オナニーのカテゴリ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

ジュエルライブ



カテゴリ:オナニー

  • 2021/10/04オナニー

    裏モノの企画で、コロナの影響でオンライン化した婚活パーティに参加し、カメラの前でセクハラしたり、ニセ金の札束をチラつかせたりして、どうにかこうにかセックスすることができた。 そのパーティに参加しながら、ふとナイスなことを思いついた。 カメラの前で女性と会話しているとき、自分の下半身は相手に見えていなかった。ならば、女の子たちの顔を見ながら会話しつつ、チンポをシコシコしてもバレないじゃん! これ、コ...

    記事を読む

  • 2021/09/10オナニー

    横の陣あれば、縦の陣あり。亀頭を左右から挟むのが横なら、亀頭とアナルにくっつけるのが縦。さあ信玄よ、戦国を生き抜くためどちらの陣を取るのだ!なんてことをふざけて書きながら検索してみたら、ホントに縦の陣も売ってたので驚いた。使い方はよくわからない。しかし亀頭にブルブルしたって効くわけないわね。亀頭は優しくヌルヌルするとこでしょうに。こんな陣取りで天下はとれぬぞ、謙信! 俺は誰だ!...

    記事を読む

  • 2021/09/10オナニー

    昔も似たような手袋、ミシュランしましたね。冬の自転車通勤に便利って書いた記憶があります。このイボイボ、見るからに気持ち良くなさげで、ペニスに変な傷がつきそうなのですが、たまには強い刺激も与えてやったほうがいいんでしょうか。上下運動させながら思いました。もしこのグローブオナニーを親に見られたら、自殺するしかないなと。素手オナニーなら「勝手にドア開けるな! 出ていけや!」と怒鳴るぐらいでしょうけどね。...

    記事を読む

  • 2021/09/09オナニー

    かつて通っていたスポーツクラブに、ひどいワキガのおっさん客がいた。とっととプールにでも飛び込んでくれればいいのに、なぜか私の受講するエアロビクラスにやってきては、激しく動き回るのだからタマらない。業を煮やし、苦情の一文をジムの受付に渡してやった。『ワキガの客をなんとかしてください』数日後、スタジオに簡易の空気清浄機が置かれたのには笑ったものだ。こいつのワキガにそんなの効かねーよ!ところであれ、もし...

    記事を読む

  • 2021/09/09オナニー

    どこへも出かけられず部屋に籠りっきりの男性諸君。1日あたりのオナニー回数がかなり増えたのではないか。私は平均2回だ。1回の日もあれば3回の日もあり、できなかった翌日は4回頑張る。やっぱり何度計算しても平均2回だ。みなさんもそんなものだろう。ならばそろそろ欲しているのではないか。オナニー選手権・銀メダリストであるこの私のオナグッズレビューを。昔とったキネヅカと言うなかれ。シコシコの気持ちよさに、古い...

    記事を読む

  • 2021/08/13オナニー

    M男向けオナクラ店でドS女王様の言葉責めを浴びながらオナニーの快感俺が言葉責め(されること)に目覚めたのは中学のときだった。 体育祭の女子更衣室に使われた教室に忍び込み、好きだった子の制服を盗もうとしていたら、あろうことかそこに本人とその友人が戻ってきたのだ。俺の手には、女モノの制服が握られていた。その友人ってやつは口の悪いヤツだった。「山野、変態じゃん!あんた、それで興奮してんでしょ!キモ!」その...

    記事を読む

  • 2021/08/13オナニー

    プチ援交の1ジャンルに、オナ見せというプレイがある。シコシコを見てもらって幾ばくかの対価を支払う、M男なら誰しもが経験のある遊びだ。しかし、ご存知かどうか、大半の女はべつにシコシコを見たいとは思っていない。金をくれるから渋々、見てやってるだけのことで、だから態度もどこか真剣さに欠ける。焦点が定まらぬような目でボンヤリし、さっさと発射しやがれと心の中で毒づいている。それではイカン。マジな気持ちでガン...

    記事を読む

  • 2021/08/03オナニー

    外出中、無性にオナニーをしたくなる時ってのは、誰にだってあると思う。ビーチやプールに出かければ、エロくさい水着の女があちこちに。公園のベンチで休んでいると、小さな子供をあやす若ママさんの胸の谷間やパンツがチラチラ。しかし、そこでオナニーはできない。やれば両手に手錠だ。世の中には、ズボンのポケットに穴を開けて人知れずオナニーする人がいるらしいが、いったい、どうやってんのか。通常のオナニーのようにチン...

    記事を読む

  • 2021/07/23オナニー

    掃除機にアレを突っこもうと考えたこと、男子なら一度はあるはず掃除機に亀頭を突っ込めばいいワケだけど、ひとつだけ注意をしておきたい。絶対に強さは「弱」を選ぶことだ。特に日立製の人は、より注意してもらいたい。日立の掃除機はオレの経験上、他メーカーに比べて吸引力が強すぎて、気持ちよさよりも痛みが勝ってしまう。 また逆に、ダイソンなどのサイクロン式は吸引力が相対的に弱いので適さない。ご注意を。全部入れては...

