅ぎタバコを混ぜ合わせる
3、ストローで鼻から吸う(鼻が弱い人は不可)

エスタロンモカとは、どの薬局でも手に入る固形カフェインのこと。
眠気を覚ますのが正規の用途だが、コイッに嗅ぎタバコを混ぜ合わせ、ニコチンとの相互作用でアッパー系のドラッグに仕立てあげる作戦だ。

効果は劇的だった。粉を一気に吸い上げると同時に、後頭部がひきつるような衝撃に雲われ、両手がガクガクと震え出したのだ。
20分後、胸の辺りが力ーシと熱を持ち、少しずつ呼吸困難になり始めた。激しい焦燥感と毛穴中からにじむアブラ汗は、大昔にマジックマッシュルームを食べすぎた時のパニック状態に近い。結局、完
全に落ち着くまでは3時間かかった。
確かに、意識はブッとんだ。
が、その効果は快楽にはほど遠い。自宅でジェットコースター感覚を味わいたい方にのみ、オススメだ。

※この記事は知的好奇心を満たすために読み物としてお読みください。本誌掲載記事の中には真似をすると法律に触れるものも含まれています。悪用・実行は厳禁です。
タグ

通電首輪でドMな女性やM男くんをしつけ調教する

SnapCrab_NoName_2021-12-31_7-49-59_No-00.png

ペットの犬をしつけるための「通電首輪」。
たとえば、吠えるたびに電流を流して、吠え癖をなくさせるといった使い方がされている。当然ながら、虐待との批判もある。
こいつがSMの世界で使われている。僕たち奴隷が首輪をつけ、悪さをするたび女王様にビリビリされるのだ。
逆に、ドMな女性に対して使うS男もいるそうで、まあこれも立派な虐待と言うか…。
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★