人生ドキュメントのカテゴリ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます



超大人気・美谷朱里・枢木あおいちゃんも
プレステージMGS動画もマジックミラー号も!
U-NEXTユーネクストR18
本ページの情報は2021年2月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

DMMのアダルトAV見放題はこちら
ただ今30日間無料お試し中!
DMM見放題chライト(R18)

カテゴリ:人生ドキュメント

【漫画】一人と人前で態度の違う私優しいでしょアピールする女はかまってちゃんの勘違い女なのか

0168_20181209133613b33.jpg0169_201812091336147e3.jpg0170_20181209133616b61.jpg0171_2018120913361764b.jpg 0172_20181209133619011.jpg0173_201812091336202ee.jpg
マラソンを利用して素敵ライフのアピールかよ
0167_201812131209254cb.jpg0168_201812131209277bf.jpg0169_20181213120928eb7.jpg0170_2018121312093050c.jpg0171_2018121312093175a.jpg 0172_201812131209337ba.jpg
自分のことが大好きで、常に自分が可愛いと思ってる勘違い女は痛い人だなと思われて恋愛に発展することは少ないかもしれません。

どう見てもお嬢様って子がワリキリパパ活してたり女性は外見と中身が一致しない

190_20210212153052954.jpg191_20210212153054ca0.jpg192_20210212153055c0d.jpg193_202102121530578e8.jpg194_20210212153058f5b.jpg195_202102121531007d9.jpg196_202102121531010f2.jpg197_20210212153103c0e.jpg198_20210212153104b66.jpg199_202102121531062d2.jpg
人間、ある程度の人生経験を積むと、いろんなことが見えるようになるもんです。たとえば頑張ることからずっと逃げ回ってきた男なんてのは、外見から一発でわかりますよね。
眉毛を剃ってたり、変にダボダボな服を着てる中年だったら、ああ、こいつは学生のころいっさい勉強せず、ヤンキーがそのまま大人になったタイプだな、仕事はきっと肉体労働系だろうなとか、おおよその察しがつく。他にも、いい歳してボサボサの髪にヨレた服を着ている男なら、こいつは不良じゃないけど、ずっとラクな道ばかりを選んできたんだな、いまはコンビニのバイト店員でもしてるんだろうとか想像がつくんです。しかもそういう推理って、実際の人物像と大きくかけ離れることってほとんどないんですね。要するに男は、外見に自分の生き様が出ちゃうものなんです。
そこへ行くと女の人は全然勝手が違う。外見と本当のキャラが一致しないことが多いんですね。一見、マジメそうなのに、実は努力するのが大嫌いでだらしない性格だったりとか、そういうパターンが往々にしてあるんです。
きっと女の人は男と違って、もともと服装や髪型もきちっとしているものだし、そうなるように両親からも育てられているからなのでしょうね。
私、40代のころはスーパーの店長をしてたんですが、パートさんを採用するときにずいぶんハズレを引いちゃいましてね。これはそのころに得た教訓なんですよ。
★………これはよくわかる。どこからどう見てもお嬢様だろって子がフツーにワリキリしてたりするからなあ。女って本当に底が見えない。
タグ