    記事を読む

オンラインでのイベントは下半身が映らないからオナニーし放題

38_20211004092132819.jpg39_202110040921336b9.jpg40_202110040921359fb.jpg41_20211004092136657.jpg42_20211004092138729.jpg43_202110040921401bb.jpg44_20211004092142186.jpg45_20211004092143e69.jpg46_20211004092356f39.jpg47_2021100409214687a.jpg
裏モノの企画で、コロナの影響でオンライン化した婚活パーティに参加し、カメラの前でセクハラしたり、ニセ金の札束をチラつかせたりして、どうにかこうにかセックスすることができた。
 
そのパーティに参加しながら、ふとナイスなことを思いついた。 
カメラの前で女性と会話しているとき、自分の下半身は相手に見えていなかった。
ならば、女の子たちの顔を見ながら会話しつつ、チンポをシコシコしてもバレないじゃん!
 
これ、コロナ時代を生きる今の我々にとって、画期的なオナニー方法なんじゃないでしょうか?
ではさっそく参りましょう。
平日の夜のオンライン婚活パーティ「ノンスモーカー限定、関東編」の参加予約を入れてから、アダルトショップでテンガやヴァージンループなどいくつかのオナホとローションを見繕い、近くのネカフェに入った。個室のパソコンにウェブカメラをセットし、テーブルの前にオナホとローションを並べる。
大事なのはweb カメラの画角調整だ。チンポをシコる右腕が映るのは仕方ないとしても、股間やオナホが見えたらマズい。
角度は…よしよし、こんなもんでいいだろう。
ズボンとパンツを脱いで、きっちりとネクタイを締める。手の届く場所にティッシュも置いた。買ってきたオナホにローションを垂らしてスタンバイOKだ。

オンラインパーティの開始時間15分前、業者から届いたメールのリンクをクリックすると、すぐに自動でズームが立ち上がった。と、同時に司会者の女性が画面に登場だ。
『本日は、婚活パーティにご参加いただきまして、ありがとうございます。本日の進行を務めさせていただきますイシイと申します』
あら、この司会者の子、めちゃくちゃ可愛い! 色白の黒髪ちゃんで、しっとりと落ち着いた声もいいですね。おかげで一気にチンポはビンビンだ。
ローションでヌルヌルのオナホに勃起チンポをヌルンと突っ込み、スコスコと上下させる。イシイちゃん! 気持ちエエよ~!

司会者の画面には、Yシャツ&ネクタイ姿で、小刻みに右腕を震わせている俺の上半身が見えているはずだ。一瞬、勃起チンポも見せつけてやろうか、という衝動も沸き起こったが、我慢した。
『本日は、男性4名様、女性4名様に参加していただいております。それでは準備が整いましたので、パーティを始めさせていただきます。お手元のマイクをオンにしていただけますでしょうか。それでは一人目のお相手と3分間のトークをお楽しみください』
いざトーク開始だ。
『なんか…水漏れみたいな音…』
画面が切り替わり、女性の顔が現れた。
『こんにちは~。初めまして。Aと申します』
「棚網です。よろしくお願います」
一番手のAさん。長い黒髪が印象的な30才前後の美人さんだ。オナホを動かしながら質問していこう。
「Aさんはいまどちらにいらっしゃるんですか?」
『今は自宅です~』
「自宅ですか。ボクは東京のネットカフェなんですけど」
『あ、そっちの意味ですね。私は神奈川です。アハハ』
自然で可愛らしい笑顔だ。そんな彼女の表情を見ながら、ゆっくりとオナホを上下にストローク。ああ…。柔らかなシリコンのヒダが絡みついてチンポが甘い快感に包まれる。いいよAさん、気持ちいいよ~。
オナホの動きを早めると、股間から「ヌッチャ、ヌッチャ」とオナホの音が漏れだした。腕の動きとこの音で、何をしてるかバレそうな気もするが、Aさんは笑顔のまま質問してくる。
『棚網さんは、このオンラインのパーティは初めてなんですか?』
「えーと、今回で2回目ですね。Aさんは?」
『私も実は2回目で。ということは、あれですよね。最初のときは、お相手が見つからなかったんですか?』
「そうですね。そんな感じでしたね~」
うん、シコりながらややこしい質問をされると、集中しづらいな。
その後も、『今日は仕事帰りですか?』
『なんでネカフェなんですか?』
などと矢継ぎ早に質問が飛んでくるのでシコシコに集中できないぞ。
『なんか、ずっと音が…、そこネカフェでしたっけ?』
おっと、オナホの音を感づかれたかな? 
いったん右手をストップだ。

「え~、何か聞こえます?」
『なんか…水漏れみたいな音…あれ、止まりましたね。アハハ、ごめんなさい』
「アハハハ、いえいえ~」
ローションをたっぷり入れすぎたかも。もう少しストロークのスピードをゆっくりにしよう。
ヌチョ…ヌチョ…
これぐらいで大丈夫かな…?
さてAさん、顔は可愛いらしいんだけど、ズリネタ的にはもう少しカラダの方も見てみたい。どうにかカメラを下の方に向けてもらえないだろうか。
「Aさん、なんか素敵な服着てますよね。ちょっと見せてもらえませんか?」
『え~、めっちゃ部屋着ですよ! 見ないでくださーい。アハハ』
「そうですか? なんか可愛いらしいなって思ったんですけど。見てみたいな~」
『アハハ~いやいや』
ダメか。なかなかうまくいかないな。
その後も彼女から次々と質問が飛んできて、休日の過ごし方などを語り合ってるうちに、3分のトークタイムが終了した。あんまりシコシコに集中できなかったな。ま、一人目だし、こんなもんか。

