人生ドキュメントのカテゴリ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます





カテゴリ:人生ドキュメント

ホス狂ホストにハマる女性の悲しい末路

4_20230121092726f0b.png


ホストクラブなら正直になれる
高校卒業後、保母さんを夢見て保育専門学校へ進んだ私は、バイト先で青年実業家を名乗る男性と知り合いました。
高そうな外国製のスーツを着くずした彼は、私から結婚資金を奪うとそのままトンズラ。

それどころか数百万の借金まで残していきました。

保母や、普通のOLでは利息も払えません。手っ取り早く返済してしまおうと、思い切ってソープに勤めることにしたのです。
お陰でー年後には借金もきれいサッパリなくなり、昼間の仕事にトラバーユしようと思った矢先のこと。同僚に連れられていったホストクラブで、ケンジ(仮名)に出会いました。

GLAYのボーカルに似た甘いマスクに一目惚れ。週に4日は店に通い詰めました。

「エ~ミのことが世界で一番好きだよ」

毎日、電話でそうささやく彼の言葉を信じて、半年後に婚約。みなさんは不思議に思うかも知れません。一度、手痛い目に遭っているのに、なぜ、そんな簡単に男、それもホストを信じるのかと。

これは、職業的な後ろめたさが関係しています。

例えば、高校の同級生と飲んでも、街でナンパされても、職業を聞かれて正直に「ソープ嬢をやってます」とは言えません。

別に恥じているつもりはないのですが、その場になると口にできず、テキトーにごまかしてしまうのです。

自分の素性を話せないのはストレスが溜まるモノが、ホストクラブでは隠す必要がありません。

風俗嬢の客が多いため、店の名前も堂々と言えるし、愚痴や悩みも相談できます。

「オレだってしょせんホストだよ。これからずっと、一緒に頑張ろうぜ」

そういうケンジの言葉にどれだけ慰められたかしれません。

この人は私のありのままをわかってくれる、そう思ったのです。

彼の売り上げを上げるためにせっせと店に通いー本10万はくだらないトンペリを開け、同伴にもつきあい、車まで贈ったのです。

「そろそろ将来のことも決めないと」

婚約してー年ほど経ったころ、私は彼に切り出しました。

休まず働いても自分の服を買うどころか、満足に家賃も払えない暮らしになったのです。

「わかった。じゃあまず親に会ってくれよ」

そんな甘い返事を期待した私がバ力でした。

彼は私のことばを聞くや無言で外へ飛び出すと、一切の連絡を断ったのです。

そして私は、少ない手がかりを追いかけ、やっと見つけた系列店のホストから衝撃的な事実を告げられました。

「オレたちは毎週、どの客からいくら引っ張るかミーティングで遂一報告してんだよ。『今週は、××さんに20万使わせます』とかさ。ケンジは、エミちゃんに彼女だって言ってるからヘルプに付いたら話しを合わせてくれって言ってたぜ」

頭をカナヅチで殴られたような、とはまさにこのこと。

ケンジは、誕生日だから、ノルマがキツイからと皆に教えられた口実で私からお金を引き出していたというのです。おまけに女性不信でセックスできないというのもウソ。

同棲してる本命の彼女に義理立てする彼に、店長が「女性不信と言え」とアトバイスした結果だったのです。
一時は自殺しようかと思いましたが、仕事が終わると私の足はついついホストクラブに向いてしまいました。お金さえ出せばチヤホヤしてくれ、その場だけでも寂しさを忘れられるのです。

私が新聞沙汰になったホスト、聖也(仮名)と出会ったのは、歌舞伎町でいちばん有名でした。

「ねえ、いつもどんなとこで遊んでるの。あしたからオレに会いに来いよ」

強引にアプローチをかける彼は色黒の30男。歌手の松崎しける似で、とてもホストには見えません。それでも次から次にまくしたてる彼のトークに翻弄され、気つけばその日のうちにシティホテルへ。私を女王様のように扱う優しいエッチに夢中になり、それからー週間、私は家にも帰らずセックス漬けの日々を送りました。