非モテ人生の末に結婚はしたけれど・・・嫁姑問題がこんなに大変とは

142_20210204082315838.jpg143_20210204082316c79.jpg144_2021020408231889a.jpg145_20210204082319b53.jpg142_20210204082732f26.jpg143_20210204082733d5b.jpg144_2021020408273574e.jpg145_20210204082736c12.jpg144_20210204083908875.jpg145_20210204083909126.jpg146_20210204083911ffd.jpg147_2021020408391299f.jpg
もう今さら長澤まさみクラスとの恋愛を望んでもどうしようもない。実際、そんな出会いもないわけだし。今後は、結婚生活が上手くいかない男がどう現実と折り合いをつけていくか。そのことだけを考えていくことにしよう。離婚すればいいのにとも言われそうだが、それは本当の最終的な手段にとっておく。いま独身に戻ったらもう結婚相手なんて見つからないだろうから、今はまだオグとの未来に託したい。
なにも贅沢は言わない。オレはただ穏やかに暮らしたいだけなのだ。またオグが突然キレた。家事を手伝うタイミングが少し遅れただけで、バンッ! と部屋のドアを思いっきり閉める暴挙に出たのだ。もう耐えられない。暴力こそないが、この仕打ちはDVのようなものだ。
時刻は22時。オレはコンビニに行くと告げて、仕事カバンを持ってそのままファミレスにしけこんだ。もうあんな家に帰る気はない。オレが家賃を払ってるのに、なんでオレが安らげないんだ。ファミレスでお茶を飲みながらスマホをいじるのにも飽きたころ、これからの宿探しを始めた。誰か、最低でも1週間ほど泊めてくれないものか。頼みやすい順番に連絡していったが、大学の友人には軒並み断られた。みんな子供もいるんだから当然か。
こういうとき、セフレとか愛人がいれば話は早いだろうが、あいにく非モテ人生だったオレに、そんな都合のいい相手はいない。
深夜0時をまわって、いよいよ思い当たる友人もいなくなった。今日はとりあえずここで座ったまま寝て夜を明かそう。もちろんオグからのラインや電話はすべて無視だ。
この歳でネット難民のつらさを
次の日はファミレスから会社に直行し、仕事終わりにさてどうしたものかと担当サトウ氏に電話をかけた。
「帰るとこがないんですよ」「それじゃネカフェにしろよ。ええとこあるよ」
「や、あんまり汚いとこだと寝れないんで」
やや潔癖のオレにとって、汚い連中の集まる個室なんかじゃとても気が休まらない。
「ホやな、今はネカフェもきれいやぞ。シャワーもあるし」
そう言って、池袋の新しいネカフェを紹介された。朝までいて4千円。ガミガミうるさい家に帰るよりはマシだろうか。とにかく今夜は横になって眠りたい。その店は完全個室で、そこそこ広さもあり、なかなか快適そうな作りだった。
ゴロンと横になって目をつぶる。するとクッションのあたりから嘔吐物のような匂いが。前の客が吐いたのかも。まったく、これだから嫌なんだよ!
すぐに店員を呼んで部屋を変えてもらったが、今度はパソコンが故障して使えない。また部屋を変えてもらい、気分の悪いままシャワーを借り、遅くまでパソコンでAVを何本も再生し、そのまま横になって寝た。
男44才。この歳でネット難民のつらさを味わうことになるなんて。テーブルに書き置きが
﹃お姉ちゃんの家にいます﹄
次の夜、シャツと下着を取りに家に戻ったが、オグはこちらをにらみつけるばかりで一言も発しない。そっちがそう出るなら、オレだって歩み寄る気はない。無言でバッグに服を詰め込み、ネカフェに直行だ。難民生活にもだんだん慣れてきた。店内移動用のスリッパや、ブランケットまであることに気づいたうえ、夜食のパンやカップ麺もおいしく感じられるように。なにより、誰にもガミガミどやされないのは快適すぎる。普段どれだけビクビク生きてきたのか、我ながら実感させられる。
難民生活が5日ほどになったころ、実家の母親から携帯に電話が入った。
「あんた、家に帰ってないらしいな」
オグからの密告だ。
「連絡だけはしてあげなあかんで。かわいそうやしな」
いや、ここで甘やかすと、またいつか調子に乗ってキレるんだよ。ここは強気でいかないと。とはいえ、ネカフェの料金もバカにならないわけで、いったいどうしたものか。
日曜の昼間、溜まった洗濯ものを持って、自宅の様子をうかがいに戻ったら、テーブルに書き置きが残してあった。
『しばらくの間、お姉ちゃんの家にいます』
ドキッとしつつ、どこかほっとしてる自分がいた。とりあえずいつ戻るのか確認しようと、ラインのブロックを外し、尋ねてみる。『いつまで?』返事は早かった。
『決めてないけど一週間ぐらい。今から電車です』
駅か。さっき出たばかりなんだな。戻っておいでと言うのが正解なのかもしれないが、1週間あのガミガミがない生活を送れる魅力には抗しがたい。『わかった』とだけ返事しておいた。
さあ今夜からノビノビ生活だ。独身に戻って楽しんでやる。
「普通もっと心配しますよね」
久しぶりのベッドで昼寝をむさぼっていたところ、物音で目が覚めた。いま何時だ? 夕方か?
隣の部屋にオグがいた。背中を向けて台所で何かしている。うわ〜。なんで戻ってくるんだよ。電車、乗らなかったのかよ。オグから口を開いた。