『いま何かされてます?』
続いて2人目。急いでオナホにローションを補充して、勃起チンコを突っ込んで待機する。
『お待たせいたしました。次のトークルームにご案内いたします。それではどうぞ~』
画面が切り替わり、ショートカットのちょいポチャ女性が現れた。40才前後だろうか。
「こんにちは。棚網と申します」
『こんにちはー。えーと、Bと申します~!』
う~ん…。正直、ルックスが微妙だ。というか結構なブーちゃんなので、ズリネタとしては厳しいものがあるぞ…。

今回のパーティは、女性の数は全部で4人と言っていた。オンラインパーティはトークタイムが1回限りなので、その3分間が最初で最後のシコシコチャンスということになる。つまりその間に、誰で射精するかしないかを瞬時に見極めねばならないのだ。4回転ピンサロと同じだな…。
…とりあえず今回はパスでしょう。
などと考えながら適当に質問に答えていたら、Bさんの方はこちらを気に入ってくれたようで、俺が近くに住んでる人で良かっただの、歳が近くて嬉しいだのと、アプローチめいたセリフをやたらと投げてくる。
うーん、ヤリ捨てするには丁度いい相手かもな。Bさんとのぞんざいなセックスを想像しがらオナホをヌッチュヌッチュと動かしていくうち、少しだけチンポの硬度が増してきた。よし、ちゃんとシコるか!
『棚網さん、いま何かされてます?』
「え?」
右手を止めた。
『なんか腕が痛そうなので…』
「ああっ、そうなんですよ! 指先がちょっと痺れちゃって」
『え~、大丈夫ですか?』
「大丈夫です大丈夫です。ゴメンなさい」
慌ててカメラの前で手の平を振ってごまかした。こんなにわかりやすく腕が動いてても、チンポをシゴいてるとは思わないんだな。
ここで3分が終了だ。お次は3人目だ。オナホにローションを補充し、半勃起状態のチンポにヌルンとかぶせて待機。
『それでは、お話を始めてください。どうぞ~』
司会者の合図と同時に、30才前後の上品そうな雰囲気の女性が現れた。
「どうも、棚網と申します」
『こんにちは~。Cと申しますー』
バッキーンと一気にチンポの硬度が増した。美人さんというだけでビンビンだが、まるで女子アナのような、高めのしっとりとした声質もすばらしい。ヴァージンループ︵オナホ︶の柔ヒダが、最高に気持ちいいです。ああ、Cさんに何かエロいことをしてもらいたい。
『棚網さん、お歳は何歳なんですか?』
「僕は45才です。Cさんはだいぶ若そうですね」
『えー、わたし若くないですよ~。すみません、35です。ウフフフ』
「え! 20代だと思ってましたよ!」
『ウソー、お上手ですね~! ウフフ』
お約束の受け答えだが、上品な口調と笑顔が可愛いおかげで、十分ズリネタになる。自然とオナホを上下する腕のスピードが上がっていきます。
『棚網さん、カラダ鍛えてらっしゃいます?』
ヤバイ。オナホを動かす手を止めた。この動き、筋トレしてると思われちゃった?
「あ、今ですか? 鍛えてるように見えました?」
『あ、いえいえ。体型が、何かスポーツでもやってらっしゃるのかと』
「…あ、そういう意味ですか。たまにプールで泳いでますね」
なんだ、オナホのことじゃなかったのか。びっくりした~。
『へーすごーい、ちょっとしか見えないけど、すごいムキムキに見えますよ』
「ホントですか? そんなことないですけどね。ほら、こんな程度ですよ」
慎重にカメラを手に持って少しだけ下を映す。間違っても股間のオナホを見せるわけにはいかない。
『わ~、ステキ~! お腹は絶対出てないですよね~』
「そうですね。まだお腹は大丈夫ですね」
『ステキ~ステキ~!』
なんだこの子、身体ネタで絡んでくるな。筋肉好きな女の子はエロいっていうけど、案外セックス好きかもな。でもいま勃起チンポ見せたら凍りつくだろうな~。
「Cさんは筋肉質な男がタイプなんですか?」
『あ、そうですね、男性としての魅力を感じます。ウフフ』
絶対エロいだろこの子。シコシコがはかどっちゃうな~。さっきから股間のオナホから漏れるヌチャヌチャ音が気になって仕方ないが、彼女はまったく気にしてないようだ。このまま射精しちゃおうかな…。
このあと最後の4人目がブスデブババアの可能性も充分あるわけだし、ここでヌイておくのは作戦としてぜんぜんアリだと思う。よし決めた。出そう! 動きを早めていくぞ~。
ヌッチャ…ヌッチャ…
「でもCさんも、すごい色っぽいですよね」
『え~、またまた~』
「いやいや、声もステキだし、正直、︵射精したくて︶たまらないですね。耳元で睦言とかささやかれたいですもん」
『ウフフ、ウケるんですけどー』
やっぱなんか声がエロいな。
ヌッチャ…ヌッチャ…
見た目も重要だけど、声質って大事だよね。
「Cさん、こんな早いタイミングでいうのもアレですけど、正直、タイプです」
『ええ~、ホントですか~? ウフフ』
ビンビンのチンポをシゴきながら女性を口説くとものすごく変態っぽい。クセになりそうです。
しかも普段よりも切実さが滲み出る気がしますよ。いますぐ会いに行ってチンポをぶち込みたい! ヌッチャヌッチャヌッチャ…ああ、もう出る! 出るぞ~! くっ!
どうにか声は出ないように我慢したが、オナホの中にドクドクと射精した瞬間、思わず立ち膝のポーズになってしまった。