いま思えば、それは客を手玉に取る彼の手口だったようです。自分に夢中になったとみるや私を突き放し、会いたいなら店に来いと連絡してきた聖也。

私の仕事はタ方5時から深夜まで、対し彼は深夜1時から朝7時勤務。まるっきりのスレ違いでしたから、会うには彼の店に行くしかありません。

「店、来るんだろ」

深夜0時を過ぎると、私の仕事が終わったのを見計らったように聖也から電話が入ります。

最初こそ、お前は特別な女なんだからとお金は取りませんでしたが、そのうち2万でも3万でもおいていけ。オレのためにドンペリを入れてくれと能崖も変化。

そして、出会って約2カ月後。肺炎をおこして病床に伏している私に、彼はこう言ったのです。

「うちの従業員が30万円の売掛を残したまま逃けたんだ。お前、出してくれないか」

★ホストたちが狙っているのは私か運ぶお金だということは十分すぎるほどわかっています。なのにヤメられないホストクラブ通い。こんな私の生活は、いつまで続くんでしょうか。

タグ

ホス狂ホストで借金を背負って風俗に売られた経緯

1_20230121092720893.png

ホストにハマって身を持ち崩した女の例は、世の中に腐るほどある。
フツーのOLが、いつしかソープ嬢に転身したりサラ金地獄に落ちたり。
ホストクラブに通い始めて年になる私も彼女らの気持ちはわからないわけじやない。
甘いマスクの男に持ち上げられ甘えられすれば、つい高いお酒を注文してしまうし、ばんばんお金を使っている自分のことを誇らしくも思ってしまう。
でも、あの日以来、私は肝に銘じている。
バカな見栄だけは張るまいと。

都内の某ホストクラブで、不定期にあるイベントが開かれている。
客同士が参加するオークションだ。
商品は、ホスト愛用の携帯ストラップやぬいぐるみなど、ほとんどゴミのような物なのだが、その場のノリで酔っ払った女たちが額を競り上げていくのだ。
「千円からスター卜で。はい、誰かいませんか」
「1万円!」「5万!」
携帯ストラップなんぞに5万単位を支払ぅおバカさんたち。これも女の見栄ってやつだ。
さてこのオークション、実は裏ではしっかり不正が行われている。額をつり上げる役のサクラがいるのだ。常連客の私がサクラを頼まれた。
役割は他の客と競り合って、適当なとこで下りるだけ。もし自分が落札してしまってもお金を払う必要はない。
謝礼はもらえないみたいだけど、お気に入りのホスト君に頼まれれば断る理由はなかった。
本題に入ろう。このオークションで、とんでもないことが起きた。
「はい、じゃあ次はこのスペシャルドリンク行ってみよう」
はしゃぐホストが手に持つのは、1本のヤクルトだった。ウケ狙いのつもりなのだろう。
「1万円」
すぐに手が挙がった。風俗嬢っぽい一人客だ。今まで顔を見たことはなかったけど、慣れたたたずまいからして、何度か来店してるみたいだ。ブサイクの癖に見栄張っちゃって。隣のホストにそそのかされたのか。
「3万!」
すかさず私も応酬する。私がサクラということは一部の人間しか知らないものだから、周囲から歓声が上がる。
「ヒューッ」しかしブサイクちゃんまだ付いてきた。
「5万!」
あちゃー、ヤクルトに5万って。あなたもやるねえ。
「はい5万出ました。もうないですか、もうないですか」
早々と下りておこうと思ったが、隣のオキニ君が「もっと上げられるよ」とせっついてくる。そう、じやあふっかけようかしら。
「10万!」
「おーっと10万出ました!さすがスペシャルドリンク!」
店内は完全にヒートアップしている。
勢いに釣られたか、ブサイクちゃんが応戦。
これまでにも周りのホストに煽られて、ウン十万の金をオークションにつぎ込んだ子は見てきたけど、さすがにヤクルト1本でそれはないだろう。
いや、この際、商品は関係ない。彼女はヤクルトがほしいんじゃなく、私に競り勝ちたいだけなのだ。
すぐに掛け声は100万まで上がった。
このへんで場の空気が緊張してきそうなものだけど、ホスト連中も、他の客も、そして本人すらも、こんな馬鹿げたオークションが実際に成立するとは思っていないようで、ただの余興のようなノリになっている。
「じやあ」
てんでめちゃくちゃになってきたとき、ブサイクちゃんが叫んだ。
「1千万!」
はあよく言うよ。さすがにもう止めておこう。これ以上続けてもシラけるだけだ。
「はーい、千万出ました〜もうないですか〜。よろしいですか〜。はい、では一千万で落札です!」ソフアに座ったまま万歳したブサイクちゃんは、お盆に乗って運ばれたヤクルトをグラスに流し込み、ぐいぐい飲み干している。悔しそうなフリをしながらも、私はほっと胸をなでおろした。
サクラとはいえ疲れる。
彼女が一千万の借用書を書かされたと聞いたのは、次に店へ遊びに行ったときだった。ゴネる様子もなくあっさりサインしたのだとか。
「へぇ、マジで払わせるつもりなの?」
「たぶん、そぅなんじゃないかな」
以来半年余り、店へ行くたびに私は彼女のウワサを聞き出している。
やはりどこかのヘルス嬢だったそうで、従業員が毎週のように店を訪れては数万ずつ回収しているらしい。
法律スレスレ、というより、おそらくアウトなんだろうけど、警察にも駆け込まず律儀に返済してる彼女のことを思うと、つい涙が出そうになる私だ。
タグ