「どこ行ってたんですか?」「ん、池袋のネットカフェ」
しばらく無言が続く。今度はオレからの質問だ。
「お姉さんのとこ、行かへんの?」「行って欲しかったですか?」
「いや、そんなことないけど」「普通もっと心配しますよね」
心配か…。もうどうにでもなれな気分だったから、心配はなかったな。
「また寝るわ」
夕方だというのに、空腹を我慢してまたベッドに潜り込んだ。この重々しい空気どうしたらいいんだろう。とりあえず次オグがキレるまでは、この家で過ごしておくか。
夫婦で二泊ほど帰省することにした。実家とはいえ、家には母親しか住んでないのだが、別居してるオヤジも大阪在住なので、まとめて残暑見舞いでもしておこうという計画だ。ところが出発前から問題が。前日になってオグが風邪をひいたのだ。まあ、それぐらいならどうってことないのだが、またオレが変なことを言ってしまう。寝込むオグに放った一言はこれだ。
「男なら肝心なとこで風邪なんかひいたら出世できひんで」
いま思えば言わなくていいセリフだったが、そのときは予定が狂うことにイライラしていたのかもしれない。当たり前のようにオグは機嫌を損ねてイヤミを言い、またそれに対し、
「すぐそうやって人にあたる。悪い癖やな」
と返してしまい、険悪な空気は最高潮に達したのだった。
﹁この人のも出しといてや!﹂
それでも病み上がりに大阪行きを決行。オグは東京駅で熱心にお土産を選ぶほど、一応はノリ気のようなので安心だ。3時間以上のほぼ無言の電車旅を終え、ようやくお昼過ぎに実家へ。
「いらっしゃい。どうぞ入って」
この時点ではまだ母親の様子がいつもと違うことにオレは気づいていなかった。そう、今回の帰省中、このオバハンはとんでもないことをやらかしてくれるのである。さて、メシは駅前で済ましたので特にやることもない。手持ち無沙汰なのか、母親がお土産のどら焼きをさっそくお茶請けに出してきた。3人でテーブルを囲み、冷えたお茶とどら焼きに口をつける。なぜか母親は無言だ。
「どう? うまいか?」
会話のきっかけに軽く聞いてみた。すると母親がひとこと。
「あんま、おいしないわ」
背中がヒンヤリした。息子のヨメが買ってきた土産を一刀両断にバッサリ斬り捨てるとは!
「あ、すみません」
オグが小さな声で謝っている。なんだよ、この空気。オレたち夫婦のために臨時にあてがわれた部屋で、オグがひっそりつぶやく。
「お義母さん、甘いもの苦手でしたっけ」
「いや、そんなことないはずやけど、たまたまちゃうか」
のっけからいきなり居心地が悪くなったのか、その午後、オグはなかなか夫婦部屋を出ようとしなかった。夜、リビングでの食事時に、母親が急に変なことを言い出した。
「この子は昔、スポーツのできる女の人と結婚したいって言うてましてん」
何をいきなり。確かにそんなことを言ってたけれど、なぜ今ごろ。オグが運動苦手なのを知ってるくせに。
「すいません、私は何もできなくて」
「いや、そういう意味で言うたんちゃうよ」
この空気、怖い。怖すぎる。そして夜、オレたちがリビングにいるタイミングで、母親から声が。
「明日、朝から洗濯するし、洗濯もの出しといてや。この人のも出しといてや!」
この人ってオグのこと? え、この人呼ばわり? さすがにこれは放っておけない。
「この人って、それはあかんわ。名前で呼ばな失礼でしょ」
夫として当然の反論である。しかし母親はケロっと返してきた。
「えっと名前なんやったっけ?」
わざとなのか本当なのか、オグの名前︵ゆかり︶を覚えていないのだと!
信じられない。どこの世界に、息子の奥さんの名前を覚えてない母親がいるだろう。でも、思い出してみれば、今日、顔を合わせてから「あんたら」とか「二人は」とは呼ばれても、「ゆかり」という言葉は聞いてない気がする。ど忘れでない証拠に、母親からはゴメンの一言もない。リビングでそのやりとりを聞いていたオグは、黙って夫婦部屋に戻り、そのまま一人で布団をかぶってしまった。
﹁じゃあ大阪にも二度と来ません﹂
翌日はオヤジの顔を見に行き、夕方また実家へ。もはやオグは東京に戻りたそうだがもう一泊ぐらい我慢してもらおう。しかしまたもや火に油をそそぐ出来事が。たまたま穴の空いた靴下をはいていたオレに、母親が大きな声で言うのだ。
「こんなん履かされて。奥さんチェックしてないんやな」
オグに聞こえるように言ってるとしか思えない。さらにその夜、親戚のおばさんから母親あてに電話があり、そこでの会話がどうも昨日の出来事を引きずってるような内容っぽいのだ。
「名前が」「覚えにくくて」「何度聞いても」。そんなフレーズが聞こえてくる。
そして電話を切ってからオレたちに言う。
「ほんまに名前、覚えられへんわ」
大阪人のオレとしては、この取り繕い方はわからないでもない。昨日は礼を逸して名前を忘れたのではなく元々こういう健忘症キャラなのですと遠回しに訴えたいのだろう。しかし、あいかわらず「ゆかりさん」とも「ゆかりちゃん」とも言わないあたり、オグへの宣戦布告と取れなくもない。ここはピシっと釘を刺しておかねば。
「ほんま、それはあかんで。あらためてや、難しい名前ちゃうんやから」
「なんや、そんな細かいことどうでもええやろ」
細かいこと! ヨメの名前なんて細かいことなのか!話をそらそうと、仕事の愚痴をこぼしてみた。
「もう仕事やめたいわ」
すると母親が、
「そしたら東北のほうの漁村ででも働き!」
