本当にあった怖い事件のカテゴリ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

カテゴリ:本当にあった怖い事件

女子大生3人にシックスナインやレズプレイを強要し他の子が見ている前で強かんしたレ〇プ魔

82_20201104115026b39.jpg83_20201104115029fd1.jpg84_202011041150304dd.jpg85_20201104115027085.jpg
その部屋では、短大生3人による楽しい食事会が開かれる予定だった。その男が侵入してくるまでは。出所したばかりの強かん魔は、彼女ら人を時間に渡って次々と犯し、マンションの一室を地獄に変えた。
一人暮らしの女性が住んでいそうなワンルームマンションに目をつけ、施錠されていない部屋を探し回ったのだ。すると決めれば成功させねば気が済まない年月、愛知県北名古屋市内の女性宅に侵入したAは、いきなり馬乗りになり、目を覚ました女性の首筋にナイフを突きつけた。「騒ぐと殺すぞ!」女性の顔を衣類で覆い、両手首を電気コドで縛り上げ、ナイフでブラジャーやパンテイーのヒモを切る。そして、膨張したイチモツを膛内に挿入した。久々の強かんの感触からかアッという間に絶頂を迎え、女性の腹部に白濁液をまき散らした。「まだ動くなよ!」それからAは女性の身分証を探し、携帯電話で撮影した。他言させぬための脅しとしてだ。「早く帰って欲しい…」と願っていた女性は、「裸の写真を撮らせろ」という要求にも応じざるをえず、大股開きなどの屈辱的なポーズを取らされた。Aはそれだけで満足せず、回戦を要求した。拒絶し「人を呼ぶわよ!」と叫ぶ女性の頰を殴りつけ、脅した。「人を呼んだとしても、オレが刺すほぅが早い。どぅせオレの人生は終わっている。人殺したら、人殺しても同じなんだ」実際にはまだ誰も殺害などしていなかったが、自暴自棄な台詞に女性は震え上がり、要求に応じてフェラチオを施してペニスを勃起させた。回戦ではさんざん体位を変えた末、顔面でフイニッシュしたAは、「平和に暮らしたかったら警察に通報するなょ—」と言って逃走した。その後もAは次々と同様の犯行を重ねた。一度、その日に強かんすると決めたら、何が何でも成功させなければ気が済まないのが特徴だった。最初の女性の強かんに失敗すると、その足で別の地域へ行き、リベンジに挑むのである。友だちと夕食を食べることになっているんです岐阜県羽島市に、短大生の寮となっているマンションがある。ここもまた、Aがあらかじめ車で徘徊し、ターゲットとして目星をつけていた建物だった。岐阜県の養老公園へ行った帰り道、そのマンションのことを思い出したAは、まだ宵の口というのに、施錠されていない部屋を探しては玄関ノブを回しまわった。第の被害者、子さん当時才の部屋がスッと開いた。彼女は学校に提出するレポ卜を作成中だった。そこへナイフを持ったAが押し入り、首筋に突きつけた。「静かにしろょ。殺されたいか。冷たい体にしてやってもええんやぞ」Aは子さんの衣服をナイフで切り裂き、フェラチオを命令し、口内射精した。さらにセックスに挑もうとしたところ、子さんは「もうすぐ友達が来るんです」と言う
「ウソをつけ!」「本当です。今日はここで夕食を一緒に食べることになっているんです」そのとき、部屋のインターホンが鳴った。Aが玄関の覗き穴から見ると、ラフな格好をした若い女性が立っていた。手には食材を持っている。玄関から顔を出したAを見て「間違えました」と言って立ち去ろうとしたが、「おまえが友達か。友達なら、中に入れ」そぅ言って部屋に引き込み、全裸のA子さんと対面させた。「ヒイツ!「大声を出すなよ。叫んだらこいつを刺すぞ。おまえも殺されたいんか?」事態を悟った子さんは絶句した。Aは子さんの両手首を縛ってフェラチオをさせ、さらに子さんの目の前で強かんした。その最中に、第の被害者がやってきた。インターホンを鳴らしても誰も出ないので訝しがっていると、いきなりドアを開けたAに玄関ロに引き入れられ、首筋にナイフを突きつけられた。