怖い漫画・俺の顔が父親の友達が若いころに似ているのだが・・・

SnapCrab_NoName_2023-1-18_10-9-33_No-00.png

SnapCrab_NoName_2023-1-18_10-9-46_No-00.png

SnapCrab_NoName_2023-1-18_10-10-3_No-00.png

SnapCrab_NoName_2023-1-18_10-10-14_No-00.png

SnapCrab_NoName_2023-1-18_10-11-24_No-00.png

SnapCrab_NoName_2023-1-18_10-11-37_No-00.png

SnapCrab_NoName_2023-1-18_10-11-47_No-00.png

SnapCrab_NoName_2023-1-18_10-12-10_No-00.png

SnapCrab_NoName_2023-1-18_10-12-20_No-00.png

SnapCrab_NoName_2023-1-18_10-12-39_No-00.png

SnapCrab_NoName_2023-1-18_10-12-55_No-00.png

SnapCrab_NoName_2023-1-18_10-13-16_No-00.png

SnapCrab_NoName_2023-1-18_10-13-34_No-00.png

SnapCrab_NoName_2023-1-18_10-13-44_No-00.png
…なぜ私はオヤジではなくオヤジの親友に似ているのか…
誰?何だか怖くなりそれ以上追求する気にはなれませんでした
タグ