オグは東北人である。この言い方に何も感じないとは思いにくい。夫婦部屋でオグが無表情に言っ
た。
「もう二度と来ません」「いや、大阪人ってあんな感じやから」「じゃあ大阪にも二度と来ません」
あぁ、大変なことになった。悪いのはぜんぶ母親なんだけど。
「もう、この家で出されるお菓子も食べたくないので、コンビニ行ってきます」
そう言い残し、オグはひとりで外に出てポテトチップスを買ってきて、夫婦部屋で一人食べるのだった。どら焼きで味わわされた屈辱を、ポテチで返そうということか。女の戦いは芸が細かい。オレとしては空き袋を母親に見られないようにするしかなかった。
大阪への帰省から戻ってきて以来、オグの様子がおかしくなった。オレがしゃべるたびに、
「関西弁やめて!」 と制してくるのだ。
「なんで? オレ、前からずっと関西弁やん」
「やめてやめて。あの家、思い出すから」 
よっぽど我が実家での出来事がこたえたらしい。義母に名前を覚えられなかったら、さすがにそうなるか…。東京に来て20年以上にもなるオレと違って、あの人、すごい関西弁だもんな。
オグの関西嫌いはテレビにも及んだ。関西芸人がしゃべってるとチャンネルを変えるのだ。例えさんまであっても。もうこれでバラエティーをゆっくり観ることはできなくなったと思っていいだろう。
もはやオグは、関西にまつわるすべてが受け入れがたいようだ。食事中にもこんなことを言われた。
「どうして一言も美味しいとか言わないんですか?」 
確かにマズイわけではない。しかしあえて我が家でオイシイと口にする習慣は、オレの実家にはなかった。過去に同棲でもしてれば、そんなおべんちゃらも身についたかもしれないが、あいにく非モテ人生だったのでそう器用には人間ができていない。 そのような説明をしたところ、
「もう、関西、気持ち悪い!」 すべてが関西のせいだ。
ある日、会社から帰ったときに、異変に気づいた。我らがアパートは、表札として、オレの母親が知人(習字の大家)に書いてもらった『赤澤』の文字を貼っていたのだが、それが剥がされていたのだ。「イヤなので取りました」
あっさりとオグは言う。もう赤澤家の実家に関係するものは見るのも嫌なのか。ちょっとこれは極端ではないか。
「それじゃ、オカンにもらった装飾品とかも捨てるってことか?」 
まだ嫁姑が仲良かったころ、というか、結婚したてのころ、母親が「もう使わないから」と指輪だの宝石だのをオグにあげたことがあった。表札がダメなら身につける物なんてもっとダメだろう。あれも捨てられるのか?
「あ、そうですね。売りますメルカリで」 
なんと、あっさり売ると言うではないか。こりゃどうにもならないな。時間を置かず、指輪やネックレスはメルカリに出品され、ものの数分で売れたようだ。なぜならわずか数百円で出品したからだ。まるであてつけのように。オレの母親からのプレゼントをおもちゃのような価格で売ってしまう嫁。それを止められないオレ。どうしてこんなことになってしまったんだ…。
「オレの手をわずらわせ以前からの懸念だった引っ越し先が決まり、身の回りがあわただしくなってきた。とはいえ、基本はオグ任せなので、特にやることはないのだが。「家具を買いたいんだけど」
「ああ、任せるわ」「家電も揃えていいですか」「任せるわ」そんな感じだ。
ある日、会社にいるとき携帯に電話がかかってきた。相手は、洗濯機のクリーニング業者を名乗る。なんだよ、それ。
「奥さまから依頼がありまして。それでご在宅の時間を確認したいと…」 
めんどくさいな。なんでも解体して風呂場で作業するので3時間はかかるという。
「あ、もう面倒なんでお断りします」「はい?」「もういいですので」 
このやりとりを家でオグに伝えたら、烈火のごとく怒り出した。
「任せるって言ったじゃない!」「任せたんやから、オレの手をわずらわせるなってことや」
当たり前の理屈である。クリーニング屋がおっさんだから、女一人では不安ってことなのかもしれないが、それなら最初から頼まなければいいのだ。また、オグが買おうとしたソファも、写真を見せられてすぐに却下した。引っ越し先もそう広くはないのだ。ソファなんていらんいらん。
「ぜんぜん任せてくれないじゃない」
「そやから、任せられた責任を果たせてないってことやん」
「もう関西弁やめて!聞きたくない!」
「離婚」のひとことを持ち出される可能性が
引っ越し業者に全部を任せられるほど裕福じゃないので、荷物は自分で段ボールに詰めなければならないのだが、それもお任せにしていたら見つかってしまった。こっそり隠し持っていた、ももクロのDVDを。
「捨てるって言ってましたよね」「ああ、忘れてたわ」「捨てますね」
仕分けもせず、すぐ横のゴミ袋に突っ込まれてしまった。 ここは怒る場面ではないのか、赤澤慎吾! 怒れ! 怒鳴ってやれ!しかし、その勇気は出なかった。
ここ最近の仲違いぶりからして、もしこれ以上関係が悪化すれば「離婚」のひとことを持ち出される可能性が高い。矛盾するようではあるが、オグとの暮らしはツライばかりだけれど、離婚もまたイヤなのだ。 ぐっと我慢した。ももクロ、さようなら。
★ 毎日、家に帰るときは、高野山に修行に入るときのような気持ちになり、出社のときにようやく安堵の気分で家を出ている。こんな生活、正しいわけがないのだが、どうすればいいのかよくわからない。引っ越し先では多少マシになるのだろうか。
タグ