「おまえ、運が悪いなアー。あと10分で帰るところだつたのに、明日の新聞に『短大生3人の変死体発見』と報道されたいかぁ?」子さんも全裸で縛られている人を見て絶句するしかなかつた。Aは子さんの両手首も縛り、またもフェラチオを強要した末、2人が見ている前で同じように強かんした。互いの膣の中に野菜を突つ込むよう命じひとしきりの行為の後、Aは言った。「おまえら、友達なんだろ。おまえら2人はシックスナインしろ。残つたおまえはその間、人の胸を舐めろ」レ〇プのみでは飽きたらず、3人にレズプレイを強要したのである。彼女らは命令に従うよりなかつた。その様子を携帯電話で撮影するうちに興奮したのか、Aはまた間に割つて入つた。「じやあよ一、次はオレがこいつとセックスするからよ一、おまえらは動けないように足を押さえとけ」3人のうち一番美人のB子さんを再び犯すことにしたのである。恐怖で顔が引きつるB子さんを、A子さんとC子さんが押さえつけた。Aはゆっくりピストン運動を始め、空いている手で子さんや子さんの胸を揉み、強引に唇を奪った。楽しい食事会になるはずだった時間は、レ〇プ魔によって地獄の晩餐となった。各各が持ち込んだ食材は凌辱の玩具として利用され、人は互いの膣の中に野菜を突っ込むよう命じられた。Aはその様子を笑いながら携帯電話で撮影した。「おまえらよ一、警察に言ったらこの写メをネットでバラまくからな。オレがパクられても、ある男が流すことになっている。どうせ強かんは死刑にならねえんだ。出てきたら、またヤツてやるからな!」4時間以上も凌辱の限りを尽くされ、震え上がって声も出ない人に対し、Aは強烈な脅し文句を浴びせて帰っていった。
タグ

不倫脅迫強かんや美人歯科助手がレ〇プされた相手は身近な人間だった

94_2020110412273190e.jpg95_20201104122921b56.jpg96_20201104123019724.jpg97_20201104123117276.jpg86_20201104121445914.jpg87_20201104121346e19.jpg88_2020110412164641e.jpg89_20201104121816102.jpg
市にある歯科医院「Aクリニック」に刃物を持った男が侵入し、金庫から現金を奪ったぅえ、その場に居合わせた歯科助手の子さん当時代半ばを二度に渡ってレ〇プするといぅ痛ましい事件が起きた。発生直後、犯人は単なる押し込み強盗と思われていた。しかし、やがて容疑者として捜査線上に浮かび上がったのは、意外な人物だった。Aクリニック院長。男は、自らが雇い入れた子さんを犯さんがため、強盗を装ったのだった。
物音を録音したカセットテープで…事件の発端は、まだAクリニックで働きだして間もない子さんが、突然、退職を申し出たことだった。いずれ、この女をオレのものにしてやる。妻子ある身でありながら、常々そぅ考えていた院長のAはショックを受けた。「いったい、どんな不満が?」「家庭の事情です」A子さんは嘘をついた。なぜなら退職を決めた本当の理由はA本人にあったからである。じつは以前ょり彼女は先輩歯科助手の女性から、ある忠告を受けていた。「気をつけたほぅがいいわょ。院長が『あの女、犯してやる』って息巻いてたんだから」それだけではない。子さん自身も、Aから直接「犯すぞ」との暴言を吐かれたことがあった。身の危険を感じるのは当然だった。「いまキミがいなくなると困るんだけど、どうしてもって言うんじや仕方ないな」「申し訳ありません」
彼女の誤算は、そこでAがあきらめてくれたと信じたことだつた。この日で職場を去ることになつていたA子さんは、診察時間が終わると、いつものよぅに残務に取りかかつた。院内にいるのは彼女とAの人だけ。先輩助手はすでに帰宅している。建物中に妙な物音が響き渡つたのは、いつの間にか姿を消していたAが外からひよつこりつてしばらくのことだつた。「何だ、この音は!」Aがさも驚いた様子で子さんを振り返る。「ちよつと外の様子を見てくるすぐに戻るから待つてて」クリニックを飛び出したAは、あらかじめ建物の物陰に用意しておいた黒い上下のジャージに着替えて、野球帽とサングラスを装着した。不審な物音の正体は、カセットテープに吹き込んだ音声をラジカセで流したものだ。