『どうされました?』
「あー、いや、すみません、ちょっと足が痺れてきちゃって…イタタタ…」
『え~、大丈夫ですか?』
「すみません、大丈夫です~」
射精し終わったので、急激に賢者タイムになっていく。あ~、もう横になりたいわ~。
『棚網さんは、いつぐらいから彼女さんいないんですか?』
Cさんはこちらの状況がまったくわかっていないだけに、普通のテンションで質問をぶつけてくる。
「そ、そうですね~…。いつかな…何年か前…だったかな~?」
『え~、覚えてないんですか~』ダメだ。射精した直後だけに超脱力状態。頭がまわらない。適当に返答してるうちに、3分間のトークタイムが終了した。
それにしても素晴らしかった。最高に気持ちよかったです。

Cちゃんで射精しといて本当によかった…
まだ最後のお相手が残っているが、射精した直後なので、正直、まだチンポは完全復活できてない。まあ、シコるけど。残り物には福があるともいうしきっちりチェックしときましょう。
『それでは続いてのトークルームにご案内いたします。どうぞ~』
画面に登場したのは男顔のオバサンだった。名古屋市の河村市長にそっくりの50才前後の女性だ。
「…どうもこんにちは。棚網と申します」
『どうもー こん…に…ちはー Dと申しま……すぅー』
電波状況が悪いみたいで、映像と音声がところどころ途切れてしまう。ひょっとして、移動中の車の中にいる?
「Dさん、いま車に乗ってます?」
『はいー、いま母親が……運転して…ます~』
母親が運転する車の後部座席からお見合いパーティに参加してるらしい。どういう状況だよ。
結局、その後も映像がブツブツと途切れ、彼女が大阪に住んでる40代だという情報以外はわからずじまい。
オナニーどころか会話すらままならない状態が続き、3分のトークタイムが終わってしまった。3人目のCちゃんで射精しといて本当によかった…。 その後、最終投票でCちゃんの名前を書いたところ、見事、彼女とカップリングに成功。あらためて連絡先を交換し、現在はLINE 友達の状態になっている。

会話できないと勃起力が湧いてこないな
オンラインの婚活パーティがオナニーに向いていることはよくわかったが、何か物足りない気がする。その理由はなんだろう? 一対一の対面オナニーではスリルが足りなかったからかな?
というわけで、大勢が同時に参加できるパーティを探したところ、<Zoom で開催、オンラインビジネス交流会>というのを発見した。
異業種交流会のオンライン版らしい。おそらくこの手の会合なら、男女問わず大勢の参加者が集まるはずだし、その中から、自分好みのズリネタを探し出してシコりまくれるはずだ。さっそく参加を申し込もう。
交流会当日、例のごとくネカフェの個室に入り、ローションを仕込んだオナホを並べてカメラをセット。ネクタイを締め、ズボンとパンツを脱いで準備完了。
主催者から届いたリンク先からZoom が立ち上がり、画面に若い男性が登場した。
『ビジネス交流会に参加いただきありがとうございます。本日は15人ほどの参加者の方にお集まりいただていますので、数人の小さなトークルームをいくつか作成したいと思います』  
15人もいるなら、女性もそれなりに集まっているだろう。シコり放題だな。
『えー、自己紹介していただく際に、現在のビジネスについてご説明いただければと思います』
主催者が適当にメンバーを割り振ってくれ、最初の5人が登場した。
「こんにちは。はじめまして」
『初めまして~』
一人だけ女性がいた。30才前後のセミロング。可愛らしい感じだ。
メンバー全員で、順番に自己紹介が始まった。まずはその女性からだ。
『Eです。よろしくお願いします。仕事はカメラマンです。いろいろなイベントやポートレイトの…』
淡々とした感じで、お仕事紹介が続いていく。見た目も声も可愛らしいけれど、やっぱり会話できないと勃起力が湧いてこないな。全員が一つの画面に映り込んでるので、一人分の映像が小さいのも難点だ。うまくシコれるだろうか…。
自分の番になったので適当に自己紹介した。職業は素直にフリーライターにして短めに終わらせる。
続いて男性陣の自己紹介タイムだ。ずっと画面に映し出されているEさんの映像を観ながら、チンポを刺激してみたが、この時点ではまったくエロい気分になれていない。ようやく全員の自己紹介が終わり、フリートークが始まった。どうにかEさんに絡んでズリネタにしたいところだ。
『棚網さん』
男に話しかけられてしまった。
「え? あ、はい」
『ボク、ウエブの編集をしてまして、棚網さんのお仕事が気になってるんですが、普段はどんな媒体で書かれてるんですか?』
全員で同時に会話していく形式なので無視するわけにいかないのがつらい。これじゃオナニーどころじゃないぞ。
結局、Eさんとまともに会話できないまま、最初のチームの時間が終了してしまったじゃないか。
お次のチームは全部で6人。さっきのEさんのほかに、もう一人30才前後のショートカットの女性が増えた。よしよし、女が2人に増えたのはありがたい。
『初めまして。Fといいます。都内の飲食店で料理人をしています。私が出会いたい人は…』
Fさんはかなりサバサバしたキャラで、しゃべり方もぶっきらぼうな感じ。見た目もボーイッシュなタイプなので、ズリネタとしてはイマイチかも。オナホの中のチンポも半勃ちのままだ。
またもや全員の自己紹介タイムを経て、ようやくフリートークが始まった。
『Fさんは、自己PR 用の写真を載せてましたけど、あれはよかったですねー』
『ありがとうございます。誰でも簡単作れるんですよ。○○っていうアプリを使ってて…』
やっぱりビジネス交流会なだけに、みんな仕事の話しかしないんだな。オナニーしにくいわ。
その後、野郎6人のみのチームに割り振られてしまい、完全にオナニーを封じ込められたところでタイムアップ。たった一度も完全勃起することなく、交流会が終了してしまった。ダメだこりゃ。
★というわけで、オナニーするなら1対1のお見合いパーティ一択だと思います。みなさんもぜひ!
カテゴリ
タグ