僕のR-1挑戦記

HON22-03[102]HON22-03[103]HON22-03[104]HON22-03[105]HON22-03[106]HON22-03[107]HON22-03[108]HON22-03[109]
R-1のエントリー受付が始まり、さっそく手続きを行った。オレ、セントゥーの一回戦の出場は、1月の9日か10日の予定となった。とにかく大舞台への準備を急がなければいけない。12月上旬、演目の方向性を裏モノテイストのフリップ芸に定め、〝巨乳〟をテーマにしたネタを作ってみることに。さしあたり、お笑い養成所の学生たちから聞いたアドバイスを取り入れ、フリップの視認性を高めるべく、画用紙にはなるだけ大きく絵を描いた。だが、出来上がったそのネタで臨んだバトルライブは、舞台上でイーゼルの金具が外れるという不測の事態も重なってか、結果はほぼ最下位だった。この惨敗、どう考えれば? けどもしイーゼルがトラブっていなかったら? もし画用紙のサイズ自体も大きくしてより見やすくしていたら? そんなタラレバが頭をよぎるのだった。 というわけで
12月中旬、いま一度、フリップのサイズについて考えてみることにした。
 プロの芸人たちはどういう寸法の画用紙を使っているのか? ネット検索してみると、ずばりの情報が載っていた。 フリップ芸でのR-1の優勝経験を持つ霜降り明星・粗品が、ユーチューブ内でこう断言していたのだ。「画用紙のサイズなんですが、最低でも四つ切り。NGK(なんばグランド花月)とかデカい会場やったら半切」 聞き慣れない単位なので調べてみる。
◀四つ切り:縦394㎜ ×横546㎜
◀半切:縦546㎜×横788㎜
 四つ切りは新聞1面、半切は新聞見開きほどのサイズである。なかなかの大きさだが、これくらいないと客からは見えないんだろう。
 じゃあ、オレが作ったフリップのサイズは?
 測ってみて、思わず苦笑いが出た。「最低でも」と言う四つ切りより小さいではないか。とりあえず前回のライブは、フリップの視認性に難があったわけだ。 粗品の話以外にも興味深いネット情報はあった。去年のR-1の準優勝者であるフリップ芸人・Z AZYの、インタビュー内でのこの発言である。「パソコンで絵を描いて、大きく分割印刷してフリップを作っています」
 なるほど、この方法だとかなり大きいフリップでもけっこうラクに作れそうである。マネしようじゃないの。 R-1の一回戦へ向けてのこれからの動き方が固まってくる。早々に今の巨乳ネタをサイズアップさせよう。同い年がM-1王者を取ったというのに
 そんな方針を定めた日から数日後、12月19日。夜、M-1の決勝戦が始まった。
 華やかな舞台だ。改めて自分はとんでもない場所を目指しているんだなと思う。 ふーん、今年はこんなオッサンコンビが最後まで残ったのか。錦鯉のツッコミのほう、43才なのね。オレと同い年じゃん。これは応援したくなるね。 2ndステージが終了し、結果発表に。えっ!? ええっ! 錦鯉の優勝である。舞台の袖から紙吹雪が吹き出す。やばい、同い年が日本一になりやがった! 普通に感動するし、これはヤル気を焚き付けられるんだけど。
 決勝戦を見終わると、オレはノートパソコンを開き、イラストソフトを立ち上げた。何だか急に巨乳ネタのサイズアップに取りかかりたくなって。
 しかし次の瞬間、また別の感情が襲ってきた。
 フリップが小さかったという問題はあったにせよ、とにかく一度最下位だったこのネタをもう一度使うってのは、どこか後ろ向きなアクションなんじゃないか。
 仮にも同い年がM-1王者を取ったというのに、そんな積極性に欠けることをやっていていいのかオレ?  自分の中の奥深いところから熱いモノがふつふつと湧き上がってきた。
 よし、この巨乳ネタはボツにしよう。R-1用のフリップ芸を一から新しく作り直してやろうじゃないか。テーマはずばり、『ひと味違うよ歌舞伎町』
 正月明けの1月5日、R-1のホームページ一回戦のスケジュール欄に、オレの名前が掲載された。
・1月10日(祝)、Gグループ、セントゥー 出場日の決定である。 この日の出場者数は、ずらっと並んでいる芸名を数えたところ、約230人。8、9人ずつのグループに分けられており、オレのG グループの集合時間は、昼12時である。大舞台へのスタートだ。
 肝心の新しいネタは、年末年始にかけ、じっくり考えた。 その際に意識したのは、M-1 の決勝戦の審査員たちのこんなコメントだ「もう1本見てみたい。他のネタも見てみたいです」
 だから、得点を入れたというこのM-1審査員たちの気分は、R-1の審査員たちにもあるんじゃないだろうか。
 じゃあどのようなテーマでネタを作れば、「もう1本見てみたい」と思わせることができるのか?  オレの答えは一つしかない。自分がライフワークにしている歌舞伎町取材である。
 テーマはずばり、『ひと味違うよ歌舞伎町』。
 もちろん、自信は大ありだ。というかこれで「もう1本見てみたい」と思わせることができなかったら、自分はもう歌舞伎町取材を止めたほうがいい。
 フリップ自体ももう完成している。サイズは半切で作った。ここまで大きくなくてもいいのかもしれないが、視認性は高いに超したことはないだろう。
 さて、本番まであと6日。しっかり練習に励むとしよう。会場には客が20人ほど入っていた
 1月10日、R-1予選の当日を迎えた。 昼11時55分、集合時間の5分前に、フリップとイーゼルを抱え、会場である渋谷の『シダックスカルチャーホール』の入り口をくぐった。
 去年の夏のM-1でも、その前の年のM-1でも来た場所だが、一人で乗り込むのは初めてだ。ただ、心細さや緊張などは特にない。いや、緊張はちょっとあるか。 1階の受付で出場料2千円を払い、ネタの始め方や終わり方を伝えた後、エレベータへ。8階の控え室に入り、すぐさま準備に取りかかった。 イーゼルを組み立て、12月のライブのときのようなトラブルが万が一にも起こらないように金具をガムテームで固定。フリップの並びをチェックする。 そして、セリフの確認をしながら待つこと50分ほど。ついにオレの出番が回って来た。 ステージの袖で、スタッフが聞いてきた。
「ネタの始まりは、板付きですよね?」「はい」「じゃあ、このまま自分でフリップなどを持って出て行ってもらって。準備ができたら、前に向かって手を上げてから、ネタを始めて下さい」 了解です。 一つ大きく深呼吸し、ステージへ向かって歩き出す。目に飛び込んできた会場には、客が20人ほど入っていた。 舞台の真ん中にイーゼルを置き、フリップをセット。さあ、頑張ろう。 オレはすーっと右手を挙げた。ネタを終えたオレは、確かな手応えを感じながら一礼をし、ステージを下りた。笑いは何度もあった。フリップの番号だと4番、5番、9番、12番あたりで。そして最後のほうは大歓楽街という非日常な世界への客の好奇心が会場に充満しているような雰囲気で、オレのセリフ全てに暖かい視線が向けられていた気がする。とりあえずこれまでのライブ、コンビを組んでいたときの舞台も含め、一番の客ウケだった。イーゼルをバラし、荷物をまとめる。スタッフに対し大きな声で「お疲れ様です」と言い、控え室を出た。エレベータを待っていると、トイレのほうから見知らぬ一人のおっちゃんが近寄ってきた。「いやー、お疲れ様です」ん? 誰だろ? 「セントゥーさんの見てたんですけど、客席で」どうやらお客さんらしい。「ありがとうございます」「すごく面白かったですよ」えっ? 「セントゥーさんで、50番目くらいだと思うんですけど。とりあえず、ここまでのフリップ芸の人の中で一番良かったと思いますよ」マジか? いや、でもそうじゃなきゃ、こんなふうに話しかけてこないか。「まずフリップが大きいでしょ。だから、引き込まれちゃいましたよね。次、どんな絵が来るんだろう、どんな絵が来るんだろう、みたいな。で、知らない世界の話だから、ほんと面白かったです」おっちゃんは興奮気味にしゃべると、「次のネタ、池袋編もぜひ見たいです」と言い、客席のほうへと歩いていく。オレは一回戦通過を確信した。★ 一回戦の結果は、毎日その日の夜に発表される。渋谷の会場を出てから半日、達成感と期待の入り混じった心地よい時間を過ごし、そのときがやって来た。夜9時、R-1のホームページに『結果速報』という文字が踊った。通過者44名の名前がずらっと並んでいる。セントゥーの名前は、入っていなかった
タグ

漫画・無用心な海外旅行者の家を狙った空き巣泥棒

SnapCrab_NoName_2022-12-18_15-11-48_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-18_15-11-57_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-18_15-12-5_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-18_15-12-10_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-18_15-12-27_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-18_15-12-34_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-18_15-12-44_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-18_15-12-53_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-18_15-13-9_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-18_15-13-19_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-18_15-13-35_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-18_15-13-56_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-18_15-14-5_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-18_15-14-19_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-18_15-14-32_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-18_15-14-54_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-18_15-15-6_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-18_15-15-19_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-18_15-15-37_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-18_15-37-8_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-18_15-37-24_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-18_15-37-31_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-18_15-37-45_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-18_15-37-50_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-18_15-38-0_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-18_15-38-12_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-18_15-38-18_No-00.png
無用心な海外旅行者の家なら空き巣も楽勝なんじゃないか
むろん、自分の手を汚すつもりはありません万が一、タダシが失敗しても、連絡はすべて身元不明の
プリペイド携帯を使用、当日は海外旅行中の私に疑われるリスクはありません
タグ

祖母に性行為を教わったおばあちゃん子

33_20221210164942d0d.png

やはり不思議である。何度考えても、やはり不思議である。
いったいどんな男が安田さんを買うのだろう。私のように取材でやってくる者を除き、客の全員は、彼女の75才という年齢に魅力を感じて指名してくるわけで、それはいったいどういうことなのか。「ひと月に何人ぐらいお相手されるんですか」
「それは、なんとも申せませんけど・・」
これもまた、たしなみか。
ただ、業者の女性は言っていた
「安田さんは人気がありますので、予約していただかないと…」
不思議だらけだ。ベッドに並んで横たわると、天井のミラーに映る2人の体は、大きさにして倍ほどの違いがある
細いお婆ちゃんのシワだらけの体。陰毛には白髪が目立つ。私のペニスは普段よりも小さく縮こまっており、襲い掛かる勇気などわいてこない。
しかし一般客はここで勃つのだ。彼女に興奮するのだ。
まず同世代の80代の男性客・彼らはセックス目当てよりもむしろ、話友達としてやってくる。戦時中の厳しさなどを語り合える異性は、彼らにとって貴重な存在なのである。
しかしそれより若い世代になると、明確にセックスを目的としている
彼らは何に興奮するのか
疑問はこんなエピソードによって、少し解ける。
「そのお客様は小さいころご両親が共働きで、おばあちゃんっ子だったんですね」
先が読めたろうか。おぞましいが続けよう。
昔おばあちゃんっ子だった、現在推定30代の男性は、安田さんを愛でた。全身を愛撫し、深く挿入した。童心に帰ったような幼い泣き声を発しながら。
「お婆ちゃん、どうして死んじゃったの。お婆ちゃん」
涙の理由を聞き、安田さんは腰を抜かす。
彼は思春期のころ、実の祖母の体によって性行為を教わり、そのまま亡くなる直前まで誰にも内緒で愛し合い続けたというのだ。
つまりは、死んだバアちゃんの代わりに安田さんの体を愛でる、という構図である。
不気味な話ではあるが「結構いらっしゃいますよ」と言うのだから、私たちが思う以上に、世の家族は壊れているのかもしれない。
中には、母と息子の場合もある。セックスパートナーだった母親を失った40過ぎの男性が、代理母として安田老人を抱く。乳房を吸い、甘えた声で「ママー」とじゃれてくる。当初こそ驚いた安田さんだったが、《そういう役割》を担うこともこの仕事の重要な一面だと悟り、今では相手の望むキャラクターを演じることも多い。
「〇〇君って呼んであげたりとかしますね。やっぱり満足して帰っていただきたいですから」
職場は客と2人きりのラブホの密室。
ただでさえ危険な状況に加え、77才という非力な彼女にしてみれば、何かコトが起きた場合、対処のしようがない。今でも私が力。つくで何かやらかせば、難なく完遂できるだろう。
しかし幸運なことに、かつてトラブルらしいトラブルは一度、金を払わずに逃げた男がー人いただけだという。
この業者、ホテトルには珍しく後払いのシステムを採用している・欲望を満たし終え、男は金が惜しくなったのだろう。
「車の中に財布を置いてきたのでって。それで駐車場まで行ったら、今度はお金が入ってないから友達に借りてくるって」
途中で、これはもう逃げられるなと覚悟はしていたらしい。
年寄りなりに意地でも食らい付く気持ちはあったようだが、どうせ力では勝てない。町中に置いてきぽりにされた時点で、あっさりあきらめた。
それでもこの2年でヤリ逃げが1回きりだったとはラッキーと言うしかない。元々、おばあちゃん好きな男には悪い人間が少ないのだろうか。
タグ

漫画・女性囚人の禁断の恋・獄中恋愛は美しい

SnapCrab_NoName_2022-12-5_23-48-22_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-5_23-48-31_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-5_23-48-37_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-5_23-48-43_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-5_23-48-49_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-5_23-49-2_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-5_23-49-9_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-5_23-49-17_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-5_23-49-23_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-5_23-49-31_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-5_23-49-37_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-5_23-49-44_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-5_23-49-50_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-5_23-49-59_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-5_23-50-4_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-5_23-50-15_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-5_23-50-27_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-5_23-50-33_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-5_23-51-0_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-5_23-51-5_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-5_23-51-13_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-5_23-51-18_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-5_23-51-23_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-5_23-51-32_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-5_23-51-38_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-5_23-51-44_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-5_23-51-50_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-5_23-51-58_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-12-5_23-52-4_No-00.png
拘置所には男女で文通を楽しむ人間が多く出所後交際を始める例も珍しくないという
オレも″女囚″のヤツと文通してここを出たら2人で会おうと思ってよ
拘置され何もすることのない単調な生活では人からの便りや面会が何よりもうれしいはず
通常未決囚の移送には男女別々の起訴後、警察の留置所から拘置所ヘむかうときに限り女性も同乗する場合がある
タグ
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★