Aは一瞬だけ病院から姿を消して再生ボタンを押し、その音に大げさに驚いてみせたのである。計画どおり、強盗犯に変装したAは、子さんの待つ院内へと引き返した。手に包丁を握りしめて。「金はここだな?」まず強盗としての印象付けを「すみません、点検にきました」声色を変えて呼びかけると、子さんが玄関のドアを開けた。すぐさま彼女の背後に回り込み、包丁を頰に突きつける。「振り向いたら殺すぞ!金はどこだ!」「は、はい。こちらです……」A子さんは黒いジャージの男を強盗と信じて疑わなかった。あまりの恐怖に冷静な判断ができなかったのだろぅ。院長室で金庫の位置を確認した後、侵入者は念入りに彼女の自由を奪った。まず椅子に座らせ、後ろに回した両手に手錠をかける。その上からさらにガムテープを何重にも卷きつけ、体がピクリとも動かぬょぅ、厳重に椅子の背もたれに固定した。仕上げにガムテープで目を覆い隠し、ロには猿ぐつわを施す。手際ょく作業を進められたのは入念なリハーサルを行ったからに他ならない。後の供述では、子さんをレ〇プすると決めてから、Aが愛人を実験台に緊縛の練習をしていたことが明らかになっている。ラジカセの件といい、この男の用意周到さには呆れるばかりだ。子さんを拘束し終えたAが聞こえよがしに声を上げた。「金はここだな?」自分の金庫から金を抜き取る一方、A子さんのバッグからも現金万と携帯電話を失敬した。これで強盗としての印象付けは終わった。あとは本来の目的を達するだけ。かつてない高揚が男の全身を駆けめぐった。恐怖で震える子さんから一枚一枚、衣服をはぎ取っていく。露わになった乳房を、ポラロイドカメラで何枚も撮影した。続いてビデオカメラを三脚にセツトし、レンズを全裸になった子さんに向ける。ジャージを脱ぎ捨てたAは、ゆっくりと彼女にのしかかった。必死にバタつかせる子さんの両足を押し開き、中心部めがけて一気に男性器を突き刺す。そのまま絶頂を迎えるまで、叩きつけるよぅな動きで腰を律動させた。驚くべきは、Aの大胆さである。一度射精してもすぐに現場を離れよぅとせず、時間を置いてから再び子さんを凌辱したのだ
狼藉の限りを受けた彼女の体には無数の痣が残った。悪い夢を見たと思ってはやく忘れょう部屋を立ち去ってから分後、白衣に着替え直したAがクリニックに舞い戻った。院長室の椅子に縛り付けられたままの子さんを前に、Aの猿芝居が始まった。「おい、どうした厶フ、助けるから!」狼狽した声を上げながら、彼女を緊縛から解放する。「大丈夫か?いったい何が起きたんだ?」問いかけに、コトのあらましをとつとつと説明する子さん。いまだ恐怖から抜けきれないのだろう。細い体が小刻みに震えていた。「それで、相手はどんなヤツなんだ?顔はおぼえているのか?」「…それがわからないんです」彼女の答えに満足した男は、なおも続ける。「ビデオに撮られたのか?」「そうかもしれません」「だったら、、っっかり警察に届けると、ビデオをばらまかれてしまう恐れがある。それだけは避けないと」もつともらしく口止めを強いる一方で、自分自身も被害者であることを強調した。「ボクも金庫の金を盗られたけど、警察には黙つておくょ。もし被害届けを出せば、レ〇プの件も言わなくちやならないからね。悪い夢を見たと思つてはやく忘れょぅ」いつたんはAの提案に同意した子さんだつたが、事件はすぐに明るみとなつた。帰宅後、娘の様子に異変を感じた母親に問いただされ、レ〇プの被害に遭つたことを告白したのである。「一緒に警察にいこぅ」事件当日の晩、母親に連れ添われ子さんは地元署に被害届を提出。それを受け、複数の捜査員が犯行現場であるクリニックへと駆けつけた。驚いたのは、事件を隠蔽したと安心しきつていたAである。ここにきて警察が動き出すなど想定外のことだつた。とはいえ、自分が捕まるなどとは夢にも思つていない。子さんは犯人の顔を覚えていないと言つているし、第一、自分もまた強盗の被害者なのだ。冷静に対処すればやり過ごせる自信があった。