亀頭爆破横の陣を使っても亀頭オナニー体験談

214_20210909055027188.jpg
横の陣あれば、縦の陣あり。亀頭を左右から挟むのが横なら、亀頭とアナルにくっつけるのが縦。さあ信玄よ、戦国を生き抜くためどちらの陣を取るのだ!
なんてことをふざけて書きながら検索してみたら、ホントに縦の陣も売ってたので驚いた。使い方はよくわからない。しかし亀頭にブルブルしたって効くわけないわね。亀頭は優しくヌルヌルするとこ
でしょうに。
こんな陣取りで天下はとれぬぞ、謙信! 俺は誰だ!
カテゴリ
タグ

ペニスに刺激を与える手袋手くにしゃんをハメてのグローブオナニー

216_2021090905503066a.jpg
昔も似たような手袋、ミシュランしましたね。冬の自転車通勤に便利って書いた記憶があります。
このイボイボ、見るからに気持ち良くなさげで、ペニスに変な傷がつきそうなのですが、たまには強い刺激も与えてやったほうがいいんでしょうか。
上下運動させながら思いました。もしこのグローブオナニーを親に見られたら、自殺するしかないなと。素手オナニーなら
「勝手にドア開けるな! 出ていけや!」
と怒鳴るぐらいでしょうけどね。これだと逆に家を出ていけと言われそうです。
感想。痛くて何にも気持ちよくなかったです。魚をさばくときに使うといいかもです。

女子校生のワキガの匂いを嗅ぎながらのオナニー体験談

210_2021090905502103f.jpg
かつて通っていたスポーツクラブに、ひどいワキガのおっさん客がいた。とっととプールにでも飛び込んでくれればいいのに、なぜか私の受講するエアロビクラスにやってきては、激しく動き回るのだからタマらない。
業を煮やし、苦情の一文をジムの受付に渡してやった。
『ワキガの客をなんとかしてください』
数日後、スタジオに簡易の空気清浄機が置かれたのには笑ったものだ。こいつのワキガにそんなの効かねーよ!
ところであれ、もしおっさんじゃなく、うら若き女子だったらどうだったんだろう。苦情どころか、いつも隣に位置取って、肺の奥まで吸い込んでいたかもしれない。
で、このスプレーだ。近くにうら若い女子はいないので、自分のワキにシュッシュして嗅いでみた。元々の臭気と相まって得も言われぬ香りに! 
てか、単独だと古びた工場のような匂いです。
カテゴリ
タグ

女の臭い付き網タイツ性臭網タイツ2を使ってのオナニー体験談

209_2021090905502023e.jpg
どこへも出かけられず部屋に籠りっきりの男性諸君。1日あたりのオナニー回数がかなり増えたのではないか。
私は平均2回だ。1回の日もあれば3回の日もあり、できなかった翌日は4回頑張る。やっぱり何度計算しても平均2回だ。みなさんもそんなものだろう。
ならばそろそろ欲しているのではないか。
オナニー選手権・銀メダリストであるこの私のオナグッズレビューを。
昔とったキネヅカと言うなかれ。シコシコの気持ちよさに、古いも新しいも無いのだから!
●性臭網タイツ2
網タイツ嫌いな男を探すのは、ビーチで一粒の星砂を見つけるよりも難しいだろう。
いきなり美しい例えを持ち出したのは、コロナで海にも出かけられない皆さまに、夏の気分だけでも味わってもらおうと配慮した次第である。
さて、そんな網マニアの男たちに尋ねたいのは、あなたは網のどこが好きなんですか? ということだ。見た目と答えた人は、まだ幼い乳飲み子のようなものだ。我々大人の答えは「ニオイ」一択、いや、正確には「見た目&ニオイ」なので二択。二択してもいいんです。
さて、この発情する女の臭い付き網タイツ、おばはんの香水のような匂いがしました。ひょっとすると我々が香水と思ってるあの匂い、発情の賜物なのかもしれませんね。