W不倫や未成年エンコーは自分だけがバレないよう注意していても意味がない

200_2021012606425711d.jpg201_20210126064259c70.jpg202_20210126064300d98.jpg203_20210126064302b4b.jpg204_20210126064303aba.jpg205_20210126064305baa.jpg206_20210126064306101.jpg207_20210126064308fa9.jpg208_20210126064309c49.jpg209_20210126064311ffe.jpg
前からこのシリーズをしつこく繰り返しているのは、多くの読者から「またやってくれ!」とのリクエストがドシドシ届くからだ。ということは、人生をより良く過ごす道しるべとして、さぞかし皆さんのお役に立っているに違いない。 
今回も街ゆくオッサンたちから、話を伺ってくることにしよう。さて、素晴らしい金言に出会えることはできるだろうか。
真実その1「楽しいのが一番だね」と言ってるヤツは楽しんでいない(43才・男)
よく「やっぱ楽しいのが一番だね」みたいなこと口にする人っているじゃないですか。バーベキューとか大勢でワイワイやるような場に行くと、必ず誰かそういうこと言いますよね。
僕はあのセリフを聞くたびに言った本人が気の毒になるんです。ああ、コイツ、本当はちっとも楽しめてないんだなって。
そもそも心からその場を楽しんでるヤツは、そんなこと言わないですよ。「楽しいな〜」とか、もっとシンプルな言い方になるハズなんです。それに対して「楽しいのが一番だね」っ
てのは、別の何かと比べた言い方なんです。他の何かよりも、私はこっちの方を楽しんでるわ! ってことなんです。そこに屈折が見えるというか。別の何かっていうのは、たとえば、仕事でいい成績を収めて充実感を覚えることとか、なにか努力して成し遂げることとか、そういう「安直には手に入らない」ものなんだと思います。で、実際はそういう充足感こそが一番だと心では思ってる。
でも、頑張るのはイヤなので、もっと簡単に手に入る楽しさで満足してる自分、それが一番、ってことにしたいんでしょうね。じゃないと自分が情けなくなるから。
●冷や汗が出ました。実は私もBBQで「楽しいのが一番だね」的なことを言いがちなので。肉を焼くよりピンサロ行きてぇなぁという本心が、まさかあのセリフに現われていたとは…。
真実その2「わかる気がする」は何もわかってない(40才・男)
会話してるときに、「それ、わかる気がします」って言う若いヤツがいますけど、あれ、わかってませんよね。わかってたら「ああ、わかります」じゃないですか。わからないなら「わからないです」ですよね。じゃああの「気がする」ってのは何なのかと。本当はわかってないんです。でも、同意してあげなきゃ気分を損ねちゃうし、バカとも思われたくないし、わかってることにしなきゃいけない。でも「わかります」って言えばボロが出そう。だから「気がします」で逃げてるわけです。インタビュー記事とかでも多いですよ。年配の俳優に「それ、わかる気がします」って。わかってねーだろ、お前って。
●聞く聞く! 若いタレント未満みたいな女が、日曜のお昼の番組で取材先の店長とかに言ってる!「そういうことなんですね〜、それわかる気がします〜」。あれ、わかってなかったんだな。
真実その3旅先の神社仏閣の説明文は読むだけムダ(50才・男)
過去の旅行を思い出してほしいんですけど、有名な寺や神社に行ったことありますよね。興味ないけど、まあ有名どころだし行っとくかみたいな。で、たぶん入り口で説明看板を読んだこともあると思うんです。だれそれが建立して、いつ焼け落ちて、とかって。あの内容、覚えてます? 旅の思い出はいろいろあっても、あの説明の内容だけはすっぽり抜け落ちてません? よっぽど歴史好きで頭にインプットしていく人は別ですけど、99%の人はなーんにも覚えてないでしょ。つまりあの行為はムダってことなんです。その場で、ふーん、とか、教科書で見たなー、とか思っても、後で絶対忘れるんです。よく考えてください。「読む」という能動的な行為なのにまったく記憶に残らないって、これほどの時間のムダがありますか? 読書だって内容は忘れるけど、その場は楽しんでますよ。あの看板、その場を楽しむ役にも立ってませんし。ふーん、だけ。なのであの看板はすっ飛ばして歩け、っ
てのが僕の持論です。
●確かに覚えてはいない。覚える気すらなかったし。ふーん、で十分だとも思うけど、ふーんすらないことも多いしな。もう読むのやめよっかな。
真実その4W不倫や未成年エンコーは自分だけがバレないよう注意していても意味がない(38才・男)当たり前だけど、不倫してる人って、そのことを必死に嫁さんから隠すじゃないですか。でもそれだけじゃ足りないんです。意外なところで足をすくわれちゃいますから。
僕の場合もまさにそうだったんですよ。浮気相手と会うときは必ず帽子とマスクで変装してたし、待ち合わせもラブホに別々に入るようにしてたりと、とにかくめちゃめちゃ気を遣ってたんです。もちろん、LINEだってメッセージを送ったりもらったりするたびにきっちり消去してましたし。でもあるとき、あっさりバレちゃって。浮気相手のダンナが彼女のスマホを見て、僕らのLINEのやり取りを読んじゃったんです。消去を徹底してなかったわけです。結局、僕も浮気相手もお互い離婚することになって散々な目に遭いましたよ。だから僕が言いたいのは、いくら自分が注意したところで、浮気相手がヘマしたらそこで終わり、意味ないってことなんです。これ、未成年の女のコとエンコーしてる人にも同じことが言えますよね。自分はしっかりしてるから大丈夫だなんて思わないほうがいいですよ。
●危機意識の低い女とは火遊びするなってことのようです。じゃあ、その判断をどのように下せばいいのかって話になるのですが、実はこれが一番の難問でして。
真実その5ダイエットは2つのことを同時にやれば持続する(48才・男)
ダイエットに失敗する人って多いじゃん? そういう人ってたいがいひとつのことしかやってなかったりするんだよね。ジョギングならジョギングだけ、糖質制限なら糖質制限だけみたいに。で、しばら
くしたらウンザリして止めちゃうと。
でも俺、悟ったんだよね。ダイエットは2つのことを同時にやるほうが長続きするんだって。ジョギングをやるならそれとは別に糖質制限も一緒にやるといいわけよ。普通はなおさら続かないと思うよね。ダイエット効果は倍増するけど、負担も倍増するんだから。でも違うんだよ。 たとえばジョギングを頑張った日に、腹いっぱい米を食いたくなったとしても、せっかく走ったんだから糖質制限もしなきゃって気持ちになるわけ。逆に今日は走りたくないなって思ったときも、せっかく晩飯はサラダで我慢したんだし、やっぱジョギングもやっとくかってなる。この「せっかく」って気持ちが出てくるの。要するに片っぽがちゃんと出来てれば、残りの片っぽも頑張らなきゃって気になるのよ、心理的に。一方の頑張りに申し訳ないっていうのかな。だからこれを続けていくと、途中で投げ出すことがなくなっちゃうってわけ。
●思わずうなってしまいました。「2つ同時」をダイエットの効果ではなく、心理的な強制力で語ってくれたところに説得力が大いにあります。
真実その6「みんな言ってるよ」を口にするヤツとは縁を切れ(41才・男)
この歳まで生きてると、ヤバいヤツをだいたい見極められるようになりましたね。友だち付き合いしてもロクなことにならないタイプっていうか。わかりやすいところでいくと、「●●って感じ悪いよね。みんなそう言ってるよ」みたいなことを言うヤツは要注意ですね。このセリフが出るときってだいたい誰かの悪口を言ってる場面なんですけど、この「みんな」ってのが本当に曲者で。何て言えばいいのかな、本当は単に自分が悪口を言いたいだけなのに、他人の意見にすり替えようとしてるところがまず気持ち悪いし、「みんな」って言葉を使って悪口の信ぴょう性を高めようとする根性も気持ち悪い。もうダブルで陰湿なんですよ。断っておきますけど、本当に「みんな言ってる」かどうかなんて、関係ないですから。こういう言い方をする時点でコイツは卑怯なんです。周りにこの手の人間がいたらすっぱり縁を切った方がいいですよ。自分の経験から言っても、平気で裏切ったり、人をおとしめようとしたり、そういう最低なヤツらばっかりだったので。
●中学のときそんな言い方する女がいたな。「あんた生意気だって、みんな言ってるよ」みたいな。案の定、ロクな人生を歩んでないと同窓生に聞きました。
真実その7「●カ月もあれば余裕」は今のんびりしてもいいという意味ではない(37才・男)
こういうのはどうですかね。たとえば、仕事の締め切りが2カ月後だとしましょう。で、「2カ月もあれば余裕だな」って思ったと。こんなときってほとんどの人がつい前半の時期をのんびりと過ごしがちなんですよ。で、後半、このままじゃ間に合わないとやっと気づいて大変な苦労を背負うハメになるんです。なんでこうなるかっていうと、勘違いしちゃうからなんですよ。「2カ月もあれば余裕だな」の「余裕」って部分に意識が引っ張られてしまうんでしょうね。ああ、2カ月もあるし余裕ぶっこいてても平気なんだなって。違うんですよね。余裕ってのは、いまからスタートすれば後半に余裕が持てる、って意味ですから。どんなスケジュールでも、余裕だなと思ったときこそ、早めに始めるべきなんです。余裕ぶっこいてちゃ駄目ですよ。
●身に覚えがありすぎてグウの音も出ない。今まで何度、締め切りを飛ばしそうになったことか。人生訓としてデスクに貼っとかなきゃ!
真実その8「何事も経験」のせいで人生を踏み外すことがある(45才・男)
 俺さ、24から40くらいまで、ずっとパチプロやってたの。まあ、プロといってもなんちゃってのレベルだけど、それでも月に20万、30万くらいは収入があってさ。でもパチンコ業界って規制が多いじゃん。そのたびに台の仕様も変わるから、だんだんついていけなくなって、結局、廃業することになったんだよね。いまはコンビニと清掃会社のバイトを掛け持ちしてなんとか食えてるって感じ。ちゃんと就職しようと考えたけど、社会人経験ゼロだからこんなもんだよ。今になってパチプロやってたことすごく後悔してるんだけど、元をたどると、大学生のときに、高卒のバカな知り合いにパチンコ屋に初めて連れていかれたのがキッカケだったんだよね。そんときはパチンコに興味なんかないし、本当はイヤイヤだったんだけど、何事も経験だなんて自分に言い聞かせて打ってみたのよ。そしたら4万も勝っちゃって。あれで人生を踏み外しちゃったよ。
だから、何事も経験って言ったって、実は避けるべき経験ってのも必ずあるの。もっと早く知っておきたかったよ。●「何事も経験」はたいていロクでもない経験に足を踏み入れるときに使われる
ものです。「何事も経験、でもこれっきり」と付け加えるのが賢明です。
真実その9女を口説くときは自分の母ちゃんに語りかけるつもりで(34才・男)
狙っている女を口説くときってどうも固くなっちゃいませんか? 楽しませなきゃとか、格好よく見せたいとか、とにかくいろいろ考えすぎちゃって、かえってギクシャクする人は結構いると思うんですよ。困ったことに、そういう雰囲気ってモロに伝わっちゃうから、相手も居心地悪くなるし、いいことひとつもないんですよね。僕の実体験から言えば、そういうときは自分の母ちゃんに話しかけるつもりで接すると上手くいく場合が多いんです。ちょっと実家にいる場面を思い出してみてください。母ちゃんと話すときって何でもフランクに話せるじゃないですか。かといって一応、親だからぞんざいな態度にもならないでしょ? あのくらいの馴れ馴れしい感じが、女を口説くのにちょうどいいんですよ。自然な形で親しみの気持ちが相手に伝わるっていうか。
ナンパが得意な奴の話し方もほどほどに馴れ馴れしいでしょ? あれと同じですよ。もちろん目の前の女を完全に母ちゃんと思い込むのは無理だけど、そういう心構えをするだけでも、だいぶ変わるもんですよ。
●これはなかなか実戦的な真実かも。ただ、妄想力の強すぎる人は、デート中に母ちゃんの顔が浮かんで萎え萎えになってしまわないよう練習が必要かと。真実その
10 たとえ話は こじつけに過ぎない(31才・男)
怪しいセミナーなんかに行くと、ああいうところの講師ってよくたとえ話をするでしょ。沸騰した鍋にカエルを入れたら、驚いて逃げ出すけど、水の入った鍋にカエルを入れて少しずつ温めていくと、カエルはそのまま茹って死ぬ。あなたのいるブラック企業はこの鍋と同じだよ、みたいなやつです。
カエルの鍋の話は聞いてて普通に面白いし、一瞬、なるほどなーって納得しそうになるんですけど、よくよく考えたら全然なるほどじゃないんですよ。だって鍋のカエルとブラック企業って完全に別の話じゃないですか。なのに鍋のカエルが死ぬからブラック企業でも社員が死ぬなんてのは、飛躍がヒド過ぎるっていうか、こじつけ以外の何物でもないんですよ。チョウが蜜を出す花に吸い寄せられるように、幸福は追いかけ回すものではなく、その人の内面が引き寄せるもの、とかどう思います?
これも人間の内面と幸福、花とチョウというまったく無関係なものを組み合わせてますよね。チョウが花に引き寄せられるからって、なんで幸福が内面のある人間に引き寄せられる証明になるんだって話ですよ。こういう連中って、人を言いくるめるための詭弁を使ってるだけなんです。絶対に信じちゃいけません。
●そういえばキングコングの西野も、時計の針のたとえ話を披露してたけど、何か上手いこと言ってるようで、ちっとも心に響かないのはこういう理由だったんだな。納得!
真実その11「●●ってアナタと似てる」と言う女はこちらに好意アリ(46才・男)
女の知り合いから「●●ってアナタと似てるよね?」って言われた経験ない? 別に芸能人だけじゃなくて、絵画に描かれてる人物とか、アニメのキャラとか何でもいいんだけど。もしそういう経験があるのなら、そのコ、かなりの確率でキミに好意を持ってるよ。そりゃそうでしょ。だってそのコは誰かの顔を見て、そこからキミの顔を連想したってことなんだよ? 日ごろから意識してないとそういう風にはならないって。実際はそんなに似てなかったときは、ほぼ確実に惚れられてるね。キミのことを強く意識してるだけに、そんなに似てなくても似てるように見えちゃうってわけ。
●私の場合、女性から千鳥の大吾に似ていると言われがちなのですが、そのことを指摘するコがあまりにも多いので、本当に似ているだけでしょう。つまり好意を持たれてるわけではないようです(チッ!)。
真実その12キスは好きだけどエッチは嫌いと公言していればキスのハードルが下が(る34才・男)
お見合いパーティなんかで僕がよく使う手なんですけど、カップルになった女に「俺、キスは好きだけど、エッチはあんまりなんだよね」ってことをアピールしておくんですよ。どういうことかっていうと、女ってのは男にキスを許すと、なし崩し的にセックスまで持ち込まれるって考えを持ってるから、なかなかキスさせてくれないんです。実際はキスだけならいいかなって思ってる場合でも。
この警戒心を取り除くのに、エッチは好きじゃないってスタンスがめっちゃ効くんです。試しにやってみれば実感できますよ。セックスまで求められないってわかると、途端にキスのハードルが下がりますから。本当は女も、キスくらいは気軽に楽しみたいと思ってるんでしょうね。しかも面白いのは、そうやってキスまで行けると、たいていの場合、セックスもやれちゃうんです。
やっぱりキスって、性欲をグイグイ高める行為だから、結局、体を許しちゃうんだと思います。「ごめん、エッチはあんまり好きじゃないハズなのに、今日はすごくやりたくなっちゃった」とか言っとけば、「話が違うじゃん」みたいなことも特に言わず、あっさりホテルについてきますから。
●ちなみにこの方、線が細くて爽やかな、いかにも草食男子という雰囲気をしておりました。こういう見た目も実は重要なんだろうな。俺みたいな野獣系がキス好きアピールしても信用されるのかな?
タグ

下ネタ平気な女にこそ色恋作戦が有効になるから恋愛をちらつかせよ

200_2021011819441976c.jpg201_20210118194420e64.jpg202_20210118194422c53.jpg203_20210118194423378.jpg204_20210118194425c1c.jpg205_20210118194426c1a.jpg206_20210118194428f42.jpg207_202101181944299dc.jpg208_20210118194431a3f.jpg209_20210118194432698.jpg
何度も続けているシリーズである。市井の人々がその実体験から知り得た、学校では教えてくれない「人生の真実」とは何か?
真実その1どんな女に好かれるかはその女の兄弟構成と関係している(35才・男)
これまでどういう女に好かれたか振り返ってみると、僕の場合、弟がいる女にめっぽう強いんですよ。とにかく好いてくれた子にはたいてい弟がいると。別に僕自身は甘えん坊とかじゃないとは思うんですが、彼女らの心のどこかをくすぐってるんでしょうかね。逆に、アニキのいる女にはからっきしダメで、口説き落とせたこともない。ほんと、面白いように玉砕されてます。もう第一印象から相手にされないような感じですね。どうもこのへんに男女の謎が隠されてるんじゃないかなと。男の場合は、女の顔や胸だけですぐ惚れるけど、女が男を好きになるかならないかって、兄弟構成の影響が大きいように思うんです。姉妹じゃなくて兄弟。というのもこれは「対男」の話だから。
どういう構成ならどういうタイプってことまではわからないですが、自分がどのタイプに強いか知っておくと便利は便利ですよね。
●この人の体験談、実は俺とまったく同じで、人生を振り返れば兄貴のいる女には本当に相手にされてこなかった。悲しいくらいに。弟のいる女はオトせるけど、あの子ら、気が強いんだよね…。
真実その2東京では理論武装せよ。田舎では根回しせよ。(44才・男)
東京での仕事は理論武装が大事で、地方での仕事は、根回しして最初に賛成する役を作っておくのが大事ってのはありますね。都会の人ってやっぱ合理的だから、細かいところまで理屈が合ってないと動かない。問題点を徹底的につぶしておかないと話になんないんですよ。でも田舎の人間関係は同調することで成り立ってるから、どんな適当な提案でも、有力者がウンと言えばみんな揃ってウンになるんです。これって仕事に限ったことじゃなくて、何かに誘い込むとき、たとえば宗教とかの勧誘でも同じだと思うんですよ。催眠商法でも、バアさん一人が買えば、我も我もと押し寄せるでしょ。あの手の悪徳業者が田舎ばっかり回るのも当然ですよね。
●いまどき村八分はないと思うが、周りに同調しないと生きづらいのが田舎というものかも。ウチの田舎でも、町内会を脱退した家庭が冷ややかな扱いを受けています。
真実その3性格は、その人の内側にあるのではなく人との関係を意味する(44才・男)
性格って言葉がありますよね。あれってみんな、各自の頭の中なのかハートなのか、とにかく内面に存在するものとして捉えてると思うんです。だから血液型性格診断とかが信じられてるでしょ。でも僕は、性格って人と人の関係のことだと思ってて。ある人にとっては弱気な人も、こっちでは強気だったり、あっちじゃ几帳面でも、こっちじゃ大雑把とか。相手によって性格は変わるんですよ。だから「あの人は怒りっぽい性格」ってのは正しくなくて、それはあなたの前では怒りっぽいって意味でしかないわけです。そう考えると、たとえば「私の周りは短気な人ばっかり」って思うときは、あなたにその原因があるのでは、とも言えるんです。
●この論により、あらゆる性格診断は意味がないことになる。スッキリ!
真実その4金と女とダイエットは楽しんだ者にのみ後からついてくる(39才・男)
学生のときのバイトでこんな経験なかったですか? 時給の高い肉体労働をイヤイヤやっても金が貯まらないのに、時給700円ぐらいでも楽しく続けられるバイトだと、いつのまにか貯金できてたなってこと。女もそうなんですよ。モテようとしても駄目で、まったく女とは関係ない何かにのめりこんでると、急に女は寄ってくるもんじゃないですか。ダイエットもです。痩せよう痩せようって、しんどいランニングするより、楽しくバドミントンでもしてるほうがすんなり痩せられる。
金と女とダイエットは、ストレートに求めても駄目ってことですね。他のことでもそうかもしんないけど。
●わかるわ〜。これ、ホントにそう。喫茶店でマジメに取材してたら、隣の美女に話しかけられたりするんですよ!
真実その5ブスを連れてても周りの目はブスにだけ向くので恥ずかしがらなくていい(38才・男)
チャットや出会い系で会った女がドブスのことってよくあるんです。でも、ヤルだけならいいかって、一応メシとか食いに行ったりするわけですよ。いきなりホテルじゃ納得しそうにないから。
そこで男なら誰もが思いますよね。こんなブス連れて歩くの恥ずかしいなって。あの感覚は何なのかと考えまして。誰に対して恥ずかしいのか。さすがに知り合いに見られたら恥ずかしいってのはわかるんですが。で、逆の立場で思い返してみたんです。見知らぬ男がブスを連れてたときにどう思ったか。そしたら記憶に残ってるのはブスの顔だけなんですね。男の方はまったく覚えてない。やっぱ目がブスのほうにばかり向いて、男の顔なんて印象に残らないんですよ。ということは、男はなにも恥ずかしがる必要はないんですね。自分のことは覚えられてないんだから。そこに気づいてからはブスを連れて歩くのが平気になりましたね。
●あの恥ずかしい問題は、かくして解決されました。心置きなくアポを取りましょう。
真実その6不幸な出来事に前兆はない(51才・男)
当たり前のことだけど、実は多くの人が意識してないだろうなってことのひとつに、「不幸に前兆はない」ってのがあって。地震なんか特にそうだけど、交通事故とか、通り魔とか、不幸な出来事っていきなりやってくるんですよ。何の前触れもなく。当たり前ですよね。でもなんとなくだけど、自分がしっかりしてれば大丈夫とか、今日は快晴だから何も起きそうにないとか、悪いことしてなきゃ平気とか、現在の環境が良さげなら悪いことは起きないように無意識に感じちゃってるように思いません?これって映画やドラマの影響なんじゃないかと思ってて。ああいう世界って、なんとなくヤバイヤバイぞって前兆があってドカーンと何か起きるのがパターンでしょ。不穏な音楽が鳴ったと思ったら刺されるとか。現実は、音楽もなにも鳴らないし、気持ちいい春の日でも、善人にでも、まったく無差別に不幸はやってくるんです。だから注意しろってことじゃなくて、平穏であることに感謝しなきゃって僕は思うんですよ。
●ちょっとした宗教観のようなものとも言える。たとえば今こうして裏モノを立ち読みしてるあなたの背中を刺すヤツがいるかも。だから買って家で読みましょう。
真実その7下ネタ平気な女こそ恋愛をちらつかせよ(38才・男)
大勢の前で下ネタを話す女って、楽勝でヤラせてくれそうに思いがちだけど、あれって実は逆で、そういう女こそ恋愛感情を入り口にしないと攻略できないんです。「ヤラせてくれ」じゃ駄目で、「好きだ好きだ」で押さなきゃなんない。あれって要するに、恋愛対象とされることから久しく遠ざかってるから、開き直りで下ネタに走ってるだけなんですね。だから色恋作戦が有効になる。逆に下ネタに乗ってこない女は2パターンあって、ガチガチに堅くてどうにもならないパターンか、軽く引っ張ったらホテルについてくるパターンか。ガチガチ系は、まー見てりゃわかると思いますが、楽勝系は周りの目を気にしてるだけの子ですね。スケベなこと本当は平気だけど、みんなの前じゃそれを出せない。表情で区別できると思いますよ。本気で嫌がってるわけじゃないなって。
●最後の判別法が知りたいよ!表情なんかでわかるものなのか?
真実その8人間の性質は目に見えない横軸で分けられる(40才・男)
たとえば「〇〇大学は清楚で〇〇大学はヤリマン」とか「日本人はモラルがあるけど中国人はない」とか、とにかく何でもいいんですけど、私たちってついつい目に見える軸で人間の中身を分けたがるじゃないですか。野球ファンはこうで、サッカーファンはこうだとか、ブスはこうで、美人はこうだとか。いくらでもありますよね。ま、わかりやすいから納得しがちなんですけど。でもそれはぜんぶ間違いで、人間は目に見えない横軸で分かれるんですよ。どこの大学にもヤリマンもいれば真面目なのもいるし、美人にもブスにも生意気なのがいるし。中国人にもモラリストはいるんですよ。
言ってみりゃ当たり前のことなんですがそれを意識しておくと偏見なく生きられるのは確かで、物事が見えやすくなる。なんだか真面目な話ですみませんね。
●かなり真面目な話だった。でも、ついタテ軸で分けたくなるのはどうしてなんだろう。悪いクセだろうか。
真実その9ツイッターは書くだけならいいけど人のを見たら息苦しくなる(30才・男)
ツイッターやってます? あれ、自分でつぶやくぶんにはいいんですけど、人のツイート見てると変な気分になりません?名もなき人たちひとりひとりが、それぞれ意見を持ってるってことに愕然とするんですよ。ということは、満員電車の隣のおっさんとか、パンケーキに行列作ってる人とか、道端ですれ違う人とか、これまでずっとジャガイモや石ころみたいに思ってたのに、あれがみんないっぱしの意見を持ってるってことですよ? なんか町を歩きにくくないですか? 一挙手一投足を互いに観察し合ってるみたいな気分ですよ。この時代、まともに生きようと思ったら、知らない他人の人格なんて認めてられないですよ。自分以外はみんなジャガイモと思ってないと息苦しくて。
だからツイッターは書くだけにして、人のは見ないほうがいいです。わかります?
●偏った思考ではあるが、わからなくもない感覚である。人それぞれに人格があることを意識してしまうと、常に誰かに見られてるような気分になるのだろう。
真実その10「確かにそうかもしれない。しかし〜」というヤツは、そうかもしれないなんて思ってない。(39才・男)
「確かにそうかもしれない。しかし〜」っていう文章をよく見ませんか?あれって絶対、前半の「そうかもしれない」の部分を信じてないですよね。バカにしてるって言うか。「しかし」以降が言いたいだけなんだけど、アホが言いがちなことに先に触れておいて、それをひっくり返してやろうって論法なんですよ。議論でもいるじゃないですか。「確かにそうかもしれないですけど、でも〜じゃないですか」って。あれも、そうかもしれないなんてちっとも思ってないですから。あれを聞くたびに強引なヤツだなーって見下してます。
●なるほど、確かにそんな言い回しは多いかもしれない。しかしそれで説得できるケースもあるのだろう。
タグ
★★★空前絶後の出会い時代到来★★★
一つの出会いで世界が変わる
おすすめの厳選出会い2選。18禁。
≪会員数1000万人突破≫≪フリーメール・匿名での登録OK≫
PCマックス

≪女性誌等への掲載多数、女性登録者多し≫
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
日本で唯一全国展開している交際クラブユニバース倶楽部をのぞいてみよう!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

二次元の彼女のエロシーンやボイスに病みつき
【にじげんカノジョ】

★★★女性が喜ぶ最強のペニスを作る★★★
☆☆自信の増大アップサプリ☆☆
【サイズアップXL】

☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
今がチャンス!赤字覚悟の還元プレゼント中!
【ヴィトックス】

☆☆早漏対策なら☆☆専門医推奨!TENGAのトレーニングツール


☆☆遅漏対策なら☆☆TENGAの遅漏改善トレーニングツール☆☆
⇒遅漏改善用TENGA

☆☆TENGAの男の活力サプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ

☆☆包茎対策なら☆☆ ⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】