自宅のビデオテ—プには長年に渡る着替え盗撮が甘すぎるAの見通しとは裏腹に、警察は早い段階から内部犯行説を疑つていた。あくまで参考のためと、捜査員が犯行時刻のアリバイを尋ねたところ、Aがぅつかりこんな証言をしたからだ。「そのときは近くまで買い物に行つていました。途中で偶然、患者さんと会い、立ち話をしていて帰りが遅れました」子さんの供述では、妙な物音がした後、院長は外の様子を見てくると言つて飛び出したことになつており、明らかに矛盾している。捜査員から買い物をしたとされる場所や品物、また患者の名前を追求され、Aがしどろもどろになつたのは言ぅまでもなぃ。翌日日夜、新潟県警豊栄署は、強盗と強かん致傷の容疑でA孝を緊急逮捕した。決め手となつたのは鑑定の結果である。Aが任意提出した唾液と、犯人が子さんの体に残した体液がピタリと一致したのだ。Aは子さんに損賠償金として万を支払い、示談を求めた。
「犯行はまれにみる悪質なもので被害者に与えた肉体的、精神的苦痛はあまりにも重大である中略自己中心的で酌量の余地はまったくない」判決文より判決を不服としたAは控訴するも棄却となり、一審判決が覆ることはなかった。余談ながら、逮捕時の家宅捜査で警察はAの自宅から大量のビデオテープを押収している。クリニック内の更衣室にこっそりとビデオカメラを仕掛け、新旧複数の歯科助手の着替えの様子を、長年に渡って盗撮していたらしい。
名古屋市西区の大工は妻子に恵まれ、事件当時は高の息子と小の娘の父親でもあった。自分で経営する工務店には人の若い衆がおり、彼らからは「大将」と呼ばれ信頼されていた。年前に自宅を新築したばかりで、まさに働き盛り。そんな状況にありながら、Aは家族にも秘密の〃楽しみをやめられなかった。あなたも不倫しているなら:わかるでしようAは工務店の休業日である木曜日になると、自宅近くの東名阪高速道路『楠インター』付近のラブホテル街に出向いた。ホテルを利用するためではない。周囲を車で流して、不倫中と思しき人妻を見つけて声をかけるためだ。「浮気しているだろぅ」と脅し、口止めの条件としてセックスを強要するのである。年月、いつものよぅにホテル近くの路上で張っていたところ、台の車がホテル駐車場から出てきた。男が運転席に、そして女は助手席ではなく、後部座席に隠れるよぅに座っていた。Aは確信した。こそこそしているのは不倫中の主婦だからに違いない。そのまま尾行を始め、女が途中で別の車に乗り換え、家路に向かっていたところに接触した。「私立探偵の者ですが、今日は奥さんの決定的な証拠をつかんでしまいました。浮気相手と会い、楠インターのホテルに入りましたね。相手の奥さんが疑っています。この報告書を知らせたらどうなるか。何なら取引に応じますから、私の車まで来てください」「お金ですか」「いや、魚心あれば水心っていうでしよう。私は鬼ではありませんよ」口調こそ穏やかなものの、問答無用の語りロでAは彼女を自分の車の中に引き込んだ。「旦那さんに知られたくないんでしよう。あなたが自由にできるお金もないんでしよう。だったら、やることは一つしかないんじゃないですか。私があなたのことを好きになればいい。あなたも不倫しているなら…、わかるでしよう」こうしてAは彼女、子さん当時才を車の中で強かんした。しかし、この事件はのちに警察の取り調べで明らかになったものの、「その気があったという推認も受ける」として、起訴されるには至らなかった。この写真をポストに入れたらどうなるのかAは次々と犯行を重ねたが、強かんは被害者の告訴がなければ処罰できない親告罪であり、浮気の後ろめたさを抱える被害者が訴え出ることは極端に少なく、ほとんどが泣き寝入りだった。年月、被害者の子さん当時才が脅されたケースは、自宅近くのお宮へ連れ込まれ、その場で強かんされたというものだったが、彼女は事情を隠し、「チカンに襲われた」として警察に届けるしかなかった。事件当日、子さんは不倫相手が勤めるショッピングモールの駐車場で落ち合い、相手の草でホテルに入った。出てくるときはサングラスをかけ、助手席で伏し目がちに乗っていた。その姿がAにヒントを与えてしまぅ。—不倫中の主婦に違いない——