オナクラで女の子に罵倒されながらオナニー自慰射精して変態マゾ性癖を深める

言葉責めオナニーの快感言葉責めオナニーの快感言葉責めオナニーの快感言葉責めオナニーの快感言葉責めオナニーの快感言葉責めオナニーの快感言葉責めオナニーの快感言葉責めオナニーの快感言葉責めオナニーの快感言葉責めオナニーの快感
M男向けオナクラ店でドS女王様の言葉責めを浴びながらオナニーの快感
俺が言葉責め(されること)に目覚めたのは中学のときだった。 
体育祭の女子更衣室に使われた教室に忍び込み、好きだった子の制服を盗もうとしていたら、あろうことかそこに本人とその友人が戻ってきたのだ。俺の手には、女モノの制服が握られていた。
その友人ってやつは口の悪いヤツだった。
「山野、変態じゃん!あんた、それで興奮してんでしょ!キモ!」
その種の言葉で罵る女の横で、俺の好きな子は冷ややかな目をこちらに向けていた。
いったい何だ、この興奮は。後のオナニーではこの光景ばかりを反すうして使うことになった。
変態と罵られる自分、軽蔑される自分。そのシーンを思い出すだけで勃起できた。
時は流れ、24才に。あれから今に至るまで、俺は言葉責めを求め続けてきた。
付き合った女や、風俗嬢に言葉責めを頼むのはもちろん、メイドリフレではビンタ1発千円のオプションを頼んでニヤニヤし、その子たちに「こういう男ってどう思う?」と聞き、「素でキモい」などというリアクションを楽しんだりもした。 
でも何かが違う。中学時代のあのときのようなゾクッとする感覚がないのだ。きっとそれは本気で軽蔑してくれていないからだろう。とはいえ、リアルで変態行為をするわけにはいかない以上、頼るのはフーゾクしかない。さてどうすべきか。
おそらく最も軽蔑してくれるのは、自らが手を汚さないフーゾク嬢、すなわちオナ見のみの女の子なのではないか。手コキだフェラだと自分でも性的行為をしている子は客と同じ穴のムジナなわけで、それでは舌鋒も鈍るに決まってる。男のオナニーを見るだけの子ならば、このオレを心の底から変態認定してくれるのでは?
言葉責めが得意なオナ見嬢という観点でネット調査したところ、2人の名前があがった。すぐにでも出向いてみよう。
よっぽど好きなんですね。おちんちん見せるのが
まずはM男だけではなく、ノーマル男性にも人気の高い大規模オナクラ店のユイ嬢21才。ノリノリで責める上に、けっこうドギツイことも言ってくれるとの事前情報だ。お願いしますよ。「失礼しま〜す」 
そう言って入ってきたユイ嬢は、どこからどう見てもフツーの大学生という風貌で、しゃべり方も言葉責めとは無縁な優しい感じだ。やや不安になってきた。
「じゃあ、そろそろ…」 
全裸になってオナニーの姿勢になったところで、ユイ嬢の雰囲気が変わった。さっきまでのフワフワした感じはどこへやら、目つきが女王様のソレになっている。彼女をベッドに座らせたまま、オレは仁王立ちになり、まずはチンコに軽く刺激を与えて、立たせていく。
「出ましたね、おちんちん。オナニー頑張ってください」
(ん?丁寧語なのか。そっちのセンで来るわけね)
「なんか、腰だけちょっと前に出てませんか?そんなに見てほしいんですか?」
(見てほしいとも)
「え、ちょっと。なんで大きくなってきてるんですか?」
(なんでって、こういうものなんだよお嬢ちゃん)
「うわー…よっぽど好きなんですね。おちんちん見せるのが」
(好きだよ、大好きだよ)
「慣れてますね、おちんちん触るの。10年以上オナニーしてきてますもんね」
(ちゃんと俺の歳から逆算して10年と言うあたり、頭のいい女だな)
「ちゃんと勃起してきた。すごい蒸れた匂いしますよ」
(うん、これはちょっと恥ずかしいな。いいぞ) 
彼女は食い入るようにチンコを見つめいる。
「カチカチに勃起してる…」
(こんなフワフワした感じの子が「勃起」とか、恥ずかしげもなく言うギャップがたまらない)
「うわ、めっちゃ手速い」
(そりゃ速くもなりますって!) 
ここでちょっとお願いしてみた。オレ、オナニーを撮影されるとさらに興奮するのだ。
「スマホで撮影してくんない?」
「え、何をですか?」
「オレがオナってるとこ」
「うわ、マジ変態ですね」
スマホを預け、さらに続行だ。
「ほら、撮ってますよ?」
(うわ、めっちゃ笑われてるし!)
「後でこれ見てまたオナニーするんでしょ、ね?」
(それはちょっと違う。撮られてる今が興奮するだけなの!)
「どうして興奮してるの?私、裸でもないし、おちんちん触ってもいないんですよ?」
(だからこそです!だから興奮してるんです!)
「そんなんでセックスとかできるんですか?彼女さん、泣いちゃいますよ?」
(セックスよりこういうほうが興奮するんだもん!)
「どんだけオナニー好きなんですか。ははは」
(ちょっとバカにしたような笑いだ。タマらん!)
「真顔ですね〜。最初はちょっとニヤニヤしてたのに。余裕なくなってきました?」
(またバカにしてる!いいぞいいぞ!)
チンコはどんどん硬度を増していく。このままぶっ放すか。いや、もっと軽蔑されたいからまだ我慢だ。プライドないって言われて興奮してるんですね…
彼女はニヤニヤしながら俺のチンコと顔を交互に見てくる。
「手、めっちゃ速いですよ。こんなので興奮してたら本当にセックスできなくなっちゃいますよ?いいんですか?」
「いいです、セックスできなくていいんで、オナニーさせてください!」
「あはははは!いいですよ。じゃあ勝手にオナニーしてください」
(やばい、普段よりかなり早いペースで射精しそう)
「我慢汁出てますよ、もうイキたいんですか?」
「はい、イキたいです」
ボク、この体勢が大好きなの!
目を丸くしながら、チンコをガン見するユイ嬢。息が荒くなっている。
「フーッ…フーッ…」
(この子も興奮してるのか?)
「じゃあもっと速くおちんちん動かして、我慢汁クチュクチュ言わせてください」
(ああ、早くイキたい!)
「何でも言われたとおりに、素直にやるんですね。プライドとかないのかな?」
(ゾクッとした!プライドなんかあるわけないし!)
「まぁ、あるわけないですよね。おちんちん見られるだけで勃起しちゃう人にプライドなんて」
(うわ、思ってたことをそのまま言われたよ!興奮!)
「また手速くなりましたよ。プライドないって言われて興奮してるんですね…」
(また当てられた!なんでわかっちゃうの!)
「腱鞘炎にならないんですか?手の動きヤバいですよ」
(腱鞘炎になってもいいんでイカせて!)
「っていうか…若いのに相当ヘンタイなんですね」
(変態です、変態でいいんで出させて!)
「堪え性ないですね。しょうがないなぁ…」
(やった、やっとイケる!) 
自分の顔の前で両手を皿のようにするユイ嬢。
「じゃあ、ここに出してください。目の前で射精するところ、見ててあげますから」
(手に出していいんだ!見て、射精するとこ見て!)
「あー、出た!あーすごい、まだドクドクって出てる〜」
そして、手のひらに出された精子をまじまじと見つめるユイ嬢。
「めっちゃ濃いの出ましたね〜」
ふぃ〜、ほんとにたっぷり出ちゃったよ。やっぱバカにするような笑いと「変態」と罵られたことで、精液が倍増したんだな。
どうせ一人のとき乳首もいじってんだろ? 
次は老舗のM男向けオナクラ店のレイカ嬢。愛好者の間では有名な嬢で、弱冠22才ながら男のM心を引き出す達人と呼ばれているそうだ。 
店舗開店と同時に予約を取って、いざレンタルルームへ。
「失礼します」
そう言って入ってきたレイカ嬢は、金髪ショートヘアの見るからに女王様と言った風貌だった。
髪で隠した片目と、キッと睨みつけるような視線がたまらない。
やっぱり、責められるならこうじゃないとな。
「指名ありがとうございます、よろしくお願いしますね」
勘違いした女はSと横暴をはき違えているが、レイカ嬢はそんなこともなく、とても礼儀正しい。ひとしきり雑談をした後、言葉責めだけを楽しみたいので、手コキはいらないという趣旨を伝える。
すると、もともとハスキー気味な声のレイカ嬢がさらに低い声で挑発してきた。
「へー。でもアンタにできんの?根性なさそうな顔してるけど。後でヘコヘコしながらシコってくださいって言ってきても、絶対シコんないよ?」
う〜、これこれ! これはいいぞ!
「大丈夫です。お願いします」
思わず敬語になりながらも、すでにチンコは半勃起だ。ゆっくりとベッドに立ち上がる。
レイカ嬢はベッドの上で足を組んで、かったるそうにこちらを眺めている。
「何ウットリしてんだよ、早く脱げよ。一人でパンツも脱げないのかよ、ノロマ」
(ノロマですみません、すぐ脱ぎます)
「一人でパンツも脱げないのに、一人でイクなんて無理なんじゃないの?」
(大丈夫です。頑張りますので)
「熟女デリでマザコンごっこしてるのがお似合いなんじゃない?」
うっ、もうプレイ始まってるんですね
(マザコンなんかじゃないやい!)
「うわ、出たよ。汚ねーチンポ」
(吐き捨てるようにチンポって言ったぞ。この汚いモノ扱いされてる感じがたまんないな)
「さっさと立たせろよノロマ。シコるんだろ?さっきからトロいんだよ」
(ノロマでごめんなさい。さっさとシコりますんで許してください)
「はぁー…やっと立った。おっせえ。ホントにトロいなお前」
(ごめんなさいごめんなさい)
「ほら、早くシコれよ。もっと速く!ちんたらシコってんじゃねーよ」
(はい、急ぎます!)
「乳首もだよ!どうせ一人のとき乳首もいじってんだろ?」
(おっしゃるとおりです)
「うわ、小指かよ。乳首のいじり方まで気持ち悪いな」
(これかなり恥ずかしいな…小指ですいません)
「かなり強くつねってんじゃん。ああ、わかったわかった。どうせ痛いのが気持ちいいんだろ?」
(そういうのもあります)
「家でもそうやってオナニーしてんの目に浮かぶわぁ、想像もしたくないけどさ」
(目に浮かべてくれただけでも幸いです)
手とセックスするのそんなに気持ちいいかぁ〜?
「あの、オナってるとこ撮影してもらえませんか?」
「は?なに言ってんだよ、キモいよ。やんねーよ!」
拒絶されたので、しょんぼりとオナニー再開。するとレイカ嬢がこう命じてきた。
「おい、横になって」
言われるままおずおずと仰向けに。そのオレの太ももの上にレイカ嬢が座り、チンコを見下す体勢になった。
「はい、オナニー続けて。休まない」
(この体勢は、たぶん…)
「うーわ、めっちゃ揺れてる。シコってるのお尻にすごい感じる」
(やっぱり、シコる動きを感じ取るために上に乗ってくれたんだ。感動する!)
「めっちゃ嬉しそうだねー。ただ上に乗っただけなのに。あ、しゃべんなくていいよ。そのダラダラ垂れてるガマン汁でわかるからさ」
(あ、ガマン汁を見てくれてるんだ。もっと観察してください!)
「顔もヤバいよお前。顔の筋肉メチャクチャ緩んでるから」
(だってうれしいんだもの!)
「すごい音。手とセックスするのそんなに気持ちいいかぁ〜?」
(これ、手とセックスって言うんだ。いい表現ですね!)
「…すっごいガマン汁。もうローションいらないね(ローションの瓶をしまう)」
(あ、そんなに出てますか!) 
「もうイキそうでしょ。マゾ野郎がイキそうなのってすぐわかるわ」
(はい、マゾ野郎はもうすぐイキそうです!)
「目でおねだりしてるもんね〜、捨てられた犬みたい」
(犬です、ボクは犬です!)
「思ったより根性あるんだねアンタ。ちゃんと出せそうじゃん。ご褒美あげないとね」
(ホメてもらった!)
「ちょっと待ってて、手とセックスはやめないように」
そう言ってキャミソールとスカートを脱ぎ出すレイカ嬢。そしてまた、太ももの上にまたがり、手のひらをチンコの20センチほど上に広げた。
「ここまで飛ばせる?」
(飛ばせます!)
「ほら、手とセックスした精子、ここまで出しなよ」
(はい、出します!)
「あははは!手はっや!精子出すのにそんなに必死になってんだ」
「あっ、出ます!」
発射された精子はすごい勢いで飛び、レイカ嬢の手を思いっきり汚した。あー、もう死んでもいい! 
オナクラ嬢は、普段は手コキ付きの客ばかり相手しているので、オナニー専門のこんな客のことを心底キモがってくれるように思う。同好の士よ、いざオナクラでシコれ!
カテゴリ
タグ

オナ見せする時は女の子にシコってるチンコを動画で撮影させると興奮が倍増

0106_20190919063615993_20210813112955ad5.jpg
プチ援交の1ジャンルに、オナ見せというプレイがある。シコシコを見てもらって幾ばくかの対価を支払う、M男なら誰しもが経験のある遊びだ。
しかし、ご存知かどうか、大半の女はべつにシコシコを見たいとは思っていない。金をくれるから渋々、見てやってるだけのことで、だから態度もどこか真剣さに欠ける。焦点が定まらぬような目でボンヤリし、さっさと発射しやがれと心の中で毒づいている。
それではイカン。マジな気持ちでガン見してくれなきゃ、こっちは萎えるのだ。ガマン汁のテカリを網膜に焼き付けてくれなきゃ、金を損した気分になるのだ。
そこで名案が。スマホを渡してこう言うのだ。
「シコってるチンコ、動画で撮影してくんない?」
するとどうなるか。女は動画モードのスマホ画面をじっと見つめる。ピントがズレぬよう、目を見開いて集中する。画面内には脈打つペニス、テカる亀頭、そして飛び散る白濁液。それらすべてをしっかり観察してくれることになるのだ!
カテゴリ
タグ

ポケットテンガでチンコに刺激を与えながら散歩し射精する野外オナニーフェチ男

052_20200728075637887.jpg外出中、無性にオナニーをしたくなる時ってのは、誰にだってあると思う。ビーチやプールに出かければ、エロくさい水着の女があちこちに。
公園のベンチで休んでいると、小さな子供をあやす若ママさんの胸の谷間やパンツがチラチラ。しかし、そこでオナニーはできない。やれば両手に手錠だ。
世の中には、ズボンのポケットに穴を開けて人知れずオナニーする人がいるらしいが、いったい、どうやってんのか。通常のオナニーのようにチンコをシュッシュッとしごくやり方なら、腕の動きでバレバレだと思うのだが。
俺の場合、外でオナニーがしたくなったら、やはり穴の開いたポケットに手を差し込む。しかし、上下にサオをしごくようなことはしない。指先で亀頭部分をグリグリとこするだけだ。これなら腕も派手に動かないから、周囲に悟られることはまずない。
え、そんくらいのことでイケるのかって?もちろん、イケる。あらかじめチンコにポケットテンガをかぶせておけば。
ポケットテンガは、コンドームのような形状をしており、内部に無数の突起物が付いてる。ここに適量のローションを垂らしてチンコに装着すれば、普通に歩いてるだけでも甘美な刺激を味わえる。まして指先でグリグリなんかやったらもう数分でフィニッシュだ。
カテゴリ
タグ

掃除機で亀頭をバキュームするオナニーの方法・やり方

掃除機にアレを突っこもうと考えたこと、男子なら一度はあるはず0058_20180321113734fbd_2019081223230833c.jpg
掃除機に亀頭を突っ込めばいいワケだけど、ひとつだけ注意をしておきたい。絶対に強さは「弱」を選ぶことだ。特に日立製の人は、より注意してもらいたい。日立の掃除機はオレの経験上、他メーカーに比べて吸引力が強すぎて、気持ちよさよりも痛みが勝ってしまう。 
また逆に、ダイソンなどのサイクロン式は吸引力が相対的に弱いので適さない。ご注意を。
全部入れてはダメ。亀頭部分だけを入れるのが正解
挿入したあとにスイッチオン。強さは弱で充分だ
亀頭のみなら隙間ができ、しっかり震えて刺激してくれる
サオは自分でしごくべし

※この記事で紹介した遊びには精神、肉体に悪影響を与えるものも含まれています。
知的好奇心を満たすための読み物としてお楽しみください。悪用・実行は厳禁です。
カテゴリ
タグ
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】