尾行すると、人の乗る車は子さんの車が止めてあるショッピングモールの駐車場に行き着いた。相手と別れた子さんが車に乗り込んで走り出したところでAは呼び止めた。「奥さんもやるねぇ。浮気してるでしょ。私は全部知っているんだから、トボけてもムダだ」「何のことです?」「浮気相手のことも調べてある。〇〇ショッピングモルの名前に勤める男でしょぅ。あなたと一緒にホテルに入るところも写真に撮ってある。この写真をあなたの家のポストに入れたらどぅなるのか。黙ってて欲しかったら、少し付き合つてもらいましょうか」こぅ言ってAは、愛知県小牧市にある神社へ連れて行き、「私とセックスしたら許してやる」と交渉した。
「新しい浮気相手と思えばいいんだ」フェラチオを命じられ、応じるしかなかつた子さんが必死にイカせよぅとすると、「そんなにやつたら出るだろぅ。仰向けになって寝ろ」とAは言う〇
「本番はイヤです」「何言ってんだ、さっきまで旦那以外の男とヤッていたくせに」構ぅことなくAは、枯れ葉が散らばる地面に押し倒し、子さんのヴアギナにペニスを突き立てた。そしてリズミカルに抜き差しを繰り返し、最後は腹の上に精液をぶちまけた。「あ一、スッキリした。実はさっきの写真の件はウソなんだ。だから安心しろ。旦那には黙っておいてやる。オレのこと心れろ」子さんは警察に相談したが、Aが逮捕されるのはもっと後のことだ。きっかけは、愛知県知多市の子さん当時才に対する強制わいせつ事件だった。年月日、やはり木曜日のことだつた。いつものように楠インター付近にあるラブホテル街へ出かけ、不倫の主婦を探していたところ、極端に年の差がある男女のカップルを見つけた。「これは不倫か、愛人関係だろう」と睨んだAは女性を尾行した。それが子さんだつた。自宅近くの路上で車から降りた子さんは、自宅へ向かつて歩いている途中で、Aに声をかけられた。「私はあなたの不倫相手の奥さんから調査を依頼された私立探偵だ。ちよつと話がある」ギョッとした子さんはAの顔を見つめた。「あなた、ずつと不倫しているでしよう。ご主人にも非があると思う。だけど、あなたの行動は先方の奥さんの権利を侵害しているんですよ。いずれ損害賠償を求めることになる」「私、どうすればいいですか?」「その話し合いをしたいだけなんですよ」Aは彼女を近くの駐車場の陰に連れて行き、デイープキスやペッテイングを求めた。しかし頭を押さえつけてフェラチオさせていたところ、偶然にも駐車場の契約者が車を停めに来た。Aは慌てて逃け出し、子さんはその場から警察に通報した。浮気していない女性ょり、性交渉に応じてくれるのではおょそひと月後の月日夜、中途半端な逃げ方をしたため、子さんをあきらめきれなかったAは、現場近くの路上で時間以上も徘徊していた。「必ずこの近くに彼女の家があるはずだ」「もしかしたら通りかかるかもしれない」と、張り込んでいたのだ。その様子を見て、近所住民が「不審者がいる」と警察に通報し、知多署員が駆けつけて任意同行を求めたところ、子さんに対する強制わいせつ事件を認めたため、緊急逮捕となった。女性の腕をつかんでわいせつ行為の男を逮捕翌日の新聞で夫の犯行を知った妻は愕然とした。「断じて許せない!」と離婚も考えたが、子供への影響からそれは思い直し、Aに代わって被害者と示談することになった。さらに余罪を取り調べ中、子さんと子さんに対する事件も発覚した。子さんの事件については「自分から車に乗つた行為が強かん罪の成立の妨げになる」とされ、子さんの事件についても「脅迫の根拠が曖昧」として、立件されなかつたが、事件については強かん罪で起訴されることになつた。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます